海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

インドネシア準備編

ジャカルタ日本人現地採用事情 新卒月給14万円!物価は半額以下なので即セレブ!そしてもう一つの素晴らしいメリット

 バリ→ジャカルタ→バンコクという就職活動の視察旅行から帰ってきました。
バリではリゾートを満喫しただけですが、ジャカルタ、バンコクでは大変有益な情報を得ることができました。
この辺について、これから記事にしていきます。 まずは、インドネシアの首都、ジャカルタ。

以前の記事でインドネシアの超大国っぷりはお伝えしましたが、

インドネシア。実は中国、インド、アメリカの次に人口が多い超大国。しかも平均年齢27歳!

その首都であるジャカルタはまさに高度成長期でした。

・日本企業が続々と進出してきて、その視察の対応に現地駐在員はてんやわんや
ジャカルタの物価はこの8年で体感で2倍くらいに上がっている(定期預金の金利は6%以上
・それに伴って、インドネシア人の給料も2倍になっている

所得倍増計画がナチュラルに実行されている都市です。

こんな都市の日本人は求められているのか?

答えは、「とにかく日本人が足りない。新卒でもいいから来て欲しい」

実際に、新卒・英語がイマイチでも手取りで14万円出すという求人があるそうです。

シンガポールや香港では業務経験なし、英語がイマイチなんて相手にもされません。
中国では、日本での就業経験が2年以上ないとビザがおりない確率が高いです。
オーストラリアでも、ビザの申請基準から考えて論外です。

ちゅか、手取りで14万円って、日本の大手メーカーの新卒初任給の手取りと大して変わらないじゃないですか!?

しかも、これに加えて、会社からは運転手付の車が支給されます。
また、ジャカルタの物価は綺麗なレストランで食事をしたり、ちゃんとしたスーパーやコンビニで買い物をしても東京の半分以下です(現地人並の生活なら1/5-1/10です)
住居も、6万円程度でタワーマンションに住めます。
メイドも、月1万円程度で雇えるそうです。

この辺の生活環境については、この下記のの記事に詳しく書きました。

生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

が、月14万円の給料は現地の感覚からいうとかなりの金額になるということが分かります。

もちろん、上記の給料は「新卒・英語イマイチ」のものであり、もっとハイスペックの人材であれば給料は跳ね上がります。
現在一番不足しているのが、金融系の人材で、このスキルがある人材であれば、月35万円といった求人もざらにあるそうです。

ハッキリ言って、他の国から比べたら、ジャカルタの日本人現地採用の待遇は破格です。
つまり、「日本人であること」に対する価値がものすごく高いということが言えます。

現地で働いている友人の話でも、正直インドネシア人の仕事は(日本人的なレベルから見て)満足できるレベルではないそうです。
そして、続々と参入してくる日本企業に対して、新たな仕事が次々に発生しているため、日本企業とのコミュニケーション力がある日本人は大変価値が高いです。

それ故に(インドネシア人よりは高いと予想できる)ポテンシャルと、(学生レベルとはいえ、日本語ネイティブかつ日本的礼儀がある程度わかる)コミュニケーション力に、これほどまでの待遇を用意してくれるわけです。

これは、既に多数の日本人が活躍しており、ビジネスのコミュニケーションの大半が英語&グローバルカルチャーである香港やシンガポールではほとんど見られない現象です。

現在、新卒で就職できなかったり、ブラック企業に捕まったりして、日本で十分なスキルを積めていない人は多いと思います。
そんな人にとって、「日本人であること」がスキルとして認められて、買ってもらえるジャカルタという市場は非常に魅力的だと思います。

そして、既に日本でスキルを身につけている人にとってもですが、ジャカルタで働くことは非常に重要なスキルを身につけることが出来ます。

 異文化の中で、外国人と協力して仕事を進めるスキル

上司が外国人になっただけで大騒ぎになる島国日本。しかし、若い人がどんどん減っていき、国内の需要がだだ下がりの現状から見て、海外で商売することや、国内に外国人を呼んでくることは絶対避けて通れないものです。

