海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

アジアに引っ越し!

2013年11月8日にフィリピンを襲った台風のセブ島での被害について

2013年11月8日、フィリピンに巨大な台風・ヨランダが直撃し、レイテ島を中心に巨大な被害を与えました。
私は、この台風直撃時に、日本人の在住者や旅行客、留学生が多く滞在しているセブシティに在住していました。多くの日本の方はフィリピンの状況や地理などは知らないと思いますので、セブの状況をお伝えしようと思います。

結論から言うと、2013年11月14日現在、セブシティはほぼ平常通りに戻っています。日本の方がセブシティに来ても、特に旅行、留学等に支障はないと思います。

まず、大きな被害が出たレイテ島とセブ島の地理関係をみてみましょう。



地図の円は半径200kmです。
セブ島の中心都市、セブシティから、甚大な被害をうけたレイテ島の中心都市タクロバンは200km弱離れていることが分かります。
ちなみに、東京から半径200kmの円を引くとこうなります。



200kmというと長野や静岡、福島といったところでしょうか。

私がセブシティにいて感じたのは、2011年3月11日後の東京のようだということです。
暴風域に入ったのは3-4時間程度。これが終わった後は、すぐに普通の雨に戻り、危機的状況ではなくなりました。
その後、停電や断水が起こったり、店が閉まったり、スーパーで水などが売り切れたりという事態は発生したのですが、直接の大きな被害は起こっていないという状況です。

私は翌日朝、飛行機で東京に来たのですが(元々台風当日の航空券を持っており、翌日に振り替えられた)、家から空港までには、倒れた木やぶっ飛んだトタンの壁、ひんまがった建設中のビルの鉄骨などが散見されました。しかし、飛行機は何事もなく飛びました。
少なくとも、セブ市内で、台風による直接の被害で死者が出るような状況は考えられません。停電、断水も2013年11月14日時点で市内ほぼ全域で復旧しています。(11月15日追記 時々停電は起こっているそうです。ただ、セブは何もなくても時々停電起こるんですが…)

このような状況ですので、今、セブシティに来ることは全く問題ありません。飛行機に若干の乱れがありますが(私は11/15の成田→マニラの航空券を持っていたのですが、なぜか強制的に11/18に変更されました)来てしまえば、普通に生活ができます。
被災地からセブシティに避難している人も多数いますが、ホテルが満員などということもありません。もちろん、高潮の心配などもありません。
※ただし、セブ島は南北に長い島で、北部の街では大きな被害を受けています。セブシティや観光地として有名なマクタン島は中部にあります。

個人的には、セブシティに来る予定だった人には是非来て欲しいと思っています。
また、セブに来たときには、2013年10月15日の地震で大きな被害を受けたボホール島の観光にも行って欲しいと思います。

セブやボホールの主な産業は観光です。そして、レイテ出身で、セブやボホールの英語学校や観光業に勤め、実家に仕送りをしている人たちがたくさんいます。
今、セブやボホールにいくことを「自粛」し、経済活動が縮小すると、彼らの生活の基盤がなくなり、長期的な復興の足かせになってしまいます。
心配することなく、配慮することなく、是非、観光を楽しんで欲しいと思います。

同時に感じたことは、あの台風がもう少し南にずれ、人口87万人のフィリピン第二の都市、セブシティに直撃したらさらに大きな被害が出ていただろうなということです。
セブシティは、他の途上国の大都市と同様貧富の差が激しく、鉄筋コンクリートの立派なビルから、掘っ立て小屋のようなトタン屋根の家まで、様々な家に人が住んでいます。普通の雨でも雨漏りがするような家が多数なので、あれほどの台風が来たら、本当に多くの家の屋根が吹っ飛ばされ、多くの人が流され、路頭に迷い、甚大な被害になっていたと考えられます。

大きなビルなどであれば、台風には負けなかったと思いますが、古い建物はひとたまりもなかったでしょう。日本人が泊まるホテルや英語学校にも、その様な古い建物が使われている場合もありますので、日本人の被害もでていたでしょう。

