海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

タイ準備編

グローバル人材を目指す前に、グローカル人材を目指してみよう!世界を股にかける前のステップとしての「日本人村」就職

さて、ジャカルタバンコクの日本人現地採用事情と住む街としての様子をお送りしてきましたが、いかがでしょうか?
私が思ったことは、「日本人ってすげえな」ってことです。バンコクにもジャカルタにもすでにたくさんの日本人が進出しており、日本人のコミュニティを作っています。そのコミュニティは現地の会社からみても、日本のグローバルカンパニーのビジネスからみても重要なモノであり、その中で働ける人材は重要視されています。(特にジャカルタで顕著です)

また、そのコミュニティは、独自の商店やレストラン、住環境やサービスを作り上げ、日本人が暮らしやすいような街を作り上げています。(特にバンコクで顕著です)

現地の日本人コミュニティ。もっというと「日本人村」
すでに海外に渡りこの「日本人村」を作った人たちは、これから海外に出て行く日本人にとって便利なシステムを、すでに現地に作り上げてくれているのです。

海外に日本人現地採用として日系企業に行くことは、この「日本人村」に移住することにほかなりません。

シニカルな見方をすると、「なんで折角日本を脱出するのに、脱出先が「日本人村」なんだよ」という突っ込みが入るかもしれません。
もちろん、現地の日系企業は「来る日も来る日も終電帰り」のスーパー日本人社畜ほどではないにしても、多かれ少なかれ(現地人よりは)社畜的な働き方を求めてくるかもしれません。

だったら、日本で社畜をしてればよくね?
私はそうとは思いません。

日本で働く場合は、















ビジネス環境 日本語、日本流
作業 日本語、日本人と協業
生活 日本風

です。これに対し、海外の日系企業に勤める場合はこうなります。















ビジネス環境 日本語、日本流
作業 英語(または現地語)、現地人と協業
生活 現地風を日本風にアレンジ

お金を稼ぐ根幹であるビジネス環境は慣れ親しんだ日本語、日本流でありながら、末端の作業は違う国の言葉で違う国のスタッフと協業して行うことになります。
そして、仕事以外の生活習慣は、日本人に便利なものをがっつり使って日本と変わらない生活をするもよし、一切使わず現地人と変わらない生活をするもよし。自分で自由に選べます。

大事なところは得意分野で戦い、末端は新しいやり方にチャレンジ。
何もかもをゼロからのスタートにするよりも遙かに難易度は低くなるわけです。

異国にある「日本人村」のなかで、異国人と一緒に仕事、生活をする。地理的にはグローバルであり、仕事のやり方的にはローカルのやり方を中心としている。
こんなことが出来る人材は、「グローバル人材」「ローカル人材」の中間である「グローカル(G-Local)人材」とでも呼べばいいんじゃないでしょうか。


この「グローカル人材」としてのスキルを身につけると、その後の展開は複数考えられます。

1.グローカル人材として現地に根を下ろし、現地のローカル人材としてのスキルも身につける















ビジネス環境 日本語+現地語、日本流+現地流
作業 英語(または現地語)、現地人と協業
生活 現地風を日本風にアレンジ

現地のビジネスのスペシャリストとして定着する生き方です。現地で大きなビジネスを起こしたり、「日本人村」の重役として、新たなグローカル人材を受け入れる側に回ることが出来ます。

2.国に縛られない生き方を目指し、複数の国に移住する















ビジネス環境 日本語、日本流
作業 英語(または現地語)、現地人(複数の国籍
と協業
生活 現地風を日本風にアレンジ

例えば、バンコクでの生活は満喫したので、新たな刺激を求めて、ジャカルタに移住するような生き方です。どんな国でも生きていける、たくましい適応能力が身につきます。国に縛られない生き方なので、どこかの国で経済的・政治的危機が起ころうと、移住することでその危機を回避できる、リスク管理能力の高い生き方ともいえます。

3.グローバル人材として、世界を股にかける人材になる















ビジネス環境 英語+複数言語、グローバルスタンダード
作業 英語+複数言語、世界各国の人と協業
生活 人それぞれ(主にセレブ)

