海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

フィリピン留学 マニラ編

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その3 フィリピン人と韓国人のビミョーな関係編

 フィリピンに行って感じるのが、とにかく韓国人がたくさんいるということ。
 数百校の韓国人経営の英語学校がフィリピン国内にあると言われているので、当然と言えば当然なのですが、このことに関してフィリピン人はどう思っているのか?
 
 色んなフィリピン人の講師に聞いてみたのですが、このマニラの学校の男性講師が本件について異常に乗ってきたので、彼との話を中心にフィリピンと韓国の関係についてまとめてみます。
 当然、複数人のフィリピン人の話を総合していますが、「フィリピン英語教師」という偏ったサンプルから聞いた話なので、コレがフィリピン人の総意なわけではないですよ。
 
 まず、講師と生徒という関係の中でのフィリピン人と韓国人。
 フィリピン人講師からみて、韓国人生徒の評判は、総じて悪いです。。
 
 私が日本人だからとは思いますが、韓国人生徒に対する愚痴は至る所で耳にします。
「ちょっとでも英語に関して答えられないことがあると、徹底的に過剰に文句を言ってくる」
「金を払ってるんだから従え、という態度が時たまにじみ出てくる」
「生徒の小学生のガキが「フィリピンは韓国よりも凄く貧しいって知ってる?」みたいなことを言ってくる」

 韓国人は日本人と比べて、ダイレクトにモノを言ってくる傾向があります。それ故に、こういう失礼な言動、態度が、若くて未熟な韓国人から出てくることが多数あるようです。
 講師が言うには、日本人からこういうことを聞くことはほとんどないということ。まあ、日本人の生徒数が圧倒的に少ないし、今、フィリピンくんだりまでいく日本人は外国人に対して気遣いが出来る成熟した人が多いからという理由が大きいと思いますが。
 
 では、街ゆく韓国人をどう思うかというと
「やっぱり、韓国人が多すぎることには不安を覚える。特に、バギオとかのフィリピン人のあこがれの場所が、あまりにも韓国人だらけになってしまうのは、感情的に辛い。彼らがフィリピンに沢山のお金を落としてくれ、経済に貢献してくれていることは分かっているけど、それでも、感情的に辛いんだ。」

 この気持ちはよく分かります。
 フランス人がシャンゼリゼ通りを日本人(今は中国人)に占領されたり、日本人が銀座を中国人に占領されたりしてるのを見て感じる感情と同じでしょう。
 良い感情なのか悪い感情なのか(そもそも感情に良いも悪いもないのか)分かりませんが、凄くよく分かる微妙なモノです。
 
 じゃあ、フィリピン人の多くが韓国に対して微妙な(どちらかといえば負の)感情を持っているのかと言えばそうでもありません。
 
「フィリピン人は、"Crazy about Korea"なんだよ。」

 韓国人の大学生が「韓国人は"Crazy about English"なんだよ」って言ってたのを思い出す発言です。
 
「マニラの街をみてみなよ。若い男も女も、みんな韓国人スターみたいな髪型してるだろ」

 どんな髪型が韓国人スターっぽいのかもりぞおさんにはさっぱり分からないのですが、フィリピン人の若者の多くは美容院に行ってチャングンソクやKARAのような髪型にしてくださいって言うらしいのです。
 
「みんな韓国ドラマが大好きだし、K-Popもよく聞いている。Crazyなくらいに」
「日本はどうなの?」
「J-Popはそれなりに。日本のドラマはあまり知らないな。。あとは、アニメ。スラムダンクとか。ショッピングモールでは毎週どっかでコスプレイベントしてるよ」

 10年前はアニメで席巻していたものが、韓国ドラマに押されて、マニアックな方向だけで生き残っているという状況がよくわかりますね。。
 
「そんな風に特に若い人は韓国の文化が大好きなんだ。だから、韓国語を勉強しようとする人も沢山いるよ。」
「それは、自分で選択して勉強するの?」
「フィリピン政府と韓国政府が協力して、韓国語教育のクラスを作っているらしいよ。」
 こういうところで、きっちりと仕事をする政府はたいしたものだと思います。
 
「そんな政府のクラスを卒業したあと、それぞれの技能を生かして韓国に働きに行くというプログラムもあるらしいからね。フィリピン人には外国に行って働きたいと思っている人が多いからね。そうやって韓国に行こうとチャレンジする人は沢山いるんだ」