その時に、必ず必要になるのが「異文化の外国人と協力して仕事を進める」スキルであり、このスキルの価値は今後日本国内でもどんどん上がっていくと考えられます。

新しいビルが施設が次々と建造され、どんどん発展していく街の中で、
所得がどんどん伸びていき、去年より来年の方が、昨日より明日の方が、よりよい生活が待っている!と本気で感じている人と一緒に働きながら、

今持っているスキルを有効に活用しながら、
これから重要になるスキルを身につけることが出来る、ジャカルタ就職。

金銭的に裕福なセレブ生活が出来るというだけでなく、精神的にも非常に満たされた生活が出来るのではないかと思うのです。

もちろん、異国・異文化(イスラム教だ!)の中で生活し・働くことにたくさんの困難もあるでしょう。
でも、それを上回るメリットがありそうだなあと、心から感じたジャカルタ滞在でした。

次回は、そんなジャカルタに住むことを前提に、私が街中を歩いた印象をお伝えします。

 

インドネシア現地採用事情 blog記事を出す前に、twitterのまとめを紹介します

もりぞおさんは、インドネシア経由で現在タイにいます。
で、明日、日本に帰ってきます。

ホントは現地でバンバンblogを更新するはずが、さっぱりでごめんなさい。
その間つぶやいていた内容をまとめたサイトがあるのでご紹介します。

インドネシアの驚くべき日本人現地採用事情 新卒でも手取り14万円で即セレブ!?
 ちなみに、現在22000Hit突破!

本件に関して、帰国後もっと詳しい内容や考察も含めてblogの記事にします。

また、その後、お待ちかね、タイ現地採用活用事情もあります!お楽しみに!
(ちなみに、一つだけ情報公開しておくと、タイも新卒OK)


インドネシア現地採用事情 blog記事を出す前に、twitterのまとめを紹介します

もりぞおさんは、インドネシア経由で現在タイにいます。
で、明日、日本に帰ってきます。

ホントは現地でバンバンblogを更新するはずが、さっぱりでごめんなさい。
その間つぶやいていた内容をまとめたサイトがあるのでご紹介します。

インドネシアの驚くべき日本人現地採用事情 新卒でも手取り14万円で即セレブ!?
 ちなみに、現在22000Hit突破!

本件に関して、帰国後もっと詳しい内容や考察も含めてblogの記事にします。

また、その後、お待ちかね、タイ現地採用活用事情もあります!お楽しみに!
(ちなみに、一つだけ情報公開しておくと、タイも新卒OK)


バリで、日本の旅行会社のツアーに参加しながら、「日本語の価値」を考える

長らく更新しておりませんでした。と、いうのもバリ島で遊びほうけていたからです。
この間、就活関係のこと一切やってなし!いいのか?私。

そんなわけで、バリ島で感じたことをちょいちょい書いていきます。

例によって例のごとく、下調べ全くなしでやってきたバリ島。イースター島くらいの大きさ(=原チャリで3時間くらいで一周できる)かと思っていたのですが、めちゃくちゃ広いですやん!(どうやら軽く車で10時間はかかるらしい)

また、公共交通機関も皆無なので、遊びに行くところは住んでいるホテルから徒歩で行けるショップやビーチに限られます。
タクシーも目の前の通りが年中渋滞のためあまりアクセスがよくないため、世界一の市内交通網を誇る東京で生まれ育った私には不便で仕方がありません。
ダイビングは、どこの街でも必ず送迎があるものですが、レストランやスパ、免税店まで送迎があるというのはこういう理由のようです。。

とはいえ、バリ島では伝統のファイヤーダンスとかあるし、美しい棚田とかあるし、折角なのでそういう観光地を見てみたい。
そうすっと、タクシーチャーターするよりツアーに行った方が楽なんじゃねーかってことで、旅行会社のツアーを探してみました。