災害のリスクは、世界中どこにいてもあるものですが、情報を集めることや、滞在する住居を選ぶ事である程度回避はできます。セブでも、台風情報は数日前から大きく報道されていましたので、たとえ古い建物に住んでいても、数日前からきちんとしたホテルをキープして避難していれば、例え直撃していてもそれなりの確率で被害は回避できたと思われます。(ただ、今回の台風の場合、マリオットホテルのガラスですらぶち破った可能性はありますが…)

海外に滞在したり、住んだりすると、日本にいるよりも情報は入りにくくなるので、意識して情報を探し、早めに慎重に対応することが大切です。(英語学校に留学するときは、1ヶ月程度の契約にして、運営体制や設備に不安を感じたら早めに転校することをお勧めします)

怖がりすぎず、油断しすぎず。その案配は難しいです。今回、私もいろいろ学びました。繰り返しますが、セブなどに行く予定がある人は、自粛などをしないで欲しいと思います。特にそのような予定がない人は、ちょっとでいいので、現地に募金しましょう!

ちなみに私は、このような大きな災害時は、国境なき医師団に寄附をしております。
国境なき医師団 フィリピン台風緊急援助



私が当日どんな行動をしていたかは、こちらをどうぞ。

フィリピンで台風の被害に遭ってきたよ!


 

USドル預金で年利6.2%!プノンペン商業銀行口座の作り方

金利が年利0.1%とか、もう限りなくゼロに近い日本と比べ、外貨が欲しくて欲しくてたまらない新興国では6%を越える凄い金利の国がいくつもあります。(日本も昔はそうでした…)
なかでも、カンボジアは2013年現在、市中に出回っているお金のほとんどがUSドルのため、預金もUSドルでできます。この金利が6.2%。税金を引いても5.5%と非常に高くなっています。



この魅力的な金利を享受するためには、銀行口座を作らなくてはならないのですが、SBI(ソフトバンクインベストメント)が子会社化しているプノンペン商業銀行にはジャパンデスクがあり、実に簡単に口座を作ってくれます。本記事ではこの、プノンペン商業銀行の口座の作成方法をお伝えします。(なお、全ての情報は2013年10月に私が実際につくった時の状況を元にしています)

カンボジアの銀行では、銀行によって居住者でなくては作れなかったり、ビジネスビザがないと作れなかったり、ホテルの滞在証明書がないと作れなかったりするのですが、プノンペン商業銀行ジャパンデスクで作る場合は、短期旅行者、観光ビザでも口座が作れます。必要なものは、パスポートと最低預入額の100USドルのみです。

そんな、プノンペン商業銀行での口座作成ですが、カンボジアの日本語フリーペーパーに広告が載ってます。



日本語で対応してくれる電話番号も載っているので、事前にこれで確認もできます。(とはいえ、担当者の方が大変なので、実際に現地に行って口座を作る人だけが連絡するようにしましょう。)

プノンペン商業銀行は、プノンペンタワーというところの2階にあります。
プノンペンの中心地にあるので、トゥクトゥクの運転手でも50%以上の確率で知っています。
「プノンペンタワー?」と聞いて、「OK!」という反応がある運転手のトゥクトゥクに乗っていきましょう。値段交渉もお忘れなく。市内なら2-5ドルくらいで着くはずです。
なお、営業時間は平日の午前10時から午後4時までです。

と、いうわけで、つきました!プノンペンタワー!



