海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

フィリピン経済あれこれ編

マニラのビジネスチャンス 豊かになる庶民とタイムマシン経営

「もりぞおさんの、マニラへの悪口強烈すぎる」と某人から言われたのですが、それは誤解です!私はフィリピンを愛しておりますし、マニラもその気持ちがいいくらいの滅茶苦茶さが楽しくてしょうがないのです。
そして、そんな滅茶苦茶な不便さが少しずつ改善されてたり、便利なモノが増えていく楽しさに踊っている人たちを見るのも大好きです。

例えば、マニラにある(自称)アジア最大のショッピングモール・モールオブアジアですが、まず大きさが東京ドーム7個分あります。日本人的にはショッピングモールというよりも御殿場アウトレットモールと言った方がいいかもしれません。

 このモールオブアジアに休日に行ってみました。
 あの乗り換えが面倒な地下鉄の終点まで行き、そっから一回15円の乗り合いタクシーに乗ってついたところがモールオブアジア。

 中に入って驚くのが、人が一杯!

P1030122.jpg

 どこもかしこも人だらけ!

P1030119.jpg

 このくそどでかいモールにどんだけいるんだよ!ってくらい大量の人がいます。
 そして、そこにいる親子連れやカップルの楽しそうなこと。

 もりぞおさんは、そこにあるIMAXシアターで映画を観てきたのですが、映画の途中でいきなり画像が停止し、15分くらい音沙汰なし。その後いきなり再開というずさんさがさすがフィリピンです。
 そして、その画像停止中に、携帯のライトを使って超巨大画面で影絵遊びをしていたあたりも、さすがフィリピン人です。

 そのことをフィリピン人講師に話したら、
「いいなーIMAXシアター。いくら?」
「400ペソ(800円)」
「高いー。そんなのいけないー」
 日本で2000円するのが800円なのでとても安いのですが、月給2万円程度のフィリピン人にとってはものすごく高いモノです。映画館の中にも非常に沢山の人がいたのですが、IMAXシアターは半分くらいしか入っていませんでした。

「ところで、あのモールではみんな何やってるの?」
「そうだねー。スーパーマーケット以外は見てるだけで買い物はしないかなー。あと、モールはエアコンが効いてるからね-。」

 滅多に買えないモノだけど、新しいモノが増えていく様子がみえるのが楽しい。
 家の電気代が高くてエアコンが入れられないから、涼しいのが嬉しい。

 圧倒的に足りないモノが多いフィリピンでは、こんな事でもこんなに沢山の人が集められてしまうわけです。
 人集めに苦労している日本のマーケッターからしたらなんとうらやましいことでしょう。まあ、金を落としてくれるかは微妙ですが…。

 逆に言うと、日本に満ちあふれている便利だったり楽しかったりするモノを持ち込んでみたら、それはそれでいい商売になるのかもしれません。
 そんなことを考えながら街を歩いていると、正にそれなモノが見つかりました。

P1030086.jpg

「SOGO(ソゴウ)」という、どっかのデパートを思わせるような名前の建物ですが、

P1030084.jpg

その実はラブホテルです。

 真っ赤な外観はともかく、その名前と看板のデザインは、明らかにMade in Japanを明示していると思われます。日本人が持ち込んだのか、日本に来たフィリピン人が持ち込んだのかは分かりませんが、大家族が多く、家にエアコンが効いてないフィリピン人にとっては、日本人以上に価値のあるサービス。
 土地代が安く、人件費も安いので、現地人でも気軽に使えるようなリーズナブルな価格設定も可能。

 そんなわけで、マニラの街を歩いていると、至る所にこの真っ赤なホテルが建っているわけです。

 足りないモノが沢山あるところには、みんながほしがるモノも沢山ある。
 そこには沢山のビジネスチャンスがあるわけです。

 マニラの街を歩いていると、とにかく不快でめんどくさい状況が沢山あります。でもそこにしばらく住んでみて、自分にとって足りないモノ、現地人の人が喜びそうなモノを見つけて、日本からそれを輸入する。

 2000年頃に孫さんがやっていた、アメリカで流行ったモノを日本に輸入するというタイムマシン商法のチャンスがあの街にはごろごろしているのです。

 そんなところで商売をしたら面白いだろうなあ・・と思いながら、きっとめんどくさい法律対策がまた大変だろうななどとも思い始め、とりあえずフィリピンに住むのは当分先だな何てことを考えるわけです。

 と、いうわけで、もりぞおさんは住む場所を探して次なる目的に香港に向かいます。
 次回から、やっとこ、本格的なアジア就職活動開始です!