世界中に展開している会社で、国籍問を問わないビジネスに参加し、または自らそんなビジネスを立ち上げ、世界を股にかけて生活するといった生き方です。大きなビジネスをしたい人、世界を変えたい人が目指すべき場所です。住む場所も仕事によって、NYになったり、シリコンバレーになったり、シンガポールになったり、香港になったり、東京になったりするでしょう。もちろん、バンコクで「グローバル人材」として多国籍企業で働いている人もいます。

最近、「グローバル人材」という言葉が流行り言葉になっており、同時に「グローバル人材ってなんだよ?」という疑問も出てきています。
私としては、「グローバル人材」というのは上記「3」のようなことが出来る希有な人材で、そこへの道のりは簡単ではないと考えています。

それ故に、まずは海外の日本人村に引っ越しをして、その素地を作ることが大切なのではないかと考えるわけです。

世界で一番たくさんのグローバル人材を輩出しているのは、おそらく中国人です。
私がさっきまで滞在していたフィリピンの長者番付トップはシー・ヘンリー、2位はタン・ルシオ。どちらも中華系です。(ちなみに、中華系フィリピン人は女の子にモテると英会話教室の講師が言っていました)
それ以外にも、中国が排出した、世界を股にかけてビジネスを行っている人材は山ほどいます。

彼らを育てている環境は何か?
おそらく、世界中あらゆる国にあるチャイナタウンです。

華僑の人間は、まず移り住んだ土地で中華料理屋を始めて現地に根を下ろします。
そして、最低限の基盤が整ったところで、仲間(家族)を呼び寄せ、チャイナタウンを作り、その中でビジネスを行います。
そして、チャイナタウンの中で育てた人材と、集めた資金と、学んだ現地の商習慣を使って現地で大きなビジネスを作り、それをグローバルに展開していくのです。

残念ながら、「ジャパンタウン」は、世界に数えるほどしかありません。(たぶん、コリアンタウンより少ない)
しかし、アジアには日本の経済力が作った強力な「日本人村」がいくつかあります。

その中でも、非常に強力な「日本人村」が存在するのが今回紹介した「バンコク」であり「ジャカルタ」なのです。
「3.グローバル人材」を目指している人や、「2.国にしらばれない生き方」を目指している人は、これを利用しない手はありません。

そんな生き方を目指しているけど、何をすればいいのか皆目検討もつかない人は、一度バンコクやジャカルタを訪れてみて、自分が「グローカル」な人材として現地で生活しているところを想像してみてはどうでしょうか?

たぶん、何かのブレイクスルーが生まれるんじゃないかと思います。

人生は短い。遠くまで行って、世界を見よ。そして、深く考えろ。
〜冒険投資家 ジム・ロジャースが村上龍に伝えた言葉







はじめてのアジア海外就職 はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る







華僑流おカネと人生の管理術 華僑流おカネと人生の管理術
(2011/05/20)
宋 文洲

商品詳細を見る







冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫) 冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)
(2006/01)
ジム ロジャーズ

商品詳細を見る







日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの? 起業に役立つ現地情報&稼げるノウハウ! 日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの? 起業に役立つ現地情報&稼げるノウハウ!
(2011/10/08)
豊永 貴士

商品詳細を見る






この記事の情報は2011年現在のもの。
2014年の最新情報は、電子書籍にまとめています!

タイで仕事を探す方法から、タイに行ったときのおすすめスポット、タイ経済の現状、タイで働く人へのインタビューまで、タイづくしの118ページ!
ぜひご一読ください!

