海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

インドネシア準備編

生活する都市としてのジャカルタその2 1/3の物価と、3倍の渋滞 それなりの治安で住めば都?

さて、前回ご紹介したセレブな街角

生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

このプラザスナヤンのマンションの家賃は知りませんが、ジャカルタ市内のタワーマンションの家賃はだいたい6万円程度だそうです。

日本の1/3以下ですね。。
しかし、それ以外のモノの物価を見てみると、まあ、それもわかります。

コーラ 500mペット 50円
お茶 500mペット 40円
カップヌードル 40円
ポテトチップス 40円
プリングルス 150円
ビール 350m缶 120円

スイカ(大) 150円
メロン(中) 200円
鶏肉100g 45円

100均グッズ 230円

タクシー初乗り 45円
メイドの給料 1万円程度

大体日本の1/3。ただし、農林水産物およびサービスは圧倒的に安い。
そして、海外から輸入する工業製品はそれなりに高い感じです。

従って、一通り電化製品とかをそろえちゃえば、日本の1/3くらいの生活費で暮らせてしまうわけです。新卒初任給が17万円だとしても、価値としては50万円くらいになるわけです。サービス業の安さを考えると、かなりセレブな生活が出来ます。

続いて、交通手段。
とにかく、渋滞が酷いです。

P1020148.jpg

ジャカルタの甲州街道みたいな道路には、こんな風に中央分離帯に肉まん売ってる屋台がいます。

P1020133.jpg

日本の甲州街道じゃ、瞬時にはね飛ばされますが、年中渋滞のここでは、のんびりと停滞している車に肉まんを売りつけます。

そんなに渋滞だらけなのに、それでもなお徹底的に車社会です。
おかげで、デパートとかの駐車場はこんな感じ。

P1020052.jpg

やはり、最近車を買う人増えたのか、きれいな新型の車が多いです。

ちなみに、庶民は原チャリが中心なので、一般のインドネシア人はこんな感じ。

P1020131.jpg

現地人が行く遊び場の駐車場はこんな事になっています。

P1020055.jpg

ちなみに、こんな風な、

P1020306.jpg

車に乗ったままお金が下ろせる、ドライブスルーATM!
なんてものもあります。

そして、地下鉄的な市内交通がほとんどありません。

 一般のインドネシア人はバスで移動しているのですが、正直乗りこなすのが大変難しいです。
 メインストリートの市内バス(トランスジャカルタ)は、バス専用レーンと停車駅があるので、

P1020146.jpg

ちょっとした鉄道感覚で使えますが、それ以外はかなりこの都市に慣れないと使いこなせないと思います。

 と、いうわけでメインの交通手段はタクシーになるのですが、タクシーの運転手がくせ者です。

 英語があまり通じない。住所を言っても場所が分からない。地図を読めない。

 おまえ、なんでタクシー運転手やってるんだよ!ってな状況ですが、運転手が上京してきたり移民してきたりの人の最初の仕事というのは、世界共通。あきらめるしかありません。
 攻略法としては、地図で自分の行きたいところにある有名な建物(プラザ・スナヤンとかホテルグランハイアットとか)を調べ、そこまで行ってもらうこと。
 タクシーなのに使い方はバスみたいになっちゃいますが。。

 ちなみにお値段も初乗り45円、1時間チャーターしても600円程度なので、バスや地下鉄感覚で使えます。

 まあ、この辺は会社側でドライバー付の運転手を用意してくれることがほとんどだそうなので問題はないでしょう。 

ジャカルタの治安を心配する人がいると思いますが、少なくともこのようなプラザの中で生活している分には安全ですし、プラザの間は会社が提供してくれる運転手付の車なので全く問題はないんじゃないかと思います。

まあ、私は、普通にこんな暗い道を

P1020139.jpg

ガンガン歩いていましたが、あまり危険は感じませんでした。まあ、私の場合基準が南米なんで当てにならないかもしれませんが、女性がひとりで普通に歩いてたりもするので、結構平気です。

 あと、渋滞故に空気は汚いですが、北京や上海よりはましです。
 ちゅか、30年前の東京も光化学スモッグとか出まくってたし、あまり気にする必要はないんじゃないかと思います。 特に、煙草を吸っている人には関係なし。

