海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

インドIT留学

インドは暑いのか?インド人はうざいのか?結論は「インドは広い」

インドと言えば、世界3大ウザ国のひとつといわれています。(残りのふたつはエジプトとモロッコ)
そして、クソ暑いという印象も強いです。

20120515215536f3c1

しかし、実はインドは1年中暑いわけではありません。
Hottestシーズンには平均気温が40度を超え、一番熱い時には、空気を吸うだけで杯が暑くなるのがわかるようなニューデリー。
そんなニューデリーでさえ、今の時期の平均気温は15度程度。
朝晩は軽く冷え込むくらいの気候です。(よって、インドに観光にいくなら12-2月がいいです)

そして、高地にあるバンガロールなどは、年間を通じて平均気温が25度程度と過ごしやすい気候になっています。日本にも沖縄から北海道があり、冬から夏があるように、日本よりも遙かに広いインドの気温は千差万別です。

人も同様です。
ウザいインド人が多いのは主に北側。
特に、観光客が最も多い、コルカタ→ガヤー→バラナシ→アグラ→デリーなどは強力です。
多くの観光客が酷い目に遭い、それをあちこちで言いふらすために、インド人=ウザいになってしまうのです。

しかし、その土地でも、ウザいインド人ばかりではありません。
基本的に、金持ちにはいい人が多く、旅行者をいろいろ助けてくれます。そして、金持ちは普通に働いているので、なかなか旅行者と顔を合わせる機会がないので、いいインド人のことはなかなか広まらないのです。

そして、南の方に行くと、インド人の性格もおとなしくなります。言語や宗教、気候などの違いもありますし、常に中国やパキスタンとの紛争に巻き込まれていた北側と、比較的平和だった南側の環境の違いもあるでしょう。

南インドにあるバンガロールに、デリーやバラナシに行く感覚で訪れると肩すかしにあいます。
そして、あ、インドにもこんな場所があるんだと気付くのです。

そんな「いいインド」で英語やITを学ぶプログラムがあります。
おいしいのは、「インドでITを学んできました」と言えばスゴイ修羅場をくぐってきた感があるのですが、実際にはそこまで過酷ではないことです。

勝手に周りが驚くような経験をし、さらにスキルアップに繋がるインド留学。
みなさんもいかがでしょうか?

スクリーンショット 2014-12-28 11.40.14

日本の英語留学と言えばフィリピン留学だが、中東とかアフリカ、中央アジアではインド留学らしい

最近、すっかりメジャーになってきた、フィリピン英語留学。
格安に、集中して英語を学習する手段としてすっかり定着してきた感があります。

中学や高校教師のTOEICの平均点が500点台という絶望的な状況の中、英語が(ネイティブほどでないしせよ)上手く、賃金が非常に低い外国人の講師に英語を習うということは非常に理にかなっており、私も大いに勧めております。(実際、私や私のカミさんもフィリピン留学しています)

ところで、このような「賃金が安くて、英語が上手い国」というのはフィリピンだけなのでしょうか?実は、けっこういろいろあるのです。有名なところでは、オセアニアのフィジーや、インドです。

インドは、ユーラシア大陸の真ん中へんにあり、あちこちからアクセスがよいです。
特に、中東や中央アジア(モンゴルとか)、アフリカからのアクセスは抜群です。そして、2013年経済成長率1,2位はアフリカ諸国、3位はモンゴルです。
インドも含め、「これから」の国の人たちがインドに英語を習いに集まってくるのです。

アメリカのコミュニティカレッジで英語を習っていたら、アメリカ人よりもメキシコ人やブラジル人の友達が増えたなんてことはよくあることです。共通の課題がある仲間の生徒たちとは仲良くなりやすいです。
そして、多くの日本人は、インド人はもちろん、モンゴル人や中東の人たち、アフリカ人と触れあう機会さえありません。

商売の基本は「これから豊かになるところで」「人がやっていないことををやる」です。
インド経由、モンゴルとか中東、アフリカっておもしろくないですか?

