私が書いた海外就職関連記事のまとめです。
海外就職にご興味がある方は、まずはコチラから気になる記事をピックアップして頂けたらと思います。

1海外就職心得
私が海外就職をしてみようと思った理由。そして、就職する活動をしている中で考えたキャリア論です。これを読んで、可能性はあるかも…って思った人は、海外就職適正があると思います。向き不向きはあります。私は全ての人が海外就職をすべきだとは思っていません。
だけど日本でブラック労働で酷使され、キャリアアップの機会も絶たれた人がいたとします。その人が人生をあきらめようとしているならば。『ちょっとまって、まだ早いよ』海外労働市場を見てきた私は思うのです。↓そこらへん書きました。



1-1.もりぞおさん、アジア五カ国以上で就職活動を始めることにしました。
1-2.僕がアジアに出る4つの理由 生きることをあきらめてしまう前に
1-3.海外就職の最大の難関 言葉の壁をどう越えるか?
1-4.オーストラリア就活事情 または、私がアジアを目指さなくてはならない理由
1-5.「日本を見捨てる富裕層」を読んで、自分の今の活動の意義を考える
1-6.グローバル人材を目指す前に、グローカル人材を目指してみよう!

 2 インドネシア準備編
最初に調査したのが、ここ、インドネシア。2.4億人の人口、年間300社の日系企業進出。2012年現在、アジア海外就職の最も熱い市場です。
果たしてその実情はどうなっているのでしょうか?そのパンドラの箱を開けちゃいます。吉と出るか?凶と出るか?



2-1記念すべき第一カ国目はインドネシアです。
2-2バリで日本の旅行会社のツアーに参加しながら「日本語の価値」について考える
2-3ジャカルタ日本人現地採用事情
2-4生活する都市としてのジャカルタ1
2-5生活する都市としてのジャカルタ2

3 タイ準備編
世界で最も東京っぽい暮らしをできるであろう都市、バンコク。ここも需要はたくさんあります。アジア生活している人の多くは『タイ最高っすよ』、『微笑みの国です』と好印象です特にバンコクは日本人人口も多く、住みやすい街なのかもしれません。そこら辺を就活事情だけではなく、物価生活費&日本食の店数なども含めて、もりぞおさん調べちゃいます。



3-1.二カ国目はタイです。資源なしの工業国。政治は悲惨だが経済力はあるって…
3-2.洪水のチャオプラヤ川で日本と後進国の格差問題を考える
3-3.バンコクの刑務所の日本人無期懲役囚に会いに行ってみた アゲイン
3-4.バンコク日本人現地採用事情 高卒でも新卒でもOK!
3-5.生活する都市としてのバンコクその1
3-6.生活する都市としてのバンコクその2

 

4 セブ英語留学。
本格的な就活の前にフィリピン留学へ!海外就職には『ある程度』の英語力がづしても必要です。『グローバル』ではなくてもいいので『グローカル』で通用する英語力をコストパフォーマンス良く身に着けるには、オンライン英会話、フィリピン英語留学は欠かせません。まずは、おなじみラングリッチ。なお、2012年7月に新校舎に移動するので、ご参考までに



4-1セブ日本人経営 その1 環境・設備編
4-2セブ日本人経営 その2 英語レッスン編
4-3セブ日本人経営 その3 フィリピンとフィリピン人について学んだこと編
4-4セブで、ちきりんさんたちと共演してきました!〜お膳立てする人と煽る人の共演
4-5セブに行ったらジンベエザメに会いに行け! 凄まじすぎるジンベイザメダイブ&シュノーケル

 

5 フィリピン留学 スパルタ編
楽しい英語留学ではなくて、ガチでシバキあげ特訓を受けたい人にはお勧め。仕事で身に着けるスキルに娯楽はいらねぇって人はいいかも。フィリピンの軽井沢こと、山奥にあるスパルタ式英語学校HELP。まぁスパルタってほど厳しくはないけど、やっぱりハードでした。



5-1山奥韓国人経営スパルタ式 その1 環境・設備編
5-2山奥韓国人経営スパルタ式 その2 英語レッスン編
5-3山奥韓国人経営スパルタ式 その3 韓国の英語教育について

 

6  フィリピン留学マニラ編
フィリピンの首都、マニラにある、先生も生徒も非常にフレンドリーな学校C21。大学生の合宿におっさんがまぎれこんでしまいました。キャー変態のおっさんが紛れ込んでいるわよぉ~



6-1マニラ韓国人経営合宿式 その1 設備編
6-2マニラ韓国人経営合宿式 その2 授業編
6-3マニラ韓国人経営合宿式 その3 フィリピン人と韓国人のビミョーな関係編

