海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

セカ就!推薦図書

■セカ就推薦図書 世界のどこでも生きられる! 外籠もりのススメ may_roma

■セカ就推薦図書 世界のどこでも生きられる! 外籠もりのススメ @may_roma

めいろまさんのちょっと前の本ですが、自身が海外で働いて良かったと思うことが実に腑に落ちます。

世界のどこでも生きられる! 外籠もりのススメ

世の中には「人と一緒じゃないと不安」な人と「人と一緒じゃなくてもどってことないからほっといてくれ」という人がいて、後者は海外で働くべきだと。


日本は、どこに行っても日本人だらけで、みんな似たような思考回路を持っているのですが、海外でいろんな国の人たちが集まっているところに行くと、もう、てんでバラバラ。
ちょっとした違いなんて「誤差」で片づくくらい多種多様なわけです。
そんな中で「うちの大学の先輩はこういう企業に行っているから…」とか「○○さんがこういう企業に勤めれば安心だといってたから」みたいな言説は何の意味も持たない。
とにかく、やる。そして、成果を出す。ザッツオール。道は自分で切り拓く!的な人には、いちいちいちゃもんを付けられにくい楽しい世界なわけです。

とはいえ、海外の日系企業では必ずしもこうなってはいないので注意が必要。上記の思考を持っている人は、日系企業は最初のステップとして、その後外資に行くなり、自由な日系企業を探すなり、起業するなりで大海原に船出して欲しいものです。

っていうか、海外だろうが国内だろうが、好きなところで働けばいいんですけどね。自分の好きにキャリアを創っていくのは楽しいですよ!



セカ就推薦映画 きっとうまくいく

インド映画なのですが、カースト制や受験戦争という社会問題に正面から問題を投げかけるストーリーがすげえしっかりしていて、伏線もバリバリで素晴らしいです。

きっと、うまくいく [DVD]

とはいえ、ちゃんと無駄な歌と踊りも入っていて楽しい気持ちになります。

生まれた1秒後から「エンジニアになれ」と親に決められて、過酷な受験勉強、学内競争に追い込まれるインド人たち。
彼らは、そのプレッシャーに押しつぶされ、毎年たくさんの自殺者をも生んでいます。
(そういえば、インドの大学を出た日本人の学生も、思った以上に詰め込み教育だったと言ってたなあ。。)

それに対して「好きなことをやっていいんだよ」ということを主張し、学長に、友人に説いていく主人公。馬鹿げたコメディーの中に、生きていくことの楽しさが詰め込まれた、素敵な作品です。

日本で働いたって、海外で働いたっていい。
サラリーマンだって、起業家だっていい。
自分が好きなことをやるべきなんです。ホント、そう思えるいい映画なので、ぜひ。

3時間弱とちょっとながいですが、おすすめです!



ちなみに、英語のタイトルは3idiots(3バカ)。でも「きっとうまくいく」という邦題はよかったとおもう。
全然関係ないけど、英題Idiocracyに「26世紀青年」という酷いタイトルを付けてしまったこの映画も(きっとうまくいくとはまるで別の意味で)おすすめです

セカ就推薦映画 きっとうまくいく

インド映画なのですが、カースト制や受験戦争という社会問題に正面から問題を投げかけるストーリーがすげえしっかりしていて、伏線もバリバリで素晴らしいです。

きっと、うまくいく [DVD]

とはいえ、ちゃんと無駄な歌と踊りも入っていて楽しい気持ちになります。

生まれた1秒後から「エンジニアになれ」と親に決められて、過酷な受験勉強、学内競争に追い込まれるインド人たち。
彼らは、そのプレッシャーに押しつぶされ、毎年たくさんの自殺者をも生んでいます。
(そういえば、インドの大学を出た日本人の学生も、思った以上に詰め込み教育だったと言ってたなあ。。)

それに対して「好きなことをやっていいんだよ」ということを主張し、学長に、友人に説いていく主人公。馬鹿げたコメディーの中に、生きていくことの楽しさが詰め込まれた、素敵な作品です。

日本で働いたって、海外で働いたっていい。
サラリーマンだって、起業家だっていい。
自分が好きなことをやるべきなんです。ホント、そう思えるいい映画なので、ぜひ。

3時間弱とちょっとながいですが、おすすめです!



