海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

深セン就職活動

深セン就職活動その3 深センの物価で快適な日本的生活が営めるか編

深センの物価は、香港に比べて安いです。

例えば、セブンイレブンの値段はこんな感じ

水 ペットボトル500ml 2元(25円)
コーラ ペットボトル500ml 4元(50円)
ポテトチップス一袋 6元(75円)
カップ麺 4.5香港ドル(56円)

 これを見ると、ものによって違いはありますが、大体半分から1/3の間だと言えると思います。

 また、地下鉄やタクシーの初乗り運賃は、

地下鉄初乗り 2元 25円
タクシー初乗り 10元 125円

と、1/5以下であり、非常に安価に移動できる都市です。

 ちなみに、深センは香港よりもかなり広い都市で、移動するのに意外と時間がかかります。
 しかも、地下鉄の場合駅の数が多く、2分に1度くらい停車するため、距離の割には時間がかかるという弱点もあります。
 例えば、国境のLuohu駅から終点のAirport East駅までの約30駅行くのに67分ほどもかかってしまうわけです。従って、遅刻しそうで急ぐ必要がある場合は、道路の混雑状況にもよりますが、タクシーで行く方が速い場合が多いです。
 
 この地下鉄1号線上の街は非常に綺麗に整備されており、駅直結でジャスコやカルフールといったショッピングモールがあることもしばしばです。

 また、街を歩いていても、全体的に安い店が多く、高級店はそれなりのところにまとまってある印象です。
 深センの市内には2011年12月現在5店舗以上のジャスコがあり、日本の食品などを購入出来ます。
 ただし、香港のジャスコよりは品揃えは悪く、値段も香港と変わらないか高いくらいですので、日本と同じ生活をするという点では少しハードルが上がります。
 また、吉野家や和民などの日本のチェーン店もジャスコの中を中心にありますし、日本料理のレストランはあちこちにありますので、日本の味が恋しくなったとき、欲求を満たすことは難しくありません。
 コンビニやスーパーに入っても、日本のお菓子がそのまんま売っていることも多々あります。日本のハイクオリティなお菓子が好きな人も安心です。

 また、生活をするに当たっての言語ですが、現地の人が話すのは北京語であり、英語が通じない場合がかなり多いです。日本語が通じることは皆無です。
 ただ、東京と同じように普通にものを買ったり、レストランで注文したりする分にはどうとでもなりますし、タクシーに乗るときなどは行き先を紙に書いて見せれば一発です。最初のうちは英語だけで生活するのも問題ありませんし、慣れてきたらちょっとずつ北京語を覚えていけば普通に生活できるのではないかと感じました。
 ちなみに、外国人向けの北京語学校はたくさんあり、終業がはやいので多くの人が夕方から通っているそうです。

 こんな感じで、深センの生活はそれなりに快適なんじゃないかと思っています。
 もちろん、滞在時間は短いですし、深センの悪いところも目の当たりにしてないので、自信を持って言えるわけではないのですが、物価が安く、街が広くてすっきりしてて、日々発展しているという点では、物価が高いシンガポールや、ごちゃごちゃしすぎている香港、有象無象がひしめくバンコク、地下鉄がないジャカルタよりも住みよいのかもしれません。

 まあ、それでも、twitterやfacebookを遮断する、中国共産党の元で生活するのはちと不安でもありますが。。

深セン就職活動その3 深センの物価で快適な日本的生活が営めるか編

深センの物価は、香港に比べて安いです。

例えば、セブンイレブンの値段はこんな感じ

水 ペットボトル500ml 2元(25円)
コーラ ペットボトル500ml 4元(50円)
ポテトチップス一袋 6元(75円)
カップ麺 4.5香港ドル(56円)

