海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

電子書籍

再販制度をぶっちぎるAmazon様の紙の本値引き!割引された作者の見解はコレです

Amazon様がついに、掟破りの紙の本の値引きを始めました!

スクリーンショット 2015-06-27 20.42.08

特定出版社の、発売後日にちが経った、ごく一部の紙の本を、期間限定で定価の20%offで発売をしたのです。

私が2012年に出した「アジア転職読本」もその中に選ばれており、2015年7月末まで、定価の20%offで販売されています。



紙の本には「再販制度」というものがあり、定価でしか売れませんでした。ゲームソフトのように売れ残りをワゴンセールで叩き売りみたいなこともできず、売れ残りの本は本屋の棚にひっそりと陳列されるか、出版社に返本されるかです。

この「再販制度」にメスを入れる小さいけれど大きな一歩である「夏の読書推進 お買い得キャンペーン」
そのキャンペーンに選ばれた著者にはどんな連絡があったのでしょうか?

実は、このキャンペーンが始まる1-2週間前、私の所に出版社からメールがありました。
「Amazonが紙の本の割引キャンペーンをはじめるそうです。
ちょっと古い本をピックアップして2割引で販売したいとのことですが、「アジア転職読本」もその中に入れていいですか?」(いろいろ意訳)

私がこれを聞いたとき、このニュースを始めて読んだ皆さんと同じ感想を持ちました。「Amazon様、ついに、再販制度に切り込むか…」

本を割引するべきではない理由はたくさんあって、いろんな人がいろいろ言っています。ただ、零細個人営業著者の私的には、割引は全然OKです。
そもそも、この本を発売するとき「価格1000円とかになりませんかねえ」と相談した位なので。

2012年現在、(今でもマイナーな)海外就職は、それはそれはマニアックなものでした。この本を即座に必要とする人の数は少なく、まさにこれから市場を創っていく必要がある分野です。
それ故に、爆発的ヒットはもちろん、そこそこの数が売れる可能性も高くなかったため、定価をちょっと高めにして、確実に利益を出さなくてはならないのが出版社の見解。安くてもいいから、たくさんの人に読んでもらって市場を創りたいのが著者の見解。こういう意見の相違はどこにでもありそうです。

それでも、できるだけ安めに単価を設定してくれて(はじめは2000円以上という案もあったのですが)約1800円とほどほどにお手頃な価格に落ち着き、それなりに評価をいただき、それなりに売れました。

その後、電子書籍が始まり、本書も電子書籍化が行われ、ちょこっと安い価格で販売。さらに、ときどきAmazon様のセールの対象になり、電子書籍だけは2割引とか4割引とかで売られることもあったわけです。

こんな状況で、いまさら紙の本だからといって割引を断る理由はありません。そもそも、紙の本だって、売れてる本なら3年もすれば廉価版の文庫本として割引販売されますからね。
著者的には、値段が安くなり、一人でも多くの人に購入して読んでいただく方が嬉しいのです。

印税が主な収入となっている方にとっては、本の値引きはかなり痛いものかもしれません。また、値引きされて販売された本が多くなってしまったら、マニアックで高い定価で売っている本がますます売れなくなるかもしれません。そもそも、そんな本が発刊されなくなる可能性も。

でも、どうせ、本のライバルは本だけではなく、TVも新聞も、プレステもスマホゲームも、YoutubeもFacebookもWebページも、人々の暇つぶしや知的好奇心を満たすためのコンテンツはすべてライバルなんです。
そんな中で、本に興味を持ってもらうためには、ある程度値段を安くする必要が出てくると思うのです。

ちなみに、この値引きセールで著者への印税がどうなるかは、ここでは言ってはいけないことかもしれないので黙っておきますが、私にとって損する契約ではありませんでした。

「本件については、限られた出版社とAmazonだけで進められているので、発表があるまでは絶対に口外しないで下さい」と釘を刺されたくらい、出版業界の一部にとっては地味にエポックメイキングな事件です。

このまま、黒船により規制は撤廃されていくのか?撤廃されたら出版業界は、取次は、本屋はどうなっていくのか?私にはさっぱりわかりませんが、私個人としては、他の著書も含めて、じゃんじゃん割引しちゃってOKです。

私にとっては、優先順位は印税より、たくさんの方に読んでもらう方が上なので。



ちなみに、Amazonの電子書籍は、今(2015/6/27)も大規模な割引セールをやってて数万冊が20%ポイントバックキャンペーンをやっています。
この辺の本が、私の最近のおすすめなので、みなさん、ぜひどうぞ。

再販制度をぶっちぎるAmazon様の紙の本値引き!割引された作者の見解はコレです

Amazon様がついに、掟破りの紙の本の値引きを始めました!