グローバル人材を目指す前に、グローカル人材を目指してみよう!世界を股にかける前のステップとしての「日本人村」就職

さて、ジャカルタバンコクの日本人現地採用事情と住む街としての様子をお送りしてきましたが、いかがでしょうか?
私が思ったことは、「日本人ってすげえな」ってことです。バンコクにもジャカルタにもすでにたくさんの日本人が進出しており、日本人のコミュニティを作っています。そのコミュニティは現地の会社からみても、日本のグローバルカンパニーのビジネスからみても重要なモノであり、その中で働ける人材は重要視されています。(特にジャカルタで顕著です)

また、そのコミュニティは、独自の商店やレストラン、住環境やサービスを作り上げ、日本人が暮らしやすいような街を作り上げています。(特にバンコクで顕著です)

現地の日本人コミュニティ。もっというと「日本人村」
すでに海外に渡りこの「日本人村」を作った人たちは、これから海外に出て行く日本人にとって便利なシステムを、すでに現地に作り上げてくれているのです。

海外に日本人現地採用として日系企業に行くことは、この「日本人村」に移住することにほかなりません。

シニカルな見方をすると、「なんで折角日本を脱出するのに、脱出先が「日本人村」なんだよ」という突っ込みが入るかもしれません。
もちろん、現地の日系企業は「来る日も来る日も終電帰り」のスーパー日本人社畜ほどではないにしても、多かれ少なかれ(現地人よりは)社畜的な働き方を求めてくるかもしれません。

だったら、日本で社畜をしてればよくね?
私はそうとは思いません。

日本で働く場合は、















ビジネス環境 日本語、日本流
作業 日本語、日本人と協業
生活 日本風

です。これに対し、海外の日系企業に勤める場合はこうなります。















ビジネス環境 日本語、日本流
作業 英語(または現地語)、現地人と協業
生活 現地風を日本風にアレンジ

お金を稼ぐ根幹であるビジネス環境は慣れ親しんだ日本語、日本流でありながら、末端の作業は違う国の言葉で違う国のスタッフと協業して行うことになります。
そして、仕事以外の生活習慣は、日本人に便利なものをがっつり使って日本と変わらない生活をするもよし、一切使わず現地人と変わらない生活をするもよし。自分で自由に選べます。

大事なところは得意分野で戦い、末端は新しいやり方にチャレンジ。
何もかもをゼロからのスタートにするよりも遙かに難易度は低くなるわけです。

異国にある「日本人村」のなかで、異国人と一緒に仕事、生活をする。地理的にはグローバルであり、仕事のやり方的にはローカルのやり方を中心としている。
こんなことが出来る人材は、「グローバル人材」「ローカル人材」の中間である「グローカル(G-Local)人材」とでも呼べばいいんじゃないでしょうか。


この「グローカル人材」としてのスキルを身につけると、その後の展開は複数考えられます。

1.グローカル人材として現地に根を下ろし、現地のローカル人材としてのスキルも身につける















ビジネス環境 日本語+現地語、日本流+現地流
作業 英語(または現地語)、現地人と協業
生活 現地風を日本風にアレンジ

現地のビジネスのスペシャリストとして定着する生き方です。現地で大きなビジネスを起こしたり、「日本人村」の重役として、新たなグローカル人材を受け入れる側に回ることが出来ます。

2.国に縛られない生き方を目指し、複数の国に移住する















ビジネス環境 日本語、日本流
作業 英語(または現地語)、現地人(複数の国籍
と協業
生活 現地風を日本風にアレンジ

例えば、バンコクでの生活は満喫したので、新たな刺激を求めて、ジャカルタに移住するような生き方です。どんな国でも生きていける、たくましい適応能力が身につきます。国に縛られない生き方なので、どこかの国で経済的・政治的危機が起ころうと、移住することでその危機を回避できる、リスク管理能力の高い生き方ともいえます。

3.グローバル人材として、世界を股にかける人材になる















ビジネス環境 英語+複数言語、グローバルスタンダード
作業 英語+複数言語、世界各国の人と協業
生活 人それぞれ(主にセレブ)

世界中に展開している会社で、国籍問を問わないビジネスに参加し、または自らそんなビジネスを立ち上げ、世界を股にかけて生活するといった生き方です。大きなビジネスをしたい人、世界を変えたい人が目指すべき場所です。住む場所も仕事によって、NYになったり、シリコンバレーになったり、シンガポールになったり、香港になったり、東京になったりするでしょう。もちろん、バンコクで「グローバル人材」として多国籍企業で働いている人もいます。

