※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

5週間のカレー屋店長を終え、我が家のあるセブを経由して、東京にやってきました。

数回にわたりお伝えしている、実践型研修プログラム「サムライカレープロジェクト」を行ってきたのですが、東京では人材会社からのインタビューを受ける仕事などをしています。

あるインタビューでは、「企業の人事部の人に、若手社員を育てるためのコツをおしえてください」という質問がありました。なんで私に…という気もしますが、今なら自信を持って答えられます。

失敗してもいいから、何か出来ることを爆速でやろう!


自分たちで考えて、自分たちで路上でカレーパンを売る!爆速で!
自分たちで考えて、自分たちで路上でカレーパンを売る!爆速で!

答えは、「権限を与え、任せること」です。

サムライカレーは、若い研修生達に店舗の運営を全て任せてます。店長であり研修の講師である私の仕事は、「おっけー!」「すばらしい!」「承認!」と言うことだけです。カンボジアでカレー屋を運営しなくてはならないという状況下で、問題が起これば自分で解決しなきゃいけません。文句を言っても助けてくれる人は誰もいません。その反面、自分がやりたいと思ったことはどんどん実行出来ます。「いいね!」しか言わない店長はある程度の予算はつけてくれるので、その中で創意工夫をしながらお客様が喜んでもらうための施策を打つ事ができます。そして、出来ない理由は言わなくてもいい。失敗してもいいから、何か出来ることを爆速でやろう!と発破をかけられます。

カンボジア人の顧客にカレーライスが受けないと分かれば、街の様子を見て、フランスパンに挟めばいいのではということで、サムライカレーパンを開発します。

カレーの製造に時間がかかりすぎるという事態を改善するために、コンロをフル活用するために工程を工夫し、さらにカンボジア人を雇って「かき混ぜる」工程だけを外注します。ちなみに、野菜を切る工程やスパイスの分量を量る工程は、教育が難しいので自分たちがやっています。

大学生の何の経験がない若者でも、自分で考えて、マーケティング、商品開発、工程管理、人材採用など、企業の様々な仕事を自分で考えてこなすわけです。

非常にシンプルな仕組みで回っているカレー屋ですからできることかもしれません。間違いを犯すリスクもあります。しかし、こうやって、自分で考えて、行動させることによって、若者はどんどん成長していきます。

カレーパンを安くするために新しいパン屋を発掘したり、見た目が地味なカレーパンを改良してサムライカレーホットドックを作ったり、単純工程以外の業務を行うスタッフを面接して採用したり。運営側が言わなくても、どんどん新しい仕事を創り、それを実行していくのです。学生でありながら、指示待ちの従業員になるのではなく、自分から動けるスタッフとして活躍しているのです。

企業がこのような人材を育てるには、サムライカレープロジェクトのような外部の研修を使うのもひとつの手ですが、自社内でも充分に可能です。

うるさがたのおっさんがいない、若手社員だけで運営する小さなプロジェクトを作り、その運営を全て彼らに任せるのです。社員が若ければ若いほど、固定観念が少ない人ほど、自由な発想で新しい仕事を生み出すことでしょう。

そして、そのプロジェクトの様子を観察し、見所のある若者をどんどん抜擢し、停滞している部門の要職に就かせれば、会社は活性化していくはずです。

おっさんたちが「ゆとり世代」とバカにしている若者は、おそらくおっさん世代が20台だったころよりも優秀な人が多いです。若手社員と一緒に仕事をしている人は、その可能性の芽を摘み取らず、開花させるために、ぜひ、彼らに「権限を与え、任せる」場を与えてあげてみてください。