マニラのビジネスチャンス 豊かになる庶民とタイムマシン経営

「もりぞおさんの、マニラへの悪口強烈すぎる」と某人から言われたのですが、それは誤解です!私はフィリピンを愛しておりますし、マニラもその気持ちがいいくらいの滅茶苦茶さが楽しくてしょうがないのです。
そして、そんな滅茶苦茶な不便さが少しずつ改善されてたり、便利なモノが増えていく楽しさに踊っている人たちを見るのも大好きです。

例えば、マニラにある(自称)アジア最大のショッピングモール・モールオブアジアですが、まず大きさが東京ドーム7個分あります。日本人的にはショッピングモールというよりも御殿場アウトレットモールと言った方がいいかもしれません。

 このモールオブアジアに休日に行ってみました。
 あの乗り換えが面倒な地下鉄の終点まで行き、そっから一回15円の乗り合いタクシーに乗ってついたところがモールオブアジア。

 中に入って驚くのが、人が一杯!

P1030122.jpg

 どこもかしこも人だらけ!

P1030119.jpg

 このくそどでかいモールにどんだけいるんだよ!ってくらい大量の人がいます。
 そして、そこにいる親子連れやカップルの楽しそうなこと。

 もりぞおさんは、そこにあるIMAXシアターで映画を観てきたのですが、映画の途中でいきなり画像が停止し、15分くらい音沙汰なし。その後いきなり再開というずさんさがさすがフィリピンです。
 そして、その画像停止中に、携帯のライトを使って超巨大画面で影絵遊びをしていたあたりも、さすがフィリピン人です。

 そのことをフィリピン人講師に話したら、
「いいなーIMAXシアター。いくら?」
「400ペソ(800円)」
「高いー。そんなのいけないー」
 日本で2000円するのが800円なのでとても安いのですが、月給2万円程度のフィリピン人にとってはものすごく高いモノです。映画館の中にも非常に沢山の人がいたのですが、IMAXシアターは半分くらいしか入っていませんでした。

「ところで、あのモールではみんな何やってるの?」
「そうだねー。スーパーマーケット以外は見てるだけで買い物はしないかなー。あと、モールはエアコンが効いてるからね-。」

 滅多に買えないモノだけど、新しいモノが増えていく様子がみえるのが楽しい。
 家の電気代が高くてエアコンが入れられないから、涼しいのが嬉しい。

 圧倒的に足りないモノが多いフィリピンでは、こんな事でもこんなに沢山の人が集められてしまうわけです。
 人集めに苦労している日本のマーケッターからしたらなんとうらやましいことでしょう。まあ、金を落としてくれるかは微妙ですが…。

 逆に言うと、日本に満ちあふれている便利だったり楽しかったりするモノを持ち込んでみたら、それはそれでいい商売になるのかもしれません。
 そんなことを考えながら街を歩いていると、正にそれなモノが見つかりました。

P1030086.jpg

「SOGO(ソゴウ)」という、どっかのデパートを思わせるような名前の建物ですが、

P1030084.jpg

その実はラブホテルです。

 真っ赤な外観はともかく、その名前と看板のデザインは、明らかにMade in Japanを明示していると思われます。日本人が持ち込んだのか、日本に来たフィリピン人が持ち込んだのかは分かりませんが、大家族が多く、家にエアコンが効いてないフィリピン人にとっては、日本人以上に価値のあるサービス。
 土地代が安く、人件費も安いので、現地人でも気軽に使えるようなリーズナブルな価格設定も可能。

 そんなわけで、マニラの街を歩いていると、至る所にこの真っ赤なホテルが建っているわけです。

 足りないモノが沢山あるところには、みんながほしがるモノも沢山ある。
 そこには沢山のビジネスチャンスがあるわけです。

 マニラの街を歩いていると、とにかく不快でめんどくさい状況が沢山あります。でもそこにしばらく住んでみて、自分にとって足りないモノ、現地人の人が喜びそうなモノを見つけて、日本からそれを輸入する。

