海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

フィリピン親子留学

フィリピン英語留学は貧乏な国なのでローコスト。子供は子供が働く事を学びます

フィリピン留学のすばらしいところは、レッスンがマンツーマンレッスン中心なのに、欧米に比べてローコストなことです。
これはできるる理由は、もちろん、フィリピン人講師の給料が安いからです。

フィリピン人講師の給料は月給1-3万円程度。日本人の1/10レベルです。ちなみに、日本と同じようなものを買おうと思えば、物価は1/2レベルなので、決して豊かとは言えない生活です。
フィリピン・セブの街中を歩いているともっとたくさんの事に気付きます。特に子供たちが気付くのは「自分たちと同じくらいの歳の子供が働いている」ということではないでしょうか?

横断歩道で停まったタクシーに水を売りに来たり、自分の母親がやっている露天で店番したり。外国人相手でもひるまず、淡々とお仕事をしているのです。

tumblr_n45mctChls1sjivmpo4_1280

日本の子供は良くも悪くも「自分が子供だから」という精神が植え付けられており、どんなところに行ってもお客様扱いされることになれています。しかし、国が変われば、自分はすでに働く人になっていたかも知れないということに気付くはずです。

親子留学の留学先としては、ハワイやカナダ、ロンドン、オーストラリア、ニュージーランドなどがよく知られています。これらの国は、お値段も高いのですが、それ以上に日本と同じ先進国。このようなカルチャーショックを受けることはほとんどありません。

ちなみに、先進国だと、お母さんの語学学校費(グループレッスン中心)、子どものプリスクール費、現地の滞在費(ホームステイ中心)で、1週間だいたい30万円前後(航空券、食費、ビザ費等は除く)くらいかかります。

一方、フィリピンでの親子留学は、お母さんの語学学校費(マンツーマンレッスン中心!)、子どものレッスン費(マンツーマン+グループクラス)、現地の滞在費(食費、宿泊費込み!)で、1週間15~20万円前後(航空券、ビザ費等は除く)になります。

特筆すべきなのは、グループレッスンではなくマンツーマンで英語を学べること。
また、ホームステイでなく学校の寮(またはホテル)でリラックスして滞在できること。
そんな好条件にもかかわらず、ハワイやロンドンといった国々のおよそ半分~3分の2の費用で行かれるのが魅力です。

小さな頃に「違う言語」の存在を知り、「母国語以外」で「外国人」と話をすることは、子供の教育上非常に大切なことだと思っています。日本人の英語アレルギーの半分は「外人怖い」からきてますから。

それと同じくらい大切なことは「自分の住んでいる世界が全てではないんだ」ということを知ることです。自分がしている生活が、他の国人よりも裕福であること、自分もやろうと思えば働いてお金を稼いで食べていけるんだということを知ること。幼いうちにこの様な事を知っておくことが、子供の世界を広くし、選択肢を増やすのです。

私の友人の庄司里紗さんは、息子にガチでそんな体験をさせています。
そんな彼女が作ったのが、「セブ島えいご体験プログラム」
セブ島の語学学校「ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミー」の協力のもと、開催する親子留学プログラムです。

3bd0a5_d84c46102cfe4cabb947735764323d6e.png_srz_p_678_139_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz
http://oyako-ryugaku.wix.com/cebu

親子二人で1週間20万円前後、2週間30万円(航空券、ビザ費等は除く)で留学で来ちゃうのだから、すごい話です。
子供の頃にこういう体験をする子が増えると、日本もおもしろくなるだろうなーと思って、私も個人的に応援しておりますので、興味がある人は、ぜひWebページをのぞいてみてください。7月5日で締め切りらしいのでお早めに!

セブ島えいご体験プログラム
親子留学チラシ_02

back8_4 子供の教育なら、日本の義務教育+フィリピン留学でいいんじゃね?

フィリピン英語留学は貧乏な国なのでローコスト。子供は子供が働く事を学びます

フィリピン留学のすばらしいところは、レッスンがマンツーマンレッスン中心なのに、欧米に比べてローコストなことです。
これはできるる理由は、もちろん、フィリピン人講師の給料が安いからです。

フィリピン人講師の給料は月給1-3万円程度。日本人の1/10レベルです。ちなみに、日本と同じようなものを買おうと思えば、物価は1/2レベルなので、決して豊かとは言えない生活です。
フィリピン・セブの街中を歩いているともっとたくさんの事に気付きます。特に子供たちが気付くのは「自分たちと同じくらいの歳の子供が働いている」ということではないでしょうか?