 どうやら、韓国政府は自国の文化によって増やしたフィリピン人のファンをきちんと教育して、自国に連れてくるという方策を作っているようです。その規模がどれくらいなのか調べてはいないのですが「移民を受け入れないといけない国」として、自国に対し好意的な印象を持っている上に、きちんとした語学力と技術力を持った人を受け入れるというのはとても効率的かつ有効な手段です。
 
「フィリピン政府と韓国政府はうまいことやっていると思うよ。そのおかげで僕らはこういう職に就けているし、大量の学生ビザ代で税収も増えている。それでも、感情的に受け入れられないこともあるんだけど。。」

「日本についてはどうなの?」
「あなたが日本人だから言うわけじゃないけど、日本に行きたいと思っている人は一番多いと思うよ。僕らは日本にあこがれがあるんだ。多分、フィリピン人が行きたいと思っている国は、日本とカナダとオーストラリアが一番多いはず。
 でもね、あなたが知っているように、フィリピン人が日本に行けるチャンスは凄く少ないんだ。ダンサーくらいしかビザがおりないからね。それが残念でならない。」
 
 動きの遅い日本政府、移民受け入れに超否定的な国民感情から言って5年後も日本が積極的にフィリピン人を受け入れるようにはなっていないでしょう。
 でも、民間はしっかり動いていて、きっと5年以内に大量の日本人が英語留学のために続々とフィリピンを訪れることになるでしょう。
 
 就職活動のためにいやいややってくる大学生とか、親に言われて何も分からずやってくる中高生も含めて。
 そんな中でも、フィリピン人が日本人に対してそこはかとなく抱いているあこがれのようなものは維持できるのでしょうか。その頃も、出稼ぎに行きたい国の一つでいられるのでしょうか?
 
 私は、日本はいずれ移民を受け入れ、農作物を大量に輸入しなくてはいけないことになると思います。
 その時に、若くてホスピタリティのある人材と、安価で大量の農作物を持つフィリピンとは非常によいパートナーとなると思うのです。
 
 そして、何度も言うように、韓国は良くも悪くも日本の10年先を行っている国です。
 来るべき時に、フィリピン人は日本人に対してどんな感情を抱くのだろう。彼らと上手くやっていくことは出来るんだろうか?彼らの受け入れる側として、求められるのはどんな能力なんだろう?
 
 現状のフィリピン人と韓国人の微妙な関係を見ながら、そんなことを考えてしまうわけです。
 

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その3 フィリピン人と韓国人のビミョーな関係編

 フィリピンに行って感じるのが、とにかく韓国人がたくさんいるということ。
 数百校の韓国人経営の英語学校がフィリピン国内にあると言われているので、当然と言えば当然なのですが、このことに関してフィリピン人はどう思っているのか?
 
 色んなフィリピン人の講師に聞いてみたのですが、このマニラの学校の男性講師が本件について異常に乗ってきたので、彼との話を中心にフィリピンと韓国の関係についてまとめてみます。
 当然、複数人のフィリピン人の話を総合していますが、「フィリピン英語教師」という偏ったサンプルから聞いた話なので、コレがフィリピン人の総意なわけではないですよ。
 
 まず、講師と生徒という関係の中でのフィリピン人と韓国人。
 フィリピン人講師からみて、韓国人生徒の評判は、総じて悪いです。。
 
 私が日本人だからとは思いますが、韓国人生徒に対する愚痴は至る所で耳にします。
「ちょっとでも英語に関して答えられないことがあると、徹底的に過剰に文句を言ってくる」
「金を払ってるんだから従え、という態度が時たまにじみ出てくる」
「生徒の小学生のガキが「フィリピンは韓国よりも凄く貧しいって知ってる?」みたいなことを言ってくる」

 韓国人は日本人と比べて、ダイレクトにモノを言ってくる傾向があります。それ故に、こういう失礼な言動、態度が、若くて未熟な韓国人から出てくることが多数あるようです。
 講師が言うには、日本人からこういうことを聞くことはほとんどないということ。まあ、日本人の生徒数が圧倒的に少ないし、今、フィリピンくんだりまでいく日本人は外国人に対して気遣いが出来る成熟した人が多いからという理由が大きいと思いますが。
 