パンフを集めてみると、日本語のパンフが異常に多い。
私の集め方に偏りがあるのかもしれませんが、半分くらいの旅行会社に日本語版があったような。。
通常、日本語ツアーと英語ツアーは値段に2−3倍の開きがあるのですが、バリではそれほど開いていない。だったら、いっそのこと日本語ツアーにしちゃうか!ってことで、某旅行会社の$89 朝8時から夜9時までツアーに参加してみました。

ちなみに、ツアーやらダイビングやらの観光客向けのサービスは大体USドル建てで値段が設定されており、現地通貨ルピアでも支払い可能ですが、ドル→ルピアのレートが悪い場合もあるので、USドルの現金を持って行くといいかもしれません。(クレジットカードは3%の手数料とられるところ多数)

さて、当日。迎えに来たガイドは、日本語が堪能なインドネシア人。

車に乗って最初の会話が、「安いエステがあります」
そして、まさかの土産物屋直行!しかも、二件! (最終的にもう一件行くことになる)

$89も払ってんのに、土産物屋巡りかよ!と思ったのですが、このガイドが、いわんでいいこともペラペラ喋る人だったので、なかなか楽しいことになりました。

「買い物するとねー。私と旅行会社にお金が入ります。でも、たいした額じゃないから、欲しいものがなければ、買わなくていいよー」
「どれくらい貰えるの?」
「旅行会社が3%、私と運転手が1%ずつ。旅行会社とりすぎねー」

大体amazonのアフィリエイトも4%〜って感じなんで、紹介料ってそんなもんなんでしょう。

「日本人小さいアクセサリー好き。韓国人、Tシャツ好き。中国人、食べ物。ヨーロッパ人でっかい彫刻とか好き。だから、ヨーロッパ人が一番儲かる」

確かに、ヨーロッパ人はこういう気が触れたような巨大な置物をガチで買っていくからなあ。。

aP1010686.jpg

どうするんだろう、コレ。。

「バリ人はどれくらい稼いでいるの?」
「平均で3−4万円くらいかな。力仕事は安くて、ホテルとかの仕事は高い。」
彼は、昔、ビーチでパラセーリングの仕事をしていて、当時はホテルの従業員をしていた奥さんの1/3以下の給料だったそうです。必死で日本語を勉強して、日本の旅行会社に就職したことで給料が上がって結婚できたとのこと。
ちなみに、バリでは8割の女性が専業主婦になるため、男性は稼ぎがないと大変です。

「日本語うまいけど、どうやって勉強したの?」
「独学と仕事で身につけて、旅行会社の研修で3ヶ月日本に行かせてもらったの」
10年以上勉強をしているはずの私の英語よりずっと上手いんですけど・・・やはり、ハングリー精神のなせる業か。。

バリ島の観光地を歩いていると、日本語が喋れる率が異常に高いことに気づきます。
道ばたの人たちも「コンニチハー ミルダケタダー」以上の会話がポンポンつながります。
コレに伴ってか、英語もインドネシア語も全く駄目な日本人のお姉さんもたくさんいます。私も免税店で「両替の手数料はいくらですか?」レベルから喋れない人の通訳をしてあげました。

で、宗教的に婚前交渉が認められないバリ人は、必死で日本語を勉強して、ガードの甘い観光客をナンパして。。ってのもあって、やはり、ハングリー精神は偉大です。

「ガイドの仕事は、歩合給なんで、仕事をしないと給料がありません。だから、働けるときは、休みなく働きます。子供の誕生日でも」
家のつながりをものすごく大切にするバリ人が、日本人的社畜になるのはとてもさみしいです。
しかし、観光業は外部要因に左右される仕事です。バリでテロがあったときは観光客が半分になり、今年も震災以降日本人観光客が激減しているそうです。

「一生懸命覚えた日本語で、家族のために稼ぐ。そのために、日本人にはいっぱい来て欲しい。」

彼らにその認識はないと思いますが、「日本語を覚える」ということは、日本への投資をしているようなものです。彼らが投資をしてくれているから、英語や現地語を喋らなくても快適に旅行が出来る。そのリターンとして、クソ高いツアー料金を支払い、土産物屋に連れ回されても文句を言わない。そうやって経済は回っているのです。

