※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

私がこの原稿を書いているのは、2014年8月3日。成田からカンボジア・プノンペンに行く飛行機の中です。7月27日に、在住するフィリピ ン・セブから東京に来たわけですが、この約1週間の滞在で感じた事は「東京、暑すぎる」ということです。実際、成田空港の温度計は36.6度をさしていま した。

ニュースなどにも出ることですが、7月後半から9月前半の東京の気温は東南アジアよりも暑いです。湿度も高いし、ビルが多くて風が抜けない、アスファルトからの照り返しもキツイといった感じで、気温以上に不快で、本気で外に出るのが嫌になります。

8月上旬のフィリピン・セブ、屋外プールには寒くてはいる気がしないレベル


体温より暑いです、日本。
体温より暑いです、日本。


ただ、東京の夏が世界で一番不快かというとそんなこともありません。インド・ニューデリーの夏なんかは、口から息を吸い込むと肺が熱くなるような暑さですし、エジプト・カイロなどは外気温にエアコンが勝てず、30度以下の温度を確保するのが難しいほどです。

そして、東南アジアの夏も、東京に負けず劣らず暑いです。ただ、東南アジアの多くの地域では一番熱いのは4-5月くらいなのです。

例えば、8月上旬のフィリピン・セブは、雨季の始まりで気温は比較的低く25度くらいが平均です。体感的にいうと、2日に1度はエアコンを入れずに日中を過ごせる、屋外プールには寒くてはいる気がしないレベルです。

この状態から日本に移動すると、より一層暑さが身にしみ、「東京、最低」という感情が芽生えてきますが、逆にセブが暑い5月に東京に移動すると、「東京、最高」となるわけです。

この感覚は、海外で働く事に関しても同じことが言えます。

日本から海外に転職すると、いいこともあるし、悪いこともあります。

外国人と仕事をする能力を身につけられるとか、マネージャ職に就きやすいといったメリットもあれば、駐在員と比べて給料が安い(日本で働いて いたときと比べる場合は、人によって違いますが)、快適な日本的生活が恋しくなるとか、終身雇用がないとかのデメリットもあるわけです。

大切なことは、「自分の基準を明確に持つこと」


大切なことは、「セブよりも東京の方が暑い季節もあれば、東京よりもセブの方が暑い季節もある」ということを知ること。そして、「自分は暑いのは耐えられるが、花粉は耐えられない」といった感じで自分の基準を明確に持つことです。

全てにおいてパーフェクトに一番いい働き場所なんてどこにもありません。メリットとデメリットを見極めた上で、自分の中の優先順位を決めて、どこで働くべきか自分で考えることが大切なのです。

実は、この連載は今回で101回を迎えます。2年前の9月から始めて季節は二周しました。当時、日本でカリカリ本を書くことが本業だった私も、セブに在住し、プノンペンにカレー屋を作り、毎日楽しく過ごしています。

寒いところよりも暑いところが好きな私は、東南アジアを住処にすることにしました。ただ、東京でやるべき仕事もあるため、東京が不快な3-4月、8-9月、12-2月は滞在を短くして、その他の季節に東京を訪れて仕事をこなします。

このライフスタイルは、人によってはうらやましいと思うでしょうし、人によっては「落ち着かない」とか「将来が不安定」とか思うでしょう。で も、私にとっては非常に快適なスタイルです。そして、これからもより快適にするためにどうするか、日々考え、実行しながらカスタマイズしていきます。

本連載では、読者の方が自分に合ったライフスタイルを考えるための情報を今後もお伝えしていきます。海外で働くという選択肢は自分に合ってい るのか、いないのか。自分が求めるライフスタイルはどんなものなのか、それを考え、実行するための一助になれたらうれしいです。