海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

シンガポール就職活動

シンガポール就職活動その3 シンガポールの物価とルールだらけの生活編

シンガポールの物価は東京のそれに対して安いのですが、ことにコンビニの物価だけをみると以外と高いということが分かります。

 ただ、これはコンビニにのみ言えることで、例えばコーラの500mlペットボトルの場合、コンビニで買うと2.6シンガポールドル(156円)なのに対し、すぐ隣にあるスーパーでは1シンガポールドル(60円)くらいで買えます。
 もちろん、日本を始め多くの国でコンビニの物価は割高なのですが、シンガポールはその値段の差が極端です。

 値段の差が極端なのは、これに限るものではなく、例えば交通費。
 地下鉄は初乗り1シンガポールドル(60円)、タクシーは初乗り2.8シンガポールドル(168円)と東京より遙かに安いです。
  しかし、現地に住んで車を買うとなると、ナンバープレートを入手するだけで何百万円もかかったりします。それでも、車を購入する人が後を絶たないのも凄いですが、何が言いたいかというと、金持ちが高い金を払って贅沢な暮らしも出来れば、そうでない人が頭を使ってリーズナブルな生活も出来るということです。
 
  外食にしてもそうで、シンガポール名物チキンライスなどはホーカーズ(フードコート)で食べると一食たったの2-3シンガポールドル(120-150円)ですが、日本と同じくらいの値段のレストランもわんさかあります。
  政策的にそうしているのか、自然と棲み分けが出来るように商業が発達しているのかは分かりませんが、収入に応じて相応の暮らしが出来るところだとは感じました。

 また、シンガポールには沢山の日本食レストランがあり、吉野家やココイチの様なおなじみのチェーン店から、一風堂のような有名ラーメン店までよりどりみどりです。
 また、明治屋のような日本スーパーから、日本の本を売る古本屋まであるので、何でもそろいます。
  香港ほどあちこちにあるわけではありませんが、便利なことには変わりないです。ただし、これらの日本製品はどちらかと「贅沢な暮らし」に分類されるところですので、どれくらい使用するかはそれぞれの金銭状況と価値観にゆだねられますが。

 また、生活をするに当たっての言語ですが、現地の人が話すのは英語であり、街中で使う言語も英語で問題ありません。ただし、前述したとおりシングリッシュという訛りのある英語なので、聞き取りが厳しい場合があります。また、向こうも英語ネイティブなので、日本訛りの英語を聞き取って貰えない場合があり、発音も聞き取りも慣れが必要です。

 シンガポールに英語学校は沢山あり、就業後通っている人も多いので、自信がない人はチャレンジするといいと思います。また、英語以外に北京語を話す人が非常に多く、北京語学校も非常にたくさんあります。北京語はこれからの世界で非常に役に立つ言語ですので、シンガポールに在住するのであれば、このチャンスに学んでおきたいなーと思いました。(とりあえず、思っただけ)

 また、シンガポールの街を歩いていると、あちこちに罰金が書いてある看板があることに気づきます。ここから先「たばこを吸ったら、$1000」「飲食したら、$500」「ドリアン持ち込んだら、Priceless」などといった看板がいたる所にあるのです。
 駅に行けば「スケートボードするな」「寝るな」、エスカレーターに行けば「カートを乗せるな」「車いすで乗るな」などなど、言われなくてもわかっとるわい!という注意書きだらけです。街中でガムを捨てたら大罰金で、コンビニでガムが売っていない国なんてココくらいのものでしょう。

 それ以外にも面白い法律があります。シンガポールのビルは、マリナ・ベイ・サンズを筆頭に面白い形をしているものが多いのですが、そのビルの形法律で「同じものを立ててはいけない」ということが決まっているのです。そんなことを決められても…と思うのですが、確かにシンガポールのビルを見ていると同じ形に見えても、地味にちょっとへこんでたりして面白いです。

 また、移民に関する法律も厳しいです。
「我々は、真ん中から上のレベルの労働者が働き、根を下ろすことは推奨しています」と大統領が公言するような国なので、日本人の様な給料が高く、教育水準が高い人たちが働き、根を下ろすことは推奨されています。しかし、途上国の低賃金の人たちに関しては、根を下ろさないように法律が定められています。滞在期間は二年。家族は呼んではならず、女性は半年に一度妊娠検査をさせられ、発覚すれば強制帰国です。

 それって、人権的にどうなの…と思うところですが、実際に行われているようです。
 もちろん、ルールが厳格に適用されているのはいい面もあり、特に事業を立ち上げている人は、シンガポールのフェアな国家運営が魅力でここに本社を作っていることが多いです。
 ルールを厳格に適用しているからこそ不正がなくなる。不正をさせないためにルールが厳しくなる。