最近、「グローバル人材」という言葉が流行り言葉になっており、同時に「グローバル人材ってなんだよ?」という疑問も出てきています。
私としては、「グローバル人材」というのは上記「3」のようなことが出来る希有な人材で、そこへの道のりは簡単ではないと考えています。

それ故に、まずは海外の日本人村に引っ越しをして、その素地を作ることが大切なのではないかと考えるわけです。

世界で一番たくさんのグローバル人材を輩出しているのは、おそらく中国人です。
私がさっきまで滞在していたフィリピンの長者番付トップはシー・ヘンリー、2位はタン・ルシオ。どちらも中華系です。(ちなみに、中華系フィリピン人は女の子にモテると英会話教室の講師が言っていました)
それ以外にも、中国が排出した、世界を股にかけてビジネスを行っている人材は山ほどいます。

彼らを育てている環境は何か?
おそらく、世界中あらゆる国にあるチャイナタウンです。

華僑の人間は、まず移り住んだ土地で中華料理屋を始めて現地に根を下ろします。
そして、最低限の基盤が整ったところで、仲間(家族)を呼び寄せ、チャイナタウンを作り、その中でビジネスを行います。
そして、チャイナタウンの中で育てた人材と、集めた資金と、学んだ現地の商習慣を使って現地で大きなビジネスを作り、それをグローバルに展開していくのです。

残念ながら、「ジャパンタウン」は、世界に数えるほどしかありません。(たぶん、コリアンタウンより少ない)
しかし、アジアには日本の経済力が作った強力な「日本人村」がいくつかあります。

その中でも、非常に強力な「日本人村」が存在するのが今回紹介した「バンコク」であり「ジャカルタ」なのです。
「3.グローバル人材」を目指している人や、「2.国にしらばれない生き方」を目指している人は、これを利用しない手はありません。

そんな生き方を目指しているけど、何をすればいいのか皆目検討もつかない人は、一度バンコクやジャカルタを訪れてみて、自分が「グローカル」な人材として現地で生活しているところを想像してみてはどうでしょうか?

たぶん、何かのブレイクスルーが生まれるんじゃないかと思います。

人生は短い。遠くまで行って、世界を見よ。そして、深く考えろ。
〜冒険投資家 ジム・ロジャースが村上龍に伝えた言葉







はじめてのアジア海外就職 はじめてのアジア海外就職
(2012/03/05)
もりぞお

商品詳細を見る







華僑流おカネと人生の管理術 華僑流おカネと人生の管理術
(2011/05/20)
宋 文洲

商品詳細を見る







冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫) 冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)
(2006/01)
ジム ロジャーズ

商品詳細を見る







日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの? 起業に役立つ現地情報&稼げるノウハウ! 日本人が成功すんなら、アジアなんじゃねぇの? 起業に役立つ現地情報&稼げるノウハウ!
(2011/10/08)
豊永 貴士

商品詳細を見る






この記事の情報は2011年現在のもの。
2014年の最新情報は、電子書籍にまとめています!

タイで仕事を探す方法から、タイに行ったときのおすすめスポット、タイ経済の現状、タイで働く人へのインタビューまで、タイづくしの118ページ!
ぜひご一読ください!

生活する都市としてのバンコクその2 1/3の物価と、便利過ぎるサービス これを見てバンコクで暮らしたくなるか?そこがキモだ

さて、前回ご紹介した便利な街、バンコク。
今回は、物価の方を見ていきましょう。 まず、家賃ですが、前回紹介したBTSの隅っこの方の駅の周辺(市内どまんなかから20分くらいの場所。山手線で言うところの日暮里)で、大体ワンルームで1.5万円くらいからが相場だそうです。 安っ!その他の物価は、

コーラ 500mペット 45円
お茶 500mペット 50円
カップヌードル 35円
ポテトチップス 75円
プリングルス 150円
ビール 350m缶 100円