英語留学のその後を見据えている人にとって、インド英語留学はおもしろいかもしれません。
ここで人脈を作って、まだ多くの日本人が踏み出していない、中東、アフリカへ!

ご興味のある人は、こちらをご覧になってみてください。

スクリーンショット 2014-12-03 17.57.09

日本の英語留学と言えばフィリピン留学だが、中東とかアフリカ、中央アジアではインド留学らしい

最近、すっかりメジャーになってきた、フィリピン英語留学。
格安に、集中して英語を学習する手段としてすっかり定着してきた感があります。

中学や高校教師のTOEICの平均点が500点台という絶望的な状況の中、英語が(ネイティブほどでないしせよ)上手く、賃金が非常に低い外国人の講師に英語を習うということは非常に理にかなっており、私も大いに勧めております。(実際、私や私のカミさんもフィリピン留学しています)

ところで、このような「賃金が安くて、英語が上手い国」というのはフィリピンだけなのでしょうか?実は、けっこういろいろあるのです。有名なところでは、オセアニアのフィジーや、インドです。

インドは、ユーラシア大陸の真ん中へんにあり、あちこちからアクセスがよいです。
特に、中東や中央アジア(モンゴルとか)、アフリカからのアクセスは抜群です。そして、2013年経済成長率1,2位はアフリカ諸国、3位はモンゴルです。
インドも含め、「これから」の国の人たちがインドに英語を習いに集まってくるのです。

アメリカのコミュニティカレッジで英語を習っていたら、アメリカ人よりもメキシコ人やブラジル人の友達が増えたなんてことはよくあることです。共通の課題がある仲間の生徒たちとは仲良くなりやすいです。
そして、多くの日本人は、インド人はもちろん、モンゴル人や中東の人たち、アフリカ人と触れあう機会さえありません。

商売の基本は「これから豊かになるところで」「人がやっていないことををやる」です。
インド経由、モンゴルとか中東、アフリカっておもしろくないですか?

英語留学のその後を見据えている人にとって、インド英語留学はおもしろいかもしれません。
ここで人脈を作って、まだ多くの日本人が踏み出していない、中東、アフリカへ!

ご興味のある人は、こちらをご覧になってみてください。

スクリーンショット 2014-12-03 17.57.09

読者からの質問:インドIT留学っておすすめですか?

blog読者の方から質問いただきました

Q:インドIT留学に興味があります。
結論は、自分で判断しろ、成功するしないは自分次第だと思いますが、インド留学の是非についてご教授いただければと思います。

A:もりぞおさんからの答え

ある程度の英語力があるなら全面的にお勧めです。
おすすめの理由は2点あります

1.英語「で」学ぶことが一番の英語学習法だから
2.「インドでIT学んできました」というと面接官をびびらせる事ができるから

1ですが、IT業界の公用語は当然英語です。日本のIT業界でもちょっと難しいことを調べるとなると、英語で調べた方が情報量が数千倍になります。私が昔所属していたシリコンバレーのIT企業、オラクルの技術者なんて英語ができなきゃ話になりません。

と、いうことで、IT業界で働くのに必要なスキル、英語とIT技術そのものをいっぺんに学べるのはお得です。特に、IT業界の専門用語は、フィリピンやアメリカの英語留学じゃ学べませんからね。

2ですが、世の中にはIT技術者は山ほどいますが、インドで学んできた人はあまりいません。しかし、今、多くのIT関係の仕事は外国人と仕事をする必要が多いです。クライアントが外国人の場合もありますし、オフショアで仕事を発注する先が外国人の場合もあります。実際、外資系のITコンサルの会社は英語ができなきゃ入社出来ません。

その時の英語力ってのはTOEICの点数が必要なのではなく、英語でITの仕事がすぐにできるかです。「前の会社で英語で○○のプロジェクトをしていました」というのがベストですが、それにつぐのがこの「インドでIT留学してきました」です。

面接官は必ず興味を持ちますし、そこで、自身のIT&英語知識を、インド人技術者あるあるを混ぜながら話せば、「こいつは使える」と思ってもらえる可能性が高いです。
インド人と仕事をしていると感じる、特有の苦労ってあるんです。そういうことを共有できる人は「戦友」として認めてもらえるわけです。

と、いうわけで、IT系の仕事に就きたいのであれば、インドIT留学、お勧めです。
レッツ、インディア!

