海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

世界で学ぼう!

外国人と楽しく話したければ、外国人がバカンスしてる所で学ぼう!

寒いぞ、ジャパン!
南国暮らしが長い私に取って、日本の冬は地獄です。
とはいえ、世の中の先進国のほとんどは冬のある国。
この厳しさが人を育て、文明と経済を発展させたのかも知れません。

そんなわけで、先進国の人々は、お金を稼ぐと「バカンス」ということを始めます。


日本は大変変わった国なので1週間の休みをバカンスと呼びますが、欧米では「Only a month」とかいって、一ヶ月単位でバカンスをする人が多いです。

私も、某自動車会社でスペイン人と仕事をしているとき
「次回ミーティングは?」
「俺、一ヶ月ハワイに行ってくるわ。スペインの冬は寒いから、ビーチに行かなきゃ生きていけないんだ」
なんてことがありました。
ちなみにこいつは、その半年前に「スペインの夏は暑いから、ビーチに行かなきゃいきていけないんだ」と言っていました。

そんなわけで、常夏の島、ハワイは欧米人が集まる場所。
純粋にバカンスに行く人もいるのですが、英語が苦手なスペイン人とかが、留学兼バカンスに行ったりもします。

海外で生活をしたり、仕事をしたりすると、意外と必要となるのが、普段の雑談。
教科書に載っているような文言だけでなく、遊びに行く、どーでもいいことをくっちゃべる、冗談を言うということが、一緒に仕事をする上で非常に大切になってきます。(相手がラテン系であればなおさら)

こういう英語を学ぶには、リゾートに気軽に来ている外国人と一緒に学ぶのが一番。

寒い日本を離れて、黒や焦げ茶のコートやスーツだらけの東京を離れて、ハワイ留学 で学んでみるのはどうでしょう?

日本でTOEICの教科書で学ぶのと違う世界が拡がっていますよ!

外国人と楽しく話したければ、外国人がバカンスしてる所で学ぼう!

寒いぞ、ジャパン!
南国暮らしが長い私に取って、日本の冬は地獄です。
とはいえ、世の中の先進国のほとんどは冬のある国。
この厳しさが人を育て、文明と経済を発展させたのかも知れません。

そんなわけで、先進国の人々は、お金を稼ぐと「バカンス」ということを始めます。


日本は大変変わった国なので1週間の休みをバカンスと呼びますが、欧米では「Only a month」とかいって、一ヶ月単位でバカンスをする人が多いです。

私も、某自動車会社でスペイン人と仕事をしているとき
「次回ミーティングは?」
「俺、一ヶ月ハワイに行ってくるわ。スペインの冬は寒いから、ビーチに行かなきゃ生きていけないんだ」
なんてことがありました。
ちなみにこいつは、その半年前に「スペインの夏は暑いから、ビーチに行かなきゃいきていけないんだ」と言っていました。

そんなわけで、常夏の島、ハワイは欧米人が集まる場所。
純粋にバカンスに行く人もいるのですが、英語が苦手なスペイン人とかが、留学兼バカンスに行ったりもします。

海外で生活をしたり、仕事をしたりすると、意外と必要となるのが、普段の雑談。
教科書に載っているような文言だけでなく、遊びに行く、どーでもいいことをくっちゃべる、冗談を言うということが、一緒に仕事をする上で非常に大切になってきます。(相手がラテン系であればなおさら)

こういう英語を学ぶには、リゾートに気軽に来ている外国人と一緒に学ぶのが一番。

寒い日本を離れて、黒や焦げ茶のコートやスーツだらけの東京を離れて、ハワイ留学 で学んでみるのはどうでしょう?

日本でTOEICの教科書で学ぶのと違う世界が拡がっていますよ!