 多分、世界でも稀なくらいルールがきちんとして、国民がコントロールされている国、シンガポール。好き嫌いが分かれるところだとは思いますが、こんな背景を考えながら街を歩いたり就活をしたりすると、また違ったものが見えるかもしれません。

シンガポール就職活動その3 シンガポールの物価とルールだらけの生活編

シンガポールの物価は東京のそれに対して安いのですが、ことにコンビニの物価だけをみると以外と高いということが分かります。

 ただ、これはコンビニにのみ言えることで、例えばコーラの500mlペットボトルの場合、コンビニで買うと2.6シンガポールドル(156円)なのに対し、すぐ隣にあるスーパーでは1シンガポールドル(60円)くらいで買えます。
 もちろん、日本を始め多くの国でコンビニの物価は割高なのですが、シンガポールはその値段の差が極端です。

 値段の差が極端なのは、これに限るものではなく、例えば交通費。
 地下鉄は初乗り1シンガポールドル(60円)、タクシーは初乗り2.8シンガポールドル(168円)と東京より遙かに安いです。
  しかし、現地に住んで車を買うとなると、ナンバープレートを入手するだけで何百万円もかかったりします。それでも、車を購入する人が後を絶たないのも凄いですが、何が言いたいかというと、金持ちが高い金を払って贅沢な暮らしも出来れば、そうでない人が頭を使ってリーズナブルな生活も出来るということです。
 
  外食にしてもそうで、シンガポール名物チキンライスなどはホーカーズ(フードコート)で食べると一食たったの2-3シンガポールドル(120-150円)ですが、日本と同じくらいの値段のレストランもわんさかあります。
  政策的にそうしているのか、自然と棲み分けが出来るように商業が発達しているのかは分かりませんが、収入に応じて相応の暮らしが出来るところだとは感じました。

 また、シンガポールには沢山の日本食レストランがあり、吉野家やココイチの様なおなじみのチェーン店から、一風堂のような有名ラーメン店までよりどりみどりです。
 また、明治屋のような日本スーパーから、日本の本を売る古本屋まであるので、何でもそろいます。
  香港ほどあちこちにあるわけではありませんが、便利なことには変わりないです。ただし、これらの日本製品はどちらかと「贅沢な暮らし」に分類されるところですので、どれくらい使用するかはそれぞれの金銭状況と価値観にゆだねられますが。

 また、生活をするに当たっての言語ですが、現地の人が話すのは英語であり、街中で使う言語も英語で問題ありません。ただし、前述したとおりシングリッシュという訛りのある英語なので、聞き取りが厳しい場合があります。また、向こうも英語ネイティブなので、日本訛りの英語を聞き取って貰えない場合があり、発音も聞き取りも慣れが必要です。

 シンガポールに英語学校は沢山あり、就業後通っている人も多いので、自信がない人はチャレンジするといいと思います。また、英語以外に北京語を話す人が非常に多く、北京語学校も非常にたくさんあります。北京語はこれからの世界で非常に役に立つ言語ですので、シンガポールに在住するのであれば、このチャンスに学んでおきたいなーと思いました。(とりあえず、思っただけ)

 また、シンガポールの街を歩いていると、あちこちに罰金が書いてある看板があることに気づきます。ここから先「たばこを吸ったら、$1000」「飲食したら、$500」「ドリアン持ち込んだら、Priceless」などといった看板がいたる所にあるのです。
 駅に行けば「スケートボードするな」「寝るな」、エスカレーターに行けば「カートを乗せるな」「車いすで乗るな」などなど、言われなくてもわかっとるわい!という注意書きだらけです。街中でガムを捨てたら大罰金で、コンビニでガムが売っていない国なんてココくらいのものでしょう。

 それ以外にも面白い法律があります。シンガポールのビルは、マリナ・ベイ・サンズを筆頭に面白い形をしているものが多いのですが、そのビルの形法律で「同じものを立ててはいけない」ということが決まっているのです。そんなことを決められても…と思うのですが、確かにシンガポールのビルを見ていると同じ形に見えても、地味にちょっとへこんでたりして面白いです。

 また、移民に関する法律も厳しいです。
「我々は、真ん中から上のレベルの労働者が働き、根を下ろすことは推奨しています」と大統領が公言するような国なので、日本人の様な給料が高く、教育水準が高い人たちが働き、根を下ろすことは推奨されています。しかし、途上国の低賃金の人たちに関しては、根を下ろさないように法律が定められています。滞在期間は二年。家族は呼んではならず、女性は半年に一度妊娠検査をさせられ、発覚すれば強制帰国です。