 これを見ると、ものによって違いはありますが、大体半分から1/3の間だと言えると思います。

 また、地下鉄やタクシーの初乗り運賃は、

地下鉄初乗り 2元 25円
タクシー初乗り 10元 125円

と、1/5以下であり、非常に安価に移動できる都市です。

 ちなみに、深センは香港よりもかなり広い都市で、移動するのに意外と時間がかかります。
 しかも、地下鉄の場合駅の数が多く、2分に1度くらい停車するため、距離の割には時間がかかるという弱点もあります。
 例えば、国境のLuohu駅から終点のAirport East駅までの約30駅行くのに67分ほどもかかってしまうわけです。従って、遅刻しそうで急ぐ必要がある場合は、道路の混雑状況にもよりますが、タクシーで行く方が速い場合が多いです。
 
 この地下鉄1号線上の街は非常に綺麗に整備されており、駅直結でジャスコやカルフールといったショッピングモールがあることもしばしばです。

 また、街を歩いていても、全体的に安い店が多く、高級店はそれなりのところにまとまってある印象です。
 深センの市内には2011年12月現在5店舗以上のジャスコがあり、日本の食品などを購入出来ます。
 ただし、香港のジャスコよりは品揃えは悪く、値段も香港と変わらないか高いくらいですので、日本と同じ生活をするという点では少しハードルが上がります。
 また、吉野家や和民などの日本のチェーン店もジャスコの中を中心にありますし、日本料理のレストランはあちこちにありますので、日本の味が恋しくなったとき、欲求を満たすことは難しくありません。
 コンビニやスーパーに入っても、日本のお菓子がそのまんま売っていることも多々あります。日本のハイクオリティなお菓子が好きな人も安心です。

 また、生活をするに当たっての言語ですが、現地の人が話すのは北京語であり、英語が通じない場合がかなり多いです。日本語が通じることは皆無です。
 ただ、東京と同じように普通にものを買ったり、レストランで注文したりする分にはどうとでもなりますし、タクシーに乗るときなどは行き先を紙に書いて見せれば一発です。最初のうちは英語だけで生活するのも問題ありませんし、慣れてきたらちょっとずつ北京語を覚えていけば普通に生活できるのではないかと感じました。
 ちなみに、外国人向けの北京語学校はたくさんあり、終業がはやいので多くの人が夕方から通っているそうです。

 こんな感じで、深センの生活はそれなりに快適なんじゃないかと思っています。
 もちろん、滞在時間は短いですし、深センの悪いところも目の当たりにしてないので、自信を持って言えるわけではないのですが、物価が安く、街が広くてすっきりしてて、日々発展しているという点では、物価が高いシンガポールや、ごちゃごちゃしすぎている香港、有象無象がひしめくバンコク、地下鉄がないジャカルタよりも住みよいのかもしれません。

 まあ、それでも、twitterやfacebookを遮断する、中国共産党の元で生活するのはちと不安でもありますが。。

深セン就職活動その2 深センの会社が求める人材と給料編

 深センでは多くの日本人人材の募集が行われていますが、圧倒的に多いのが製造業、物流業です。それ以外では、金融や商社などもありますが、製造業が一番多いです。(ちなみにIT業界の仕事は深センよりも大連に多くあるそうです)

 製造業の仕事で一番多いのが、製品の営業と生産管理。日系企業相手に自社の製品をセールスする営業と、工場労働者を管理する仕事です。日本人を募集しているのは一番多いのが日系企業ですが、中国企業の募集や台湾・香港企業の募集もあります。

 深センで必要とされている人材は、「即戦力になり、中国人スタッフを管理できる人」で、28-35歳前後の募集が多いです。従って、日本での就労経験がある人間が求められるのは間違いがないのですが、新卒でもチャンスはあります。

新卒に関しては面接の採用基準は「やる気重視」です。ただし、新卒であっても中国人スタッフより遙かに高い給料を貰い、役職付きでスタッフの上司として入社するのですから、彼らがついてくるような仕事をしなくてはなりません。

中国人はドライな一面もあるので、上司として不的確と判断されると誰もついてこなくなるなんてこともあるそうなので、バイトでもある程度人をまとめた経験がある人でないと厳しいかもしれません。
逆に、20代前半で多くのスタッフを管理する仕事なんて日本ではそう簡単にできませんので、管理職経験を早く積みたい人には非常にチャンスの多い場所でもあります。

