海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

インドIT留学

孫正義の後継者はインド出身!?これって、グローバル企業では常識です

2015年5月11日に開催されたソフトバンクの会見で、孫正義社長は自身の後継者の最有力候補として、ニケシュ・アローラ氏を指名しました。

sb02

孫社長の後継者候補にニケシュ・アローラ氏、ソフトバンクが世界戦略に向け社名・体制変更

「ニケシュはグーグルというインターネットの世界一の会社で実質的に経営に携わってきた。私を遙かに上回る才覚を持っている。ニケシュが事故に遭わない限り、彼が最も重要な後継者候補だ」(孫社長)

ニケシュ・アローラ氏は、インドのウッタル・プラデーシュ州ガーズィヤーバード出身。バナーラス・ヒンドゥー大学(BHU)を卒業したあと渡米し、ボストン大学やノースイースタン州立大学で学んだ後、ドイツテレコムやT-Mobile、Google等で働いたグローバルスーパーエリートです。

今まで、「日本の会社の社長は日本人」というのが常識でした。それ故に、経営危機に陥った日産がカルロス・ゴーン氏を迎え入れたり、オリンパスのマイケル・ウッドフォード社長が社内の不正を暴いたりしたときには、大きなニュースとなりました。そのニュースの内容は「黒船」「恐怖のコストカッター」「空気が読めない外人」といった、「外国人である」ということにフォーカスされたものが多かったと記憶しています。

しかし、欧米のグローバル企業では、外国人が経営者になるということは当たり前のように起こっています。それは、サッカーのナショナルチームの監督が外国人であることが当たり前であるかのように。

なかでも多いのが、ソフトバンクと同様のインド系のビジネスパーソンの社長就任。マイクロソフトの3代目CEO サトヤ・ナデラ氏、2011年までマッキンゼーを率いていたラジャト・グプタ氏など枚挙に暇がありません。

グローバル企業が求めている人材に「国籍」は関係ありません。インド人であろうと、アメリカ人であろうと、日本人であろうと、アルメニア人であろうと、優秀な人材であれば重要なポストに就ける。そして、その「重要なポスト」は社長・CEOであっても例外ではないのです。

「インド人は優秀だ」ということを耳では聞いて知っていたという人でも、このように孫正義という日本を代表する経営者が、ソフトバンクという日本を代表する会社のCEOの後継者として彼を指名したことで、その事実がより明確になったと思います。

そして、日本の会社に入ったから、日本人とだけ仕事をしていればOKという常識は崩れ去ろうとしているということも実感できたはずです。

世界のどこでも働き、世界中のどんな人とでも一緒に働けるような人材は、これからより重要視されていきます。もし、あなたがその様な人材になりたいのであれば、「外国で学ぶ」「外国で働く」経験を積んでみることをお勧めします。

スクリーンショット 2014-12-28 11.40.14

孫正義の後継者はインド出身!?これって、グローバル企業では常識です

2015年5月11日に開催されたソフトバンクの会見で、孫正義社長は自身の後継者の最有力候補として、ニケシュ・アローラ氏を指名しました。

sb02

孫社長の後継者候補にニケシュ・アローラ氏、ソフトバンクが世界戦略に向け社名・体制変更

「ニケシュはグーグルというインターネットの世界一の会社で実質的に経営に携わってきた。私を遙かに上回る才覚を持っている。ニケシュが事故に遭わない限り、彼が最も重要な後継者候補だ」(孫社長)

ニケシュ・アローラ氏は、インドのウッタル・プラデーシュ州ガーズィヤーバード出身。バナーラス・ヒンドゥー大学(BHU)を卒業したあと渡米し、ボストン大学やノースイースタン州立大学で学んだ後、ドイツテレコムやT-Mobile、Google等で働いたグローバルスーパーエリートです。

今まで、「日本の会社の社長は日本人」というのが常識でした。それ故に、経営危機に陥った日産がカルロス・ゴーン氏を迎え入れたり、オリンパスのマイケル・ウッドフォード社長が社内の不正を暴いたりしたときには、大きなニュースとなりました。そのニュースの内容は「黒船」「恐怖のコストカッター」「空気が読めない外人」といった、「外国人である」ということにフォーカスされたものが多かったと記憶しています。

しかし、欧米のグローバル企業では、外国人が経営者になるということは当たり前のように起こっています。それは、サッカーのナショナルチームの監督が外国人であることが当たり前であるかのように。

なかでも多いのが、ソフトバンクと同様のインド系のビジネスパーソンの社長就任。マイクロソフトの3代目CEO サトヤ・ナデラ氏、2011年までマッキンゼーを率いていたラジャト・グプタ氏など枚挙に暇がありません。

グローバル企業が求めている人材に「国籍」は関係ありません。インド人であろうと、アメリカ人であろうと、日本人であろうと、アルメニア人であろうと、優秀な人材であれば重要なポストに就ける。そして、その「重要なポスト」は社長・CEOであっても例外ではないのです。

