海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

ジャカルタ就職活動

ジャカルタ就職活動その2 ジャカルタではホントにセレブな暮らしができるのか

 ジャカルタでは、日系を含む外資系企業の多くは最新鋭の高層ビルにオフィスを構えています。この高層ビルから街を眺めると、ジャカルタの街の構造が一目瞭然です。

P1030689 のコピー
 
 広大に広がるボロい赤茶色の屋根の平屋建ての街の中に、突発的にそびえる高層ビルと大規模商業施設。低所得の地元民が大量に住む街に、外国資本で六本木ヒルズの巨大版がどかんどかんと出来ていて混じり合っていない街。
 
 この大規模商業施設は主に大通り沿いに出来ているため、普通にジャカルタの街を車で走っているとものすごく発展した都市に見えるのですが、
 
 P1030695 のコピー
 
 少し奥の路地に入っていくと、あっというまに庶民的な街に変わっていきます。
 
 P1030778 のコピー
 
 これは、バンコクでも北京でもそうなのですが、本当の中心地のすぐそこでもこんな様子なのはジャカルタだけで、こんなところでも発展途上の入り口なんだなと言うことが分かります。
 
 多くの日本人(駐在員も現地採用も)は、この「高層ビル」側に住んでいます。
 次回紹介しますが、とにかく交通が不便なので、会社の側に住むことが多いのですが、大体の相場は
 
 ワンルーム:300000ルピアから500000ルピア
 2LDK:500000ルピアから1000000ルピア
 くらいです。
 
 あまり治安のいい国ではないので、24時間警備員がいるようなしっかりとセキュリティが着いた高層マンションがこんな値段なのですから、かなり安いといっていいでしょう。
 中流以上の現地人が住むようなワンルームマンションやシェアハウス(バストイレ付きのワンルームに共同のリビングなどが付いている家)なら1万円から2万円で住むことも出来ます。
 
 この時点で、ワンルームであれば、14万円の給料から家賃分が引かれて10万円以上残る事が分かります。
 さて、物価はどうなっているでしょう?
 
 例えば、ジャカルタで500mlのコーラの値段はコンビニで7700ルピア(65円)です。スーパーで米を買えば5kgで600円以下。カップ麺は26円。その他多くのモノが軒並み日本の半額を大幅に下回る価格で売っています。つまり、現地のスーパーでモノを買って生活している分には日本の倍以上のモノが買える。つまり、家賃を除いた可処分所得は20万円分以上になるということです。
 少なくとも、同じ日本の新卒よりはリッチな生活が送れそうです。
 
 ただし、落とし穴はあります。
 香港、深セン、シンガポールにはいずれも、ジャスコや明治屋のような日本スーパーがありました。ここジャカルタにも数軒あるのですが、これがやたら高いのです。
 納豆が1パック90円くらいしたり、カレー粉が一箱400円以上したりと、日本より高い価格で売っているのがほとんどです。また、日本の本も高く、紀伊國屋で香港やシンガポールは定価の1.4倍くらいなのですが、ジャカルタでは定価の1.7倍くらいします。
 
 最近増えているとはいえ、ジャカルタの日本人人口はまだまだ1万人程度。「知り合いの知り合い」くらいまでたどればおおかた全員に繋がってしまうくらいの小さな村なので、当然需要も大きくない。だから、輸入するコストも高くなりそれが価格に反映されるのです。
 
 また、もう一つ言えるのが酒が高いということです。
 インドネシアはイスラムの国なので、国民のほとんどは酒を飲みません。税金の基本は「取れるところから取る」ですから、自国民が飲まない酒に高い税金をかけるのは当然の流れ。輸入関税は300%という日本の米(700%)ほどではないにせよクレイジーな税率。1000円のいいちこを輸入すると3000円の税金が上乗せされ、4000円になってしまいます。
 