日本語を学んだ外国人のためにも、日本人はもっと稼いで、海外に遊びに行ってあげなきゃいけないななどと思うのですが、これからは…ってことは彼には話さないでおきました。

ちなみに、旅行会社の日本人職員の給料は12万円くらい。現地ガイドの3−4倍です。
「日本人であること」の価値はまだまだ大きい。
この価値は、我々の最大の財産であるわけで、自分たちが持っている「日本人であることの価値」を守るために、やっぱり頑張って経済を発展させなきゃいけないんだろうな…と心から思いながら、やっぱり、先行きの暗さを感じてしまうわけです。。

そんな暗さを吹き飛ばす、バリのステキ風景を見ながら、お別れです。

モンキーフォレストで、猿とたわむれるもりぞおさん
aP1010795.jpg

美しい棚田で、結婚式の写真を撮るインドネシア
aP1120509.jpg

ものすごく独特の波の立ち方をする断崖絶壁
aP1010837.jpg

バリ版男祭りこと、ケチャダンス
aP1010867.jpg

クライマックスは、ファイヤー!
aP1010890.jpg

ばびょーん
aP1120523.jpg

では。


バリで、日本の旅行会社のツアーに参加しながら、「日本語の価値」を考える

長らく更新しておりませんでした。と、いうのもバリ島で遊びほうけていたからです。
この間、就活関係のこと一切やってなし!いいのか?私。

そんなわけで、バリ島で感じたことをちょいちょい書いていきます。

例によって例のごとく、下調べ全くなしでやってきたバリ島。イースター島くらいの大きさ(=原チャリで3時間くらいで一周できる)かと思っていたのですが、めちゃくちゃ広いですやん!(どうやら軽く車で10時間はかかるらしい)

また、公共交通機関も皆無なので、遊びに行くところは住んでいるホテルから徒歩で行けるショップやビーチに限られます。
タクシーも目の前の通りが年中渋滞のためあまりアクセスがよくないため、世界一の市内交通網を誇る東京で生まれ育った私には不便で仕方がありません。
ダイビングは、どこの街でも必ず送迎があるものですが、レストランやスパ、免税店まで送迎があるというのはこういう理由のようです。。

とはいえ、バリ島では伝統のファイヤーダンスとかあるし、美しい棚田とかあるし、折角なのでそういう観光地を見てみたい。
そうすっと、タクシーチャーターするよりツアーに行った方が楽なんじゃねーかってことで、旅行会社のツアーを探してみました。

パンフを集めてみると、日本語のパンフが異常に多い。
私の集め方に偏りがあるのかもしれませんが、半分くらいの旅行会社に日本語版があったような。。
通常、日本語ツアーと英語ツアーは値段に2−3倍の開きがあるのですが、バリではそれほど開いていない。だったら、いっそのこと日本語ツアーにしちゃうか!ってことで、某旅行会社の$89 朝8時から夜9時までツアーに参加してみました。

ちなみに、ツアーやらダイビングやらの観光客向けのサービスは大体USドル建てで値段が設定されており、現地通貨ルピアでも支払い可能ですが、ドル→ルピアのレートが悪い場合もあるので、USドルの現金を持って行くといいかもしれません。(クレジットカードは3%の手数料とられるところ多数)

さて、当日。迎えに来たガイドは、日本語が堪能なインドネシア人。

車に乗って最初の会話が、「安いエステがあります」
そして、まさかの土産物屋直行!しかも、二件! (最終的にもう一件行くことになる)

$89も払ってんのに、土産物屋巡りかよ!と思ったのですが、このガイドが、いわんでいいこともペラペラ喋る人だったので、なかなか楽しいことになりました。

「買い物するとねー。私と旅行会社にお金が入ります。でも、たいした額じゃないから、欲しいものがなければ、買わなくていいよー」
「どれくらい貰えるの?」
「旅行会社が3%、私と運転手が1%ずつ。旅行会社とりすぎねー」

