海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

海外就職という選択肢

「逆転」で希望のフランス勤務を勝ち取った 女性が張っていた「網」

先日、あるグローバル企業のフィリピン法人社長の方とお話をしました。

その時、伺った中に、全てのビジネスパーソンに見習って欲しい話がありました。

その会社に新卒で入ったある女性は、入社の面接から「フランスに行きたい!」と主張していたそうです。しかし、2年間は日本勤務。優秀な成績 を残したのにフランスには行けなかった。そこで、全体会議で手を挙げ「なぜ私はフランスに行けないのですか?」と聞いたそうです。

突然のフランス語による質問に、フランス語で返答


会議で手を挙げ、思い切った質問を…
会議で手を挙げ、思い切った質問を…


その質問に対して回答したのは、フランス法人の役員。回答の内容はフランス語で、でした。会場のほぼ全ての人がフランス語を理解できないのでぽかんとするなか、質問した女性はその回答に対して流暢なフランス語で返答したのです。

その後、「なぜフランス語が話せるのですか?」という質問に対して、「この2年間、フランスに行きたくて、勉強したからです」と答える彼女。

ここで、社長が即座にフランス行きを決定。2か月後にフランスに転籍になり、今はパリ支店の責任者をしているそうです。

ここから分かる大切なことは、
・自分が何かをしたければ、それを声に出して主張する必要がある
・自分が主張するからには、それを裏付ける実力が必要である
・チャンスはいつ訪れるかわからないので、事前に実力をつける努力をしておくべきである

当たり前の事ですが、これをしっかりやっておかない限り、チャンスを掴むことはできません。逆に言えば、自分がやりたい目標を定め、そのため の準備を粛々と進めておく。そうやって、海の底に網を張っておくような地味な作業をしておけば、どこかのタイミングで大きな獲物を掴むことができるので す。

「俺なんかにチャンスは回ってこない」と嘆いているあなた。あなたはちゃんと網を張っていますか?

「逆転」で希望のフランス勤務を勝ち取った 女性が張っていた「網」

先日、あるグローバル企業のフィリピン法人社長の方とお話をしました。

その時、伺った中に、全てのビジネスパーソンに見習って欲しい話がありました。

その会社に新卒で入ったある女性は、入社の面接から「フランスに行きたい!」と主張していたそうです。しかし、2年間は日本勤務。優秀な成績 を残したのにフランスには行けなかった。そこで、全体会議で手を挙げ「なぜ私はフランスに行けないのですか?」と聞いたそうです。

突然のフランス語による質問に、フランス語で返答


会議で手を挙げ、思い切った質問を…
会議で手を挙げ、思い切った質問を…


その質問に対して回答したのは、フランス法人の役員。回答の内容はフランス語で、でした。会場のほぼ全ての人がフランス語を理解できないのでぽかんとするなか、質問した女性はその回答に対して流暢なフランス語で返答したのです。

その後、「なぜフランス語が話せるのですか?」という質問に対して、「この2年間、フランスに行きたくて、勉強したからです」と答える彼女。

ここで、社長が即座にフランス行きを決定。2か月後にフランスに転籍になり、今はパリ支店の責任者をしているそうです。

ここから分かる大切なことは、
・自分が何かをしたければ、それを声に出して主張する必要がある
・自分が主張するからには、それを裏付ける実力が必要である
・チャンスはいつ訪れるかわからないので、事前に実力をつける努力をしておくべきである

当たり前の事ですが、これをしっかりやっておかない限り、チャンスを掴むことはできません。逆に言えば、自分がやりたい目標を定め、そのため の準備を粛々と進めておく。そうやって、海の底に網を張っておくような地味な作業をしておけば、どこかのタイミングで大きな獲物を掴むことができるので す。

「俺なんかにチャンスは回ってこない」と嘆いているあなた。あなたはちゃんと網を張っていますか?