 では、街ゆく韓国人をどう思うかというと
「やっぱり、韓国人が多すぎることには不安を覚える。特に、バギオとかのフィリピン人のあこがれの場所が、あまりにも韓国人だらけになってしまうのは、感情的に辛い。彼らがフィリピンに沢山のお金を落としてくれ、経済に貢献してくれていることは分かっているけど、それでも、感情的に辛いんだ。」

 この気持ちはよく分かります。
 フランス人がシャンゼリゼ通りを日本人(今は中国人)に占領されたり、日本人が銀座を中国人に占領されたりしてるのを見て感じる感情と同じでしょう。
 良い感情なのか悪い感情なのか(そもそも感情に良いも悪いもないのか)分かりませんが、凄くよく分かる微妙なモノです。
 
 じゃあ、フィリピン人の多くが韓国に対して微妙な(どちらかといえば負の)感情を持っているのかと言えばそうでもありません。
 
「フィリピン人は、"Crazy about Korea"なんだよ。」

 韓国人の大学生が「韓国人は"Crazy about English"なんだよ」って言ってたのを思い出す発言です。
 
「マニラの街をみてみなよ。若い男も女も、みんな韓国人スターみたいな髪型してるだろ」

 どんな髪型が韓国人スターっぽいのかもりぞおさんにはさっぱり分からないのですが、フィリピン人の若者の多くは美容院に行ってチャングンソクやKARAのような髪型にしてくださいって言うらしいのです。
 
「みんな韓国ドラマが大好きだし、K-Popもよく聞いている。Crazyなくらいに」
「日本はどうなの?」
「J-Popはそれなりに。日本のドラマはあまり知らないな。。あとは、アニメ。スラムダンクとか。ショッピングモールでは毎週どっかでコスプレイベントしてるよ」

 10年前はアニメで席巻していたものが、韓国ドラマに押されて、マニアックな方向だけで生き残っているという状況がよくわかりますね。。
 
「そんな風に特に若い人は韓国の文化が大好きなんだ。だから、韓国語を勉強しようとする人も沢山いるよ。」
「それは、自分で選択して勉強するの?」
「フィリピン政府と韓国政府が協力して、韓国語教育のクラスを作っているらしいよ。」
 こういうところで、きっちりと仕事をする政府はたいしたものだと思います。
 
「そんな政府のクラスを卒業したあと、それぞれの技能を生かして韓国に働きに行くというプログラムもあるらしいからね。フィリピン人には外国に行って働きたいと思っている人が多いからね。そうやって韓国に行こうとチャレンジする人は沢山いるんだ」

 どうやら、韓国政府は自国の文化によって増やしたフィリピン人のファンをきちんと教育して、自国に連れてくるという方策を作っているようです。その規模がどれくらいなのか調べてはいないのですが「移民を受け入れないといけない国」として、自国に対し好意的な印象を持っている上に、きちんとした語学力と技術力を持った人を受け入れるというのはとても効率的かつ有効な手段です。
 
「フィリピン政府と韓国政府はうまいことやっていると思うよ。そのおかげで僕らはこういう職に就けているし、大量の学生ビザ代で税収も増えている。それでも、感情的に受け入れられないこともあるんだけど。。」

「日本についてはどうなの?」
「あなたが日本人だから言うわけじゃないけど、日本に行きたいと思っている人は一番多いと思うよ。僕らは日本にあこがれがあるんだ。多分、フィリピン人が行きたいと思っている国は、日本とカナダとオーストラリアが一番多いはず。
 でもね、あなたが知っているように、フィリピン人が日本に行けるチャンスは凄く少ないんだ。ダンサーくらいしかビザがおりないからね。それが残念でならない。」
 
 動きの遅い日本政府、移民受け入れに超否定的な国民感情から言って5年後も日本が積極的にフィリピン人を受け入れるようにはなっていないでしょう。
 でも、民間はしっかり動いていて、きっと5年以内に大量の日本人が英語留学のために続々とフィリピンを訪れることになるでしょう。
 
 就職活動のためにいやいややってくる大学生とか、親に言われて何も分からずやってくる中高生も含めて。
 そんな中でも、フィリピン人が日本人に対してそこはかとなく抱いているあこがれのようなものは維持できるのでしょうか。その頃も、出稼ぎに行きたい国の一つでいられるのでしょうか?
 