 

7 フィリピン経済あれこれ編
そんなフィリピンの滞在で考えた、フィリピン経済あれこれ。経済成長してるのに、なんか停滞感も感じる、不思議な国です。



7-1 マニラの地下鉄から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減を考える
7-2 フィリピン電力の電気料金から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減をさらに考える
7-3 マニラのビジネスチャンス 豊かになる庶民とタイムマシン経営
7-4 フィリピンバカコレクション


 

08.香港就職活動
本格的な就職活動スタートはこの国から!ハイレベルの仕事のチャンスもあるし、物価もそこそこ安い。日本的生活も出来る。しかし、家賃ガチと高め。そこんどこ見て回りました。



8-1香港就職活動その1 ホテルと不動産編
8-2香港就職活動その2 香港の会社が求める人材と給料編
8-3香港就職活動その3 香港の物価で快適な日本的生活が営めるか編

 

9.深セン就職活動
香港から地下鉄で40分で行ける中国。香港みたいなインターナショナルな仕事は少ないけど、堅実なローカル仕事が。そして、家賃が格段に安い!この深センってどんなところなのよ?治安は?物価は?果たして住めるような場所なの?いろいろ気になります。



9-1 深セン就職活動その1 深センってどーよ?編
9-2 深セン就職活動その2 深センの会社が求める人材と給料編
9-3 深セン就職活動その3 深センの物価で快適な日本的生活が営めるか編

 

10 シンガポール就職活動
東南アジアの本社といえば、決まって設立されるのが日本ではなくシンガポール。インターナショナルな仕事がたくさんあって楽しい!ここお押えないで、海外就職情報を語れない!



10-1 シンガポール就職活動その1 ホテルと不動産編
10-2 シンガポール就職活動その2 シンガポールの会社が求める人材と給料編
10-3 シンガポール就職活動その3 シンガポールの物価とルールだらけの生活編

 

11.ジャカルタ就職活動
2012年現在最も日本人就活が熱い国、ジャカルタ。日本人求職者不足により給料はあがり、生活費はまだ安い!目指せ、セレブ生活!まさに戦後焼野原並みの、参入障壁の低さ。こんな世界まだあるんだ! それにしてもバイク多い!



11-1ジャカルタ就職活動その1 ジャカルタではホントに新卒で月給14万円もらえるのか?
11-2ジャカルタ就職活動その2 ジャカルタではホントにセレブな暮らしができるのか?
11-3ジャカルタ就職活動その3 世界最凶悪の道路事情とジャカルタの街並み
11-4ジャカルタ就職活動番外編 ジャカルタ周辺の工業団地で労働者のデモに巻き込まれた。

 

12 バンコク就職活動
バンコクほど、行ったことある人とない人のイメージのギャップが大きい都市はないと思う。便利で、エキゾチックで、エキサイティングなメトロポリタン。



12-1 バンコク就職活動その1 タイ経済ってどーよ?えっ!?失業率1%台!?編
12-2 バンコク就職活動その2 タイで求められる日本人の職種とその給料
12-3 バンコク就職活動その3 バンコクの物価と家賃

 

13.ベトナム就職活動
おびただしい量のバイクが走り回るホーチミンシティと、驚くほどの田舎町・首都ハノイ。発展途上の最初の一歩を踏み出したばかりの国です。元共産圏なので、他のアジア諸国と少し違った面もあるかも。



13-1ベトナム就職活動その1 大都市ホーチミン、田舎町ハノイ、そして、韓国資本が作り上げる新しい都市
13-2ベトナム就職活動その2 求められる人材と給料編
13-3ベトナム就職活動その3 物価と家賃編

14.クアラルンプール就職活動
もうすぐ先進国の仲間入りを迎える、(シンガポールを除いて)東南アジアの経済成長最先端を行く国、マレーシア。彼らも日本人と同じくらい英語で困ってました.

クアラルンプール(マレーシア) 壁紙 - Kuala Lumpur, Malaysia WALLPAPER

14-1クアラルンプール就職活動その1 先進国入り寸前!
14-2クアラルンプール就職活動その2 癖の強い求人動向
14-3クアラルンプール就職活動その3 結構都会で結構安くて結構便利な生活環境

なお、本ページからリンクしてある記事は、2011年12月-2012年2月の状況を元に書かれています。最新の情報は、各国のエージェントにお確かめ下さい。

また、現地の給与水準、求められるスキル、物価一覧、家賃相場、ガイドマップ、事例など、さらに詳細な情報を知りたい方は、この本をご一読頂けたらと思います。


アジア転職読本