欧米人が全員英語が上手いわけではない【PR】

英語が苦手な人にとって、欧米人ってだけで恐怖を感じさせる対象になってしまうことが多いです。それは、言葉が通じないから。

日本で、日本語ができる欧米人が人気なのはこの恐怖の裏返しではないかと思っています。

dave_illust
とはいえ、グローバル企業で働くと、それなりの確率で欧米人と一緒に仕事をするハメになります。いちいち怖がってもいられません。
とりあえず、自分の実力はさておき、気を落ち着かせるための方法をお伝えしましょう。

欧米人に対して引け目を感じてしまう一番の原因は、英語でしょう。
イギリス人やアメリカ人がネイティブの流ちょうな英語で話しかけてきた瞬間固まってしまう人も多いと思います。

これはまあ、英語が世界語なのでしょうがないのですが、開き直るしかありません。
「俺たちがお前たちの言葉をわざわざ勉強して話してやってるんだ」くらいの気持ちで、デタラメでもいいので、とにかく単語の羅列でもいいから話してみましょう。
向こうも、中国人とかインド人とかのデタラメな英語に慣れているので、結構なんとかしてくれます。

そして、同じ欧米人であっても、実は我々と同じ思いをしている人はたくさんいます。
以前、グローバル企業で働いていたとき、フランス人やスペイン人のスタッフとテレビ会議をしていると、雑談の中で、
「あー、もう、また英語しゃべるのか・・・疲れるよね・・・」
なんて愚痴を言っていました。

「なんで、日本人とスペイン人で話をするのに、アメリカ人の言葉を使わなきゃいけないんだよ!」
「まったくだ。でも、私もスペイン語しゃべれないし、あなたも日本語しゃべれないし。なかなか辛いよね。まあ、しょうがないからはじめましょう」

なんて英語での会話から、ミーティングがはじまるわけです。

我々日本人は、欧米人=英語ペラペラ→英語喋れないと馬鹿にされる と思ってしまいがちですが、欧米人もいろいろです。
なんども話をしてみて、同じ人間だとわかれば、
「英語ができるからって偉いわけじゃない」
「欧米人だって、英語で苦労をしている人もいる」
ということがわかり、肩の力を抜いて話をすることができるようになるのです。

これができるようになるためには、ある程度の英語力と欧米人と話をすることに対する慣れが必要です。
そのために、ちょうどいい場所があります。「マルタ」です。

地中海の真ん中にあるマルタは、英語が公用語の美しいリゾート地です。
ここには、たくさんの英語学校があり、世界各国からリゾートを楽しみながら英語を学ぶ人たちが集まります。

欧州にあるため、日本人だけでなく、英語が苦手な欧米人も多く来るところで、彼らと仲良く英語で愚痴りながら英語が学べるチャンスがあります。

外資系企業で働いてみたい人、欧米人の友達を作りたい人にとって、最適な英語学習の場所かもしれませんよ!

マルタ留学について、詳しく知りたい人は、こちらどうぞ!

ef180

欧米人が全員英語が上手いわけではない【PR】

英語が苦手な人にとって、欧米人ってだけで恐怖を感じさせる対象になってしまうことが多いです。それは、言葉が通じないから。

日本で、日本語ができる欧米人が人気なのはこの恐怖の裏返しではないかと思っています。

dave_illust
とはいえ、グローバル企業で働くと、それなりの確率で欧米人と一緒に仕事をするハメになります。いちいち怖がってもいられません。
とりあえず、自分の実力はさておき、気を落ち着かせるための方法をお伝えしましょう。

欧米人に対して引け目を感じてしまう一番の原因は、英語でしょう。
イギリス人やアメリカ人がネイティブの流ちょうな英語で話しかけてきた瞬間固まってしまう人も多いと思います。

これはまあ、英語が世界語なのでしょうがないのですが、開き直るしかありません。
「俺たちがお前たちの言葉をわざわざ勉強して話してやってるんだ」くらいの気持ちで、デタラメでもいいので、とにかく単語の羅列でもいいから話してみましょう。
向こうも、中国人とかインド人とかのデタラメな英語に慣れているので、結構なんとかしてくれます。

そして、同じ欧米人であっても、実は我々と同じ思いをしている人はたくさんいます。
以前、グローバル企業で働いていたとき、フランス人やスペイン人のスタッフとテレビ会議をしていると、雑談の中で、
「あー、もう、また英語しゃべるのか・・・疲れるよね・・・」
なんて愚痴を言っていました。