 私は、日本はいずれ移民を受け入れ、農作物を大量に輸入しなくてはいけないことになると思います。
 その時に、若くてホスピタリティのある人材と、安価で大量の農作物を持つフィリピンとは非常によいパートナーとなると思うのです。
 
 そして、何度も言うように、韓国は良くも悪くも日本の10年先を行っている国です。
 来るべき時に、フィリピン人は日本人に対してどんな感情を抱くのだろう。彼らと上手くやっていくことは出来るんだろうか?彼らの受け入れる側として、求められるのはどんな能力なんだろう?
 
 現状のフィリピン人と韓国人の微妙な関係を見ながら、そんなことを考えてしまうわけです。
 

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その2 授業編

 大変アットホームかつ安上がりな宿舎を持つこのマニラの学校ですが、授業は一体どういうことになっているのでしょう?
 月曜日、最初にテストがあると言うことなので、早速登校。朝8時からいきなりテストです。
 
 最初のページがTOEICのテストみたいなものだったので、こういうのが30分くらい続くのかなーと、軽い気持ちで受け始めたのですが、リスニングが一向に終わりません。
 途中から、CNNのPodcast番組を聴いて、空欄を埋めろみたいな話になってきて私の手にさっぱり負えなくなってきます。
 その後、エッセイ書きから文法まで、ざっと二時間半のテスト。。これは想定外だった。。
 
 その後、このテストの結果を受けて決まった時間割を見てその理由がわかりました。
 
09:00-10:00 グループレッスン
10:00-11:00 作文
11:00-12:00 マンツーマンレッスン
12:00-13:00 マンツーマンレッスン

14:00-15:00 グループレッスン
15:00-16:00 グループレッスン
16:00-17:00 マンツーマンレッスン

作文のレッスンは、自分で勝手にエッセイを書いて箱に入れておくと誰かが採点してくれるという限りなく自習に近いレッスンのため、実質3時間グループ、3時間マンツーマンになります。
これだけグループレッスンが多いと、レベルをそろえることが必須のため、しっかりと念入りにレベルチェックのテストがあるというわけです。

それでは、そのグループレッスンはなにをやるのでしょう?

1時間目 作文
 なぜか、英語で物語のシナリオを作る練習です。キャラクター設定とか、ストーリーの作り方(序章が会ってクライマックスがあってとか。。)を教わるのですが、なんでこんなことをやるのか意味不明です。
 
2時間目 ディスカッション
 先生がテーマを決めてディスカッションを行います。この先生は結構優秀で、うまいこと生徒に質問を投げかけ、ディスカッションを促します。が、ディスカッション相手の韓国人大学生がかなりアレなため、議論が深まりません。。「コンフリクトを解消するために、喧嘩してる二人の仲裁に入るとき、どんなことに気をつけますか?」「あたしー、そんなことしたくないしー」
 氏ね!
 英語のテストでは、こういうレベルのチェックはできないですからねえ。。
 
3時間目 発音
 CNNのPodcast番組を聴いて、プリントの空欄を埋めたり、みんなでマネをしてみたりします。もりぞおさんが一番苦手なネイティブの本気の英語。
 アジア人やラテンアメリカ人とばかり話してきたため、前後の単語がくっつく発音が苦手で聞き取れない、喋れない。これを徹底的に直してくれる、非常にありがたい授業でした。
 金曜日は、ポップミュージックでこれをやります。これも効果的。
 これに感銘を受けて、今、香港でマイケルの曲を歌えるように練習しています。。
 
 こんな感じで、グループレッスンも善し悪し。特にディスカッションはクラスメイトの能力によって大きく変わるのでなかなか難儀です。

 ちなみに、マンツーマンは自由にやることが変えられるので、発音やったり、フィリピンや韓国人についていろいろ聞き込んだりしてました。その内容は次回詳しく。。

  教室はこんな感じで、校舎の中に密集しています。

P1030025.jpg

 ちなみに、各先生が自分の教室を持っている形式なので、こんな風に自分の教室を飾っている先生もいます。

P1030144.jpg

 そして、この学校は上記の6時間の授業以外にアクティビティーってのをがあります。

 授業終了後にクイズ大会をしたり

P1030147.jpg

 前回書いたように、先生が生徒と同じ教室に寝泊まりしているので、夜に2時間、レベル別に部屋わけして、その中でディスカッションしたり英語クイズをしたりして、ざっくばらんに英語の勉強をするわけです。
 これはこれで、まあいいかな。。ってな感じでした。。
 
