海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

インド視察編

インド編その3 インド、10万人日本人村、その実態

先日、読売オンラインにこんな記事がありました。

インド「日本の街」推進合意
枝野経済産業相は10日、インド南東部の主要都市チェンナイを訪問し、チェンナイ近郊で日本企業が進める複合都市開発について、地元州政府から支援を受けることで合意した。

インドのデトロイト」(笑)と呼ばれるチェンナイで、500億円規模を投資して工業団地を作り、2013年度から稼働するという話です。

工業団地とは、各国が工場を誘致するために作る設備で、用地や、道路・電気・水道などのインフラ、従業員の住居、ホテル、店やレストランなどをまとめて作るものです。

インド 日本人村 とかやってぐぐると、「放射能被害から選民だけを逃がすために政府が作ったノアの箱舟だ」とかいうことが書いてあるblogが上に来るのですが、だったらインドに作らなくても、タイにもインドネシアにもベトナムにもマレーシアにも山ほどあります。

とはいえ、日本の経済産業省が現地の州知事と会って話をするレベルまできてますし、稼働は来年からだしってことで、インド海外就職研究家としては、行って確かめてみたい場所に違いありません。

チェンナイ市街から1時間ちょい。
ネットで見つけた、日本人村計画、通称「オメガプロジェクト」の計画書にある地図を元に、予定地に行ってみました。

その場所が、ここです!



やべえ。。ただの原っぱだ。。。



まっすぐの道路の端にある、ただの原っぱ。。

しかし、この場所が予定地であることは間違いありません。ってのも、その辺を歩いてるおっちゃんに「オメガプロジェクトって知ってる?」と話をしたところ、「ああ、うちの姉さんの一家がここに住んでて、この前土地を売ったよ」って言ってたので。

ちなみに、このおっちゃん、私たちを企業関係者だと思ったらしく、「仕事があったら連絡してくれ。俺が留守だったら、カミさんの携帯に電話してくれ」と、必死で3つくらい電話番号を渡してきました。
おっちゃん、スマン。。

これだけで帰るのはちと悲しいので、既に出来てる工業団地にも行ってみることにしました。

創立10周年のマヒンドラワールドです!



おおー!インドに来て、初めて視界に工事現場が入らない、近代的な建物を見たよ!

ここには、日系自動車会社のデザインセンターから、世界的有名ブランドのバッグ工場まで、たくさんの企業が拠点を作っており、ここだけ先進的な異次元空間になっています。

併設されている住居も美しく、



快適なインドライフが送れそうです。
電車の駅も敷地内にあり、チェンナイ市内からの通勤もらくらく。(先進国の人には辛い電車ですが…)
なかなか素晴らしい、環境です。

しかし、そこはインド



住居はまだまだ建築中。

レストランも2件しかないし、店はちょぼいスーパーが1件あるだけ。。
「来年には、映画館と病院とホテルがオープンするんだぜ」
と言ってましたが、全く当てになりません。

10年もたって、いまだに工事中というその現実が、悠久の時間を生きる国、インドを体現しています。
なにせ、工事始めてから4年かけても、モノレールが4駅しか開通しない国。スケジュールなんてあってなきがごとしです。

そして、開業10年の工業団地がコレなのですから、いまだ原っぱの日本人村計画は…。現地在住の複数の日本人に聞いたところ、

「あ、アレは、我々がインドにいる間はできあがらないから、あんまり関係ないね」

とのことでした。
私も心からそう思います。

インド編その2 写真で見る、魔境・インド

今回、私がインドで行った都市はバンガロールとチェンナイです。



多くの人が「地獄のインド」と呼んでいるのは、インドの北の方、デリー-バラナシ-コルカタと続くゴールデンラインで、私がこのラインを通ったときも、やっぱり軽い地獄でした。
その時の様子はコチラをどうぞ。

で、今回私が行ったのはそこから遙か南。(どれくらい南かというと、電車で36時間くらい)

インドは隣の中国およびパキスタンと死ぬほど仲が悪く、しょっちゅう戦争ばかりしてるので、北インドの方は難民があふれ、貧しく、治安が悪い傾向があります。

それに引き替え、ミサイルの射程距離外にある南インドは、人々も穏やかで、食事も美味しいと言われています。

実際、私がバンガロール空港に深夜たどり着いたときも、空港からのタクシーが全くぼらないという、北インドではあり得ないような奇跡的な状況に遭遇しました。

それ故に、インドへ行け!の人とかは、バンガロールを「インドのシリコンバレーだ!」などといい、近代的なビルの写真を並べています。

そんな南インド、実際に行くとどうなのでしょうか?