 それって、人権的にどうなの…と思うところですが、実際に行われているようです。
 もちろん、ルールが厳格に適用されているのはいい面もあり、特に事業を立ち上げている人は、シンガポールのフェアな国家運営が魅力でここに本社を作っていることが多いです。
 ルールを厳格に適用しているからこそ不正がなくなる。不正をさせないためにルールが厳しくなる。

 多分、世界でも稀なくらいルールがきちんとして、国民がコントロールされている国、シンガポール。好き嫌いが分かれるところだとは思いますが、こんな背景を考えながら街を歩いたり就活をしたりすると、また違ったものが見えるかもしれません。

シンガポール就職活動その2 シンガポールの会社が求める人材と給料編

 シンガポールの日本人人材の求人ですが、業種は多岐にわたっています。製造業、IT、商社、金融、物流から、飲食業のマネージャーまで。職種としてもルート営業から、技術者、カスタマーサービスや翻訳やアシスタント的な役割まで多種多様。自分が持っているスキルを生かせる職場を見つけることが出来る可能性は沢山あります。

 しかし、そのような選択肢の広さと同時に、求められるレベルが高いのもシンガポールの特徴です。

 まず、英語が出来ないということは問題外。
 
 公用語が英語の国なので当然といえば当然ですが、エージェントも企業も、ビジネスとして英語が使えるレベルがないと厳しいということを言っています。もちろん、他国と同様、日本人として日本語でコミュニケーションする能力を求められますので、英語が喋れるだけでは駄目です。ちなみに、シンガポール国内では北京語も多く話されていますが、北京語を重視される就職先は少ないようです。
 
 そして、即戦力としてのスキルも求められます。
  香港や深センよりも即戦力ということに重きを置いているのがシンガポールだという印象を受けました。
 
  総じて3年以上の日本での実務経験を求められ、基本的に日本で経験のある職種に関連したポストに就くことになります。新卒の採用はゼロではないですが、非常にレアケースで、新人研修のようなシステムもないため就業後も非常に困難であるとのことでした。
 
  一般的に、事務や翻訳をするようなアシスタント的な役割をする人と、会社の業務にあった高度な技術を持っている人に対する募集が多く、中レベルの技術者は募集が少ない傾向があるというように感じました。
 また、学歴社会でもあり、大学を出ていないとビザが発給されにくいという現実もあります。
 ビザに関しては制度がころころ変わるので何とも言えませんが、2012年1月から発給が厳しくなったように、基本厳しくなる傾向があります。ただ、高卒でも発給されたことがあるとの事なので、ホント、ケースバイケースです。
 
 企業の資本で分けると、日系企業の方が多いですが、外資系企業からの募集もそれなりに多いようです。ただし、外資系企業の方が求めるスキルレベル、英語レベルも高く、その分給料も高く設定されている傾向があります。

 また、一般的に求人は翌月から働けるような人を求めており、1,2週間で決めることが多いです。この辺は、香港とか深センと同じですね。

 シンガポールでの給与水準は、日本で正社員としてキャリアを積んで来た人に取っては水準は低いですが、香港や深センよりは上です。

 次の話で説明する物価の順番も同じなので生活レベルという点ではなんともいえませんが、実際、私が一番高額のオファーをいただいたのはシンガポールです。

 一般的に、営業やアシスタントの仕事は、月給3000-3500シンガポールドル(18万円から21万円)の募集が多く、キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者は3500-4500シンガポールドル(21万円から27万円)くらいの募集が多いです。

 マネージャー職や会社が求めている技術が希少なものだった場合には、8000-10000シンガポールドル (48万円-60万円)くらいの高い給料を提示されることもあります。

 多くの企業において、12月に業績に応じたボーナスが支払われます。一部企業では日本の様に6月と12月の2回支払われる場合もあります。交通費や住宅手当は出ない場合が多いです。
 残業手当に関しても、法律で一定以下の月給の社員に残業手当を払う義務は定められているのですが、一般的な日本人がもらう月給の場合はその対象外になります。従って、普通残業手当は出ないのですが、一部良心的な企業は払ってくれる場合もあります。
 残業の量はもちろん会社によってバラバラですが、一般的に普段は提示終了、忙しいときには夜八時くらいまで残業なんてところが多いようです。無理言って7時くらいに面接をしていただいたときには社内に他に誰もいませんでした。