ヒュンダイ プノンペンタワーと、思いっきり企業の名前がついているのですが気にするのはやめましょう。
このタワーの中には、複数の銀行が入っていますが、プノンペン商業銀行は2階にあります。エレベーターで2階に登ると、すぐに見つかります。

銀行の中に入ると、カンボジア人の受付の人がいます。
「I would like to make an account」と聞くと「チョットマッテテクダサイー」と、日本人担当者を連れてきてくれます。

「普通預金にしますか?定期預金にしますか?」ってことで「両方」というと、2つの口座作成の書類を作ってくれます。

基本的に、普通預金口座は必須。そして、最低預金額が100USドル(約1万円)。定期預金は最低500USドル(約5万円)。利率は、1年で6.2%。10年だと8.0%です。



1年で回す人が多いみたいですが。
ここに、非居住者の場合14%の税金がかかりますので、1年で回すと実質約5.5%の金利になります。1万ドル(約100万円)預けると翌年には、10505ドル(105万5千円)になる感じですね。

定期預金の書類には、満期後「自動継続しない」「自動継続 利子は普通預金に」「自動継続 利子も定期預金に」という選択肢があります。私は迷わず「「自動継続 利子も定期預金に」5.5%複利で回していくと、14年後には元金が倍になっちゃいます。複利の魔法、すげえ。

日本人の方の指示通りに書類を埋めて、待つこと15分。
あっというまに、預金通帳と定期預金の証書が発行されました。

ATMから引き出すためのカードは1週間以上かかるそうです。短期旅行者の場合受取は難しいので、現地の友人に代理で来てもらうか、次回来たときに受け取ることにしましょう。私は(10月に口座を作って)「1月また来ますー!」と言ったらそれでOKでした。

口座作成手順は以上です。

プノンペン商業銀行の弱点もいくつかあります。
1.カンボジア国外で出金ができない
2013年10月現在、日本の銀行→プノンペン商業銀行の送金はできるのですが、プノンペン商業銀行→日本の銀行への送金はできません。また、現金の引き出しもカンボジア国内でしかできません。つまり、現金化はカンボジアに来ないとできないわけです。そのためだけにわざわざカンボジアに来るとなるとあまり効率的ではないので、カンボジアに用事がある人でないとあまり意味ないかもしれません。いずれ、海外送金もできるようになるとは思うのですが…。

2.預金保険がない
銀行が潰れたら、カンボジアが預金封鎖とかしたら、はいそれまでよ。です。
気分的には、毎年6.2%上がる株式に投資しているようなイメージでしょうか。14年間で倍になるので、あと14年カンボジアの銀行が潰れないと予想するなら、期待値的にOK!

私的には、カンボジアには定期的に行くことになりそうだし、それなりに利が乗った中国人民現預金の一部をどっかに移そうと思っていたので、ちょうどいい感じです。
熱いぜ!カンボジア!

なお、本件についてコチラにも記事を書いているので、合わせてお読み頂けたらと思います。

高金利にウハウハ?それとも「弱点」気になる? 「カンボジアでUSドル預金」やってみた

※2013/10/28 追記
プノンペン商業銀行からの海外送金ですが、オンラインバンクなどを使って海外から送金をすることはできませんが、窓口から海外送金を行う事は問題なく行えます。

USドル預金で年利6.2%!プノンペン商業銀行口座の作り方

金利が年利0.1%とか、もう限りなくゼロに近い日本と比べ、外貨が欲しくて欲しくてたまらない新興国では6%を越える凄い金利の国がいくつもあります。(日本も昔はそうでした…)
なかでも、カンボジアは2013年現在、市中に出回っているお金のほとんどがUSドルのため、預金もUSドルでできます。この金利が6.2%。税金を引いても5.5%と非常に高くなっています。



この魅力的な金利を享受するためには、銀行口座を作らなくてはならないのですが、SBI(ソフトバンクインベストメント)が子会社化しているプノンペン商業銀行にはジャパンデスクがあり、実に簡単に口座を作ってくれます。本記事ではこの、プノンペン商業銀行の口座の作成方法をお伝えします。(なお、全ての情報は2013年10月に私が実際につくった時の状況を元にしています)

カンボジアの銀行では、銀行によって居住者でなくては作れなかったり、ビジネスビザがないと作れなかったり、ホテルの滞在証明書がないと作れなかったりするのですが、プノンペン商業銀行ジャパンデスクで作る場合は、短期旅行者、観光ビザでも口座が作れます。必要なものは、パスポートと最低預入額の100USドルのみです。

