海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

香港就職活動

香港就職活動その3 香港の物価で快適な日本的生活が営めるか編

香港で買い物をしていると、物価は日本より格段に安いのが分かります。
例えば、セブンイレブンの値段はこんな感じ

水 ペットボトル500ml 6香港ドル(60円)
コーラ ペットボトル500ml 8.5香港ドル(85円)
ポテトチップス一袋 11香港ドル(110円)
カップ麺 7香港ドル(70円)

 これを見ると、ものによって違いはありますが、大体半分から2/3の間だと言えると思います。

 また、地下鉄やタクシーの初乗り運賃は、

地下鉄初乗り 4香港ドル 40円
タクシー初乗り 18香港ドル 180円

と、1/3以下であり、非常に安価に移動できる都市です。(都市自体が小さいので、どこへ行くにも時間もお金もかからないというのがさらに拍車をかけます)

 また、街を歩いていて分かるのが、安いものを売っている店と高いものを売っている店が混在していると言うことです。
ラーメン一杯150円程度の安食堂から、一食数千円、数万円の高給レストランまで市街地にはあふれかえっており、上手く使えば日本の半額程度の出費で暮らしていくことも出来ますし、高い金を払って日本と同じような生活をすることもできます。

 この、日本と同じ生活という点ですが、香港には日本で見たことがある看板が沢山出ています。至る所にある吉野家やセブンイレブン。中心街にある無印良品やユニクロや和民やラーメンの一風堂。そして、住宅地にはスーパーマーケットのジャスコもあります。なにせ、ジャスコだけで香港内に10店舗以上、吉野家なんて50店舗以上もあります。

 海外にある日本料理屋や日本の小売店は、日本人相手専用の変なものを高く売っているというイメージがある方もいると思いますが、香港ではこれらの店は完全に香港人向けに商売をしています。(もちろん、日本語のメニューなどもありますが)。

 値段に関しても、一風堂などは日本と変わらない値段ですが、吉野家なんかは時間帯によって値段を変えるといった香港仕様の料金体系を作っており、安いときなどは牛丼(+日本茶)で15香港ドル(150円)という、日本で「激安」と言われる料金体系のさらに半分を行っています。

 また、フードコートなどに行っても、日本の焼きそばやカレーライス、豚のしょうが焼き定食などの店が、香港の地元の料理を扱う店と同列に並んでおり、一食15-30香港ドル(150-300円)で食べられます。
 完全に日本食が現地に根付いており、現地の食事と同じような価格で食べられるというのは非常に嬉しいところです。

 また、駅にあるキヨスクやセブンイレブンに入っても、日本のお菓子がそのまんま売っていることが多いことに気づきます。

香港写真

 さらに、ジャスコなどに行くと中はまるで日本のスーパーと変わりません。
 日本米は日本で買うより安いですし、その他の食品も生ものとか液体はおそらく輸送の関係もあり値段が高めですが、カレー粉とか乾麺とかは日本よりも安いです。

 この様な日本スーパーは、世界のあちこちの都市にあるのですが、現地人も普通に使っていて、値段も法外に高くない、そして品揃えが豊富という点で香港のジャスコは非常に使い勝手がいいです。

 上記の様な点から見て、私が感じたのは、香港は「日本以外で一番安価に、日本に近い生活が出来る都市」ということです。初めての海外生活をするにあたって、この環境は非常に大きなメリットなのではないかと思います。

 また、給料が安く家賃が高いという話をこの前にしていますが、物価の安さを考えれば、家賃がリーズナブルな家さえ見つければかなり楽しい暮らしが出来るのではないかと思います。
 ジャスコではないスーパーで、現地のものを買うとさらに安いですので、これを上手く使えばさらに生活費のコストダウンはできます。

 そんな工夫をしながら自分の立ち位置を考えて行く作業が、グローカル人材としての修行の一部であり、ひとつの国でそれが出来た経験があると、他の国でもまあなんとかなるだろって気になって、新しい国でチャレンジすることへのハードルが低くなるのだと思います。

 その点、香港は日本に近いところが多く、グローカル人材への第一歩としてとてもやりやすい国だと思いました。実際、香港で暮らしている人と話をすると、「快適すぎて日本に帰れない」とよく言っています。
 