野菜 1パック 45-90円

電車 50円(距離による)
タクシー初乗り 45円

屋台飯 100-200円
レストラン 500円程度

ジャカルタ編と項目がきちんとあってなくて申し訳ないのですが、おおかた同じくらい。ちょっと高いかなって感じです。
日本と比べると1/3程度ってとこでしょうか。

ただ、町並みとかでもお見せしたとおり、屋台の飯とかを除けば、クオリティが日本と変わらないものが多いので、お得感はあります。

そして、特筆すべきは屋台飯の安さ。タイは、専業主婦がいても自炊はあまりしないという文化があるので、外食産業が異常に発達しておりコストパフォーマンスが非常にいいことが多いです。(ただし、衛生状態には中以外強う。私なんかは結構平気ですが、おなか壊す人もいます。。)ちなみに、単身者用アパートでは、台所自体がないことも多いとか。

地元の人が行くようなスーパーの様子ですが、日本(ってかアメリカに近いか)とあまり変わらない外観だし、

P1020350.jpg

野菜とかの売り方もこんな感じ。

P1020348.jpg

ついでに、総菜コーナーの焼き魚とか寿司とか、日本そのもの。

P1020346.jpg

ミスタードーナツがこんなモノを売り出しているのはご愛敬。。

P1020343.jpg

また、デパートには普通にユニクロがあります。

P1020379.jpg

値段が、フリース1200円と

P1020380.jpg

日本と大差ないのはご愛敬。
まあ、日本人の肌感覚ではバンコクでフリースは必要ないですが。。タイ人は20度を下回ると寒い寒いといいだすらしい。

もちろん、洋服もユニクロよりやすい店はたくさんあるし、なにより日本人感覚では「冬」がないので、一年を通して夏服でおっけー。よって、「衣」に関するコストは非常に小さくなります。

また、タクシーに関しても、きちんと地図が読める人が多く、大方の場所はちゃんと連れて行ってくれます。(たまに空港からのタクシーにぼったくりとかいるけどね)
そもそも、先のBTSと(日本のODAで作った)地下鉄が便利なので、タクシーあまり使わないし。

治安も、若い女性が普通にうろうろしているくらい安全だし、スリとかひったくりとかはともかく、大きな犯罪に巻き込まれそう感はないです。
ちゅか、電車に乗ってると、日本にいるときと同じ、「このお姉ちゃんの鞄、ガード甘いけど大丈夫なのか。。」感を感じるくらいです。

バンコク就職のメリットはまさにココでしょう。


ジャカルタと比べて給料とか待遇のレベルが低いことは否めません。
また、任される仕事も、バンコクに数千社もある「日本人村」の中での仕事が多く、グローバルな市場に向かって、自分の価値を上げていくという感じではないところが多い気がします。

その代わり、前回と今回に取り上げたような便利すぎる街、日本人向けにカスタマイズされた街そして、そこにタイの独特の緩くて生暖かい文化が混ざって、何ともいえない快適な空間になっているのです。

こんな中で働いてみたいのか?ってのが、一番のキモではないかと思います。
だから、興味のある人は、一度バンコクに来てみることをおすすめします。
(ジャカルタと違って)空港から街へ行くのも電車で一発だし、街は市内交通が充実してる。物価も安くて飯も旨い。
東南アジア旅行の入門にぴったりの都市なので、おいでませ、バンコク♪

って、私は政府観光局とは全く関係ないんだが。。

でも、まずは自分で足を運んでみることをおすすめします。





この記事の情報は2011年現在のもの。
2014年の最新情報は、電子書籍にまとめています!

タイで仕事を探す方法から、タイに行ったときのおすすめスポット、タイ経済の現状、タイで働く人へのインタビューまで、タイづくしの118ページ!
ぜひご一読ください!