 また、深センで募集している会社は、香港やシンガポールと比べて小さな会社である場合が多く、日系企業であっても日本に本社はなく深センの工場だけで経営しているような会社も多いです。
そのような場合「駐在員と現地採用の待遇の違い」といった軋轢はなく、比較的小さい会社であれば家族経営的な中で非常に広範囲の仕事を任せて貰えるというメリットがあります。もちろん、大規模の工場や営業拠点の中の一員として働く仕事もたくさんあります。
 ビザに関しては、大卒以上でないと厳しいですが、それ以外はネックになることは少ないようです。

 語学に関しては、製造業の仕事に関しては、英語より北京語が求められます。日本人現地採用に求められるのは、日本人の上司や日本の本社からの指示を元に中国人スタッフを管理することだからです。ただ、採用するに当たってこれが必須であるかというとそうでもないようで、「あると有利。なければ就業後身につけて欲しい」というレベルのことが多いようです。

 また、金融や商社、IT企業などでは英語が必須のところもあり、この辺は募集する会社次第です。

 もちろん、営業職を始めほぼ全ての職で日本人とのコミュニケーションをすることは多く、この能力は必須であるため、面接でもこの様なスキルは確認されます。質問をきちんと理解して、的を射た返答が出来るかといったレベルですが。


 また、一般的に求人は翌月から働けるような人を求めており、1,2週間で決めることが多いです。他の国と同様、自分にあった職を探すためには、多くの人材会社と話をし、多くの案件を検討し、意思決定を早くすることが大切です。そのためにも、自分は深センでどんな仕事がしたいのか、どういう技術を身につけたいのかということを明確にしておくことが大切です。これは、面接をするときの受け答えの際にも非常に重要なので、よく考えておくことが大切です。

深センでの給与水準は、香港より低いことが多いです。

 ただ、前回ご紹介した不動産価格や、次回ご紹介する物価などが、もさらに低いので、生活レベルとしては要比較ですが、額面的にはあまり芳しくない値段です。

 一般的に、営業やチームリーダーの仕事は、月給10000元から18000元ドル(12.5万円から22.5万円)の募集が多く、
 キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者は20000元から25000元ドル(25万円から31万円)くらいの募集が多いです。

 もちろん、ご自身が持っている技術が希少で、会社が求めている能力と合致している場合には、35000元 (43.8万円)くらいの高い給料を提示されることもあります。
 ちなみに、税金は香港よりちょっと高く日本よりちょっと低いくらいだと思います。

 私が面接を受けた会社は、深センの郊外に工場を構える小規模な会社が多かったのですが、この様な工場の場合工場の中を一緒に見学させてくれることもありました。小規模な工場だと、実業務も工場全体の管理だったり、新規事業の立ち上げだったり、なんでもすることになるので、全体感を知ることで何が出来て何が出来ないのかよく分かります。

 日本のおっちゃんと、若い中国人のスタッフが、家族のような経営で(従業員数は多いけど)頑張っている会社なんかだと、古き良き日本を思い出して、外から見た殺伐とした中国の印象を変えてくれます。

 こういうとき、実際に足を運んで、中に入って、人と話をするって大切だなあ・・・と思うわけです。

 もちろん、人によって、受け入れられること、られないことはあるので、無理に来る必要はありませんが、興味がある人は実際に足を運ぶことををお勧めします。

 

深セン就職活動その2 深センの会社が求める人材と給料編

 深センでは多くの日本人人材の募集が行われていますが、圧倒的に多いのが製造業、物流業です。それ以外では、金融や商社などもありますが、製造業が一番多いです。(ちなみにIT業界の仕事は深センよりも大連に多くあるそうです)

 製造業の仕事で一番多いのが、製品の営業と生産管理。日系企業相手に自社の製品をセールスする営業と、工場労働者を管理する仕事です。日本人を募集しているのは一番多いのが日系企業ですが、中国企業の募集や台湾・香港企業の募集もあります。

