※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

2014年5月のクーデター以来行なわれていた、タイの夜間外出禁止令ですが、徐々に対象時間が短くなり、6月13日には完全に解除されました。

ちょうどブラジルワールドカップ開幕と同日の解除だったため、国民への飴か?ともいわれておりますが、クーデターの市民の生活への影響は小さくなっているといえます。

(ちなみに、タイの軍事政権は、ワールドカップの全試合のテレビ中継も無料化しました)

「(応募者数は)6月になってからは戻ってきています」


2014年1月のデモの模様。アイドルのコンサートに行く人たちではありません。
2014年1月のデモの模様。アイドルのコンサートに行く人たちではありません。


そんなタイクーデター。今後の経済への影響は、どうなるのかはいまだ不透明です。今年に入ってからタイの経済成長率が落ちているという現実もありますし、ここ数週間にわたってタイ株(SET指数)が上がっているという現実もあります。

日本人の海外就職に関しては、今のところ求人数に影響は出ていないようです。

複数のタイの日系人材会社に聞いたところ、
「企業(特に日系企業)からの求人は引き続き旺盛で、1月のデモ開始の時も、5月のクーデターの際も減少していません。クーデターが起こった直後は応募者の数が減りましたが、6月になってからは戻ってきています」

とのことでした。

また、この前後に実際にタイに渡り、就職活動を経て内定を取った方とも話をしましたが、特筆する問題点はなく、普通に就職活動ができたとのことでした。現地在住の人も、特にタイ歴が長い人は、多少の混乱には慣れているので気にしてはいません。

タイの就職事情、経済が気になる人は…


もちろん、今後どうなるかはわかりません。軍事政権が暴走する可能性もありますし、経済成長が止まる可能性もあります。ただ、アジア経済危機 以降、タイの経済成長が止まったのはリーマンショックの2008年とバンコク洪水の2011年の時のみ。2011年の洪水の時には、ホンダやブリヂストン が2500億円ほどの投資を行ない工場を復旧させました。多くの日本企業にとって、タイはなくてはならない存在になっています。

私は、今でもタイは日本人が働く場所として有力な候補地だと思っています。ぜひご自身で情報を集めて、この魅力的な国をよく知り、チャレンジしてもらいたいと思います。

2014年の最新情報を元に、タイ就職のガイドブック(『タイ セカ就読本』)を、電子書籍で刊行しました。タイ就職に興味があるかた、今後のタイ経済が気になる方、タイに出張や旅行の予定がある方のお役に立てるよ う、様々な角度からタイを分析しておりますので、ご興味のある方はぜひご一読頂けたらと思います。