 従って、街のレストランで食事をするとめちゃくちゃ安いのですが、酒を飲むとお勘定が跳ね上がります。酒飲みには辛い国かもしれません。
 
 と、いうわけで、ジャカルタで生活するに際して言えることは、現地人が買うような物を買って生活すればセレブな生活が出来る。しかし、日本的生活をしようと思うとコストが跳ね上がり生活が苦しくなるということです。
 つまり、豊かな生活をするためには、いかに現地の生活とアジャストすることが出来るかがキーとなるわけです。「空気を読む」という言葉の反対の意味も併せ持つ「セレブ」という言葉とは明らか異なる能力なのですが、これを身につければ豊かな生活が出来るわけです。
 
 前回、ジャカルタに求められる人材像が「若くてやる気がある」だと言いましたが、こういうところも原因の一つかもしれませんね。
 
 

ジャカルタ就職活動その1 ジャカルタではホントに新卒で月給14万円もらえるのか?

さて、香港深センシンガポールときて、次はみんな大好きインドネシアはジャカルタ編です。11月に事前調査で訪れた際にまとめたtogatter
インドネシアの驚くべき日本人現地採用事情 新卒でも手取り14万円で即セレブ!?
や、blog
インドネシア準備編
を読んで、このblogを読み始めた方もたくさんいると思います。
今回は、再びジャカルタに訪れて、ガチで就職活動をして分かったことをレポートしていきます。

まず、一番気になっているのが、togatterのタイトルにもなっている
「新卒でも月給14万円」の仕事があるか?ということだと思います。
結論から言いましょう。「2012年1月現在、まだあります。」

「まだ」と書いたのは、実はこの辺のルールの適用がまだ曖昧なので、今後どうなるか分からないからです。

インドネシアの労働ビザの発給に関して、原則3つのルールがあります
1.大学卒業以上の学歴がある
2.25歳以上である
3.日本人であることが必要な職務に就く

私は今回、複数の人材会社に話を伺ったのですが、口を揃えていうのが、このルールが曖昧であることです。
会社によって、1から3全てを満たしていなくてはならないといってたり、どれか一つを満たせばいいといっていたり。現実問題として、過去5年間で、金融以外の職に就いた人でビザがおりなかったという人がいないという実績があると、なんともいい加減に運用されているようです。(ちなみに、金融業界に関してはビザの発給が厳しく、銀行員などの経験がないとほぼ不可能だそうです)

しかし、2012年1月から、政府がこのルールを厳格に運用する旨の声明を発表したとかで、現在若干混乱が生じています。

1-3の全てを満たさないとビザがおりないということが厳格に適用された場合、日本の大学新卒の就職は絶望的です。人材会社によっては、その状況を恐れて、新卒の人の登録を原則断っているところもあります。
ただし、企業側は「新卒のような若い人間を育てていきたい」という募集は依然多く、人材会社も新卒の登録も認めているところが多いため、2012年1月現在、まだ新卒でもOKというところが多いと言えます。

ただし、企業および人材会社の話を聞いていると、一番求められているのは、日本での職務経歴が3-5年の第二新卒と呼ばれる人たちということで一致していました。

他の国でも同じですが、日本人の現地採用で求められている一番重要なスキルは「日本人と日本語で、日本式のビジネスを行う事が出来る」というものです。

名刺の変な渡し方はともかく、日本式の根回しとか、接待とか、納期遵守とか、阿吽の呼吸とか、そういうことは、どんな優秀なインドネシア人でも一朝一夕で身につけられるものではありません。それゆえに、現地人の何倍もの給料で雇ってくれるのです。
そして、その最も必要なスキルを身につけており、自社の業務を一から覚える素地がある若手ということで、25-28歳くらいの第二新卒を求める会社が多いのです。
つまり、例え新卒でも、バイトで店長補佐をしていたとか、お店の発注業務をしていたなどの、人をまとめたり、外部の業者との仕事をしていたなどという経験があれば評価されるということです。