バンガロールには、世界に名だたる企業がオフィスを構えています。
例えば、IBM



どどーんと、近代的なビルがそびえています。
しかし、残念ながら、ココはインド。
数メートル引きの絵をとってみると、こんな事になります。



木の足場、石が山積み。
まあ、IBMの隣がたまたま工事中だったのかもしれません。
今度は、ショッピングモールに行ってみましょう。

やっぱり、近代的なショッピングモールのビルがそびえています!



しかし、視点を45度右にそらしてみると



道路に土、てんこ盛り。



バンガロールもチェンナイも、どこに行ってもこんな感じです。
基本的には、こんな風な、



汚いアジアの街並みで、時たま近代的なビルが顔を出します。
しかし、綺麗なのはそのビルそのものだけで、その周りは工事中だったり、何もなかったり、貧民街だったりと、全く調和が取れていないのです。

どこへ行っても穏やかな緑あふれる街並みで、時折近未来的なオフィスが現れるというシリコンバレーとは非常に大きな違いがあります。

10日間この南インドを歩き回ったり、車で走ったり、電車に乗ったり(扉がない…)



して分かったことは、「完全な発展途上の麓の街だ」ということです。

現地の企業に車で空港まで迎えに来てもらって、巨大資本が作ったITパークみたいな



綺麗な所だけ視察すると勘違いしてしまいますが、実情はなかなか厳しいものがあります。
しかし、こんな所でも、いや、こんな所だからこそ、投資は急速に進められており、日本もその一翼を担い、巨大な日本人村を作るという報道もなされています。

そんな、巨大投資の状況を次回はご紹介します。

インド編その2 写真で見る、魔境・インド

今回、私がインドで行った都市はバンガロールとチェンナイです。



多くの人が「地獄のインド」と呼んでいるのは、インドの北の方、デリー-バラナシ-コルカタと続くゴールデンラインで、私がこのラインを通ったときも、やっぱり軽い地獄でした。
その時の様子はコチラをどうぞ。

で、今回私が行ったのはそこから遙か南。(どれくらい南かというと、電車で36時間くらい)

インドは隣の中国およびパキスタンと死ぬほど仲が悪く、しょっちゅう戦争ばかりしてるので、北インドの方は難民があふれ、貧しく、治安が悪い傾向があります。

それに引き替え、ミサイルの射程距離外にある南インドは、人々も穏やかで、食事も美味しいと言われています。

実際、私がバンガロール空港に深夜たどり着いたときも、空港からのタクシーが全くぼらないという、北インドではあり得ないような奇跡的な状況に遭遇しました。

それ故に、インドへ行け!の人とかは、バンガロールを「インドのシリコンバレーだ!」などといい、近代的なビルの写真を並べています。

そんな南インド、実際に行くとどうなのでしょうか?

バンガロールには、世界に名だたる企業がオフィスを構えています。
例えば、IBM



どどーんと、近代的なビルがそびえています。
しかし、残念ながら、ココはインド。
数メートル引きの絵をとってみると、こんな事になります。



木の足場、石が山積み。
まあ、IBMの隣がたまたま工事中だったのかもしれません。
今度は、ショッピングモールに行ってみましょう。

やっぱり、近代的なショッピングモールのビルがそびえています!



しかし、視点を45度右にそらしてみると



道路に土、てんこ盛り。



バンガロールもチェンナイも、どこに行ってもこんな感じです。
基本的には、こんな風な、



汚いアジアの街並みで、時たま近代的なビルが顔を出します。
しかし、綺麗なのはそのビルそのものだけで、その周りは工事中だったり、何もなかったり、貧民街だったりと、全く調和が取れていないのです。

どこへ行っても穏やかな緑あふれる街並みで、時折近未来的なオフィスが現れるというシリコンバレーとは非常に大きな違いがあります。

10日間この南インドを歩き回ったり、車で走ったり、電車に乗ったり(扉がない…)



して分かったことは、「完全な発展途上の麓の街だ」ということです。

現地の企業に車で空港まで迎えに来てもらって、巨大資本が作ったITパークみたいな



綺麗な所だけ視察すると勘違いしてしまいますが、実情はなかなか厳しいものがあります。
しかし、こんな所でも、いや、こんな所だからこそ、投資は急速に進められており、日本もその一翼を担い、巨大な日本人村を作るという報道もなされています。

そんな、巨大投資の状況を次回はご紹介します。

インド編その1 数字で見る、魔境・インド

さて、東南アジア諸国の就活について一通りお話ししたので、次に話はインドに飛びます。

インドと言えば、
・ガンジス川に死体が浮いている
・話しかけてくるインド人が全員嘘つき
・ヨガファイヤー
などの印象があると思います。

まずは、そんなインドの前提知識として、いくつかの統計情報を見てみましょう。

まずは、インドの人口です。



12億人という圧倒的な人口!
中国の次に多いわけですが、世界10位くらいの日本がすでにゴミのようです。
シンガポールの人口なんて、塵に等しいです。
とにかく、ばかげた数のインド人がこの国にはいるわけです。

続いて、そのばかげた人口の平均年齢を見てみます。



25歳!若い!