 こんな感じで、結論としては、日本人がいるようなセレブな空間にいる分には治安は問題なし。
 そして、物価安および運転手付故にセレブな生活が可能。
 慣れてきたら、それ以外の場所に足を伸ばしても、それほど治安は悪くない。

 ってな感じで、住めば都ってとこではないでしょうか。

 実際に8年住んでいる友人は、しばらくは東京に戻りたくないって言ってました。
「しばらく」が数年を意味するのか、数十年を意味するのかは知りませんが。。



生活する都市としてのジャカルタその2 1/3の物価と、3倍の渋滞 それなりの治安で住めば都?

さて、前回ご紹介したセレブな街角

生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

このプラザスナヤンのマンションの家賃は知りませんが、ジャカルタ市内のタワーマンションの家賃はだいたい6万円程度だそうです。

日本の1/3以下ですね。。
しかし、それ以外のモノの物価を見てみると、まあ、それもわかります。

コーラ 500mペット 50円
お茶 500mペット 40円
カップヌードル 40円
ポテトチップス 40円
プリングルス 150円
ビール 350m缶 120円

スイカ(大) 150円
メロン(中) 200円
鶏肉100g 45円

100均グッズ 230円

タクシー初乗り 45円
メイドの給料 1万円程度

大体日本の1/3。ただし、農林水産物およびサービスは圧倒的に安い。
そして、海外から輸入する工業製品はそれなりに高い感じです。

従って、一通り電化製品とかをそろえちゃえば、日本の1/3くらいの生活費で暮らせてしまうわけです。新卒初任給が17万円だとしても、価値としては50万円くらいになるわけです。サービス業の安さを考えると、かなりセレブな生活が出来ます。

続いて、交通手段。
とにかく、渋滞が酷いです。

P1020148.jpg

ジャカルタの甲州街道みたいな道路には、こんな風に中央分離帯に肉まん売ってる屋台がいます。

P1020133.jpg

日本の甲州街道じゃ、瞬時にはね飛ばされますが、年中渋滞のここでは、のんびりと停滞している車に肉まんを売りつけます。

そんなに渋滞だらけなのに、それでもなお徹底的に車社会です。
おかげで、デパートとかの駐車場はこんな感じ。

P1020052.jpg

やはり、最近車を買う人増えたのか、きれいな新型の車が多いです。

ちなみに、庶民は原チャリが中心なので、一般のインドネシア人はこんな感じ。

P1020131.jpg

現地人が行く遊び場の駐車場はこんな事になっています。

P1020055.jpg

ちなみに、こんな風な、

P1020306.jpg

車に乗ったままお金が下ろせる、ドライブスルーATM!
なんてものもあります。

そして、地下鉄的な市内交通がほとんどありません。

 一般のインドネシア人はバスで移動しているのですが、正直乗りこなすのが大変難しいです。
 メインストリートの市内バス(トランスジャカルタ)は、バス専用レーンと停車駅があるので、

P1020146.jpg

ちょっとした鉄道感覚で使えますが、それ以外はかなりこの都市に慣れないと使いこなせないと思います。

 と、いうわけでメインの交通手段はタクシーになるのですが、タクシーの運転手がくせ者です。

 英語があまり通じない。住所を言っても場所が分からない。地図を読めない。

 おまえ、なんでタクシー運転手やってるんだよ!ってな状況ですが、運転手が上京してきたり移民してきたりの人の最初の仕事というのは、世界共通。あきらめるしかありません。
 攻略法としては、地図で自分の行きたいところにある有名な建物(プラザ・スナヤンとかホテルグランハイアットとか)を調べ、そこまで行ってもらうこと。
 タクシーなのに使い方はバスみたいになっちゃいますが。。

 ちなみにお値段も初乗り45円、1時間チャーターしても600円程度なので、バスや地下鉄感覚で使えます。

 まあ、この辺は会社側でドライバー付の運転手を用意してくれることがほとんどだそうなので問題はないでしょう。 

ジャカルタの治安を心配する人がいると思いますが、少なくともこのようなプラザの中で生活している分には安全ですし、プラザの間は会社が提供してくれる運転手付の車なので全く問題はないんじゃないかと思います。

