英語が苦手な人にとって、欧米人ってだけで恐怖を感じさせる対象になってしまうことが多いです。それは、言葉が通じないから。

日本で、日本語ができる欧米人が人気なのはこの恐怖の裏返しではないかと思っています。

dave_illust
とはいえ、グローバル企業で働くと、それなりの確率で欧米人と一緒に仕事をするハメになります。いちいち怖がってもいられません。
とりあえず、自分の実力はさておき、気を落ち着かせるための方法をお伝えしましょう。

欧米人に対して引け目を感じてしまう一番の原因は、英語でしょう。
イギリス人やアメリカ人がネイティブの流ちょうな英語で話しかけてきた瞬間固まってしまう人も多いと思います。

これはまあ、英語が世界語なのでしょうがないのですが、開き直るしかありません。
「俺たちがお前たちの言葉をわざわざ勉強して話してやってるんだ」くらいの気持ちで、デタラメでもいいので、とにかく単語の羅列でもいいから話してみましょう。
向こうも、中国人とかインド人とかのデタラメな英語に慣れているので、結構なんとかしてくれます。

そして、同じ欧米人であっても、実は我々と同じ思いをしている人はたくさんいます。
以前、グローバル企業で働いていたとき、フランス人やスペイン人のスタッフとテレビ会議をしていると、雑談の中で、
「あー、もう、また英語しゃべるのか・・・疲れるよね・・・」
なんて愚痴を言っていました。

「なんで、日本人とスペイン人で話をするのに、アメリカ人の言葉を使わなきゃいけないんだよ!」
「まったくだ。でも、私もスペイン語しゃべれないし、あなたも日本語しゃべれないし。なかなか辛いよね。まあ、しょうがないからはじめましょう」

なんて英語での会話から、ミーティングがはじまるわけです。

我々日本人は、欧米人=英語ペラペラ→英語喋れないと馬鹿にされる と思ってしまいがちですが、欧米人もいろいろです。
なんども話をしてみて、同じ人間だとわかれば、
「英語ができるからって偉いわけじゃない」
「欧米人だって、英語で苦労をしている人もいる」
ということがわかり、肩の力を抜いて話をすることができるようになるのです。

これができるようになるためには、ある程度の英語力と欧米人と話をすることに対する慣れが必要です。
そのために、ちょうどいい場所があります。「マルタ」です。

地中海の真ん中にあるマルタは、英語が公用語の美しいリゾート地です。
ここには、たくさんの英語学校があり、世界各国からリゾートを楽しみながら英語を学ぶ人たちが集まります。

欧州にあるため、日本人だけでなく、英語が苦手な欧米人も多く来るところで、彼らと仲良く英語で愚痴りながら英語が学べるチャンスがあります。

外資系企業で働いてみたい人、欧米人の友達を作りたい人にとって、最適な英語学習の場所かもしれませんよ!

マルタ留学について、詳しく知りたい人は、こちらどうぞ!

ef180