なお、給料の相場は月給で1500USドルから2000USドル(12万円から16万円)。これに住宅手当として600USドルから800USドル(48000円から64000円)と、運転手付きの車がつくのが一般的なので、依然お話しした「新卒でも14万円」というのが一般的なラインと言えると思います。
ちなみに、ハイクラスの求人では5000USドル(40万円)くらいの求人もあるようです。

また、会社によって車を使えるのが平日のみだったり、社への往復だけだったりということもありますし、保険や年金に関しても変わってきますので、面接の時に確認する必要があります。(大きな会社だと、医療費を全て負担してくれるような保険に入っている場合もあるので、3割負担の日本よりも待遇が良くなる場合もあります)

また、求められる言語は、英語かインドネシア語。
たまに、やる気があれば言葉が出来なくてもOKという侠気あふれる会社もあるのですが、基本的にはどっちかが出来るといいようです。ただ、インドネシア語は非常に習得しやすい言語ですので、会う人会う人「半年もいれば覚えられる」と言っていました。

なにげに、2.4億人もいるインドネシア人のほとんどが喋れる言語なので、覚えておいて損はない言語なので、事前にある程度覚えてから就職してもいいかもしれませんね。

そして、それ以外に求められるのが、先述の日本のビジネス常識と「やる気」です。
このあとにも書いていきますが、ジャカルタにはいろいろ不便なこと、足りないものがあります。そんな状況でも前向きに働いていけるだけの熱意というかやる気というか、そういうものが必要になるのです。

ちなみに、私にとっては、実はジャカルタは今まで行った国で一番紹介された企業数が少ないところでした。と、いうのもジャカルタのIT企業の仕事はまだ「PCを用意して、ネットワークを引いて、メールを見れるようにして…」というところが多く、もりぞおさんがやってきた、「工場の在庫管理と生産実績をどーのこーの」というところまで達していないようです。
もちろん、大手日系企業にはそのような業務もやっているのですが、まだ業務量が多くないのであまり募集はしていないわけです。

インドネシアは、国民の平均年齢が20代であり、経済成長もまさに成長期真っ盛りの若い国です。それ故に、まだ私のようなおっさんの出る幕は少なく、やる気と体力と冒険心がある若者が求められているのです。

先日、ジャカルタ就職が決まった25歳の日本人男性とも会ってきましたが、まさにそんな人でした。
発展途上の国と共に成長したい若者には、非常にいい環境だと思います。

次回、物価や家賃を見ながら、セレブな生活が出来るかを検証していきます。







ジャカルタ就職活動その1 ジャカルタではホントに新卒で月給14万円もらえるのか?

さて、香港深センシンガポールときて、次はみんな大好きインドネシアはジャカルタ編です。11月に事前調査で訪れた際にまとめたtogatter
インドネシアの驚くべき日本人現地採用事情 新卒でも手取り14万円で即セレブ!?
や、blog
インドネシア準備編
を読んで、このblogを読み始めた方もたくさんいると思います。
今回は、再びジャカルタに訪れて、ガチで就職活動をして分かったことをレポートしていきます。

まず、一番気になっているのが、togatterのタイトルにもなっている
「新卒でも月給14万円」の仕事があるか?ということだと思います。
結論から言いましょう。「2012年1月現在、まだあります。」

「まだ」と書いたのは、実はこの辺のルールの適用がまだ曖昧なので、今後どうなるか分からないからです。

インドネシアの労働ビザの発給に関して、原則3つのルールがあります
1.大学卒業以上の学歴がある
2.25歳以上である
3.日本人であることが必要な職務に就く

私は今回、複数の人材会社に話を伺ったのですが、口を揃えていうのが、このルールが曖昧であることです。
会社によって、1から3全てを満たしていなくてはならないといってたり、どれか一つを満たせばいいといっていたり。現実問題として、過去5年間で、金融以外の職に就いた人でビザがおりなかったという人がいないという実績があると、なんともいい加減に運用されているようです。(ちなみに、金融業界に関してはビザの発給が厳しく、銀行員などの経験がないとほぼ不可能だそうです)