 2000年頃に孫さんがやっていた、アメリカで流行ったモノを日本に輸入するというタイムマシン商法のチャンスがあの街にはごろごろしているのです。

 そんなところで商売をしたら面白いだろうなあ・・と思いながら、きっとめんどくさい法律対策がまた大変だろうななどとも思い始め、とりあえずフィリピンに住むのは当分先だな何てことを考えるわけです。

 と、いうわけで、もりぞおさんは住む場所を探して次なる目的に香港に向かいます。
 次回から、やっとこ、本格的なアジア就職活動開始です!

フィリピン電力の電気料金から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減をさらに考える

フィリピンの英語学校に行って驚くのが、授業料などとは別に「電気代」が加算されることです。

セブの日本人経営英語学校ラングリッチでは、1週間に約1200円。
マニラの韓国人経営英語学校C21では、部屋でかかった実費を同室のメンバーで割り勘。私は1週間の滞在で水道代と併せて800円くらい取られました。
ちなみに、バギオの韓国人経営英語学校HELPでは、涼しくてエアコンの要らない土地柄からか電気代の追加料金はありませんでした。
(いずれも2011/12現在)

なんでこんな風に電気代が別立てかというと、バカ高いからです。

フィリピンの英会話講師ももこの件に関してはかなり腹を立てており、「フィリピンの電力会社が不当に儲けているからだ。奴らは、我々が使わざるをえないのを分かっていて暴利をむさぼっているのだ」などと熱弁してくれます。

実際、現地に住んでいる方のblogを見ると、場合によっては日本よりも電気代が高い場合があるそうです。

メラルコ純利益61%増
上の明細にもありますが478キロワットですと一般的な従量電灯Bの家庭で約1万円となりフィリピンより2000円も安いのです。

JETROの各国の賃金および電気代の比較を見てみると

国名中堅技術者賃金電気代(1kwh)
フィリピン(マニラ)388ドル/月0.23ドル
インドネシア(ジャカルタ)357ドル/月0.09ドル
日本(横浜)4,489.5ドル/月0.20〜0.26ドル


と、いう感じで、フィリピン(マニラ)の電気代は、賃金がほぼ同じのインドネシア(ジャカルタ)と比べて約2.5倍、賃金が10倍以上の日本(横浜)とほぼ同額ということが分かります。
(関係ありませんが、このWebページは世界数十カ国の物価を簡単に比較できて滅茶苦茶面白いです。日本での生活の楽さが分かると同時に転落余地の大きさもよく分かります。)

しかし、街を歩いていると、クリスマスイルミネーションがきらめいてたり、一般家庭用のものが路上で売ってたりします。

P1030010.jpg

いくら一年に3ヶ月くらいクリスマスを祝っているフィリピン人とはいえ、そんな金はないだろーと思っていたら、解は簡単でした。

東電盗電してるから」

どうやら、外できらめいているクリスマスイルミネーションは、電線直結のため電気代は請求されていないようです。
そして、クリスマスシーズンの始まり(9月くらいなんですが。。)には、この電線直結作業のため感電死するというニュースが季節の風物詩になっているようです。

フィリピン人大馬鹿、と思いますが、正月に餅を詰まらせて死ぬのが季節の風物詩になっている日本と大差ありません。

そして、恐ろしいことに、この盗電された電気の費用は「システムロス料」としてしっかり電気料金に上乗せされているのです。おそるべし、フィリピンの電気会社と思いますが、原発事故の保証金をしっかり電気料金に乗っけようとしている東電もあまり変わらないかもしれません。。

前回、地下鉄の駄目さ加減からフィリピンのインフラ整備の駄目さ加減をお伝えしたのですが、電気料金から見ても駄目さ加減は顕著です。
これ以外にも、街を歩いていると、きっと国(および国営企業)がうんこなんだろうな。。と想像できるものが山ほどあります。

そんな酷い状態でもなお、GDPが5%平均で伸びているということは実は凄いことなのかもしれません。
次回、フィリピン編最終回として、この国の成長っぷりと、そこで考えられるビジネスチャンスについて書いていきます。
 