ちなみに、英語のタイトルは3idiots(3バカ)。でも「きっとうまくいく」という邦題はよかったとおもう。
全然関係ないけど、英題Idiocracyに「26世紀青年」という酷いタイトルを付けてしまったこの映画も(きっとうまくいくとはまるで別の意味で)おすすめです

セカ就推薦図書03 ヤンキー経済 「マイルドヤンキー」は人類のスタンダードだと思う

セカ就推薦図書03 ヤンキー経済

リンクに表示されるテキスト

ネットにあまり出てこないがボリュームがある若者の一部層「マイルドヤンキー」と分類し、その消費傾向について分析した本。
彼らは、地元(それも半径5km以内)で生活し、そこから離れることを頑なに拒む。中学校当時の仲間たちと楽しくつるむのを至上とする人達である。

この本の中で、彼らの特徴として何度も出ているのが
「既知のものから選択しない」
ということ。

中学校時代から知っている友達とつるみ、勝手知ってる地元の中だけで生活し、TV CMなどで知っているものの中から楽しむ。
これは、本屋に行って本を探し、ググって情報を検索し、SNSで同好の人を探すような、「この本を読みそうな人」からみたら、まるで異世界のモンスターもしくは、どっかの川底にへばりついている、体長1.8mのオオサンショウウオの様に感じられる。
そして、そのオオサンショウウオが、ソーシャルゲームやLINE、ラウンドワンやパチンコ、エグザイルやイオンを消費しているということがよくわかる構成になっている。これらの業種がテレビコマーシャルを打ちまくっている理由も。

この本を読むような人は、マイルドヤンキーを「愚鈍な生物」のように感じるかも知れない。しかし、冷静に考えたら、人類史上ほとんどの人が「既知のものから選択しない」傾向にあったと思う。
インターネットがなかった時代「検索」などという概念はなく、新しいものを自分で探す機会なんて、百科事典か図書館くらいしかなかった。そして、多くの家庭で百科事典なんて埃を被っていたし、図書館なんて行く人はごく少数にすぎない。
交友関係は学生時代の友達か会社の同僚のみ。自分の会社以外に関しては「知らない」から転職する人も少数派。盆と正月のレジャーは里帰り。そんなのが普通なわけだ。

自分で情報を発信しフォロワーを何千人もつくったり、世界のあちこちに出かけて面白いものを見つけたり外国で友達をつくったり、いろんな土地でビジネスの可能性を探して実際に初めて見たり何てことをやるのは、ごく一部の変な人だったのだ。「セカ就!」なんて言ってる奴は、コロンブスとか勝海舟みたいなド変態に違いない。

現在は、インターネットを中心に、ツールが揃ってきているので、その「ごく一部の変な人」の数が一気に増えてきている。それでも大多数の人は、道具があってもそんなことをしたくないわけで、その変わらない人達が「マイルドヤンキー」なのだ。

この本は、博報堂のチームが作っているだけあって、彼らに何を提供すれば彼らが喜ぶのか(≒彼らから金を巻き上げられるのか)のヒントがたくさん記載されている。
彼らが喜ぶことを提供できれば、この国の幸福度を大きく上げることに繋がるので、この研究は実に有意義だと思う。

ただ、本書に書かれているマイルドヤンキーは、東京や神戸近郊の人達の実例が多く、地方に行くにつれて現状は厳しくなっているはず。
そして、東京近郊のマイルドヤンキーでさえ、その幸せはささやかであり、さらにその幸せをキープするギリギリのところまで経済環境は悪化している。その彼らのギリギリの幸せがなくなったとき、日本という国は本当の意味で絶望の国になるんだろう。

この本を読んで「自分の『地元』とは違う」とか「賛美するな」という意見が出ることはよくわかる。
でも、まず、一部のサンプルとして分析したことは素晴らしく意義があることだと思う。ここからいかにして、彼らにとっても「幸せ」な国にするのか。日本でビジネスをする人のひとつの大きな課題なのだ。