「なんで、日本人とスペイン人で話をするのに、アメリカ人の言葉を使わなきゃいけないんだよ!」
「まったくだ。でも、私もスペイン語しゃべれないし、あなたも日本語しゃべれないし。なかなか辛いよね。まあ、しょうがないからはじめましょう」

なんて英語での会話から、ミーティングがはじまるわけです。

我々日本人は、欧米人=英語ペラペラ→英語喋れないと馬鹿にされる と思ってしまいがちですが、欧米人もいろいろです。
なんども話をしてみて、同じ人間だとわかれば、
「英語ができるからって偉いわけじゃない」
「欧米人だって、英語で苦労をしている人もいる」
ということがわかり、肩の力を抜いて話をすることができるようになるのです。

これができるようになるためには、ある程度の英語力と欧米人と話をすることに対する慣れが必要です。
そのために、ちょうどいい場所があります。「マルタ」です。

地中海の真ん中にあるマルタは、英語が公用語の美しいリゾート地です。
ここには、たくさんの英語学校があり、世界各国からリゾートを楽しみながら英語を学ぶ人たちが集まります。

欧州にあるため、日本人だけでなく、英語が苦手な欧米人も多く来るところで、彼らと仲良く英語で愚痴りながら英語が学べるチャンスがあります。

外資系企業で働いてみたい人、欧米人の友達を作りたい人にとって、最適な英語学習の場所かもしれませんよ!

マルタ留学について、詳しく知りたい人は、こちらどうぞ!

ef180

それでも欧米に就職したい人がやるべきことは、これです【PR】

私はいつもいつも「欧米に就職しようとしても、そう簡単にビザは出ないよ」と言っております。
それでも、欧米にあこがれを持っていて、彼の地で働きたい人はあとを絶ちません。

そこで、それでも欧米で働きたい人が今からできる2つのことをお伝えします。

main47

ひとつは、日本の外資系で働く事。
日本にはまだまだ外資系企業がたくさんあって、日本の大学を卒業しただけの人でも普通に就職できます。
新卒を募集しているところもたくさんありますし、転職で入ることも可能です。ただ、即戦力が求められる事が多いので、転職するのであれば、同業界での実務経験が必須です。

で、外資系企業に入ったら、あとは社内で結果を出すだけ。
会社の中で有名になるくらいの実績を出し、本社と繋がりのあるプロジェクトに積極参加し、本社のマネージャに「日本のあいつは何者だ」といわれるくらいの存在感を出せば、どこかのタイミングで、本社出張や、本社勤務を勝ち取れます。

ビザも、普通に外部から就職するよりも、社内で転籍する方が簡単にとれるのです。

「でも、まだ学生だから、これは道が遠すぎます」という人。
そんなあなたには、海外の大学に進学することをお勧めします。

東南アジアで働く場合は、英語で仕事をする場合もお互いネイティブではないので、下手な英語でもなんとかなります。しかし、英語ネイティブの国や英語レベルの非常に高い欧州の国で働く際にはかなり高い英語力が必要になります。

その際には、このような3ステップで学んでいくのが正解です。
1.英語「を」学ぶ
2.英語「で」学ぶ
3.英語「で」働く

1.英語「を」学ぶ は、語学留学などを通じて英語を学ぶことです。その次のステップに、
2.英語「で」学ぶがあります。英語を使った授業やディスカッションで新しい事を学ぶ。これをすることで、自分の専門分野での語彙力が飛躍的に伸びますし、英語での議論なども上手くなります。
このステップを踏んでからであれば、比較的スムーズに 3.英語「で」働く ことができるようになるのです。

また、国によっては現地の大学卒業後、数ヶ月-数年のインターンが可能なビザをもらえます。在学中および卒業後に企業にインターンをして、仕事を得ること、これが学生から欧米就職の最短距離です。

簡単な道ではないですが、同じようなルートでチャレンジをする世界中の若者と切磋琢磨できる面白い道です。
我こそはという若い人、ぜひチャレンジしてみてください。

じゃあ、具体的にどうやって海外の大学に行くの?と思った人は、こちらをクリック!

EF 海外大学進学プログラム
ef180
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