まあ、私は、普通にこんな暗い道を

P1020139.jpg

ガンガン歩いていましたが、あまり危険は感じませんでした。まあ、私の場合基準が南米なんで当てにならないかもしれませんが、女性がひとりで普通に歩いてたりもするので、結構平気です。

 あと、渋滞故に空気は汚いですが、北京や上海よりはましです。
 ちゅか、30年前の東京も光化学スモッグとか出まくってたし、あまり気にする必要はないんじゃないかと思います。 特に、煙草を吸っている人には関係なし。

 こんな感じで、結論としては、日本人がいるようなセレブな空間にいる分には治安は問題なし。
 そして、物価安および運転手付故にセレブな生活が可能。
 慣れてきたら、それ以外の場所に足を伸ばしても、それほど治安は悪くない。

 ってな感じで、住めば都ってとこではないでしょうか。

 実際に8年住んでいる友人は、しばらくは東京に戻りたくないって言ってました。
「しばらく」が数年を意味するのか、数十年を意味するのかは知りませんが。。



生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

 もりぞおさん、今回ジャカルタを訪れるのは3回目。
しかし、ジャカルタには観光すべきものがほとんどない上に、2回とも友人に空港から部屋までなにもかもお世話してもらったため、街に関する印象はほとんどありませんでした。 今回、ちょっと衝撃的なくらいの日本人就活事情を見て、

ジャカルタ日本人現地採用事情 新卒月給14万円!物価は半額以下なので即セレブ!そしてもう一つの素晴らしいメリット

今回生活をする都市としてのジャカルタを確認してきました。

まず、ジャカルタで一番感じるのが、場所による状況の格差。
綺麗な場所とそうでないの場所の違いが大きすぎます。

ホテルの窓から写した写真ですが

428164194.jpg

遠くに見える最新型高層ビルと、手前にあるアジア的ボロ屋。これらが遠慮なく隣り合って建っているのがジャカルタの現状です。

そして、車社会のジャカルタでは、こういう高層ビルが六本木ヒルズのように密集している地域

P1020318.jpg

が複数あり、この中には高級マンション、オフィスビル、ショッピングモール、映画館など一通りの施設が集まっており、そのプラザの中だけで生活が出来るようになっています。

セレブな日本人はきっとプラザで生活をするのでここを見てみましょう。
最近、日本企業が多く入っているのがここ、プラザ・スナヤンです。

P1020272.jpg

外に出ている看板を見ると、有名日本企業やアメリカ企業が入っていることが分かります。

P1020264.jpg

日本企業に限らず、いろんな国の企業が入りまくっているのが分かりますね。

P1020262.jpg

さらに、ビルの中のフロア案内を見るともっとよくわかるのですが、撮影禁止です。

もちろん、ブランドショップや企業以外にも、マクドナルドやモスバーガーのような庶民的なチェーン店や、スポーツ用品店やレストラン、シネマコンプレックスなども入っています。

P1020273.jpg

また、中心部にはでっかいそごうが入っており、

P1020302.jpg

その中には紀伊國屋も入っています。
近所にある日本と同じモノを売っているスーパー(それも2件もある)や、韓国スーパーと会わせると、日本人がほしがるものはこの中だけで一通りそろいそうです。

外観の様子をみていると、まるでシンガポールとかロサンゼルスの街角。

P1020277.jpg

ここが、発展途上国であることを忘れそうになります。
しかし、ちょっと目の向けどころを変えると、

P1020286.jpg

これだけいろいろそろっているプラザにまだ高層ビルが3件建築中。
ちなみに、さらにすぐ近くの空き地を開発中でどんどんビルが建つそうな。まさに、「発展途上」です。

前回の記事の中でも書きましたが、日本人が日系企業に入ると、大体こういうところのオフィスに入り、近くのタワーマンションに住むことになります。
そうすると、インドネシアの発展途上感とは離れたところで生活することも可能です。

それがいいことなのかは分かりませんが、選択肢として「君子危うきに近寄らず」がとれるということは、治安を気にしている人にとっては朗報なのではないでしょうか?