 その1その2でネガティブなことを書きましたが、トータルではバランスが取れてて、働き、暮らすのにいい国だなと感じました。
 もちろん、職場環境と報酬によって大きく左右されるので、就職活動は気合い入れてやらなくてはならないのですが。



香港就職活動その3 香港の物価で快適な日本的生活が営めるか編

香港で買い物をしていると、物価は日本より格段に安いのが分かります。
例えば、セブンイレブンの値段はこんな感じ

水 ペットボトル500ml 6香港ドル(60円)
コーラ ペットボトル500ml 8.5香港ドル(85円)
ポテトチップス一袋 11香港ドル(110円)
カップ麺 7香港ドル(70円)

 これを見ると、ものによって違いはありますが、大体半分から2/3の間だと言えると思います。

 また、地下鉄やタクシーの初乗り運賃は、

地下鉄初乗り 4香港ドル 40円
タクシー初乗り 18香港ドル 180円

と、1/3以下であり、非常に安価に移動できる都市です。(都市自体が小さいので、どこへ行くにも時間もお金もかからないというのがさらに拍車をかけます)

 また、街を歩いていて分かるのが、安いものを売っている店と高いものを売っている店が混在していると言うことです。
ラーメン一杯150円程度の安食堂から、一食数千円、数万円の高給レストランまで市街地にはあふれかえっており、上手く使えば日本の半額程度の出費で暮らしていくことも出来ますし、高い金を払って日本と同じような生活をすることもできます。

 この、日本と同じ生活という点ですが、香港には日本で見たことがある看板が沢山出ています。至る所にある吉野家やセブンイレブン。中心街にある無印良品やユニクロや和民やラーメンの一風堂。そして、住宅地にはスーパーマーケットのジャスコもあります。なにせ、ジャスコだけで香港内に10店舗以上、吉野家なんて50店舗以上もあります。

 海外にある日本料理屋や日本の小売店は、日本人相手専用の変なものを高く売っているというイメージがある方もいると思いますが、香港ではこれらの店は完全に香港人向けに商売をしています。(もちろん、日本語のメニューなどもありますが)。

 値段に関しても、一風堂などは日本と変わらない値段ですが、吉野家なんかは時間帯によって値段を変えるといった香港仕様の料金体系を作っており、安いときなどは牛丼(+日本茶)で15香港ドル(150円)という、日本で「激安」と言われる料金体系のさらに半分を行っています。

 また、フードコートなどに行っても、日本の焼きそばやカレーライス、豚のしょうが焼き定食などの店が、香港の地元の料理を扱う店と同列に並んでおり、一食15-30香港ドル(150-300円)で食べられます。
 完全に日本食が現地に根付いており、現地の食事と同じような価格で食べられるというのは非常に嬉しいところです。

 また、駅にあるキヨスクやセブンイレブンに入っても、日本のお菓子がそのまんま売っていることが多いことに気づきます。

香港写真

 さらに、ジャスコなどに行くと中はまるで日本のスーパーと変わりません。
 日本米は日本で買うより安いですし、その他の食品も生ものとか液体はおそらく輸送の関係もあり値段が高めですが、カレー粉とか乾麺とかは日本よりも安いです。

 この様な日本スーパーは、世界のあちこちの都市にあるのですが、現地人も普通に使っていて、値段も法外に高くない、そして品揃えが豊富という点で香港のジャスコは非常に使い勝手がいいです。

 上記の様な点から見て、私が感じたのは、香港は「日本以外で一番安価に、日本に近い生活が出来る都市」ということです。初めての海外生活をするにあたって、この環境は非常に大きなメリットなのではないかと思います。

 また、給料が安く家賃が高いという話をこの前にしていますが、物価の安さを考えれば、家賃がリーズナブルな家さえ見つければかなり楽しい暮らしが出来るのではないかと思います。
 ジャスコではないスーパーで、現地のものを買うとさらに安いですので、これを上手く使えばさらに生活費のコストダウンはできます。

 そんな工夫をしながら自分の立ち位置を考えて行く作業が、グローカル人材としての修行の一部であり、ひとつの国でそれが出来た経験があると、他の国でもまあなんとかなるだろって気になって、新しい国でチャレンジすることへのハードルが低くなるのだと思います。

 その点、香港は日本に近いところが多く、グローカル人材への第一歩としてとてもやりやすい国だと思いました。実際、香港で暮らしている人と話をすると、「快適すぎて日本に帰れない」とよく言っています。
 
