海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

サムライカレープロジェクト

5/11(日) サムライカレープロジェクト報告会 @東京 やります!

2014/01/06からスタートしたサムライカレープロジェクト!

scTitle

飲食経験のない日本人が、いきなりカンボジア・プノンペンにカレー屋をオープンさせるという無茶なミッションを背負って右往左往。

開始四ヶ月。参加者も15人を越えて、20歳から44歳まで、老若男女があの手この手でカレー屋を作り上げています。
「看板って、どこで作ればいいの!?」「カンボジア人がもっと辛くて、もっと甘い方がいいとか言ってくるんですが!?」「英語つうじねえええええええ!」
など、手探り&体当たりの日々!

そんなサムライカレーの報告会を2014年5月11日日曜日に行います。

s写真 2

サムライカレー卒業生も参加!
カレー屋体験の生の感想も聞けちゃいます!

curry-pan

新興国のビジネスに興味がある人も、若者の冒険物語を聞きたい人も、サムライカレープロジェクトに参加したい人も、ぜひぜひご参加ください。

button05_moushikomi_02

参加費、たったの1000円!前回は約50人にお集まり頂いたのですが、今回は会場の都合上30人しか入れませんので、お早めにお申し込み下さい!

※イベントでは、会場の都合上、椅子ではなく床の上の敷物に直接座っていただく可能性がありますので、服装にご注意ください。

※サムライカレープロジェクトとは
「ケーススタディではない、リアルスタディ。新興国起業体験プログラム」と題して行われる、超実践型研修がサムライカレープロジェクトです。
受講生の皆様は、王立プノンペン大学内の研修組織CJCCのサポートを受けながら、プノンペン市内のカレー屋「サムライカレー」の起業体験をすることができます!
新興国でのビジネスを体験したい人、仕事の楽しさを知りたい人に最適の研修です!

詳しい研修内容はこちらをご覧ください。

サッカー、サロン、農業!どんどん広がるサムライカレープロジェクト

最近、サムライカレープロジェクトのメディア露出が増えています。sSC180

500いいね!目前のLifehackerの記事や

カンボジアでカレー屋を開いて学ぶ「人に雇われる人材になる方法」

lh

日経BP社のイノベーター進化論

bpsite_logo

nkbp

大人のガチキッザニア!カンボジア「サムライカレープロジェクト」で起業体験 海外就職研究家 森山たつを氏(前編)【file007】

この記事はランキング4位になってました。

English Cheerupというサイトでは、一期生二人のインタビューまで載せてもらっています

sc

実際、話せばな話すほど、多くの人が興味を持ってくれているサムライカレープロジェクト。特に、メディア関係の人たちや、教育関係の人たちの食いつきは半端ないです。

やはり、我々と同じように、若い人たちが活躍する機会が減っていること、海外・特に東南アジアにチャンスがたくさんあることを感じているのでしょう。
支援を協力してくれる方や、こんな形でもできると思うんだけどと提案してくれる方が続々と現れています。

我々としても、このプロジェクトは、カレー屋だけに留まらせておく気はなく、続々と新たなプロジェクトを検討中です。

まずは、サムライサッカープロジェクトこと「リアル"サカつく" in アジア」

サッカー関係の仕事をしたい!という人はたくさんいますが、そのポジションは非常に少なく、上も詰まっているため超絶狭き門です。しかし、アジアなら!

と、いうことで、タイやカンボジアでサッカーチームの運営にチャレンジしてみようという企画です。

カンボジアサッカーリーグには日本人がマネジメントとして参加しているチームが3チームもあり、多くの日本人選手も活躍しています。しかし、リーグ運営はまだまだ…。広報やファンサービスなどやらなくてはいけないことは山ほどあります。

ここに、マネジメントとして参加してみないか?というこの企画。
自らお店を経営するサムライカレーほどの権限はありませんが、通常のスポーツインターンとは比べものにならないほど自由な活動ができます。
サッカービジネスに興味がある人、ぜひ。

これは、5月からモニター生(格安参加可能!)を募集しているので、こちらからお問い合わせ下さい。

そして、サムライサロン

これは、やはりカンボジアでヘアサロンを開いてみようという企画です。
こんな理容店が多い、カンボジアで、まずは店長体験をする。

__

そして、この企画には海外展開しているヘアサロンが協賛してくれており、シンガポールなどのサロン経営などにも繋がっていく予定です。

まだ構想段階なのですが、興味があるという参加希望者の方いらっしゃいましたら、こちらからご連絡を頂けたらと思います。

button05_toiawase_02

最後に、サムライ農業プロジェクト

これは、日本のある農協の方と、カンボジアの農業関係の事業をされている方とで進めていこうと考えている企画です。
日本の農業関係者の方にカンボジアに来て頂き、カレー屋をやりながら現地の野菜の消費のされ方や価格、品質などを知って頂き、改善点を考えて頂き、実際に農場に移動して頂いてその品種改良などに携わって頂くというプロジェクトです。

日本の農業は海外からの輸入に押されてヤバイという話はよく聞きますが、卓越した技術を持っているのも確かです。従って、日本の高品質な野菜を海外に輸出することや、海外での農業ビジネスに携わり現地で稼ぐという考え方をすることが大切です。

まずは、1週間の視察や数ヶ月の実習で現地を知り、新たなビジネスの展開を考えてみるというのはいかがでしょうか?