そんなインドのシリコンバレーでプログラミングと英語を学ぶ、月13万円からの格安IT留学があります!

ss014-07-05 14.57.41

ITのみのコース(英語の授業なし)だと、以下の3つがおすすめのコースだそうです。
・プログラミング基礎コース(1ヶ月でC言語の基礎を学ぶコース):14万円
・Webサイト構築/Webサービス開発コース(3ヶ月でHTML,CSSとPHPを学ぶコース):34万円
・Androidアプリ開発コース(3ヶ月でJavaを学ぶコース):43万円

英語はある程度のレベルまでいったら英語「で」何かを学ぶのが一番の学習法になります。ITの専門用語も学べるこういうプログラムは実に魅力的だと思います。
さらに詳しくしたい人に、インドIT留学最新情報を知れるFacebookグループがあるので、こちらもどうぞ。

インドIT留学公式Facebookグループ

 

読者からの質問:インドIT留学っておすすめですか?

blog読者の方から質問いただきました

Q:インドIT留学に興味があります。
結論は、自分で判断しろ、成功するしないは自分次第だと思いますが、インド留学の是非についてご教授いただければと思います。

A:もりぞおさんからの答え

ある程度の英語力があるなら全面的にお勧めです。
おすすめの理由は2点あります

1.英語「で」学ぶことが一番の英語学習法だから
2.「インドでIT学んできました」というと面接官をびびらせる事ができるから

1ですが、IT業界の公用語は当然英語です。日本のIT業界でもちょっと難しいことを調べるとなると、英語で調べた方が情報量が数千倍になります。私が昔所属していたシリコンバレーのIT企業、オラクルの技術者なんて英語ができなきゃ話になりません。

と、いうことで、IT業界で働くのに必要なスキル、英語とIT技術そのものをいっぺんに学べるのはお得です。特に、IT業界の専門用語は、フィリピンやアメリカの英語留学じゃ学べませんからね。

2ですが、世の中にはIT技術者は山ほどいますが、インドで学んできた人はあまりいません。しかし、今、多くのIT関係の仕事は外国人と仕事をする必要が多いです。クライアントが外国人の場合もありますし、オフショアで仕事を発注する先が外国人の場合もあります。実際、外資系のITコンサルの会社は英語ができなきゃ入社出来ません。

その時の英語力ってのはTOEICの点数が必要なのではなく、英語でITの仕事がすぐにできるかです。「前の会社で英語で○○のプロジェクトをしていました」というのがベストですが、それにつぐのがこの「インドでIT留学してきました」です。

面接官は必ず興味を持ちますし、そこで、自身のIT&英語知識を、インド人技術者あるあるを混ぜながら話せば、「こいつは使える」と思ってもらえる可能性が高いです。
インド人と仕事をしていると感じる、特有の苦労ってあるんです。そういうことを共有できる人は「戦友」として認めてもらえるわけです。

と、いうわけで、IT系の仕事に就きたいのであれば、インドIT留学、お勧めです。
レッツ、インディア!

そんなインドのシリコンバレーでプログラミングと英語を学ぶ、月13万円からの格安IT留学があります!

ss014-07-05 14.57.41

ITのみのコース(英語の授業なし)だと、以下の3つがおすすめのコースだそうです。
・プログラミング基礎コース(1ヶ月でC言語の基礎を学ぶコース):14万円
・Webサイト構築/Webサービス開発コース(3ヶ月でHTML,CSSとPHPを学ぶコース):34万円
・Androidアプリ開発コース(3ヶ月でJavaを学ぶコース):43万円

英語はある程度のレベルまでいったら英語「で」何かを学ぶのが一番の学習法になります。ITの専門用語も学べるこういうプログラムは実に魅力的だと思います。
さらに詳しくしたい人に、インドIT留学最新情報を知れるFacebookグループがあるので、こちらもどうぞ。

インドIT留学公式Facebookグループ

 
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