 その1その2でネガティブなことを書きましたが、トータルではバランスが取れてて、働き、暮らすのにいい国だなと感じました。
 もちろん、職場環境と報酬によって大きく左右されるので、就職活動は気合い入れてやらなくてはならないのですが。



香港就職活動その2 香港の会社が求める人材と給料編

 香港では多くの日本人人材の募集が行われていますが、特に多いのが製造業、物流・貿易業、金融業界になります。それ以外では、IT業界や日系のレストラン・小売りなどの店長候補やバイヤーの仕事や業種を問わず、購買やマーケティング、総務、会計担当、営業事務や帳票作成などを行うアシスタント業務やもあります。

 製造業の仕事で一番多いのが、製品の営業。日系企業相手に自社の製品をセールスする営業です。また、金融でも金融商品などの営業が多いです。もちろん、生産管理や製造の技術者の求職も多数あります。
 日本人を募集しているのは9割方が日系企業で、香港企業や日本以外の外資企業は少数です。
 香港で必要とされている人材は、「スペシャリティがあり即戦力になる人」です。
 安くて英語が喋れて広東語も喋れて、場合によっては日本語も喋れる香港人がいるので、日本人にしか出来ない専門的な仕事ができないと厳しいのです。

 そのため、実務経験3年以上ある人材が求められており、新卒からいきなり香港で就職するのは非常に難しいです。
 現実問題、キャリアがないとビザも下りにくいのですが、これは企業のパワーによってなんとでもなるので、まずは企業に採用されることが大切です。

 語学に関しては多くの会社で英語を中心に行われます。日系企業で自社の日本人や日系企業の担当者の日本人と話をするときは日本語ですが、自社の香港人スタッフなどと話をする場合は英語です。日本以外の外資系企業ではもちろん英語の場合が多く、香港企業で働く場合は英語+広東語になります。
 中国相手の商売が多い会社では、北京語が必要な場合もあります。

 そして、何度か言われたことが「日本人として、きちんとした日本語が話せる必要がある」と言うことです。日系企業でも、香港企業でも、外資系企業でも、一番求められていることは日本人ときちんと仕事の話をまとめ、実行することですので、このコミュニケーション能力が少ない人は採用される可能性は低いです。

 そんな感じでなかなかハードルの高い採用状況なのですが、給料はこんなもんです。

■営業や事務(アシスタント)の仕事
 月給15000香港ドルから25000香港ドル(15万円から25万円)
■キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者
 20000香港ドルから35000香港ドル(20万円から35万円)

 一般的に、ダブルペイといって12月に1ヶ月分の給料が追加で払われ、さらに業績に応じて給料が支払われるため、年収は「月収×13ヶ月+α」ということになります。

 もちろん、希少な技術を持っており、それが企業が求めるのとぴったり合っていればもっと上の給料が提示されます。

 また、上記の給料は税引き前ですが、税金は日本みたく源泉徴収ではありません。
 年一回の徴収で、税率は日本よりも低いため、ダブルペイで税金を払っても大きくおつりがくることがほとんどのようです。
 あと、保険や年金がどうなっているかは会社次第。まあ、大体医療費はほぼ保険から出るレベルの保険はかけて貰えるみたいです。

 残業代は出ない会社が多いですが、そもそも残業がない会社も多くあります。少なくとも香港人は定時で帰ってしまう人が多く、日本人も一緒に帰るか、そのフォローを日本人がやるかは会社次第。この辺は確認が必要です。

 前回紹介したとおり、ワンルームマンションに6-9万払わなくてはならない現実から考えるとちょっと安いかな。。と思える水準です。

 ただ、給与は会社によって違いますが上昇することはあるようです。
 また、香港では、今の仕事でキャリアを積んで新しい仕事に転職することで給料を増やしていくというのが一般的なため、現地採用の最初の給料は低いことが多く、現地でヘッドハンティングされることで給料を増やしていくことが多いそうです。

 実際、日本人も香港人も職務や役職によって給料は飛躍的に伸びる可能性があるので、そこはあなたの実力(と運)次第。ということになります。

 事実、日本で派遣社員をやっていた人が、香港で提示された給料が日本よりも高く、さらに数年間働いて日本にいたときの倍になったというような事例もあります。

 身も蓋もない結論ですが、全ては実力次第。
 そして、自分で主張し、行動に移した人の方が、良い職場を手に入れられるのです。
 日本でも同じことが言えるのですが、香港の方がしがらみなく、すぱっと移動できて気持ちよさそうな気がしました。