「インド人は優秀だ」ということを耳では聞いて知っていたという人でも、このように孫正義という日本を代表する経営者が、ソフトバンクという日本を代表する会社のCEOの後継者として彼を指名したことで、その事実がより明確になったと思います。

そして、日本の会社に入ったから、日本人とだけ仕事をしていればOKという常識は崩れ去ろうとしているということも実感できたはずです。

世界のどこでも働き、世界中のどんな人とでも一緒に働けるような人材は、これからより重要視されていきます。もし、あなたがその様な人材になりたいのであれば、「外国で学ぶ」「外国で働く」経験を積んでみることをお勧めします。

スクリーンショット 2014-12-28 11.40.14

移りゆく「世界の中心」さあ、どう動くか?

10年前の2005年頃、世界経済で最も注目されていたのは中国でした。
日本をはじめ、世界中の製造業が中国に工場を作り、中国国内で物を売っていました。
私が所属していた日産もそのひとつで、巨大な中国工場の稼ぎで業績はうなぎ登り、ボーナスも非常に多かったことを覚えています。

中国経済が注目を集めているのは2015年の今も変わりありません。
しかし、あの時の注目のされ方とはちょっと変わってきています。
「中国経済はいつまで好調なのか?」「中国バブル崩壊はいつくるのか?」「中国から撤退したとき、次に行くべき所はどこか?」
あれほど輝いていた中国経済が、早くも「次」を考えられているのです。

2015年の今、一番輝いているのは東南アジア各国です。しかし、10年後、この輝きが続いていくかはわかりません。
そして、東南アジアの「次」として注目されているのがインド。Financial Timesの翻訳記事にこの様に語られています。

インド経済にまたとない飛躍の好機

経済史を振り返ると、これまでの35年間で最も重要な出来事は中国の台頭だ。その次にあげられるのがインドの成長である。ではインドはどのくらい速く成長できるのか。その答えはこうだ。インドはいま、世界最速で成長する主要国になるまたとないチャンスを迎えている。だが、それを実現するには、政策と実行の改善に力を入れなければならない。2014年5月に選出されたナレンドラ・モディ首相の政権はこれに取り組み始めている。

中国を抜いて人口が世界一になることが確実なインド。ついにその成長に火が付くわけです。

この様に、次々と主役が交代していく世界経済。我々はどう対応していけばいいのでしょう?
方法は2つあります。

1.世界中どこでも使えるスキルを身につけて、今一番輝いている都市で活躍する
2.ひとつの場所の専門家になり、輝きが去った後も実直に働く

1はある意味理想的な生き方ですが、高いスキルと変化対応力が求められます。一番輝いている都市では素晴らしい仕事が待っている反面、世界中から競争相手が集まってくる過酷な場所でもあるからです。

2は、実は堅実な生き方です。輝きを失った場所にも人は住み続け、経済は回り続けます。華やかな場所を求めている人が去った後も、商いは続くのです。
その様な市場に、現地のことをよく知りながら少しずつ外国の知識を用いて商売を続けていくことは、競争が少ない世界で人と違う事をやり続けることができる、おもしろい場所になり得るのです。

多くの日本人は、日本国内で2をやることしか選択肢がありません。輝いてはいないけど、競争相手が多い、ちょっと厳しい場所です。でも、日本人にはそれ以外の選択肢がたくさんあります。「それ以外の選択肢」を選択をするために大切なのは、今輝いているところ、これから輝くところを体験することです。

今の中国でも、東南アジアでもいい。ぜひ、日本とは違う風景をみてみてください。
また、これから輝く所、インドで、世界のどこでも使えるITスキルなんかを身につけるのもいいかもしれません。

india2

自分に変化対応力があるのかどうかを確かめるには、現地に行ってみるしかありません。
汎用的なスキルを身につけるためには、学ぶしかありません。

閉塞感を感じている人は、閉塞していないところに行ってみましょう。
そこで使えるスキルを身につければ、移動し続けることも、閉塞している場所に光を呼び込むこともできるようになるんです。

 

移りゆく「世界の中心」さあ、どう動くか?