生活する都市としてのバンコクその2 1/3の物価と、便利過ぎるサービス これを見てバンコクで暮らしたくなるか?そこがキモだ

さて、前回ご紹介した便利な街、バンコク。
今回は、物価の方を見ていきましょう。 まず、家賃ですが、前回紹介したBTSの隅っこの方の駅の周辺(市内どまんなかから20分くらいの場所。山手線で言うところの日暮里)で、大体ワンルームで1.5万円くらいからが相場だそうです。 安っ!その他の物価は、

コーラ 500mペット 45円
お茶 500mペット 50円
カップヌードル 35円
ポテトチップス 75円
プリングルス 150円
ビール 350m缶 100円

野菜 1パック 45-90円

電車 50円(距離による)
タクシー初乗り 45円

屋台飯 100-200円
レストラン 500円程度

ジャカルタ編と項目がきちんとあってなくて申し訳ないのですが、おおかた同じくらい。ちょっと高いかなって感じです。
日本と比べると1/3程度ってとこでしょうか。

ただ、町並みとかでもお見せしたとおり、屋台の飯とかを除けば、クオリティが日本と変わらないものが多いので、お得感はあります。

そして、特筆すべきは屋台飯の安さ。タイは、専業主婦がいても自炊はあまりしないという文化があるので、外食産業が異常に発達しておりコストパフォーマンスが非常にいいことが多いです。(ただし、衛生状態には中以外強う。私なんかは結構平気ですが、おなか壊す人もいます。。)ちなみに、単身者用アパートでは、台所自体がないことも多いとか。

地元の人が行くようなスーパーの様子ですが、日本(ってかアメリカに近いか)とあまり変わらない外観だし、

P1020350.jpg

野菜とかの売り方もこんな感じ。

P1020348.jpg

ついでに、総菜コーナーの焼き魚とか寿司とか、日本そのもの。

P1020346.jpg

ミスタードーナツがこんなモノを売り出しているのはご愛敬。。

P1020343.jpg

また、デパートには普通にユニクロがあります。

P1020379.jpg

値段が、フリース1200円と

P1020380.jpg

日本と大差ないのはご愛敬。
まあ、日本人の肌感覚ではバンコクでフリースは必要ないですが。。タイ人は20度を下回ると寒い寒いといいだすらしい。

もちろん、洋服もユニクロよりやすい店はたくさんあるし、なにより日本人感覚では「冬」がないので、一年を通して夏服でおっけー。よって、「衣」に関するコストは非常に小さくなります。

また、タクシーに関しても、きちんと地図が読める人が多く、大方の場所はちゃんと連れて行ってくれます。(たまに空港からのタクシーにぼったくりとかいるけどね)
そもそも、先のBTSと(日本のODAで作った)地下鉄が便利なので、タクシーあまり使わないし。

治安も、若い女性が普通にうろうろしているくらい安全だし、スリとかひったくりとかはともかく、大きな犯罪に巻き込まれそう感はないです。
ちゅか、電車に乗ってると、日本にいるときと同じ、「このお姉ちゃんの鞄、ガード甘いけど大丈夫なのか。。」感を感じるくらいです。

バンコク就職のメリットはまさにココでしょう。


ジャカルタと比べて給料とか待遇のレベルが低いことは否めません。
また、任される仕事も、バンコクに数千社もある「日本人村」の中での仕事が多く、グローバルな市場に向かって、自分の価値を上げていくという感じではないところが多い気がします。

その代わり、前回と今回に取り上げたような便利すぎる街、日本人向けにカスタマイズされた街そして、そこにタイの独特の緩くて生暖かい文化が混ざって、何ともいえない快適な空間になっているのです。

こんな中で働いてみたいのか?ってのが、一番のキモではないかと思います。
だから、興味のある人は、一度バンコクに来てみることをおすすめします。
(ジャカルタと違って)空港から街へ行くのも電車で一発だし、街は市内交通が充実してる。物価も安くて飯も旨い。
東南アジア旅行の入門にぴったりの都市なので、おいでませ、バンコク♪

って、私は政府観光局とは全く関係ないんだが。。

でも、まずは自分で足を運んでみることをおすすめします。





この記事の情報は2011年現在のもの。
2014年の最新情報は、電子書籍にまとめています!

タイで仕事を探す方法から、タイに行ったときのおすすめスポット、タイ経済の現状、タイで働く人へのインタビューまで、タイづくしの118ページ!
ぜひご一読ください!