世界一年寄りが多い国、日本よりも20歳くらい若いです。
東京の都営バスに乗っていると、この国は老人しかいないのか…と思ってしまいますが、インドの街中を歩いていると、とにかくパワーがありすぎて気持ち悪くなります。

ぶっちゃけインド人の年齢とかよく分からないのですが、とにかく妙な威圧感すら感じます。

どれくらい感じるかというと、この写真。



うわあああああああ。。

これは、別に祭りとかやってるわけではなく、普通の平日の昼間のチェンナイ公園駅前です。休日の昼間の渋谷のスクランブル交差点よりもたくさんの人がいます。
そして、恐ろしいことに、チェンナイ市内のめぼしいスポットには、どこに行ってもおびただしい量のインド人がいるのです。

若いインド人がたくさんいるという統計は正しかった…ということは、普通にちと歩くだけでひしひしと感じられるわけです。

しかし、そんなインド人の生活はどうでしょう?
人々の経済的な豊かさを測る指標である1人当たりのGDPを見てみましょう。


おお…1人当たりのGDPがゴミのようだ…。

日本は実はシンガポールよりも下ということは置いといて、インドは日本の30分の1以下。
ものすごく雑に言うと、日本の30倍貧しいってことになります。

実際に街を歩くと、駅前に普通にわらぶき屋根の家があって焦ります。



井戸で水汲んでるし。
これが、どっかの片田舎なら分かるのですが、インド有数の巨大都市、人口480万人を抱えるチェンナイの中央駅の駅前なのが恐ろしいところです。
東京で言ったら、丸ビルがあるところに、わらぶき屋根の掘っ立て小屋がある感じなんです。

と、いうわけで、インドの結論。

・インド人がやたらいっぱいいる
・インド人はやたら若い
・インド人は貧乏人が凄く多い

そんな国、インド。
日本人の人口は…



ほんのちょっとです。
こんな国に、就職口はあるのか?

不穏な空気を醸し出しながら、次回に続く!



http://academia126.com/?p=1817

インド編その1 数字で見る、魔境・インド

さて、東南アジア諸国の就活について一通りお話ししたので、次に話はインドに飛びます。

インドと言えば、
・ガンジス川に死体が浮いている
・話しかけてくるインド人が全員嘘つき
・ヨガファイヤー
などの印象があると思います。

まずは、そんなインドの前提知識として、いくつかの統計情報を見てみましょう。

まずは、インドの人口です。



12億人という圧倒的な人口!
中国の次に多いわけですが、世界10位くらいの日本がすでにゴミのようです。
シンガポールの人口なんて、塵に等しいです。
とにかく、ばかげた数のインド人がこの国にはいるわけです。

続いて、そのばかげた人口の平均年齢を見てみます。



25歳!若い!

世界一年寄りが多い国、日本よりも20歳くらい若いです。
東京の都営バスに乗っていると、この国は老人しかいないのか…と思ってしまいますが、インドの街中を歩いていると、とにかくパワーがありすぎて気持ち悪くなります。

ぶっちゃけインド人の年齢とかよく分からないのですが、とにかく妙な威圧感すら感じます。

どれくらい感じるかというと、この写真。



うわあああああああ。。

これは、別に祭りとかやってるわけではなく、普通の平日の昼間のチェンナイ公園駅前です。休日の昼間の渋谷のスクランブル交差点よりもたくさんの人がいます。
そして、恐ろしいことに、チェンナイ市内のめぼしいスポットには、どこに行ってもおびただしい量のインド人がいるのです。

若いインド人がたくさんいるという統計は正しかった…ということは、普通にちと歩くだけでひしひしと感じられるわけです。

しかし、そんなインド人の生活はどうでしょう?
人々の経済的な豊かさを測る指標である1人当たりのGDPを見てみましょう。


おお…1人当たりのGDPがゴミのようだ…。

日本は実はシンガポールよりも下ということは置いといて、インドは日本の30分の1以下。
ものすごく雑に言うと、日本の30倍貧しいってことになります。

実際に街を歩くと、駅前に普通にわらぶき屋根の家があって焦ります。



井戸で水汲んでるし。
これが、どっかの片田舎なら分かるのですが、インド有数の巨大都市、人口480万人を抱えるチェンナイの中央駅の駅前なのが恐ろしいところです。
東京で言ったら、丸ビルがあるところに、わらぶき屋根の掘っ立て小屋がある感じなんです。

と、いうわけで、インドの結論。

・インド人がやたらいっぱいいる
・インド人はやたら若い
・インド人は貧乏人が凄く多い

そんな国、インド。
日本人の人口は…



ほんのちょっとです。
こんな国に、就職口はあるのか?

不穏な空気を醸し出しながら、次回に続く!



http://academia126.com/?p=1817
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