最近twitterが野生の王国と化してて物騒だということをよく聞きます。
昔は使っている人の数が少なかったので、温和で礼儀正しい人が多かったため、あまり変な絡み方をする人が少なかったと思うのですが、ユーザー数が増えると、いろんな人が出てきちゃうのはしょうがないですよね…。

「そんな物騒な野生を離れて、ちょっとした保護区に行ってみよう!」というのが今回のお話しです。

これは、ネパールのゾウ保護区で、子ゾウと戯れるもりぞおさん。

私の場合、争いが大変嫌いですので、いつも非常に気を遣ってtweetをしています。
気の使い様は、tweet > blog > Facebookの順。
言いたいことも言えないこんな世の中じゃ、POISON!

そして、そんなtweetよりさらに気を遣っているのが、JCAST会社ウォッチのこの連載です。

これ、なにげに読者数が多くて、話題になると30万PVとかになって新聞に転載までされちゃいます。そうなってくると、いろんな人が見ることになるわけでコメント欄には謎の説教が並ぶことも。

例えばこの記事
日本の若者が減ったなら、外国から「お客さん」を呼べばいいじゃない?
ものすごく気を遣って書いてるのに、そんなものを完全無視して、コメント欄には「マナーの悪い三国人が来たら日本人観光客が来なくなる」みたいな、わけの分からんことを言い出す人が出てくるわけです。

ま、私はいつもコメント欄とかみないんで、どうでもいいんですけどね。

で、気を遣うくらいならまあいいのですが、結構話題の内容が微妙だったり、他の人に火の粉が行って迷惑がかかりそうだったりするもの、でも結構多くの人には役に立ちそうな話とかをtwitterやblogに書けなくて困っちゃうことがけっこうあります。世の中の多くのブロガーの人が感じている事だと思いますが。

なんでそんなことが起こるのかなーって考えると、ひとつの理由はタダだからです。タダだから多くの人が読む。その中に変な人が紛れる。その人が燃やす。迷惑な話です。

そこで有効なのが、少額課金。
だから、私は無料のblogと作るのに手間がかかる電子書籍の間に、少額で情報を売れるサイト、HonYeah!を立ち上げました。

Bnteset004

まだまだ小さいサイトで、たいして売れないので炎上の心配もありません。でも、ある人に取っては非常に役立つ情報がちらほら出てきてるのでよかったらのぞいてみてください。

そして、もちっとフォロワー数が多い人がよくやってるのが有料メルマガ。
あれ、大変なんですよ…毎週記事書くの。特に読者数が少ないうちはホント死にたくなりますよ。

私は、一応メルマガもやってるのですが、メインは有料サロンってのをやってます。

横長400

メルマガほどの文章量は必要ないし、twitterのように気を遣わなくてもいいので、いろんな小ネタをほぼ日刊で書き込んでいます。

・昨日聞いた○○国の人材エージェント、仁義なき人材獲得競争がヤバイ。
・いろんなプレスリリースを出してみたら、お金払ってテレビに出ないかと電話がか かってきたでござる。
・今月の電子書籍の売り上げは○○冊、××円だよ。
・雑誌△△の取材が、てきとー過ぎてワラタ。

こんなネタをどんどこどんと。
さすがに毎月お金を払ってまでいちゃもんを付けに来る人は皆無なので、非常にリラックスして本音を話せますし、議論も建設的なのができます。気の合う友達と楽しく将来について話し合う場。たしかに、サロンっちゃーサロンですね。

それ以外にも、電子書籍無料で配ったり、セミナーの動画やインタビューの音声を配信したり、海外に住んでいる人とのコネクション作りの場にしたりといろいろメリットあるので、よかったらこのページ見てやってください。

なんでいきなりこんな事書きだしたかというと、昨日今日と立て続けにコンテンツをアップしたからです。

・セミナー動画:電子書籍の作り方 本から販売サイトまで、何でも自分で作っちゃえ!
・海外生活インタビュー 13/03 サウジに行ってきたYukkyさん サウジアラビア恋愛&ネットビジネス事情

これ、自分でいうのもなんですが、結構面白いので見て欲しいんですよ。
公共の場で男女が話しちゃいけない、宗教警察が見張ってるような国で、ナンパツールにLineが使われてるんですよ!

ちなみに、来月から、花粉から逃げるためにセブ、広州、ジャカルタと行くので、
来月のコンテンツは、
「海外で外こもりしながら仕事はできるのか?」
「世界最大の見本市 広州交易会に行ってきた」
「2013年のジャカルタ 日本人就職事情は変わったのか?」の3本です!たぶん。

「有益な情報は有料でないと手に入らない」ってのは間違っていないと思うけど、書き手としては、有料でも無料でもあまり気にしていないと思います。むしろ、無料の方がたくさんの人が読むので、すごく気を遣って丁寧に書きます。

ただ、この「気を遣って、丁寧に」が、一番おもしろいところをそぎ落としてしまうこともしばしば。
なので、私に限らず、素材の味をそのまま楽しみたい人は、有料の会員組織入ってみるといいと思いますよ。

ちなみに、3/30(土)までに入会すると、まさかの紙の本「はじめてのアジア海外就職(1575円)が送られてくるというプレゼントキャンペーン付き!
あと数日なので、是非よろしくお願いします!

正方形

しかし、この有料会員のプラットフォームをメジャーにしたホリエモンはやっぱりすごいと思います。彼は、メディアを作りたいと言ってたので、一体どんなものを作ってくれるか、今から楽しみです。