生活する都市としてのバンコクその1 日本以外で一番日本人のための施設が多い都市

 バンコクほど行ったことがある人と、行ったことがない人の認識の違いが大きい街はないかもしれない。 行ったことがない人の頭の中にあるのは、
児童売春、オート三輪、チャオプラヤ川で水浴びする子供たち、木造建築、不味いタイ米
こんなところだったりしませんか?バンコクの中心地で適当に写真を撮るとこんな感じです。

P1020331.jpg

外資系金融機関!
その下に見える看板はHIS!
ぴかぴかの車!(オート三輪なんてほとんどない!)
新しいマンションの看板!
左隅に見えるタワーマンション!

バンコクの中心部のスクンビット周辺を歩いていると、後進国感は全くありません。

そして、日本の企業の事務所の多くはこんな感じで、

P1020421.jpg

このスクンビット周辺にあるのでこの周辺で、海外就職でバンコクに住んでいる人はこの辺中心で過ごすことが多くなると思います。

しかし、バンコク、ジャカルタ、メキシコシティと並んで世界三大渋滞に数えられています。特にこのスクンビット周辺の大通りは1日に15時間くらい渋滞していると思われます。

しかし、そんなバンコクに現れた救世主がコレ。

240px-Train_leaving_Asok_Station.jpg

BTSと呼ばれる高架鉄道。
こんな風に、

240px-Bangkok_traffic_jam.jpg

大通りの上を通っている鉄道で、昼間は2,3分に一度くらいのペースで車両がきて、夜の12時くらいまで動いています。
 まさに、バンコクの山手線。
これさえあれば、自動車がなくても快適なバンコク暮らしが満喫できます。

それ以外のエンターテイメント施設も充実しています。
例えば、BTSでカンタンに行けるデパートはこんな感じ。

P1020375.jpg

最上階には最新式のシネコンとか、

P1020383.jpg

場所によってはIMAXシアターもあります。

地下には暑さを忘れさせる、スケートリンクまで!

P1020387.jpg

 だからもう、ホント後進国じゃないんだって。

また、日本文化がそのまま導入されているのも特徴で、伊勢丹のこんな光景を見ると、

P1020385.jpg

ここが異国の地なのかどうか、迷ってしまいます。
中にはお好み焼き屋とかあって、さすがにこれは日本人用の店だと思っていると、結構タイ人も普通に食べてたりします。
もっというと、「日本食屋」があるのではなく、「日本にある専門店」があるのがバンコクの凄いところで、デパートに普通に「TVチャンピオン第二位を獲得したラーメン店!」みたいな看板があるのだから、もうなにがなにやら。。

さらに一歩踏み込んで、回転しゃぶしゃぶなどといった、オリジナルな店舗形態まで。。

P1020386.jpg

全然旨くないのですが、タイ人は楽しそうに肉をゆでたり寿司をつまんだりしています。

資生堂の看板も、そのまんま椎名林檎だし。。
P1020377.jpg

電気屋も売ってるものは日本と一緒。
P1020382.jpg

日本のための施設が多く、しかも、その施設も結構普通にタイ人が使っている。
暮らしやすさと、親日感、そして現地の経済力の高さをひしひしと感じて、暮らしやすそうだなあということを実感する訳です。

そして、悪名高き、夜の街。

P1020390.jpg

もう、この写真とか見ると、銀座とか歌舞伎町の裏路地にしか見えない。。
道ばたには、おにぎり屋とか、焼き鳥屋があって、半縁日。

残念ながら、洪水の影響で、お店の女の子は暇そうに店の外でたむろっていましたが、日本の夜の街が恋しくなったら、出稼ぎ労働者が東北の方言を聞くために上野駅に行くように、いつでもパッポンストリートがあなたを待っています。

こんな感じで、ちょっと異常なくらい日本人が住みやすいバンコクを紹介してみました。次回、この街の物価などについてお伝えします。






この記事の情報は2011年現在のもの。
2014年の最新情報は、電子書籍にまとめています!

タイで仕事を探す方法から、タイに行ったときのおすすめスポット、タイ経済の現状、タイで働く人へのインタビューまで、タイづくしの118ページ!
ぜひご一読ください!

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