ちょっと長くなってしまいましたので、今回はここまでにして、次回、ジャカルタの物価や交通網などについてお話しします。

生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

 もりぞおさん、今回ジャカルタを訪れるのは3回目。
しかし、ジャカルタには観光すべきものがほとんどない上に、2回とも友人に空港から部屋までなにもかもお世話してもらったため、街に関する印象はほとんどありませんでした。 今回、ちょっと衝撃的なくらいの日本人就活事情を見て、

ジャカルタ日本人現地採用事情 新卒月給14万円!物価は半額以下なので即セレブ!そしてもう一つの素晴らしいメリット

今回生活をする都市としてのジャカルタを確認してきました。

まず、ジャカルタで一番感じるのが、場所による状況の格差。
綺麗な場所とそうでないの場所の違いが大きすぎます。

ホテルの窓から写した写真ですが

428164194.jpg

遠くに見える最新型高層ビルと、手前にあるアジア的ボロ屋。これらが遠慮なく隣り合って建っているのがジャカルタの現状です。

そして、車社会のジャカルタでは、こういう高層ビルが六本木ヒルズのように密集している地域

P1020318.jpg

が複数あり、この中には高級マンション、オフィスビル、ショッピングモール、映画館など一通りの施設が集まっており、そのプラザの中だけで生活が出来るようになっています。

セレブな日本人はきっとプラザで生活をするのでここを見てみましょう。
最近、日本企業が多く入っているのがここ、プラザ・スナヤンです。

P1020272.jpg

外に出ている看板を見ると、有名日本企業やアメリカ企業が入っていることが分かります。

P1020264.jpg

日本企業に限らず、いろんな国の企業が入りまくっているのが分かりますね。

P1020262.jpg

さらに、ビルの中のフロア案内を見るともっとよくわかるのですが、撮影禁止です。

もちろん、ブランドショップや企業以外にも、マクドナルドやモスバーガーのような庶民的なチェーン店や、スポーツ用品店やレストラン、シネマコンプレックスなども入っています。

P1020273.jpg

また、中心部にはでっかいそごうが入っており、

P1020302.jpg

その中には紀伊國屋も入っています。
近所にある日本と同じモノを売っているスーパー(それも2件もある)や、韓国スーパーと会わせると、日本人がほしがるものはこの中だけで一通りそろいそうです。

外観の様子をみていると、まるでシンガポールとかロサンゼルスの街角。

P1020277.jpg

ここが、発展途上国であることを忘れそうになります。
しかし、ちょっと目の向けどころを変えると、

P1020286.jpg

これだけいろいろそろっているプラザにまだ高層ビルが3件建築中。
ちなみに、さらにすぐ近くの空き地を開発中でどんどんビルが建つそうな。まさに、「発展途上」です。

前回の記事の中でも書きましたが、日本人が日系企業に入ると、大体こういうところのオフィスに入り、近くのタワーマンションに住むことになります。
そうすると、インドネシアの発展途上感とは離れたところで生活することも可能です。

それがいいことなのかは分かりませんが、選択肢として「君子危うきに近寄らず」がとれるということは、治安を気にしている人にとっては朗報なのではないでしょうか?

ちょっと長くなってしまいましたので、今回はここまでにして、次回、ジャカルタの物価や交通網などについてお話しします。

ジャカルタ日本人現地採用事情 新卒月給14万円!物価は半額以下なので即セレブ!そしてもう一つの素晴らしいメリット

 バリ→ジャカルタ→バンコクという就職活動の視察旅行から帰ってきました。
バリではリゾートを満喫しただけですが、ジャカルタ、バンコクでは大変有益な情報を得ることができました。
この辺について、これから記事にしていきます。 まずは、インドネシアの首都、ジャカルタ。

以前の記事でインドネシアの超大国っぷりはお伝えしましたが、

インドネシア。実は中国、インド、アメリカの次に人口が多い超大国。しかも平均年齢27歳!

その首都であるジャカルタはまさに高度成長期でした。

・日本企業が続々と進出してきて、その視察の対応に現地駐在員はてんやわんや
ジャカルタの物価はこの8年で体感で2倍くらいに上がっている(定期預金の金利は6%以上
・それに伴って、インドネシア人の給料も2倍になっている

所得倍増計画がナチュラルに実行されている都市です。

こんな都市の日本人は求められているのか?