しかし、2012年1月から、政府がこのルールを厳格に運用する旨の声明を発表したとかで、現在若干混乱が生じています。

1-3の全てを満たさないとビザがおりないということが厳格に適用された場合、日本の大学新卒の就職は絶望的です。人材会社によっては、その状況を恐れて、新卒の人の登録を原則断っているところもあります。
ただし、企業側は「新卒のような若い人間を育てていきたい」という募集は依然多く、人材会社も新卒の登録も認めているところが多いため、2012年1月現在、まだ新卒でもOKというところが多いと言えます。

ただし、企業および人材会社の話を聞いていると、一番求められているのは、日本での職務経歴が3-5年の第二新卒と呼ばれる人たちということで一致していました。

他の国でも同じですが、日本人の現地採用で求められている一番重要なスキルは「日本人と日本語で、日本式のビジネスを行う事が出来る」というものです。

名刺の変な渡し方はともかく、日本式の根回しとか、接待とか、納期遵守とか、阿吽の呼吸とか、そういうことは、どんな優秀なインドネシア人でも一朝一夕で身につけられるものではありません。それゆえに、現地人の何倍もの給料で雇ってくれるのです。
そして、その最も必要なスキルを身につけており、自社の業務を一から覚える素地がある若手ということで、25-28歳くらいの第二新卒を求める会社が多いのです。
つまり、例え新卒でも、バイトで店長補佐をしていたとか、お店の発注業務をしていたなどの、人をまとめたり、外部の業者との仕事をしていたなどという経験があれば評価されるということです。

なお、給料の相場は月給で1500USドルから2000USドル(12万円から16万円)。これに住宅手当として600USドルから800USドル(48000円から64000円)と、運転手付きの車がつくのが一般的なので、依然お話しした「新卒でも14万円」というのが一般的なラインと言えると思います。
ちなみに、ハイクラスの求人では5000USドル(40万円)くらいの求人もあるようです。

また、会社によって車を使えるのが平日のみだったり、社への往復だけだったりということもありますし、保険や年金に関しても変わってきますので、面接の時に確認する必要があります。(大きな会社だと、医療費を全て負担してくれるような保険に入っている場合もあるので、3割負担の日本よりも待遇が良くなる場合もあります)

また、求められる言語は、英語かインドネシア語。
たまに、やる気があれば言葉が出来なくてもOKという侠気あふれる会社もあるのですが、基本的にはどっちかが出来るといいようです。ただ、インドネシア語は非常に習得しやすい言語ですので、会う人会う人「半年もいれば覚えられる」と言っていました。

なにげに、2.4億人もいるインドネシア人のほとんどが喋れる言語なので、覚えておいて損はない言語なので、事前にある程度覚えてから就職してもいいかもしれませんね。

そして、それ以外に求められるのが、先述の日本のビジネス常識と「やる気」です。
このあとにも書いていきますが、ジャカルタにはいろいろ不便なこと、足りないものがあります。そんな状況でも前向きに働いていけるだけの熱意というかやる気というか、そういうものが必要になるのです。

ちなみに、私にとっては、実はジャカルタは今まで行った国で一番紹介された企業数が少ないところでした。と、いうのもジャカルタのIT企業の仕事はまだ「PCを用意して、ネットワークを引いて、メールを見れるようにして…」というところが多く、もりぞおさんがやってきた、「工場の在庫管理と生産実績をどーのこーの」というところまで達していないようです。
もちろん、大手日系企業にはそのような業務もやっているのですが、まだ業務量が多くないのであまり募集はしていないわけです。

インドネシアは、国民の平均年齢が20代であり、経済成長もまさに成長期真っ盛りの若い国です。それ故に、まだ私のようなおっさんの出る幕は少なく、やる気と体力と冒険心がある若者が求められているのです。

先日、ジャカルタ就職が決まった25歳の日本人男性とも会ってきましたが、まさにそんな人でした。
発展途上の国と共に成長したい若者には、非常にいい環境だと思います。

次回、物価や家賃を見ながら、セレブな生活が出来るかを検証していきます。







留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