フィリピン電力の電気料金から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減をさらに考える

フィリピンの英語学校に行って驚くのが、授業料などとは別に「電気代」が加算されることです。

セブの日本人経営英語学校ラングリッチでは、1週間に約1200円。
マニラの韓国人経営英語学校C21では、部屋でかかった実費を同室のメンバーで割り勘。私は1週間の滞在で水道代と併せて800円くらい取られました。
ちなみに、バギオの韓国人経営英語学校HELPでは、涼しくてエアコンの要らない土地柄からか電気代の追加料金はありませんでした。
(いずれも2011/12現在)

なんでこんな風に電気代が別立てかというと、バカ高いからです。

フィリピンの英会話講師ももこの件に関してはかなり腹を立てており、「フィリピンの電力会社が不当に儲けているからだ。奴らは、我々が使わざるをえないのを分かっていて暴利をむさぼっているのだ」などと熱弁してくれます。

実際、現地に住んでいる方のblogを見ると、場合によっては日本よりも電気代が高い場合があるそうです。

メラルコ純利益61%増
上の明細にもありますが478キロワットですと一般的な従量電灯Bの家庭で約1万円となりフィリピンより2000円も安いのです。

JETROの各国の賃金および電気代の比較を見てみると

国名中堅技術者賃金電気代(1kwh)
フィリピン(マニラ)388ドル/月0.23ドル
インドネシア(ジャカルタ)357ドル/月0.09ドル
日本(横浜)4,489.5ドル/月0.20〜0.26ドル


と、いう感じで、フィリピン(マニラ)の電気代は、賃金がほぼ同じのインドネシア(ジャカルタ)と比べて約2.5倍、賃金が10倍以上の日本(横浜)とほぼ同額ということが分かります。
(関係ありませんが、このWebページは世界数十カ国の物価を簡単に比較できて滅茶苦茶面白いです。日本での生活の楽さが分かると同時に転落余地の大きさもよく分かります。)

しかし、街を歩いていると、クリスマスイルミネーションがきらめいてたり、一般家庭用のものが路上で売ってたりします。

P1030010.jpg

いくら一年に3ヶ月くらいクリスマスを祝っているフィリピン人とはいえ、そんな金はないだろーと思っていたら、解は簡単でした。

東電盗電してるから」

どうやら、外できらめいているクリスマスイルミネーションは、電線直結のため電気代は請求されていないようです。
そして、クリスマスシーズンの始まり(9月くらいなんですが。。)には、この電線直結作業のため感電死するというニュースが季節の風物詩になっているようです。

フィリピン人大馬鹿、と思いますが、正月に餅を詰まらせて死ぬのが季節の風物詩になっている日本と大差ありません。

そして、恐ろしいことに、この盗電された電気の費用は「システムロス料」としてしっかり電気料金に上乗せされているのです。おそるべし、フィリピンの電気会社と思いますが、原発事故の保証金をしっかり電気料金に乗っけようとしている東電もあまり変わらないかもしれません。。

前回、地下鉄の駄目さ加減からフィリピンのインフラ整備の駄目さ加減をお伝えしたのですが、電気料金から見ても駄目さ加減は顕著です。
これ以外にも、街を歩いていると、きっと国(および国営企業)がうんこなんだろうな。。と想像できるものが山ほどあります。

そんな酷い状態でもなお、GDPが5%平均で伸びているということは実は凄いことなのかもしれません。
次回、フィリピン編最終回として、この国の成長っぷりと、そこで考えられるビジネスチャンスについて書いていきます。
 

マニラの地下鉄から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減を考える

フィリピンには英語の勉強のためにいったもりぞおさんですが、就活中の身でもあるので、就職先がないかも聞いています。しかし、返ってくる答えは決まって

「フィリピンはないねー。特に日本人の求人は多くないし、給料が安い」

実際、フィリピンの経済成長率は大体5%を中心に推移しており、それなりに好景気のはずですが、フィリピン人やフィリピンで働く日本人と話をしても、あまり景気のいい話は聞きません。
最近伸びている分野は英会話学校と英語圏のコールセンターとばっかり聞いてるので、それが経済成長を牽引している・・とは思えないのですが、さりとて牽引役がどこにあるかはまだ分かっていません。