横断歩道で停まったタクシーに水を売りに来たり、自分の母親がやっている露天で店番したり。外国人相手でもひるまず、淡々とお仕事をしているのです。

tumblr_n45mctChls1sjivmpo4_1280

日本の子供は良くも悪くも「自分が子供だから」という精神が植え付けられており、どんなところに行ってもお客様扱いされることになれています。しかし、国が変われば、自分はすでに働く人になっていたかも知れないということに気付くはずです。

親子留学の留学先としては、ハワイやカナダ、ロンドン、オーストラリア、ニュージーランドなどがよく知られています。これらの国は、お値段も高いのですが、それ以上に日本と同じ先進国。このようなカルチャーショックを受けることはほとんどありません。

ちなみに、先進国だと、お母さんの語学学校費(グループレッスン中心)、子どものプリスクール費、現地の滞在費(ホームステイ中心)で、1週間だいたい30万円前後(航空券、食費、ビザ費等は除く)くらいかかります。

一方、フィリピンでの親子留学は、お母さんの語学学校費(マンツーマンレッスン中心!)、子どものレッスン費(マンツーマン+グループクラス)、現地の滞在費(食費、宿泊費込み!)で、1週間15~20万円前後(航空券、ビザ費等は除く)になります。

特筆すべきなのは、グループレッスンではなくマンツーマンで英語を学べること。
また、ホームステイでなく学校の寮(またはホテル)でリラックスして滞在できること。
そんな好条件にもかかわらず、ハワイやロンドンといった国々のおよそ半分~3分の2の費用で行かれるのが魅力です。

小さな頃に「違う言語」の存在を知り、「母国語以外」で「外国人」と話をすることは、子供の教育上非常に大切なことだと思っています。日本人の英語アレルギーの半分は「外人怖い」からきてますから。

それと同じくらい大切なことは「自分の住んでいる世界が全てではないんだ」ということを知ることです。自分がしている生活が、他の国人よりも裕福であること、自分もやろうと思えば働いてお金を稼いで食べていけるんだということを知ること。幼いうちにこの様な事を知っておくことが、子供の世界を広くし、選択肢を増やすのです。

私の友人の庄司里紗さんは、息子にガチでそんな体験をさせています。
そんな彼女が作ったのが、「セブ島えいご体験プログラム」
セブ島の語学学校「ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミー」の協力のもと、開催する親子留学プログラムです。

3bd0a5_d84c46102cfe4cabb947735764323d6e.png_srz_p_678_139_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz
http://oyako-ryugaku.wix.com/cebu

親子二人で1週間20万円前後、2週間30万円(航空券、ビザ費等は除く)で留学で来ちゃうのだから、すごい話です。
子供の頃にこういう体験をする子が増えると、日本もおもしろくなるだろうなーと思って、私も個人的に応援しておりますので、興味がある人は、ぜひWebページをのぞいてみてください。7月5日で締め切りらしいのでお早めに!

セブ島えいご体験プログラム
親子留学チラシ_02

back8_4 子供の教育なら、日本の義務教育+フィリピン留学でいいんじゃね?

子供の教育なら、日本の義務教育+フィリピン留学でいいんじゃね?

こんにちは。
子供もいないのに、日本の子供の教育について時々考える森山です。

と、いうのも、海外で働きたい、留学したい若者達が一番困っているのがその英語力のなさだからです。
そんな彼らには「英語が喋れるだけでスペシャルな人材になれる先進国なんて日本くらいなんだから、美味しいと思って勉強しろ!」と発破をかけるのですが、ホントは日本の義務教育で、もちっとまともな英語教育がなされたらいいんですよねえ…。

ちなみに、私が住んでいるフィリピンセブでは英語教育はものすごく発達しており、ホワイトカラー色の人たちはほぼ100%英語が話せます。例えば、映画館で流れているハリウッド映画は英語版字幕なしです。
じゃあ、フィリピンで教育するか!となると、フィリピンの大学を出ているようなちょっとしたエリートが三角形の面積の出し方もわからなかったりして、絶望的な気分になります。

そもそも、大切なのは語学力よりも、深く考え、それをわかりやすく表現する言語力のため、母国語が中途半端な状態で無理に外国語を詰め込むのも怖い気がします。

そこで、私が行き着いた結論は、「日本の義務教育を受けさせ、長期休暇でフィリピンに英語留学させる」です。

「格安で英語留学できる」として、近頃人気のフィリピン留学。そんな中、フィリピンに「親子で留学」するケースも増えてきています。

親子留学とは、親と子どもがいっしょに外国にいって英語を学ぶ留学スタイルのこと。
日本でも、グローバル化や早期英語教育のスタートを受けて、最近はじわじわと注目が高まっているといいます。