香港就職活動その2 香港の会社が求める人材と給料編

 香港では多くの日本人人材の募集が行われていますが、特に多いのが製造業、物流・貿易業、金融業界になります。それ以外では、IT業界や日系のレストラン・小売りなどの店長候補やバイヤーの仕事や業種を問わず、購買やマーケティング、総務、会計担当、営業事務や帳票作成などを行うアシスタント業務やもあります。

 製造業の仕事で一番多いのが、製品の営業。日系企業相手に自社の製品をセールスする営業です。また、金融でも金融商品などの営業が多いです。もちろん、生産管理や製造の技術者の求職も多数あります。
 日本人を募集しているのは9割方が日系企業で、香港企業や日本以外の外資企業は少数です。
 香港で必要とされている人材は、「スペシャリティがあり即戦力になる人」です。
 安くて英語が喋れて広東語も喋れて、場合によっては日本語も喋れる香港人がいるので、日本人にしか出来ない専門的な仕事ができないと厳しいのです。

 そのため、実務経験3年以上ある人材が求められており、新卒からいきなり香港で就職するのは非常に難しいです。
 現実問題、キャリアがないとビザも下りにくいのですが、これは企業のパワーによってなんとでもなるので、まずは企業に採用されることが大切です。

 語学に関しては多くの会社で英語を中心に行われます。日系企業で自社の日本人や日系企業の担当者の日本人と話をするときは日本語ですが、自社の香港人スタッフなどと話をする場合は英語です。日本以外の外資系企業ではもちろん英語の場合が多く、香港企業で働く場合は英語+広東語になります。
 中国相手の商売が多い会社では、北京語が必要な場合もあります。

 そして、何度か言われたことが「日本人として、きちんとした日本語が話せる必要がある」と言うことです。日系企業でも、香港企業でも、外資系企業でも、一番求められていることは日本人ときちんと仕事の話をまとめ、実行することですので、このコミュニケーション能力が少ない人は採用される可能性は低いです。

 そんな感じでなかなかハードルの高い採用状況なのですが、給料はこんなもんです。

■営業や事務(アシスタント)の仕事
 月給15000香港ドルから25000香港ドル(15万円から25万円)
■キャリアを積んだサブマネージャクラスや技術者
 20000香港ドルから35000香港ドル(20万円から35万円)

 一般的に、ダブルペイといって12月に1ヶ月分の給料が追加で払われ、さらに業績に応じて給料が支払われるため、年収は「月収×13ヶ月+α」ということになります。

 もちろん、希少な技術を持っており、それが企業が求めるのとぴったり合っていればもっと上の給料が提示されます。

 また、上記の給料は税引き前ですが、税金は日本みたく源泉徴収ではありません。
 年一回の徴収で、税率は日本よりも低いため、ダブルペイで税金を払っても大きくおつりがくることがほとんどのようです。
 あと、保険や年金がどうなっているかは会社次第。まあ、大体医療費はほぼ保険から出るレベルの保険はかけて貰えるみたいです。

 残業代は出ない会社が多いですが、そもそも残業がない会社も多くあります。少なくとも香港人は定時で帰ってしまう人が多く、日本人も一緒に帰るか、そのフォローを日本人がやるかは会社次第。この辺は確認が必要です。

 前回紹介したとおり、ワンルームマンションに6-9万払わなくてはならない現実から考えるとちょっと安いかな。。と思える水準です。

 ただ、給与は会社によって違いますが上昇することはあるようです。
 また、香港では、今の仕事でキャリアを積んで新しい仕事に転職することで給料を増やしていくというのが一般的なため、現地採用の最初の給料は低いことが多く、現地でヘッドハンティングされることで給料を増やしていくことが多いそうです。

 実際、日本人も香港人も職務や役職によって給料は飛躍的に伸びる可能性があるので、そこはあなたの実力(と運)次第。ということになります。

 事実、日本で派遣社員をやっていた人が、香港で提示された給料が日本よりも高く、さらに数年間働いて日本にいたときの倍になったというような事例もあります。

 身も蓋もない結論ですが、全ては実力次第。
 そして、自分で主張し、行動に移した人の方が、良い職場を手に入れられるのです。
 日本でも同じことが言えるのですが、香港の方がしがらみなく、すぱっと移動できて気持ちよさそうな気がしました。