こちも、具体的に動ける状況になっていますので、ご興味のある方はこちらからご連絡ください。

button05_toiawase_02

また、サムライカレープロジェクトも、4月に某大手企業の若手社員研修を受け入れたことを皮切りに、企業研修や大学のゼミ研修の受入を開始しています。

ご興味のある、企業、学校(もちろん個人)の方、こちらからご連絡頂けたらと思います。

button05_toiawase_03

ますます面白くなってきた、サムライインターナショナルプロジェクト!
今後とも、ぜひよろしくお願いします。
scTitle

サッカー、サロン、農業!どんどん広がるサムライカレープロジェクト

最近、サムライカレープロジェクトのメディア露出が増えています。sSC180

500いいね!目前のLifehackerの記事や

カンボジアでカレー屋を開いて学ぶ「人に雇われる人材になる方法」

lh

日経BP社のイノベーター進化論

bpsite_logo

nkbp

大人のガチキッザニア!カンボジア「サムライカレープロジェクト」で起業体験 海外就職研究家 森山たつを氏(前編)【file007】

この記事はランキング4位になってました。

English Cheerupというサイトでは、一期生二人のインタビューまで載せてもらっています

sc

実際、話せばな話すほど、多くの人が興味を持ってくれているサムライカレープロジェクト。特に、メディア関係の人たちや、教育関係の人たちの食いつきは半端ないです。

やはり、我々と同じように、若い人たちが活躍する機会が減っていること、海外・特に東南アジアにチャンスがたくさんあることを感じているのでしょう。
支援を協力してくれる方や、こんな形でもできると思うんだけどと提案してくれる方が続々と現れています。

我々としても、このプロジェクトは、カレー屋だけに留まらせておく気はなく、続々と新たなプロジェクトを検討中です。

まずは、サムライサッカープロジェクトこと「リアル"サカつく" in アジア」

サッカー関係の仕事をしたい!という人はたくさんいますが、そのポジションは非常に少なく、上も詰まっているため超絶狭き門です。しかし、アジアなら!

と、いうことで、タイやカンボジアでサッカーチームの運営にチャレンジしてみようという企画です。

カンボジアサッカーリーグには日本人がマネジメントとして参加しているチームが3チームもあり、多くの日本人選手も活躍しています。しかし、リーグ運営はまだまだ…。広報やファンサービスなどやらなくてはいけないことは山ほどあります。

ここに、マネジメントとして参加してみないか?というこの企画。
自らお店を経営するサムライカレーほどの権限はありませんが、通常のスポーツインターンとは比べものにならないほど自由な活動ができます。
サッカービジネスに興味がある人、ぜひ。

これは、5月からモニター生(格安参加可能!)を募集しているので、こちらからお問い合わせ下さい。

そして、サムライサロン

これは、やはりカンボジアでヘアサロンを開いてみようという企画です。
こんな理容店が多い、カンボジアで、まずは店長体験をする。

__

そして、この企画には海外展開しているヘアサロンが協賛してくれており、シンガポールなどのサロン経営などにも繋がっていく予定です。

まだ構想段階なのですが、興味があるという参加希望者の方いらっしゃいましたら、こちらからご連絡を頂けたらと思います。

button05_toiawase_02

最後に、サムライ農業プロジェクト

これは、日本のある農協の方と、カンボジアの農業関係の事業をされている方とで進めていこうと考えている企画です。
日本の農業関係者の方にカンボジアに来て頂き、カレー屋をやりながら現地の野菜の消費のされ方や価格、品質などを知って頂き、改善点を考えて頂き、実際に農場に移動して頂いてその品種改良などに携わって頂くというプロジェクトです。

日本の農業は海外からの輸入に押されてヤバイという話はよく聞きますが、卓越した技術を持っているのも確かです。従って、日本の高品質な野菜を海外に輸出することや、海外での農業ビジネスに携わり現地で稼ぐという考え方をすることが大切です。

まずは、1週間の視察や数ヶ月の実習で現地を知り、新たなビジネスの展開を考えてみるというのはいかがでしょうか?