 また、現地採用社員の給与の上昇ですが、会社によって違いますが上昇スキームはあるようです。
 きちんと制度として決められている会社もあれば、社長の一存で上がっていく会社もあり多種多様です。そして、一番の昇給のチャンスはやはり、転職。
 シンガポールでは、ビジネス向けのSNS、Linked Inが多くのビジネスパーソンに使われており、これによってヘッドハンティングがかかることが多いそうです。
 
  日本人として現地で長く働いている人は高い評価を受け、外資系企業から高額のオファーが来る傾向があるそうです。そして、年齢・国籍は関係なく、経験と持っている技術によって採用されるとのことでした。先進的で効率を重んじるシンガポールらしいですね。 

 

シンガポール就職活動その2 シンガポールの会社が求める人材と給料編

 シンガポールの日本人人材の求人ですが、業種は多岐にわたっています。製造業、IT、商社、金融、物流から、飲食業のマネージャーまで。職種としてもルート営業から、技術者、カスタマーサービスや翻訳やアシスタント的な役割まで多種多様。自分が持っているスキルを生かせる職場を見つけることが出来る可能性は沢山あります。

 しかし、そのような選択肢の広さと同時に、求められるレベルが高いのもシンガポールの特徴です。

 まず、英語が出来ないということは問題外。
 
 公用語が英語の国なので当然といえば当然ですが、エージェントも企業も、ビジネスとして英語が使えるレベルがないと厳しいということを言っています。もちろん、他国と同様、日本人として日本語でコミュニケーションする能力を求められますので、英語が喋れるだけでは駄目です。ちなみに、シンガポール国内では北京語も多く話されていますが、北京語を重視される就職先は少ないようです。
 
 そして、即戦力としてのスキルも求められます。
  香港や深センよりも即戦力ということに重きを置いているのがシンガポールだという印象を受けました。
 
  総じて3年以上の日本での実務経験を求められ、基本的に日本で経験のある職種に関連したポストに就くことになります。新卒の採用はゼロではないですが、非常にレアケースで、新人研修のようなシステムもないため就業後も非常に困難であるとのことでした。
 
  一般的に、事務や翻訳をするようなアシスタント的な役割をする人と、会社の業務にあった高度な技術を持っている人に対する募集が多く、中レベルの技術者は募集が少ない傾向があるというように感じました。
 また、学歴社会でもあり、大学を出ていないとビザが発給されにくいという現実もあります。
 ビザに関しては制度がころころ変わるので何とも言えませんが、2012年1月から発給が厳しくなったように、基本厳しくなる傾向があります。ただ、高卒でも発給されたことがあるとの事なので、ホント、ケースバイケースです。
 
 企業の資本で分けると、日系企業の方が多いですが、外資系企業からの募集もそれなりに多いようです。ただし、外資系企業の方が求めるスキルレベル、英語レベルも高く、その分給料も高く設定されている傾向があります。

 また、一般的に求人は翌月から働けるような人を求めており、1,2週間で決めることが多いです。この辺は、香港とか深センと同じですね。

 シンガポールでの給与水準は、日本で正社員としてキャリアを積んで来た人に取っては水準は低いですが、香港や深センよりは上です。

 次の話で説明する物価の順番も同じなので生活レベルという点ではなんともいえませんが、実際、私が一番高額のオファーをいただいたのはシンガポールです。

 一般的に、営業やアシスタントの仕事は、月給3000-3500シンガポールドル(18万円から21万円)の募集が多く、キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者は3500-4500シンガポールドル(21万円から27万円)くらいの募集が多いです。

 マネージャー職や会社が求めている技術が希少なものだった場合には、8000-10000シンガポールドル (48万円-60万円)くらいの高い給料を提示されることもあります。

 多くの企業において、12月に業績に応じたボーナスが支払われます。一部企業では日本の様に6月と12月の2回支払われる場合もあります。交通費や住宅手当は出ない場合が多いです。
 残業手当に関しても、法律で一定以下の月給の社員に残業手当を払う義務は定められているのですが、一般的な日本人がもらう月給の場合はその対象外になります。従って、普通残業手当は出ないのですが、一部良心的な企業は払ってくれる場合もあります。
 残業の量はもちろん会社によってバラバラですが、一般的に普段は提示終了、忙しいときには夜八時くらいまで残業なんてところが多いようです。無理言って7時くらいに面接をしていただいたときには社内に他に誰もいませんでした。