大体amazonのアフィリエイトも4%〜って感じなんで、紹介料ってそんなもんなんでしょう。

「日本人小さいアクセサリー好き。韓国人、Tシャツ好き。中国人、食べ物。ヨーロッパ人でっかい彫刻とか好き。だから、ヨーロッパ人が一番儲かる」

確かに、ヨーロッパ人はこういう気が触れたような巨大な置物をガチで買っていくからなあ。。

aP1010686.jpg

どうするんだろう、コレ。。

「バリ人はどれくらい稼いでいるの?」
「平均で3−4万円くらいかな。力仕事は安くて、ホテルとかの仕事は高い。」
彼は、昔、ビーチでパラセーリングの仕事をしていて、当時はホテルの従業員をしていた奥さんの1/3以下の給料だったそうです。必死で日本語を勉強して、日本の旅行会社に就職したことで給料が上がって結婚できたとのこと。
ちなみに、バリでは8割の女性が専業主婦になるため、男性は稼ぎがないと大変です。

「日本語うまいけど、どうやって勉強したの?」
「独学と仕事で身につけて、旅行会社の研修で3ヶ月日本に行かせてもらったの」
10年以上勉強をしているはずの私の英語よりずっと上手いんですけど・・・やはり、ハングリー精神のなせる業か。。

バリ島の観光地を歩いていると、日本語が喋れる率が異常に高いことに気づきます。
道ばたの人たちも「コンニチハー ミルダケタダー」以上の会話がポンポンつながります。
コレに伴ってか、英語もインドネシア語も全く駄目な日本人のお姉さんもたくさんいます。私も免税店で「両替の手数料はいくらですか?」レベルから喋れない人の通訳をしてあげました。

で、宗教的に婚前交渉が認められないバリ人は、必死で日本語を勉強して、ガードの甘い観光客をナンパして。。ってのもあって、やはり、ハングリー精神は偉大です。

「ガイドの仕事は、歩合給なんで、仕事をしないと給料がありません。だから、働けるときは、休みなく働きます。子供の誕生日でも」
家のつながりをものすごく大切にするバリ人が、日本人的社畜になるのはとてもさみしいです。
しかし、観光業は外部要因に左右される仕事です。バリでテロがあったときは観光客が半分になり、今年も震災以降日本人観光客が激減しているそうです。

「一生懸命覚えた日本語で、家族のために稼ぐ。そのために、日本人にはいっぱい来て欲しい。」

彼らにその認識はないと思いますが、「日本語を覚える」ということは、日本への投資をしているようなものです。彼らが投資をしてくれているから、英語や現地語を喋らなくても快適に旅行が出来る。そのリターンとして、クソ高いツアー料金を支払い、土産物屋に連れ回されても文句を言わない。そうやって経済は回っているのです。

日本語を学んだ外国人のためにも、日本人はもっと稼いで、海外に遊びに行ってあげなきゃいけないななどと思うのですが、これからは…ってことは彼には話さないでおきました。

ちなみに、旅行会社の日本人職員の給料は12万円くらい。現地ガイドの3−4倍です。
「日本人であること」の価値はまだまだ大きい。
この価値は、我々の最大の財産であるわけで、自分たちが持っている「日本人であることの価値」を守るために、やっぱり頑張って経済を発展させなきゃいけないんだろうな…と心から思いながら、やっぱり、先行きの暗さを感じてしまうわけです。。

そんな暗さを吹き飛ばす、バリのステキ風景を見ながら、お別れです。

モンキーフォレストで、猿とたわむれるもりぞおさん
aP1010795.jpg

美しい棚田で、結婚式の写真を撮るインドネシア
aP1120509.jpg

ものすごく独特の波の立ち方をする断崖絶壁
aP1010837.jpg

バリ版男祭りこと、ケチャダンス
aP1010867.jpg

クライマックスは、ファイヤー!
aP1010890.jpg

ばびょーん
aP1120523.jpg

では。


留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