実は、私の知り合いの庄司里紗さんは、3歳(当時)の子どもといっしょにセブ島で親子留学をしました。その成果は着実に現れており、お子さんは早くも人によって日本語と英語を切り替えながら、自然にバイリンガルになっているそうです。

そんな彼女が作ったのが、「セブ島えいご体験プログラム」
セブ島の語学学校「ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミー」の協力のもと、開催する親子留学プログラムです。

3bd0a5_d84c46102cfe4cabb947735764323d6e.png_srz_p_678_139_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz

おもに3歳~6歳の未就学のお子さんを対象にしていますが、小学生のお子さんも受け入れ可能です。
親子がそれぞれマンツーマンレッスンを主体に英語を学べるほか、社会貢献活動などのアクティビティにも参加できるのが特長です。

親子二人で1週間20万円前後、2週間30万円(航空券、ビザ費等は除く)で留学で来ちゃうのだから、すごい話です。
子供の頃にこういう体験をする子が増えると、日本もおもしろくなるだろうなーと思って、私も個人的に応援しておりますので、興味がある人は、ぜひWebページをのぞいてみてください。7月5日で締め切りらしいのでお早めに!

セブ島えいご体験プログラム
親子留学チラシ_02

back8_4b フィリピン英語留学は貧乏な国なのでローコスト。子供は子供が働く事を学びます

子供の教育なら、日本の義務教育+フィリピン留学でいいんじゃね?

こんにちは。
子供もいないのに、日本の子供の教育について時々考える森山です。

と、いうのも、海外で働きたい、留学したい若者達が一番困っているのがその英語力のなさだからです。
そんな彼らには「英語が喋れるだけでスペシャルな人材になれる先進国なんて日本くらいなんだから、美味しいと思って勉強しろ!」と発破をかけるのですが、ホントは日本の義務教育で、もちっとまともな英語教育がなされたらいいんですよねえ…。

ちなみに、私が住んでいるフィリピンセブでは英語教育はものすごく発達しており、ホワイトカラー色の人たちはほぼ100%英語が話せます。例えば、映画館で流れているハリウッド映画は英語版字幕なしです。
じゃあ、フィリピンで教育するか!となると、フィリピンの大学を出ているようなちょっとしたエリートが三角形の面積の出し方もわからなかったりして、絶望的な気分になります。

そもそも、大切なのは語学力よりも、深く考え、それをわかりやすく表現する言語力のため、母国語が中途半端な状態で無理に外国語を詰め込むのも怖い気がします。

そこで、私が行き着いた結論は、「日本の義務教育を受けさせ、長期休暇でフィリピンに英語留学させる」です。

「格安で英語留学できる」として、近頃人気のフィリピン留学。そんな中、フィリピンに「親子で留学」するケースも増えてきています。

親子留学とは、親と子どもがいっしょに外国にいって英語を学ぶ留学スタイルのこと。
日本でも、グローバル化や早期英語教育のスタートを受けて、最近はじわじわと注目が高まっているといいます。

実は、私の知り合いの庄司里紗さんは、3歳(当時)の子どもといっしょにセブ島で親子留学をしました。その成果は着実に現れており、お子さんは早くも人によって日本語と英語を切り替えながら、自然にバイリンガルになっているそうです。

そんな彼女が作ったのが、「セブ島えいご体験プログラム」
セブ島の語学学校「ファーストウェルネス・イングリッシュ・アカデミー」の協力のもと、開催する親子留学プログラムです。

3bd0a5_d84c46102cfe4cabb947735764323d6e.png_srz_p_678_139_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz

おもに3歳~6歳の未就学のお子さんを対象にしていますが、小学生のお子さんも受け入れ可能です。
親子がそれぞれマンツーマンレッスンを主体に英語を学べるほか、社会貢献活動などのアクティビティにも参加できるのが特長です。

親子二人で1週間20万円前後、2週間30万円(航空券、ビザ費等は除く)で留学で来ちゃうのだから、すごい話です。
子供の頃にこういう体験をする子が増えると、日本もおもしろくなるだろうなーと思って、私も個人的に応援しておりますので、興味がある人は、ぜひWebページをのぞいてみてください。7月5日で締め切りらしいのでお早めに!

セブ島えいご体験プログラム
親子留学チラシ_02

back8_4b フィリピン英語留学は貧乏な国なのでローコスト。子供は子供が働く事を学びます
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