そんな、プノンペン商業銀行での口座作成ですが、カンボジアの日本語フリーペーパーに広告が載ってます。



日本語で対応してくれる電話番号も載っているので、事前にこれで確認もできます。(とはいえ、担当者の方が大変なので、実際に現地に行って口座を作る人だけが連絡するようにしましょう。)

プノンペン商業銀行は、プノンペンタワーというところの2階にあります。
プノンペンの中心地にあるので、トゥクトゥクの運転手でも50%以上の確率で知っています。
「プノンペンタワー?」と聞いて、「OK!」という反応がある運転手のトゥクトゥクに乗っていきましょう。値段交渉もお忘れなく。市内なら2-5ドルくらいで着くはずです。
なお、営業時間は平日の午前10時から午後4時までです。

と、いうわけで、つきました!プノンペンタワー!



ヒュンダイ プノンペンタワーと、思いっきり企業の名前がついているのですが気にするのはやめましょう。
このタワーの中には、複数の銀行が入っていますが、プノンペン商業銀行は2階にあります。エレベーターで2階に登ると、すぐに見つかります。

銀行の中に入ると、カンボジア人の受付の人がいます。
「I would like to make an account」と聞くと「チョットマッテテクダサイー」と、日本人担当者を連れてきてくれます。

「普通預金にしますか?定期預金にしますか?」ってことで「両方」というと、2つの口座作成の書類を作ってくれます。

基本的に、普通預金口座は必須。そして、最低預金額が100USドル(約1万円)。定期預金は最低500USドル(約5万円)。利率は、1年で6.2%。10年だと8.0%です。



1年で回す人が多いみたいですが。
ここに、非居住者の場合14%の税金がかかりますので、1年で回すと実質約5.5%の金利になります。1万ドル(約100万円)預けると翌年には、10505ドル(105万5千円)になる感じですね。

定期預金の書類には、満期後「自動継続しない」「自動継続 利子は普通預金に」「自動継続 利子も定期預金に」という選択肢があります。私は迷わず「「自動継続 利子も定期預金に」5.5%複利で回していくと、14年後には元金が倍になっちゃいます。複利の魔法、すげえ。

日本人の方の指示通りに書類を埋めて、待つこと15分。
あっというまに、預金通帳と定期預金の証書が発行されました。

ATMから引き出すためのカードは1週間以上かかるそうです。短期旅行者の場合受取は難しいので、現地の友人に代理で来てもらうか、次回来たときに受け取ることにしましょう。私は(10月に口座を作って)「1月また来ますー!」と言ったらそれでOKでした。

口座作成手順は以上です。

プノンペン商業銀行の弱点もいくつかあります。
1.カンボジア国外で出金ができない
2013年10月現在、日本の銀行→プノンペン商業銀行の送金はできるのですが、プノンペン商業銀行→日本の銀行への送金はできません。また、現金の引き出しもカンボジア国内でしかできません。つまり、現金化はカンボジアに来ないとできないわけです。そのためだけにわざわざカンボジアに来るとなるとあまり効率的ではないので、カンボジアに用事がある人でないとあまり意味ないかもしれません。いずれ、海外送金もできるようになるとは思うのですが…。

2.預金保険がない
銀行が潰れたら、カンボジアが預金封鎖とかしたら、はいそれまでよ。です。
気分的には、毎年6.2%上がる株式に投資しているようなイメージでしょうか。14年間で倍になるので、あと14年カンボジアの銀行が潰れないと予想するなら、期待値的にOK!

私的には、カンボジアには定期的に行くことになりそうだし、それなりに利が乗った中国人民現預金の一部をどっかに移そうと思っていたので、ちょうどいい感じです。
熱いぜ!カンボジア!