10年前の2005年頃、世界経済で最も注目されていたのは中国でした。
日本をはじめ、世界中の製造業が中国に工場を作り、中国国内で物を売っていました。
私が所属していた日産もそのひとつで、巨大な中国工場の稼ぎで業績はうなぎ登り、ボーナスも非常に多かったことを覚えています。

中国経済が注目を集めているのは2015年の今も変わりありません。
しかし、あの時の注目のされ方とはちょっと変わってきています。
「中国経済はいつまで好調なのか?」「中国バブル崩壊はいつくるのか?」「中国から撤退したとき、次に行くべき所はどこか?」
あれほど輝いていた中国経済が、早くも「次」を考えられているのです。

2015年の今、一番輝いているのは東南アジア各国です。しかし、10年後、この輝きが続いていくかはわかりません。
そして、東南アジアの「次」として注目されているのがインド。Financial Timesの翻訳記事にこの様に語られています。

インド経済にまたとない飛躍の好機

経済史を振り返ると、これまでの35年間で最も重要な出来事は中国の台頭だ。その次にあげられるのがインドの成長である。ではインドはどのくらい速く成長できるのか。その答えはこうだ。インドはいま、世界最速で成長する主要国になるまたとないチャンスを迎えている。だが、それを実現するには、政策と実行の改善に力を入れなければならない。2014年5月に選出されたナレンドラ・モディ首相の政権はこれに取り組み始めている。

中国を抜いて人口が世界一になることが確実なインド。ついにその成長に火が付くわけです。

この様に、次々と主役が交代していく世界経済。我々はどう対応していけばいいのでしょう?
方法は2つあります。

1.世界中どこでも使えるスキルを身につけて、今一番輝いている都市で活躍する
2.ひとつの場所の専門家になり、輝きが去った後も実直に働く

1はある意味理想的な生き方ですが、高いスキルと変化対応力が求められます。一番輝いている都市では素晴らしい仕事が待っている反面、世界中から競争相手が集まってくる過酷な場所でもあるからです。

2は、実は堅実な生き方です。輝きを失った場所にも人は住み続け、経済は回り続けます。華やかな場所を求めている人が去った後も、商いは続くのです。
その様な市場に、現地のことをよく知りながら少しずつ外国の知識を用いて商売を続けていくことは、競争が少ない世界で人と違う事をやり続けることができる、おもしろい場所になり得るのです。

多くの日本人は、日本国内で2をやることしか選択肢がありません。輝いてはいないけど、競争相手が多い、ちょっと厳しい場所です。でも、日本人にはそれ以外の選択肢がたくさんあります。「それ以外の選択肢」を選択をするために大切なのは、今輝いているところ、これから輝くところを体験することです。

今の中国でも、東南アジアでもいい。ぜひ、日本とは違う風景をみてみてください。
また、これから輝く所、インドで、世界のどこでも使えるITスキルなんかを身につけるのもいいかもしれません。

india2

自分に変化対応力があるのかどうかを確かめるには、現地に行ってみるしかありません。
汎用的なスキルを身につけるためには、学ぶしかありません。

閉塞感を感じている人は、閉塞していないところに行ってみましょう。
そこで使えるスキルを身につければ、移動し続けることも、閉塞している場所に光を呼び込むこともできるようになるんです。

 

インドは暑いのか?インド人はうざいのか?結論は「インドは広い」

インドと言えば、世界3大ウザ国のひとつといわれています。(残りのふたつはエジプトとモロッコ)
そして、クソ暑いという印象も強いです。

20120515215536f3c1

しかし、実はインドは1年中暑いわけではありません。
Hottestシーズンには平均気温が40度を超え、一番熱い時には、空気を吸うだけで杯が暑くなるのがわかるようなニューデリー。
そんなニューデリーでさえ、今の時期の平均気温は15度程度。
朝晩は軽く冷え込むくらいの気候です。(よって、インドに観光にいくなら12-2月がいいです)

そして、高地にあるバンガロールなどは、年間を通じて平均気温が25度程度と過ごしやすい気候になっています。日本にも沖縄から北海道があり、冬から夏があるように、日本よりも遙かに広いインドの気温は千差万別です。

人も同様です。
ウザいインド人が多いのは主に北側。
特に、観光客が最も多い、コルカタ→ガヤー→バラナシ→アグラ→デリーなどは強力です。
多くの観光客が酷い目に遭い、それをあちこちで言いふらすために、インド人=ウザいになってしまうのです。

しかし、その土地でも、ウザいインド人ばかりではありません。
基本的に、金持ちにはいい人が多く、旅行者をいろいろ助けてくれます。そして、金持ちは普通に働いているので、なかなか旅行者と顔を合わせる機会がないので、いいインド人のことはなかなか広まらないのです。

そして、南の方に行くと、インド人の性格もおとなしくなります。言語や宗教、気候などの違いもありますし、常に中国やパキスタンとの紛争に巻き込まれていた北側と、比較的平和だった南側の環境の違いもあるでしょう。

南インドにあるバンガロールに、デリーやバラナシに行く感覚で訪れると肩すかしにあいます。
そして、あ、インドにもこんな場所があるんだと気付くのです。

そんな「いいインド」で英語やITを学ぶプログラムがあります。
おいしいのは、「インドでITを学んできました」と言えばスゴイ修羅場をくぐってきた感があるのですが、実際にはそこまで過酷ではないことです。

勝手に周りが驚くような経験をし、さらにスキルアップに繋がるインド留学。
みなさんもいかがでしょうか?

スクリーンショット 2014-12-28 11.40.14
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