 また、現地採用社員の給与の上昇ですが、会社によって違いますが上昇スキームはあるようです。
 きちんと制度として決められている会社もあれば、社長の一存で上がっていく会社もあり多種多様です。そして、一番の昇給のチャンスはやはり、転職。
 シンガポールでは、ビジネス向けのSNS、Linked Inが多くのビジネスパーソンに使われており、これによってヘッドハンティングがかかることが多いそうです。
 
  日本人として現地で長く働いている人は高い評価を受け、外資系企業から高額のオファーが来る傾向があるそうです。そして、年齢・国籍は関係なく、経験と持っている技術によって採用されるとのことでした。先進的で効率を重んじるシンガポールらしいですね。 

 

シンガポール就職活動その1 ホテルと不動産編

香港と同じく、シンガポールも日本で言うところの東京23区だけが独立したような国です。従って、慢性的な土地不足に苛まれています。

それ故に、シンガポールもホテルが非常に高い都市です。
普通に探すと1泊1万円を超えるホテルがほとんどです。就職活動に便利な中心部だとその傾向が顕著です。
アラブ人街やチャイナタウンだと7000-8000円程度の宿もありますが、さらに安い地域があります。

シンガポールの東側(空港側)のアルジュニード駅近辺、通称ゲイラン地区にあるホテル81というチェーン店。ここだと、なんと一泊4000円程度で泊まれてしまうので、非常にリーズナブル!
ただし、このゲイラン地区というのは(合法の)売春街のこと。シンガポールで唯一治安が悪いところとして地元の人に有名な地区なのであまりお勧めはしません。

私は、そんなこととはつゆ知らず1週間滞在したわけですが、まあ、真っ昼間にスーツ姿でスーパーに入っても立ちんぼのお姉さん方に声をかけられるくらいで特に問題はありませんでした。

でも、繰り返しますが、あまりお勧めはしません。特に女性の方には。

で、ホテルも他かけりゃ当然、家も高い。
ワンルームマンションがほとんどないシンガポールでは、コンドミニアムと呼ばれる外国人用の住居は月3500シンガポールドル(21万円)以上します。

日本人より給料が安いシンガポール人はどうやって生活してるんだよ!と思いますが、彼らは国から家が与えられています。

と、いうのもシンガポールでは国民の85%以上がHDBという公団住宅に住んでいるのです。この公営住宅は一般的に結婚するか35歳になれば国から低価格で借りられるので、シンガポール人の生活はそれなりに安泰なのです。

HDBは基本的に賃貸に出すことは禁止されているのですが、国の許可を得たものに関しては賃貸にだされています。ただ、このHDBはファミリータイプが多いため、日本人の現地採用の人はシェアハウスをしている場合が多いです。

 大体の相場は下記のようになります。
HDB シェア 800-1000シンガポールドル(4.8万円-6万円)
HDB 2LDK 1500-2000シンガポールドル(9万円-12万円)

 HDBシェアルームですが、完全に同じ部屋をシェアするというよりも、自分専用のベッドルームがあり、リビングルームと台所やバストイレをシェアする形になります。また、部屋の形式にもマスタールームとコモンルームというものがあり、マスタールームですと専用のバストイレがある場合が多いです。

 このようなシェアルームに関しては、不動産屋で扱っているものではありませんので、自力で探す必要があります。現地の日本人がよく使っているのが、シンガポールお役立ちウェブ(http://www.singaweb.net/)の掲示板。このサイトの真ん中下部の「お役立ち掲示板」をクリックし、右上にある「住まい」を選ぶと掲示板で住居者募集をしています。

 これらのHDBは街の中心部にもありますが、少し離れた郊外にもあります。ここは沢山の住宅が密集したベッドタウンになっています。

P1030374.jpg


 住宅密集地といっても、香港のような驚異的な密集度ではないので見た目的には平穏です。
このあたりには、HDBの居住者用の小さなモノレールが走っており、居住者の足も確保されています。

P1030360.jpg
 
 このモノレール、住居のものすごく側を通るので、ほとんどの家の窓はマジックミラーのようになっていて外から中が見えないようになっています。別の路線では、住宅地の中に入るとモノレールの窓が自動で閉まるようになっているらしいです。

 このような住宅地の中には大体スーパーとか安食堂、マクドナルドなどのレストランやクリニックなどがあるので、生活するのには便利だと思います。

ちなみに、この住宅地では新しいビルがじゃんじゃん建造されていました。

P1030373.jpg

どうやら、ワンルームもHDBも作られているようで数年後には住宅事情も大きく変わっているかもしれません。

そんな感じで、住居もホテルもキツイけど、それなりに対策はしてある、効率を重んじる国、シンガポールであります。

次回、そのシンガポールの仕事と給与についてお話しします。
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