なお、本件についてコチラにも記事を書いているので、合わせてお読み頂けたらと思います。

高金利にウハウハ?それとも「弱点」気になる? 「カンボジアでUSドル預金」やってみた

※2013/10/28 追記
プノンペン商業銀行からの海外送金ですが、オンラインバンクなどを使って海外から送金をすることはできませんが、窓口から海外送金を行う事は問題なく行えます。

カンボジアとシンガポールに行ってきます。飛行機一回1万円くらいで

フィリピンに引っ越しをしてきて2回目の家賃を払いました。
家賃がクレジットカードで払えるので、ポイントがいっぱいたまりそうです。ちなみに、フィリピンに最初に来たときは、こうやって貯めたマイレージの無料航空券できました。これはなかなかどうしていい感じの循環になりそうです。



フィリピンに引っ越しをしてきた理由のひとつに、東南アジア各国との距離が近いってことがあります。
私は「海外就職研究家」などというわけの分からない肩書きを名乗っているのですが、ひとつこだわりがあって「評論家」ではなく「研究家」にしています。外野からあーだーこーだ文句を言う人にはなりたくない。あくまでも、現場で一次情報を集め、そこから分析をしていく人になりたいと思っています。

そのために必要な事は、
1.アジア各国で働く人にコンタクトをとり続けること
2.ちょいちょい現地に赴くこと
です。

そして、1.コンタクトを取ることに関しては、「もりぞお海外研究所」である程度達成されているので、今、重要視しているのが、2.気軽に現地に行けるようにすることです。

日本からですと、アジアまで、上手く安いチケットがとれれば3.5万円くらいなのですが、ちょっと外したり、LCCが飛んでないルートなどに関しては普通に8万円とかかかってしまいます。それでも、昔に比べたら安いのですが、気軽にちょいちょいいける金額ではありません。
しかも、安いチケットを取るには、ある程度前から計画しなきゃいけないので、気軽でもありません。あと、地味に都内から成田に往復するのに、スカイライナーで5千円弱かかるのも腹が立ちます。

これに対し、今回、1年ぶりくらいにカンボジアとシンガポールに行くのですが、航空券代は
フィリピン・セブ→カンボジア・シェムリアップ が1.5万円くらい
カンボジア・プノンペン→シンガポールが1万円くらい
シンガポール→フィリピン・セブが0.9万円くらいです。

最近、感覚が壊れてきて、航空券が1万円を越えると「たけー」って思うのですが、2カ国回って3.4万円なんですよね。のぞみで大阪往復とさしてかわらない。そして、移動時間も2-3時間と短いので、身体的にもらくちんです。(ちなみに、セブの我が家から空港まではタクシーで30分くらい。500円くらいです)

今回は、カンボジアというややマイナーなところが入ってるのでちょっと高いですが、これがクアラルンプールやバンコク、香港だともっと安くなります。(セブ→香港は往復で一万円切ってたなあ。。)

こうやって自分で住んでみて、チケットを買って、移動をしてみると、東南アジアはひとつの経済圏なんだなあということがよくわかります。文化や経済状況は違えど、物理的な距離は日本国内と大差が無い。こういうことをしていると、国境ってなんだろう?と改めて思ってしまうわけです。

そして、そんなフィリピンとカンボジアでは、こんなセミナーにゲスト講師として登壇します。
全て無料のセミナーなので、プノンペンやシンガポールに在住の方は、是非ご参加頂けたらと思います。
個人的に質問がある方なども、セミナー終了後、個別で聞いてください!

今ある「ストレス」をスパっと消すコツ(10/14)
「プノンペン校」開講記念セミナー
■日 時 : 2013年10月14日(月)18時~19時半
■費 用 : 無料
http://j-daigaku.com/lesson/st_de_155.html

なぜ行動は習慣化できないのか?!
目標達成のための新行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」
人事の大学シンガポール校
■日 時 : 2013年10月16日(水) 19時~21時
■費 用 : 無料
http://j-daigaku.com/lesson/st_de_154.html

本社主導のイノベーションは何故失敗するのか?!
「イノベーションの誤解と真実」(10/18)
人事の大学シンガポール校
■日 時 : 2013年10月18日(金)19時~21時
■費 用 : 無料
http://j-daigaku.com/lesson/st_de_156.html

