アジアの首都は既に東京ではなくなっています

アジア各国を飛び回っている人にとってはもう常識なのですが、アジアの首都は東京ではありません。
一人あたりのGDPの高さも、多国籍企業の本社の数も、東京よりずっと上なのがシンガポールです。



日本にずっと住んでいて、「世界第二位の経済大国!」「モノ作りの国!」「アジアの盟主!」「みんな大好き日本文化!」見たいな報道の中にいると気付かないかもしれませんが、日本はどちらかというと「エキゾチックな観光大国」的な要素が強くなってきています。

1980年代までは、強くなりすぎた日本がアメリカの自動車産業などを壊滅させたため、これを補填するために「ジャパン・バッシング(日本叩き)」が行われていました。しかし、21世紀になって国際的な影響力が低下したため「ジャパン・パッシング(Passing=素通り)」が起こっています。

グローバル企業でアジア戦略について語られるときに真っ先に出てくるのが中国の動向。そして、その分析をしているのはシンガポールの本社です。

実際にシンガポールに行ってみるとその理由が分かります。
シンガポールの街は、実に分かりやすい「近未来都市」なのです。

街中のいたるところにETCのシステムがついており、混雑時に街の中心部に入る車には課金がされます。その課金を避けるため、車が分散されるので渋滞は少ないです。
2016年現在、もう既に、無人運転タクシーが試験走行を始めています。2018年には捕獲的に導入されるようです。

2016年になってもいびつな形でしかUBERが運用されてない日本とは大違い。
キッチリと計算された都市の効率性は、我々がみならうべきところです。

そんなシンガポールに住みながら学ぶというのは、これからの日本を考えるのに非常に有効な時間です。
この国にあって日本にはないものはなんなのか?逆に、この国と比べて日本の優位性はどんなところがあるのか?

そんなことを現地で英語を学びながら、現地の大学に通いながら見つけていくことは、21世紀に日本国内でも海外でも、グローバルな働き方をしたい人には非常に大切なことです。

アジア最高の先進国、シンガポール留学
英語だけではなく、未来を学ぶためにもぜひ!