それでもボランティアには意味がある 「自己満足」「売名」論を越えて

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

海外、特にフィリピンやカンボジアにいると、ボランティアのために訪れる人によく会います。同時に、ボランティアを経験した人から「ボランティアなんて、どぶ川にペットボトルでミネラルウォーターを注ぐようなものだ」というような意見も聞きます。

そして、ネット上では、ボランティアをしようとしている人に、売名行為だとか自己満足だとかの批判的意見がよくつきます。

問題点に気付くことができる


どぶ川のほとりに屋台が建ち並ぶプノンペン
どぶ川のほとりに屋台が建ち並ぶプノンペン


これらの言説は一面正しいです。短期的なボランティアでものを提供するだけでは、抜本的な改善は見込めず、ボランティアの期間が終わった瞬間に元の木阿弥に戻ってしまいます。そこにかけられたお金と労力は、一時の楽しみとして消費されるだけかもしれません。

それでも、私はボランティアをするのは悪いことだとは思いません。

先日カンボジアで聞いた話ですが、現地で学校を作ったところ、生徒がなかなか集まらないという問題が発生しました。学校を作った場所が悪く、生徒の家から遠く、生徒が通えないのです。

現地でボランティアをしていると、このような問題点に気付くことができます。そして、その場で改善をすることができるのです。

カンボジアの田舎では、それほど住居が密集しておらず、公共交通機関もありません。子供達が教育を受けるにあたってのネックとなるのが「足」なのです。これは、日本の都会に住んでいる人にはとても気付かないことです。

じゃあ、どうするか?足を提供したらどうだろう?

ひとつの手段として、自転車を提供することにしたそうです。ただ、カンボジアの田舎の家庭にとって数十ドルの自転車もそう簡単に買えるものではありません。そこで、まずは寄附を募り、自転車をプレゼントしたのです。

「ニーズを探る」というスキルが身につく


日本の都会にいて、ただ漠然と途上国の貧しい人を救いたいといって寄附を集めても、その使い道を考えるのは難しいです。1年に3回も米がとれ るカンボジアに米を贈ってしまう人もいます。でも、現地で活動をすると、こういう本当の問題に気付くことができ、有効なお金の使い方を見つけることができ るのです。

ボランティアに来る人の多くは自己満足で帰ってしまうかもしれません。でもほんの一部でも、現地の人の役に立つ人がいれば、それで充分な気が します。そして、こうやって現地で本当の問題に気付けた人は「ニーズを探る」というスキルが身につきます。このスキルはどんな仕事をするのにも役に立ちま す。

上記の問題点に気付いた方も、その後、この問題点を踏まえて現地でビジネスを始めたそうです。継続的にカンボジアの子供達が学校に通えるようにするためのビジネス。どんなビジネスを行ったか、皆さんぜひ想像してみてください。

まずは現地に来ること、そして現地を知ること。そこに先進国の資本や知識を使うことで、長期的に現地の人を幸せにできるかもしれないのです。

それでもボランティアには意味がある 「自己満足」「売名」論を越えて

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

海外、特にフィリピンやカンボジアにいると、ボランティアのために訪れる人によく会います。同時に、ボランティアを経験した人から「ボランティアなんて、どぶ川にペットボトルでミネラルウォーターを注ぐようなものだ」というような意見も聞きます。

そして、ネット上では、ボランティアをしようとしている人に、売名行為だとか自己満足だとかの批判的意見がよくつきます。

問題点に気付くことができる


どぶ川のほとりに屋台が建ち並ぶプノンペン
どぶ川のほとりに屋台が建ち並ぶプノンペン


これらの言説は一面正しいです。短期的なボランティアでものを提供するだけでは、抜本的な改善は見込めず、ボランティアの期間が終わった瞬間に元の木阿弥に戻ってしまいます。そこにかけられたお金と労力は、一時の楽しみとして消費されるだけかもしれません。

それでも、私はボランティアをするのは悪いことだとは思いません。

先日カンボジアで聞いた話ですが、現地で学校を作ったところ、生徒がなかなか集まらないという問題が発生しました。学校を作った場所が悪く、生徒の家から遠く、生徒が通えないのです。

現地でボランティアをしていると、このような問題点に気付くことができます。そして、その場で改善をすることができるのです。

カンボジアの田舎では、それほど住居が密集しておらず、公共交通機関もありません。子供達が教育を受けるにあたってのネックとなるのが「足」なのです。これは、日本の都会に住んでいる人にはとても気付かないことです。

じゃあ、どうするか?足を提供したらどうだろう?