答えは、「とにかく日本人が足りない。新卒でもいいから来て欲しい」

実際に、新卒・英語がイマイチでも手取りで14万円出すという求人があるそうです。

シンガポールや香港では業務経験なし、英語がイマイチなんて相手にもされません。
中国では、日本での就業経験が2年以上ないとビザがおりない確率が高いです。
オーストラリアでも、ビザの申請基準から考えて論外です。

ちゅか、手取りで14万円って、日本の大手メーカーの新卒初任給の手取りと大して変わらないじゃないですか!?

しかも、これに加えて、会社からは運転手付の車が支給されます。
また、ジャカルタの物価は綺麗なレストランで食事をしたり、ちゃんとしたスーパーやコンビニで買い物をしても東京の半分以下です(現地人並の生活なら1/5-1/10です)
住居も、6万円程度でタワーマンションに住めます。
メイドも、月1万円程度で雇えるそうです。

この辺の生活環境については、この下記のの記事に詳しく書きました。

生活をする都市としてのジャカルタ その1 セレブが生活するプラザには住居も会社も日本食も全てがそろっている

が、月14万円の給料は現地の感覚からいうとかなりの金額になるということが分かります。

もちろん、上記の給料は「新卒・英語イマイチ」のものであり、もっとハイスペックの人材であれば給料は跳ね上がります。
現在一番不足しているのが、金融系の人材で、このスキルがある人材であれば、月35万円といった求人もざらにあるそうです。

ハッキリ言って、他の国から比べたら、ジャカルタの日本人現地採用の待遇は破格です。
つまり、「日本人であること」に対する価値がものすごく高いということが言えます。

現地で働いている友人の話でも、正直インドネシア人の仕事は(日本人的なレベルから見て)満足できるレベルではないそうです。
そして、続々と参入してくる日本企業に対して、新たな仕事が次々に発生しているため、日本企業とのコミュニケーション力がある日本人は大変価値が高いです。

それ故に(インドネシア人よりは高いと予想できる)ポテンシャルと、(学生レベルとはいえ、日本語ネイティブかつ日本的礼儀がある程度わかる)コミュニケーション力に、これほどまでの待遇を用意してくれるわけです。

これは、既に多数の日本人が活躍しており、ビジネスのコミュニケーションの大半が英語&グローバルカルチャーである香港やシンガポールではほとんど見られない現象です。

現在、新卒で就職できなかったり、ブラック企業に捕まったりして、日本で十分なスキルを積めていない人は多いと思います。
そんな人にとって、「日本人であること」がスキルとして認められて、買ってもらえるジャカルタという市場は非常に魅力的だと思います。

そして、既に日本でスキルを身につけている人にとってもですが、ジャカルタで働くことは非常に重要なスキルを身につけることが出来ます。

 異文化の中で、外国人と協力して仕事を進めるスキル

上司が外国人になっただけで大騒ぎになる島国日本。しかし、若い人がどんどん減っていき、国内の需要がだだ下がりの現状から見て、海外で商売することや、国内に外国人を呼んでくることは絶対避けて通れないものです。

その時に、必ず必要になるのが「異文化の外国人と協力して仕事を進める」スキルであり、このスキルの価値は今後日本国内でもどんどん上がっていくと考えられます。

新しいビルが施設が次々と建造され、どんどん発展していく街の中で、
所得がどんどん伸びていき、去年より来年の方が、昨日より明日の方が、よりよい生活が待っている!と本気で感じている人と一緒に働きながら、

今持っているスキルを有効に活用しながら、
これから重要になるスキルを身につけることが出来る、ジャカルタ就職。

金銭的に裕福なセレブ生活が出来るというだけでなく、精神的にも非常に満たされた生活が出来るのではないかと思うのです。

もちろん、異国・異文化(イスラム教だ!)の中で生活し・働くことにたくさんの困難もあるでしょう。
でも、それを上回るメリットがありそうだなあと、心から感じたジャカルタ滞在でした。

次回は、そんなジャカルタに住むことを前提に、私が街中を歩いた印象をお伝えします。

 

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