こちも、具体的に動ける状況になっていますので、ご興味のある方はこちらからご連絡ください。

button05_toiawase_02

また、サムライカレープロジェクトも、4月に某大手企業の若手社員研修を受け入れたことを皮切りに、企業研修や大学のゼミ研修の受入を開始しています。

ご興味のある、企業、学校(もちろん個人)の方、こちらからご連絡頂けたらと思います。

button05_toiawase_03

ますます面白くなってきた、サムライインターナショナルプロジェクト!
今後とも、ぜひよろしくお願いします。
scTitle

人生に遅すぎることはない〜44歳、初めての海外でカンボジアでカレー屋

サムライカレーの第四期が終了しました!
3月中旬からの4週間。今期は3人の受講生が参加してくれました。

logo

そのうち一人は、44歳のおっさん!
しかも、海外渡航が人生初!このためにパスポート申請!
っていうか、東京都以外に1週間以上連続滞在した経験なし!
当然英語、全然駄目!

あちこちで、「まあ、なんとかなる」と言い続けている私でさえ、さすがに不安になりますよ。実際。

フィリピンに語学留学してからはどうですか?とか提案したのですが、結局は直接来ることに。
彼の滞在期間の大半を私もサムライカレーには入れることになったので、まあ、大丈夫だろうということで来てもらうことにしました。

結論から言うと、全然大丈夫でした。

英語が喋れなくても、日本語が喋れるサムライガールズを引き連れて市場に行って野菜を調達できます。
向かいのおばちゃんの所にも行って、クメールカレーを習ってきます。

10152611_598585316906134_1628811848_n

必死にとったメモを見ながら、見よう見まねで作ったクメールカレーは、何度かの失敗を繰り返した後、みごと、お店のメニューとなりました。

sIMG_3307
就業後は一人でプノンペンの街を歩き回り、いろんな買い物をして、楽しんでいました。

慣れない環境でいらつくことがあったり、意味不明なことがあって不安になることもあったでしょうが、それもいい経験。
人生のいい経験になっただけでなく、今後の仕事にも役に立つ何かを得ることができたのではないかと考えています。

その「何か」とは「まあ、なんとかなる」という精神。

初めてのカンボジアで、一度も経験したことがない飲食店で、カンボジア人の若者やおばちゃんと一緒に仕事をしてもなんとかなるのであれば、日本での仕事も、きっとなんとかなる。(何とかならなかったら、カンボジアでカレー屋やればいい!)

そんな風にポジティブに生きていけば、今後の人生もなんとかなる!

「若者に、仕事って楽しい!」ってことを伝えるために作ったサムライカレープロジェクトですが、おっさんにもたくさんの事を学んでもらえるものであるということを改めて実感し、作って良かったなと、改めて思っております。

20歳から44歳まで、様々な人が参加している、カンボジア起業体験プログラム、
大人のガチキッザニア、サムライカレープロジェクトにご興味のあるかたは、ぜひこのロゴをクリックしてみてください。

scTitle

人生に遅すぎることはない〜44歳、初めての海外でカンボジアでカレー屋

サムライカレーの第四期が終了しました!
3月中旬からの4週間。今期は3人の受講生が参加してくれました。

logo

そのうち一人は、44歳のおっさん!
しかも、海外渡航が人生初!このためにパスポート申請!
っていうか、東京都以外に1週間以上連続滞在した経験なし!
当然英語、全然駄目!

あちこちで、「まあ、なんとかなる」と言い続けている私でさえ、さすがに不安になりますよ。実際。

フィリピンに語学留学してからはどうですか?とか提案したのですが、結局は直接来ることに。
彼の滞在期間の大半を私もサムライカレーには入れることになったので、まあ、大丈夫だろうということで来てもらうことにしました。

結論から言うと、全然大丈夫でした。

英語が喋れなくても、日本語が喋れるサムライガールズを引き連れて市場に行って野菜を調達できます。
向かいのおばちゃんの所にも行って、クメールカレーを習ってきます。

10152611_598585316906134_1628811848_n

必死にとったメモを見ながら、見よう見まねで作ったクメールカレーは、何度かの失敗を繰り返した後、みごと、お店のメニューとなりました。

sIMG_3307
就業後は一人でプノンペンの街を歩き回り、いろんな買い物をして、楽しんでいました。

慣れない環境でいらつくことがあったり、意味不明なことがあって不安になることもあったでしょうが、それもいい経験。
人生のいい経験になっただけでなく、今後の仕事にも役に立つ何かを得ることができたのではないかと考えています。

その「何か」とは「まあ、なんとかなる」という精神。

初めてのカンボジアで、一度も経験したことがない飲食店で、カンボジア人の若者やおばちゃんと一緒に仕事をしてもなんとかなるのであれば、日本での仕事も、きっとなんとかなる。(何とかならなかったら、カンボジアでカレー屋やればいい!)

そんな風にポジティブに生きていけば、今後の人生もなんとかなる!

「若者に、仕事って楽しい!」ってことを伝えるために作ったサムライカレープロジェクトですが、おっさんにもたくさんの事を学んでもらえるものであるということを改めて実感し、作って良かったなと、改めて思っております。

20歳から44歳まで、様々な人が参加している、カンボジア起業体験プログラム、
大人のガチキッザニア、サムライカレープロジェクトにご興味のあるかたは、ぜひこのロゴをクリックしてみてください。

scTitle
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