 深センで必要とされている人材は、「即戦力になり、中国人スタッフを管理できる人」で、28-35歳前後の募集が多いです。従って、日本での就労経験がある人間が求められるのは間違いがないのですが、新卒でもチャンスはあります。

新卒に関しては面接の採用基準は「やる気重視」です。ただし、新卒であっても中国人スタッフより遙かに高い給料を貰い、役職付きでスタッフの上司として入社するのですから、彼らがついてくるような仕事をしなくてはなりません。

中国人はドライな一面もあるので、上司として不的確と判断されると誰もついてこなくなるなんてこともあるそうなので、バイトでもある程度人をまとめた経験がある人でないと厳しいかもしれません。
逆に、20代前半で多くのスタッフを管理する仕事なんて日本ではそう簡単にできませんので、管理職経験を早く積みたい人には非常にチャンスの多い場所でもあります。

 また、深センで募集している会社は、香港やシンガポールと比べて小さな会社である場合が多く、日系企業であっても日本に本社はなく深センの工場だけで経営しているような会社も多いです。
そのような場合「駐在員と現地採用の待遇の違い」といった軋轢はなく、比較的小さい会社であれば家族経営的な中で非常に広範囲の仕事を任せて貰えるというメリットがあります。もちろん、大規模の工場や営業拠点の中の一員として働く仕事もたくさんあります。
 ビザに関しては、大卒以上でないと厳しいですが、それ以外はネックになることは少ないようです。

 語学に関しては、製造業の仕事に関しては、英語より北京語が求められます。日本人現地採用に求められるのは、日本人の上司や日本の本社からの指示を元に中国人スタッフを管理することだからです。ただ、採用するに当たってこれが必須であるかというとそうでもないようで、「あると有利。なければ就業後身につけて欲しい」というレベルのことが多いようです。

 また、金融や商社、IT企業などでは英語が必須のところもあり、この辺は募集する会社次第です。

 もちろん、営業職を始めほぼ全ての職で日本人とのコミュニケーションをすることは多く、この能力は必須であるため、面接でもこの様なスキルは確認されます。質問をきちんと理解して、的を射た返答が出来るかといったレベルですが。


 また、一般的に求人は翌月から働けるような人を求めており、1,2週間で決めることが多いです。他の国と同様、自分にあった職を探すためには、多くの人材会社と話をし、多くの案件を検討し、意思決定を早くすることが大切です。そのためにも、自分は深センでどんな仕事がしたいのか、どういう技術を身につけたいのかということを明確にしておくことが大切です。これは、面接をするときの受け答えの際にも非常に重要なので、よく考えておくことが大切です。

深センでの給与水準は、香港より低いことが多いです。

 ただ、前回ご紹介した不動産価格や、次回ご紹介する物価などが、もさらに低いので、生活レベルとしては要比較ですが、額面的にはあまり芳しくない値段です。

 一般的に、営業やチームリーダーの仕事は、月給10000元から18000元ドル(12.5万円から22.5万円)の募集が多く、
 キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者は20000元から25000元ドル(25万円から31万円)くらいの募集が多いです。

 もちろん、ご自身が持っている技術が希少で、会社が求めている能力と合致している場合には、35000元 (43.8万円)くらいの高い給料を提示されることもあります。
 ちなみに、税金は香港よりちょっと高く日本よりちょっと低いくらいだと思います。

 私が面接を受けた会社は、深センの郊外に工場を構える小規模な会社が多かったのですが、この様な工場の場合工場の中を一緒に見学させてくれることもありました。小規模な工場だと、実業務も工場全体の管理だったり、新規事業の立ち上げだったり、なんでもすることになるので、全体感を知ることで何が出来て何が出来ないのかよく分かります。

 日本のおっちゃんと、若い中国人のスタッフが、家族のような経営で(従業員数は多いけど)頑張っている会社なんかだと、古き良き日本を思い出して、外から見た殺伐とした中国の印象を変えてくれます。

 こういうとき、実際に足を運んで、中に入って、人と話をするって大切だなあ・・・と思うわけです。

 もちろん、人によって、受け入れられること、られないことはあるので、無理に来る必要はありませんが、興味がある人は実際に足を運ぶことををお勧めします。

 