 ちなみに、毎週金曜日は近所の大学の体育館でスポーツアクティビティ。
 
P1030151.jpg
 
 今週はバドミントンをやったのですが、別に英語の勉強でも何でもなかったですね。

 こんな感じで、グループレッスンを中心に、実質8時間の授業。ですが、授業全体が緩いので全然大変じゃありません。宿題も出ないし。
 物足りなさも感じなくはないですが、スパルタ式で若い子が部屋に引きこもってオンラインゲームにはまってしまうのに対して、こっちの方が脱落率は低い気がします。(ただし、緩いので、1時間単位でのサボりはけっこうあった。。)
 
 旅行も申請すればいつでもおっけーで、授業をサボっての長期旅行も可能です。
 アットホームな環境の中、生徒同士の触れあいも多いため、韓国人の大学生同士のカップルが多数生まれて、なんやかやでいろいろ楽しそうです。
 やっぱり、合宿だなあ。。
 
 この学校の狙いは、こうやって、生徒同士、生徒と先生の仲を良くして、学校に対するロイヤリティを上げたり、お互い励まし合って(緩く監視しあって)、緩いながらも継続的に勉強させることなのだと思います。
 
 なにせ、毎週金曜日には、生徒も講師も「I love C21」(C21は学校名)ってTシャツを着ているくらいです。
 もりぞおさんには、ちょっとついて行けないノリではあります。。
 
 何でこんな風にしたかを考えてみると、おそらく、マニラは人件費や不動産の費用が高いから、こうやって部屋数とか講師数を減らしながら運営していく必要があるんだと思います。
 
 限られた資源をどう有効に使うのか?弱みをどう強味に変えていくのか?
 一つの部屋に沢山の生徒を押し込むことや、一人の講師に複数の生徒を教えさせざるをえない状況を、アットホームという名前でパッケージし、緩さを加えて、生徒のロイヤリティを高める。
 
 んー、上手くやってるなあ。。と感心してしまいます。
 
 実際、韓国の中ではそれなりに有名な学校らしく、韓国人生徒もマーケティングが上手いって言っていました。
 
 フィリピン英語留学の醍醐味であるマンツーマンが少ないのですが、それ以外のところで得るものがあった、なかなか楽しい一週間でした。
 
 そして、一番興味深かった、「フィリピン人は韓国人をどう思っているのか問題」
 これは、次回に続きます!

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その2 授業編

 大変アットホームかつ安上がりな宿舎を持つこのマニラの学校ですが、授業は一体どういうことになっているのでしょう?
 月曜日、最初にテストがあると言うことなので、早速登校。朝8時からいきなりテストです。
 
 最初のページがTOEICのテストみたいなものだったので、こういうのが30分くらい続くのかなーと、軽い気持ちで受け始めたのですが、リスニングが一向に終わりません。
 途中から、CNNのPodcast番組を聴いて、空欄を埋めろみたいな話になってきて私の手にさっぱり負えなくなってきます。
 その後、エッセイ書きから文法まで、ざっと二時間半のテスト。。これは想定外だった。。
 
 その後、このテストの結果を受けて決まった時間割を見てその理由がわかりました。
 
09:00-10:00 グループレッスン
10:00-11:00 作文
11:00-12:00 マンツーマンレッスン
12:00-13:00 マンツーマンレッスン

14:00-15:00 グループレッスン
15:00-16:00 グループレッスン
16:00-17:00 マンツーマンレッスン

作文のレッスンは、自分で勝手にエッセイを書いて箱に入れておくと誰かが採点してくれるという限りなく自習に近いレッスンのため、実質3時間グループ、3時間マンツーマンになります。
これだけグループレッスンが多いと、レベルをそろえることが必須のため、しっかりと念入りにレベルチェックのテストがあるというわけです。

それでは、そのグループレッスンはなにをやるのでしょう?