香港就職活動その1 ホテルと不動産編

 さて、お待ちかね、香港の就職活動のお話しです。

 まずは、就職活動に必須であるホテルと、現地生活時の一番の支出先となる家賃のお話しからいたします。
 香港は、中国の隅っこにある出島みたいな土地で、しかも内陸部は山がちで住宅に適した土地は非常に少ないです。そのため、昔からホテル代、家賃が高いことで有名でした。 2011年12月現在、さらに地価高騰の煽りを受けてホテル代も非常に高くなっています。 中心街であるTsim Sha Tsuiで日本のビジネスホテル以上の部屋に泊まろうとすると、1000HK$-1500HK$(1万円-1.5万円)くらいします。

 この不動産が高い問題は長年問題になってきたため、それに対する解としてものすごく狭いホテルを用意しています。Tsim Sha Tsuiやその周辺にある巨大な雑居ビルのフロアを細かく区切って、ホテルにしているのです。(ドラマ「深夜特急」で沢木耕太郎が泊まった、重慶大厦(チョンキンマンション)はこんなホテルがたくさん入っていることで有名です。

 どれくらい狭いかというと、こんな感じ。

P1020747.jpg

 部屋の6割以上をベッドが占めてます。
 恐ろしいことに、こんなホテルでも4-6000円もします。。

 しかも、窓がないの部屋の場合、朝が来たことが分からず寝坊をしがちですし、精神衛生上もよくないので注意が必要です。
 もりぞおさんは、1週間連続で取れなかったんで、3件ほど泊まったのですが、窓があったりなかったり、広さがあったりなかったり、いろいろ違いがあります。同じホテルの同じ値段の部屋でも変わってくるので、部屋を見せてもらって選択するのがいいと思います。

 そして、ホテルが高ければ当然高いのが不動産。
 中心地にある部屋は途方もなく高いので、電車で15-30分かかる場所で探してみると、こんな感じです。

ワンルーム 6000-9000香港ドル(6-9万円)
2LDK 8000-20000香港ドル(8-20万円)

 まあ、香港のいいところは狭いので、隅っこまで行っても1時間かからないというところです。通勤時間を考えたら、田園都市線恐怖のすし詰め地獄とか、東海道線無間地獄とかと比べたら、15-30分の電車なんで余裕です。
 香港、まだまだだな・・と思いながら、実際に15分ほど電車に乗って住宅街に行ってみたら、圧倒的でした。

P1030283.jpg

 なんじゃこりゃー!

 圧倒的なまでの威圧感で立ち並ぶ高層団地。
 日照権とかどーなってるんだとか思うのですが、とにかくこんなものが立ち並びまくっています。
 
 パンダビルもあるよ。

P1030198.jpg

 ただ、遠くから見ると圧倒的な威圧感なのですが、実際近くまで行ってみると、一階は色んな店が入っていて、日用品を簡単に買いそろえられます。

P1030207.jpg

また、日本のジャスコも香港内に10店舗以上もあり、

P1030275.jpg

大部分がこういう住宅地にあるので、そんなところに住めば日本と変わらない生活もできちゃいます。

 なお、家には家具付きの場合と家具なしの場合があり、前者の場合はどんな家具を入れるかは大家との交渉次第のようです。すぐに入居するからとか、デポジットを今すぐ全額現金で払うからなどといったことを言うと交渉が有利になるなんてのも、非常に香港らしいなと思います。
 日本から香港に移住する場合は、家具なんかを送るのは大変だから、こういう家具付きの家を選ぶことになるんだろうな。

 日本の東京の家も欧米人に「ウサギ小屋」とバカにされがちですが、香港のそれはちょっと桁が違います。ちゅか、ウサギ小屋をどんだけ積み重ねた上に密集させるんだよと本当に驚きます。建坪率とかに関する規制ってないのかよ。。地震の時とか大丈夫かね?などとも思うのですが、豪に入れば豪に従えってことで、とりあえず、強制的に従わされることになりそうです。

 しかし、香港人はここまでして香港に住まなきゃいけないし、観光客はここまでして観光にくるわけであり、それだけ魅力的なところなんでしょう。

 さて、次回は、家賃よりも大事な給料の話。給料と物価についてお話しします。

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