リンクに表示されるテキスト

まあ、実際私も「ニッポン、かなり土俵際まで来てるな…」と感じましたが。

セカ就推薦図書03 ヤンキー経済 「マイルドヤンキー」は人類のスタンダードだと思う

セカ就推薦図書03 ヤンキー経済

リンクに表示されるテキスト

ネットにあまり出てこないがボリュームがある若者の一部層「マイルドヤンキー」と分類し、その消費傾向について分析した本。
彼らは、地元(それも半径5km以内)で生活し、そこから離れることを頑なに拒む。中学校当時の仲間たちと楽しくつるむのを至上とする人達である。

この本の中で、彼らの特徴として何度も出ているのが
「既知のものから選択しない」
ということ。

中学校時代から知っている友達とつるみ、勝手知ってる地元の中だけで生活し、TV CMなどで知っているものの中から楽しむ。
これは、本屋に行って本を探し、ググって情報を検索し、SNSで同好の人を探すような、「この本を読みそうな人」からみたら、まるで異世界のモンスターもしくは、どっかの川底にへばりついている、体長1.8mのオオサンショウウオの様に感じられる。
そして、そのオオサンショウウオが、ソーシャルゲームやLINE、ラウンドワンやパチンコ、エグザイルやイオンを消費しているということがよくわかる構成になっている。これらの業種がテレビコマーシャルを打ちまくっている理由も。

この本を読むような人は、マイルドヤンキーを「愚鈍な生物」のように感じるかも知れない。しかし、冷静に考えたら、人類史上ほとんどの人が「既知のものから選択しない」傾向にあったと思う。
インターネットがなかった時代「検索」などという概念はなく、新しいものを自分で探す機会なんて、百科事典か図書館くらいしかなかった。そして、多くの家庭で百科事典なんて埃を被っていたし、図書館なんて行く人はごく少数にすぎない。
交友関係は学生時代の友達か会社の同僚のみ。自分の会社以外に関しては「知らない」から転職する人も少数派。盆と正月のレジャーは里帰り。そんなのが普通なわけだ。

自分で情報を発信しフォロワーを何千人もつくったり、世界のあちこちに出かけて面白いものを見つけたり外国で友達をつくったり、いろんな土地でビジネスの可能性を探して実際に初めて見たり何てことをやるのは、ごく一部の変な人だったのだ。「セカ就!」なんて言ってる奴は、コロンブスとか勝海舟みたいなド変態に違いない。

現在は、インターネットを中心に、ツールが揃ってきているので、その「ごく一部の変な人」の数が一気に増えてきている。それでも大多数の人は、道具があってもそんなことをしたくないわけで、その変わらない人達が「マイルドヤンキー」なのだ。

この本は、博報堂のチームが作っているだけあって、彼らに何を提供すれば彼らが喜ぶのか(≒彼らから金を巻き上げられるのか)のヒントがたくさん記載されている。
彼らが喜ぶことを提供できれば、この国の幸福度を大きく上げることに繋がるので、この研究は実に有意義だと思う。

ただ、本書に書かれているマイルドヤンキーは、東京や神戸近郊の人達の実例が多く、地方に行くにつれて現状は厳しくなっているはず。
そして、東京近郊のマイルドヤンキーでさえ、その幸せはささやかであり、さらにその幸せをキープするギリギリのところまで経済環境は悪化している。その彼らのギリギリの幸せがなくなったとき、日本という国は本当の意味で絶望の国になるんだろう。

この本を読んで「自分の『地元』とは違う」とか「賛美するな」という意見が出ることはよくわかる。
でも、まず、一部のサンプルとして分析したことは素晴らしく意義があることだと思う。ここからいかにして、彼らにとっても「幸せ」な国にするのか。日本でビジネスをする人のひとつの大きな課題なのだ。

リンクに表示されるテキスト

まあ、実際私も「ニッポン、かなり土俵際まで来てるな…」と感じましたが。
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