1時間目 作文
 なぜか、英語で物語のシナリオを作る練習です。キャラクター設定とか、ストーリーの作り方(序章が会ってクライマックスがあってとか。。)を教わるのですが、なんでこんなことをやるのか意味不明です。
 
2時間目 ディスカッション
 先生がテーマを決めてディスカッションを行います。この先生は結構優秀で、うまいこと生徒に質問を投げかけ、ディスカッションを促します。が、ディスカッション相手の韓国人大学生がかなりアレなため、議論が深まりません。。「コンフリクトを解消するために、喧嘩してる二人の仲裁に入るとき、どんなことに気をつけますか?」「あたしー、そんなことしたくないしー」
 氏ね!
 英語のテストでは、こういうレベルのチェックはできないですからねえ。。
 
3時間目 発音
 CNNのPodcast番組を聴いて、プリントの空欄を埋めたり、みんなでマネをしてみたりします。もりぞおさんが一番苦手なネイティブの本気の英語。
 アジア人やラテンアメリカ人とばかり話してきたため、前後の単語がくっつく発音が苦手で聞き取れない、喋れない。これを徹底的に直してくれる、非常にありがたい授業でした。
 金曜日は、ポップミュージックでこれをやります。これも効果的。
 これに感銘を受けて、今、香港でマイケルの曲を歌えるように練習しています。。
 
 こんな感じで、グループレッスンも善し悪し。特にディスカッションはクラスメイトの能力によって大きく変わるのでなかなか難儀です。

 ちなみに、マンツーマンは自由にやることが変えられるので、発音やったり、フィリピンや韓国人についていろいろ聞き込んだりしてました。その内容は次回詳しく。。

  教室はこんな感じで、校舎の中に密集しています。

P1030025.jpg

 ちなみに、各先生が自分の教室を持っている形式なので、こんな風に自分の教室を飾っている先生もいます。

P1030144.jpg

 そして、この学校は上記の6時間の授業以外にアクティビティーってのをがあります。

 授業終了後にクイズ大会をしたり

P1030147.jpg

 前回書いたように、先生が生徒と同じ教室に寝泊まりしているので、夜に2時間、レベル別に部屋わけして、その中でディスカッションしたり英語クイズをしたりして、ざっくばらんに英語の勉強をするわけです。
 これはこれで、まあいいかな。。ってな感じでした。。
 
 ちなみに、毎週金曜日は近所の大学の体育館でスポーツアクティビティ。
 
P1030151.jpg
 
 今週はバドミントンをやったのですが、別に英語の勉強でも何でもなかったですね。

 こんな感じで、グループレッスンを中心に、実質8時間の授業。ですが、授業全体が緩いので全然大変じゃありません。宿題も出ないし。
 物足りなさも感じなくはないですが、スパルタ式で若い子が部屋に引きこもってオンラインゲームにはまってしまうのに対して、こっちの方が脱落率は低い気がします。(ただし、緩いので、1時間単位でのサボりはけっこうあった。。)
 
 旅行も申請すればいつでもおっけーで、授業をサボっての長期旅行も可能です。
 アットホームな環境の中、生徒同士の触れあいも多いため、韓国人の大学生同士のカップルが多数生まれて、なんやかやでいろいろ楽しそうです。
 やっぱり、合宿だなあ。。
 
 この学校の狙いは、こうやって、生徒同士、生徒と先生の仲を良くして、学校に対するロイヤリティを上げたり、お互い励まし合って(緩く監視しあって)、緩いながらも継続的に勉強させることなのだと思います。
 
 なにせ、毎週金曜日には、生徒も講師も「I love C21」(C21は学校名)ってTシャツを着ているくらいです。
 もりぞおさんには、ちょっとついて行けないノリではあります。。
 
 何でこんな風にしたかを考えてみると、おそらく、マニラは人件費や不動産の費用が高いから、こうやって部屋数とか講師数を減らしながら運営していく必要があるんだと思います。
 
 限られた資源をどう有効に使うのか?弱みをどう強味に変えていくのか?
 一つの部屋に沢山の生徒を押し込むことや、一人の講師に複数の生徒を教えさせざるをえない状況を、アットホームという名前でパッケージし、緩さを加えて、生徒のロイヤリティを高める。
 
 んー、上手くやってるなあ。。と感心してしまいます。
 
 実際、韓国の中ではそれなりに有名な学校らしく、韓国人生徒もマーケティングが上手いって言っていました。
 
 フィリピン英語留学の醍醐味であるマンツーマンが少ないのですが、それ以外のところで得るものがあった、なかなか楽しい一週間でした。
 
 そして、一番興味深かった、「フィリピン人は韓国人をどう思っているのか問題」
 これは、次回に続きます!