 

 

カンボジアとシンガポールに行ってきます。飛行機一回1万円くらいで

フィリピンに引っ越しをしてきて2回目の家賃を払いました。
家賃がクレジットカードで払えるので、ポイントがいっぱいたまりそうです。ちなみに、フィリピンに最初に来たときは、こうやって貯めたマイレージの無料航空券できました。これはなかなかどうしていい感じの循環になりそうです。



フィリピンに引っ越しをしてきた理由のひとつに、東南アジア各国との距離が近いってことがあります。
私は「海外就職研究家」などというわけの分からない肩書きを名乗っているのですが、ひとつこだわりがあって「評論家」ではなく「研究家」にしています。外野からあーだーこーだ文句を言う人にはなりたくない。あくまでも、現場で一次情報を集め、そこから分析をしていく人になりたいと思っています。

そのために必要な事は、
1.アジア各国で働く人にコンタクトをとり続けること
2.ちょいちょい現地に赴くこと
です。

そして、1.コンタクトを取ることに関しては、「もりぞお海外研究所」である程度達成されているので、今、重要視しているのが、2.気軽に現地に行けるようにすることです。

日本からですと、アジアまで、上手く安いチケットがとれれば3.5万円くらいなのですが、ちょっと外したり、LCCが飛んでないルートなどに関しては普通に8万円とかかかってしまいます。それでも、昔に比べたら安いのですが、気軽にちょいちょいいける金額ではありません。
しかも、安いチケットを取るには、ある程度前から計画しなきゃいけないので、気軽でもありません。あと、地味に都内から成田に往復するのに、スカイライナーで5千円弱かかるのも腹が立ちます。

これに対し、今回、1年ぶりくらいにカンボジアとシンガポールに行くのですが、航空券代は
フィリピン・セブ→カンボジア・シェムリアップ が1.5万円くらい
カンボジア・プノンペン→シンガポールが1万円くらい
シンガポール→フィリピン・セブが0.9万円くらいです。

最近、感覚が壊れてきて、航空券が1万円を越えると「たけー」って思うのですが、2カ国回って3.4万円なんですよね。のぞみで大阪往復とさしてかわらない。そして、移動時間も2-3時間と短いので、身体的にもらくちんです。(ちなみに、セブの我が家から空港まではタクシーで30分くらい。500円くらいです)

今回は、カンボジアというややマイナーなところが入ってるのでちょっと高いですが、これがクアラルンプールやバンコク、香港だともっと安くなります。(セブ→香港は往復で一万円切ってたなあ。。)

こうやって自分で住んでみて、チケットを買って、移動をしてみると、東南アジアはひとつの経済圏なんだなあということがよくわかります。文化や経済状況は違えど、物理的な距離は日本国内と大差が無い。こういうことをしていると、国境ってなんだろう?と改めて思ってしまうわけです。

そして、そんなフィリピンとカンボジアでは、こんなセミナーにゲスト講師として登壇します。
全て無料のセミナーなので、プノンペンやシンガポールに在住の方は、是非ご参加頂けたらと思います。
個人的に質問がある方なども、セミナー終了後、個別で聞いてください!

今ある「ストレス」をスパっと消すコツ(10/14)
「プノンペン校」開講記念セミナー
■日 時 : 2013年10月14日(月)18時~19時半
■費 用 : 無料
http://j-daigaku.com/lesson/st_de_155.html

なぜ行動は習慣化できないのか?!
目標達成のための新行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」
人事の大学シンガポール校
■日 時 : 2013年10月16日(水) 19時~21時
■費 用 : 無料
http://j-daigaku.com/lesson/st_de_154.html

本社主導のイノベーションは何故失敗するのか?!
「イノベーションの誤解と真実」(10/18)
人事の大学シンガポール校
■日 時 : 2013年10月18日(金)19時~21時
■費 用 : 無料
http://j-daigaku.com/lesson/st_de_156.html

 

 
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