スクリーンショット 2015-06-27 20.42.08

特定出版社の、発売後日にちが経った、ごく一部の紙の本を、期間限定で定価の20%offで発売をしたのです。

私が2012年に出した「アジア転職読本」もその中に選ばれており、2015年7月末まで、定価の20%offで販売されています。



紙の本には「再販制度」というものがあり、定価でしか売れませんでした。ゲームソフトのように売れ残りをワゴンセールで叩き売りみたいなこともできず、売れ残りの本は本屋の棚にひっそりと陳列されるか、出版社に返本されるかです。

この「再販制度」にメスを入れる小さいけれど大きな一歩である「夏の読書推進 お買い得キャンペーン」
そのキャンペーンに選ばれた著者にはどんな連絡があったのでしょうか?

実は、このキャンペーンが始まる1-2週間前、私の所に出版社からメールがありました。
「Amazonが紙の本の割引キャンペーンをはじめるそうです。
ちょっと古い本をピックアップして2割引で販売したいとのことですが、「アジア転職読本」もその中に入れていいですか?」(いろいろ意訳)

私がこれを聞いたとき、このニュースを始めて読んだ皆さんと同じ感想を持ちました。「Amazon様、ついに、再販制度に切り込むか…」

本を割引するべきではない理由はたくさんあって、いろんな人がいろいろ言っています。ただ、零細個人営業著者の私的には、割引は全然OKです。
そもそも、この本を発売するとき「価格1000円とかになりませんかねえ」と相談した位なので。

2012年現在、(今でもマイナーな)海外就職は、それはそれはマニアックなものでした。この本を即座に必要とする人の数は少なく、まさにこれから市場を創っていく必要がある分野です。
それ故に、爆発的ヒットはもちろん、そこそこの数が売れる可能性も高くなかったため、定価をちょっと高めにして、確実に利益を出さなくてはならないのが出版社の見解。安くてもいいから、たくさんの人に読んでもらって市場を創りたいのが著者の見解。こういう意見の相違はどこにでもありそうです。

それでも、できるだけ安めに単価を設定してくれて(はじめは2000円以上という案もあったのですが)約1800円とほどほどにお手頃な価格に落ち着き、それなりに評価をいただき、それなりに売れました。

その後、電子書籍が始まり、本書も電子書籍化が行われ、ちょこっと安い価格で販売。さらに、ときどきAmazon様のセールの対象になり、電子書籍だけは2割引とか4割引とかで売られることもあったわけです。

こんな状況で、いまさら紙の本だからといって割引を断る理由はありません。そもそも、紙の本だって、売れてる本なら3年もすれば廉価版の文庫本として割引販売されますからね。
著者的には、値段が安くなり、一人でも多くの人に購入して読んでいただく方が嬉しいのです。

印税が主な収入となっている方にとっては、本の値引きはかなり痛いものかもしれません。また、値引きされて販売された本が多くなってしまったら、マニアックで高い定価で売っている本がますます売れなくなるかもしれません。そもそも、そんな本が発刊されなくなる可能性も。

でも、どうせ、本のライバルは本だけではなく、TVも新聞も、プレステもスマホゲームも、YoutubeもFacebookもWebページも、人々の暇つぶしや知的好奇心を満たすためのコンテンツはすべてライバルなんです。
そんな中で、本に興味を持ってもらうためには、ある程度値段を安くする必要が出てくると思うのです。

ちなみに、この値引きセールで著者への印税がどうなるかは、ここでは言ってはいけないことかもしれないので黙っておきますが、私にとって損する契約ではありませんでした。

「本件については、限られた出版社とAmazonだけで進められているので、発表があるまでは絶対に口外しないで下さい」と釘を刺されたくらい、出版業界の一部にとっては地味にエポックメイキングな事件です。

このまま、黒船により規制は撤廃されていくのか?撤廃されたら出版業界は、取次は、本屋はどうなっていくのか?私にはさっぱりわかりませんが、私個人としては、他の著書も含めて、じゃんじゃん割引しちゃってOKです。

私にとっては、優先順位は印税より、たくさんの方に読んでもらう方が上なので。



ちなみに、Amazonの電子書籍は、今(2015/6/27)も大規模な割引セールをやってて数万冊が20%ポイントバックキャンペーンをやっています。
この辺の本が、私の最近のおすすめなので、みなさん、ぜひどうぞ。

ビジネス書も何でも半額でヤバイ!6/1まで!おすすめリスト

Amazon様の何でも半額セール、漫画だけではなくほぼ全ての本が対象でした。
ってなわけで、買おうと思っていたけど買ってなかった本もいろいろ注文。その一部や最近読んだ本を公開します。



ホリエモンの自伝。「わが闘争」
「ゼロ」と共に読むとホリエモンのイメージが変わります。ゼロとか紙の本田と1500円以上だけど、Kindle版だと1000円→今なら半額で500円とお得です。



ゼロつながりで、ゼロトゥワン
ペイパルの創業者の本。シリコンバレーがいろいろ生み出す理由がよくわかります。



ある人に勧められた、起業の技術。
起業をするに当たって必要な事が全て書いてあるらしい。これも紙だと2376円がいまだけ900円!