深セン就職活動その1 深センってどーよ?編

 深センに関しては、行く前、悪い噂しか聞きませんでした。
 シンガポール在住の人からも、香港在住の人からも、日本在住の人からも。
 まるで、そこは暴力だけが支配する暗黒の土地であるかのように。

 香港から電車で小一時間。地下鉄の駅と直結している国境を越えるとそこは、すっきりとした近代的な土地でした。

P1030241.jpg


 香港よりも密集していないためすっきりとした土地に、最新のビルが次々と建設され、道幅の広い土地には綺麗な車が悠々と走る。

P1030257.jpg

 どうやら、深センは驚くべき勢いで発展しているようです。

 深セン。中華人民共和国広東省にあり、経済特区に指定されています。
 元はただの田舎の漁村であったのですが、香港の隣にあるということでどんどん経済成長していき、2012年12月現在、近郊を含む都市人口1447万人であり香港の倍、東京よりも大きい巨大都市になっています。

 香港というビジネス拠点に近いため、深セン郊外の工業団地を中心に非常に沢山の工場が出来ており、非常に沢山の雇用を生んでいます。それと同時に金融も発展しており、中国の重要な金融センターの一つとなっています。(中国本土の株式市場は上海と深センにあります)。

 元々漁村だったところを計画的に都市化しているので、道が非常に広く、かつ幹線道路がまっすぐに伸びているため交通の便は非常に良く、開放感があります。
 地下鉄も2004年に初めて出来たのですが、2011年の夏期ユニバーシアードに合わせて一気に開通し、現在では5路線、131駅と非常に充実した地下鉄網が敷かれています。(ちなみに、あと4路線増える予定のようです。)

 この深センの地下鉄ですが、写真の通り非常に綺麗で、液晶画面の案内など最新の機能を有した車両になっているため非常に使いやすいです。もちろん、駅も非常に美しく当然自動改札です。

P1030252.jpg

 現地在住の人が「日々新しいものが出来、街が発展している」と言っていましたが、実際歩いているだけでも発展している様子がよくわかり、きっと5年ぶりくらいにここを訪れた人はその発展具合に驚くと思います。地下鉄の駅やその駅に直結する建物は香港と変わらないどころか、新しくて広い分香港より立派なのではないかと思うくらいです。

 もちろん、短期間滞在しただけなので、商慣習がどうかとか、人がどうかとか言うことは分かっていません。ただ、街の見かけ上は充分住めるなという印象を持ちました。

 こんな風に発展している街なので、家賃も相当上がっているのですが、直前にみた香港に比べればぐぐっと安いです。

 家賃ですが、中心地で2LDKの綺麗なマンションで4000-7000元(5万円-8.75万円)くらい。ワンルームだと、2000-3000元(2.5万円-3.75万円)くらいで借りられます。
 さらに、郊外に出ると2LDKのマンションが1000元(1.25万円)とか。

 香港の半分以下の相場であり、かなり楽に生活が出来ると思います。現地採用の人も金銭的に選択肢があるので、中心地に勤務先がある人は会社のそばに住むことが多く、治安のことも考えて良い物件に住んでいるようです。

 こんな風に、土地の見た目から考えるとなにげに魅力的な深セン。
 住んでいる人は、生活に不便はないし、治安関係で怖い目に遭ったこともない。日々進歩していく街を見るのは非常に楽しいといっています。

 もちろん、ここは中国の一都市なので、いろいろ問題はあります。
 
 インターネットは繋がるけど、Facebookやtwitterには繋がらないとか、屋台で携帯買ったら電池が偽物で充電したら爆発したとか、リスクは枚挙にいとまがありません。
 実際私も、GPS付きのカメラを使っているのですが、国境を越えた瞬間「現在の場所ではGPS機能は使用できません」となってしまいました。
 
 それなりのリスクはあるけど、言うほど酷いとも思えないと言うのが私の感想。
 最低ラインはクリアされてるので、次回は仕事に関して書いていきます。


留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