それを調べる気をなくさせている(=フィリピンに就職する気をなくさせてる)のが、フィリピン、特にマニラのそこはかとない不便さです。

それを一番に感じるのが、メトロ(地下鉄および高架鉄道)です。
もりぞおさんは、庶民の足であるメトロに乗ると、その国で普通に暮らしている人の生活が垣間見えるので、メトロがある都市に行ったときには必ず乗るようにしています。
多分、20都市以上で乗っていると思うのですが、その中で一番インパクトが強かったのがこのフィリピン、マニラのメトロです。

地下鉄の駅や車両自体は綺麗で、比較的時間どおり運行されます。

P1030051.jpg

しかし、問題点は多々あります。

まず、入り口。
なんと、男性用と女性用の入り口があります。

P1030044.jpg

なんでかというと、駅に入る前に荷物&ボディチェックがあるのです。
このチェックがまたいい加減で、軽く荷物を見せて、身体を触って、金属探知機当てておわり。金属探知機なってるのに普通に通している時点であまり意味があるとは思えません。
そして、時間によって男性が多かったり女性が多かったりするわけで、男だけ行列とか女だけ行列ってのもしょっちゅうで、たいへんうっとおしいです。

そして、こうやって入り口を突破したあとには、切符を買うという難関があります。

一般的に切符は自販機で買う物であり、マニラメトロにも自販機はあります。
しかし、この自販機はコインしか受け付けないので、日本で言うところの100円玉と50円玉と10円玉しか受け付けない自販機みたいな物で、大変使い勝手が悪いです。
さらに、コインの認識能力がきわめて低いらしく、5回くらいコインをチャリンチャリンと入れ続けないと認識してくれないのです。

あまりにも使えないので、切符を買うのにこのように

P1030069.jpg    

駅員の手売りの窓口に行列が出来ます。(左手が手売り、右手が券売機)
せっかく自動改札にしているのに、切符の手売りがボトルネックになってるのだからバカとしか言いようがありません。

最近多くの都市で見られるように、ICチップの入ったカード(いわゆるSuica)のようなものもあるのですが、これがまた3本しかないメトロなのに2つの会社が別々に運行してるので、路線別に別々のカードを買わなきゃいけません。(東京メトロと都営地下鉄でカードを使い分けなきゃいけないようなもん)
通勤等で毎日使う人はこのカードを持ってるのでしょうが、大方の人は毎回こうやって列に並ぶ無駄な時間を過ごしているわけです。

さらにバカなのが、乗り換え。
普通、複数の路線があって、その路線が交わるところに駅を作って乗り換えられるようにするではないですか。
しかし、マニラメトロの路線が交わるところはこんな感じです。

P1030081.jpg

交わる点に駅はなく、そこから300m程離れたところに駅があるのです。

乗り換えをする際は、電車を降りる、自動改札を出る、階段を下りる、600m歩く、階段を上る、(行列に並んで)駅に入る、(行列に並んで)切符を買う、自動改札を通る、電車に乗る という手順を取らなくてはならないわけです。

他の国なら、電車を降りる→(向かいのホームに止まってる)電車に乗る だけの手順なのに。。

おそらくこのバカ面倒なものも、経営している会社の縄張り争いの賜物なのでしょうが、びっくりするくらい顧客視点がないのが笑えます。(実際クソ暑いなか並んでいるときは怒り心頭ですが)

で、こんなメトロは嫌だ!ってことで、タクシーに乗る人も多いのですが、道はいつも恐ろしいほどの渋滞です。
金曜の夜なんて年中、車が完全に止まる状態に陥っています。
空いていれば30分かからない距離に2時間半かかったとか、雨の日に2時間タクシーが捕まらなかったとかいう話も聞きました。

とにかく、交通機関が不便すぎるわけです。そして、メトロなり道路なりにそれなりに投資はしているのに、その作り方がバカだから不便だと言うことが致命的です。

まあ、道の形がめちゃくちゃなバンコクとか、メトロ自体が存在していないジャカルタも酷いのですが、マニラの金は使ってるんだけど頭が悪いから使えない感は格別のものがあります。

同時に、あまりこの国で長期の生活はしたくないな…と思ってしまう所以でもあります。

こんなフィリピンの事情、あと何回か書いていきたいと思っています。
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