ひとつの手段として、自転車を提供することにしたそうです。ただ、カンボジアの田舎の家庭にとって数十ドルの自転車もそう簡単に買えるものではありません。そこで、まずは寄附を募り、自転車をプレゼントしたのです。

「ニーズを探る」というスキルが身につく


日本の都会にいて、ただ漠然と途上国の貧しい人を救いたいといって寄附を集めても、その使い道を考えるのは難しいです。1年に3回も米がとれ るカンボジアに米を贈ってしまう人もいます。でも、現地で活動をすると、こういう本当の問題に気付くことができ、有効なお金の使い方を見つけることができ るのです。

ボランティアに来る人の多くは自己満足で帰ってしまうかもしれません。でもほんの一部でも、現地の人の役に立つ人がいれば、それで充分な気が します。そして、こうやって現地で本当の問題に気付けた人は「ニーズを探る」というスキルが身につきます。このスキルはどんな仕事をするのにも役に立ちま す。

上記の問題点に気付いた方も、その後、この問題点を踏まえて現地でビジネスを始めたそうです。継続的にカンボジアの子供達が学校に通えるようにするためのビジネス。どんなビジネスを行ったか、皆さんぜひ想像してみてください。

まずは現地に来ること、そして現地を知ること。そこに先進国の資本や知識を使うことで、長期的に現地の人を幸せにできるかもしれないのです。

「暑すぎる東京」と「海外への転職」の共通点 メリットとデメリットを見極めよう

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

私がこの原稿を書いているのは、2014年8月3日。成田からカンボジア・プノンペンに行く飛行機の中です。7月27日に、在住するフィリピ ン・セブから東京に来たわけですが、この約1週間の滞在で感じた事は「東京、暑すぎる」ということです。実際、成田空港の温度計は36.6度をさしていま した。

ニュースなどにも出ることですが、7月後半から9月前半の東京の気温は東南アジアよりも暑いです。湿度も高いし、ビルが多くて風が抜けない、アスファルトからの照り返しもキツイといった感じで、気温以上に不快で、本気で外に出るのが嫌になります。

8月上旬のフィリピン・セブ、屋外プールには寒くてはいる気がしないレベル


体温より暑いです、日本。
体温より暑いです、日本。


ただ、東京の夏が世界で一番不快かというとそんなこともありません。インド・ニューデリーの夏なんかは、口から息を吸い込むと肺が熱くなるような暑さですし、エジプト・カイロなどは外気温にエアコンが勝てず、30度以下の温度を確保するのが難しいほどです。

そして、東南アジアの夏も、東京に負けず劣らず暑いです。ただ、東南アジアの多くの地域では一番熱いのは4-5月くらいなのです。

例えば、8月上旬のフィリピン・セブは、雨季の始まりで気温は比較的低く25度くらいが平均です。体感的にいうと、2日に1度はエアコンを入れずに日中を過ごせる、屋外プールには寒くてはいる気がしないレベルです。

この状態から日本に移動すると、より一層暑さが身にしみ、「東京、最低」という感情が芽生えてきますが、逆にセブが暑い5月に東京に移動すると、「東京、最高」となるわけです。

この感覚は、海外で働く事に関しても同じことが言えます。

日本から海外に転職すると、いいこともあるし、悪いこともあります。

外国人と仕事をする能力を身につけられるとか、マネージャ職に就きやすいといったメリットもあれば、駐在員と比べて給料が安い(日本で働いて いたときと比べる場合は、人によって違いますが)、快適な日本的生活が恋しくなるとか、終身雇用がないとかのデメリットもあるわけです。

大切なことは、「自分の基準を明確に持つこと」


大切なことは、「セブよりも東京の方が暑い季節もあれば、東京よりもセブの方が暑い季節もある」ということを知ること。そして、「自分は暑いのは耐えられるが、花粉は耐えられない」といった感じで自分の基準を明確に持つことです。

全てにおいてパーフェクトに一番いい働き場所なんてどこにもありません。メリットとデメリットを見極めた上で、自分の中の優先順位を決めて、どこで働くべきか自分で考えることが大切なのです。

実は、この連載は今回で101回を迎えます。2年前の9月から始めて季節は二周しました。当時、日本でカリカリ本を書くことが本業だった私も、セブに在住し、プノンペンにカレー屋を作り、毎日楽しく過ごしています。

寒いところよりも暑いところが好きな私は、東南アジアを住処にすることにしました。ただ、東京でやるべき仕事もあるため、東京が不快な3-4月、8-9月、12-2月は滞在を短くして、その他の季節に東京を訪れて仕事をこなします。

このライフスタイルは、人によってはうらやましいと思うでしょうし、人によっては「落ち着かない」とか「将来が不安定」とか思うでしょう。で も、私にとっては非常に快適なスタイルです。そして、これからもより快適にするためにどうするか、日々考え、実行しながらカスタマイズしていきます。

本連載では、読者の方が自分に合ったライフスタイルを考えるための情報を今後もお伝えしていきます。海外で働くという選択肢は自分に合ってい るのか、いないのか。自分が求めるライフスタイルはどんなものなのか、それを考え、実行するための一助になれたらうれしいです。
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