高城剛が、ギリシャやキプロスなど、破綻した国を実際行って様子を記した本。日本よ、これが未来の日本だ!?



この本を読んで、まさに、来月スタートの「サムライマーケティングチャレンジ」といっしょだ!と衝撃を受けた本。市場は論理だけでは動かない。その論理以外の部分が「マーケティング力」
ちなみに、ビッグデータのすごいところは、データによって論理だけではなく、マーケティング力も導き出せるようになったことかもしれない。



あと、私の本も安くなってるので、よろしければぜひ。。
6/1までらしいので、お早めに!ちなみに、最近はスマホ、タブレットだけでなく、PCでも読めるようになりました。

漫画のおすすめは、こちら

ビジネス書も何でも半額でヤバイ!6/1まで!おすすめリスト

Amazon様の何でも半額セール、漫画だけではなくほぼ全ての本が対象でした。
ってなわけで、買おうと思っていたけど買ってなかった本もいろいろ注文。その一部や最近読んだ本を公開します。



ホリエモンの自伝。「わが闘争」
「ゼロ」と共に読むとホリエモンのイメージが変わります。ゼロとか紙の本田と1500円以上だけど、Kindle版だと1000円→今なら半額で500円とお得です。



ゼロつながりで、ゼロトゥワン
ペイパルの創業者の本。シリコンバレーがいろいろ生み出す理由がよくわかります。



ある人に勧められた、起業の技術。
起業をするに当たって必要な事が全て書いてあるらしい。これも紙だと2376円がいまだけ900円!



高城剛が、ギリシャやキプロスなど、破綻した国を実際行って様子を記した本。日本よ、これが未来の日本だ!?



この本を読んで、まさに、来月スタートの「サムライマーケティングチャレンジ」といっしょだ!と衝撃を受けた本。市場は論理だけでは動かない。その論理以外の部分が「マーケティング力」
ちなみに、ビッグデータのすごいところは、データによって論理だけではなく、マーケティング力も導き出せるようになったことかもしれない。



あと、私の本も安くなってるので、よろしければぜひ。。
6/1までらしいので、お早めに!ちなみに、最近はスマホ、タブレットだけでなく、PCでも読めるようになりました。

漫画のおすすめは、こちら

Amazon様がまた、何でも安いセールとかやっててヤバイ おすすめ漫画紹介します

なんか、Amazon様が(またも)ほぼ全ての本をセールしています。
今回は、20-80%引きみたいです。

スクリーンショット 2015-05-30 20.36.46

ドラゴンボールからワンピース、寄生獣から進撃の巨人まで、出版社とか新旧問わず、何でもかんでも半額です。頭がおかしい。

私も、最近漫画を読んでなかったのですが、しばらく新刊を買ってなかったものを買い直しています。私が今回買ったものを紹介します。



弟がはじめてつまづくところまで読んでたのですが、そこからさきどうなっていくのか。純粋に、夢とか希望とかが出てきて素晴らしい作品です。



テルマエロマエのヤマザキマリの描いたスティーブジョブス。ジョブスの壊れっぷりが丁寧に描かれてて、最高です。



一軍半の主人公がだんだん成長して高給取りになって、大人の事情でメジャーリーグにいったうえに、さらに大人の事情で巨人に移籍してた。とにかく、大人の事情が満載のドロドロした野球漫画。最高です。



絵柄と違って本格的な野球漫画。一球一球丁寧に描かれているので試合が長い。でもおもしろい。でも長い。ってことで読むのを辞めてたのですが、一気読みするとやっぱりおもしろい。



サッカーをキャプテン翼しか知らないのですが、そんな私でも楽しめる本格サッカー漫画。私が好きな選手は「王子」です。



そのキャプテン翼は、翼くんがブラジルからスペインにいってスペインリーグMVPとって、今はオリンピック予選に出場中です。コマがでかくて試合が長いです。



寄生獣の作者の最新作。滅茶苦茶面白いのですが、出版間隔空きすぎ&伏線張りすぎでそれまでのあらすじを忘れてしまうため挫折。今回は、全巻まとめて買ってやりました。9冊だし。



騙されたと思って4冊読んでみてください。食には人生が…新時代のグルメ漫画です。っていうか、グルメじゃないけど。

とりあえず、そんなとこで。
まあ、ばかげた量の本が半額なので、ぜひAmazon様をみてみてください。

kcp-free-site-stripe-k-JP-590x45_0109._V332396745_

ちなみに、最近はスマホやタブレットだけじゃなく、PCでも読めるようになりました。
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