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その1 設備編

 さて、山奥からバスで6時間。フィリピンの首都、マニラに帰って参りました。
 日本や韓国からの飛行機は深夜着が多いため、集合は空港に23:30。
 飛行機が遅れたのかなんだかしりませんが、なんやかやで空港出発は2時過ぎ。宿舎に到着したのは3時過ぎと、またもハードな到着となりました。
 
 到着した部屋が、コチラ。

P1020971.jpg
 
 フィリピン英語学校の宿は「アジアの安宿」であることが定説だったのですが、この学校の場合は「アジアの安ドミトリー」。今までが一泊20ドルの宿であれば、今回は一泊5ドルのドミトリー(相部屋)です。
 
 と、いうのも、この学校の売りは「先生と一緒に寝泊まりが出来る」ということ。
 この部屋に宿泊するのは、私と韓国人大学生二人と、フィリピン人講師の4人です。
 
 平日も休日もいつでも講師に質問したり、一緒に遊びに行ったり出来るという、異常に講師と生徒の距離が近い。英語の勉強だけでなく異文化体験生活もできちゃう!コレデス。
 
 ここの講師はきちんと教育も出来ているようで、一緒に遊びに行くときもタクシー代とかは割り勘だし(近距離の場合は出してくれる)、夜遅くまで行った時は(特に女性の場合)必ず一緒に寮まで付き添ってくれたりします。
 
 ただ、同時に韓国人大学生との距離も近くなるというメリット何だかデメリット何だか微妙なオプションもついてきます。
 と、いうのも、バカな韓国人大学生ばっかの部屋にいると、完全に合宿ムードになってきて、毎日のように夜遊びに行ったりしてしまうわけです。
 一応門限は0:00(休前日は2:00)となっているのですが、私がいたときの土曜日はルームメイトが帰ってきたのは翌日の昼の12時だったし。。
 
 なにをやってるんだこいつらは・・・って聞いてみたら、マニラ名物となりつつある、韓国系フィリピンパブで夜な夜な・・・。
 当然、翌日の授業に差し支えがあるわけで、授業サボり率も結構高かったりします。
 
 そんなわけで、ゆるい合宿所みたいになっている寮から離れて、学校の設備について。
 
 この学校は寮と学校が別の場所にあります。
 私が泊まった寮は学校から徒歩5分なのですが、もう一つの寮は車で5分くらいかかります。(授業の合間ごとにスクールバスがお迎え)
 まあ、思ったよりは面倒ではなかったのですが、同じ建物にあるにこしたことはないなあという程度の感想です。
 
 もちろん、「English Only Poricy」はあって、校内(寮の中)は英語でしかしゃべっちゃ駄目です。(罰金はあるのだが、あまり真面目には徴収されていません)
 
P1030028.jpg

しかし、このような「避難所」があって、
 
P1030027.jpg
 
 この中では、日本語でも韓国語でもOKです。
 喫煙所にもなっており、授業の合間はみんなでここに集まりがち。
 んー。それでいいのか。。という感じは否めません。。
 
 ちなみに、その他の設備ですが、部屋のシャワールームはこんな感じで、

P1020972.jpg

良くもないが悪くもない。お湯はちゃんと出ます。
 また、宿にはアリが発生して大変困るのですが、日本のベープをおいたら全くよってこなくなりました。ジャパニーズテクノロジー、最強!
 
 宿のすぐ隣にはしょぼいコンビニがあり、15分くらい歩けばでかいショッピングモールがあります。 

 また、10分くらい歩いたとこにはスターバックスとかそれなりのレストランもあるので、生活に不自由は全くありません。
 さらに、その近くに大学があり、英語学校と大学が提携しているため、大学内のプールとか

P1020974.jpg
 
 ジムが自由に使えたりします。
 
 次回詳しく書きますが、授業の一環として、この大学内でスポーツをするなんて授業もあるので、運動不足になりがちな留学に対し、きちんと対策できてるのが素晴らしいです。
 
 あと、食事は。。。まあまあかな。。。
 
P1030022.jpg
 
 基本、食べ放題です。。
 
 そんなわけで、設備としては悪く言えばボロくてプライバシーがない。よく言えばアットホーム。
 そんな中で、フィリピン人講師や韓国人の大学生と仲良くなって、楽しく英語を学んで行くにはいい環境なのかも知れません。
 
 じゃあ、その英語を学ぶ授業はどーなのよ?って事は、次回に続きます。
 
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