印税率80%以上の電子書籍販売をはじめて、それなりの反響をいただき、それなりに本も売れています。
買ってくれた方、ありがとうございます。
それより嬉しいのは、このふたつの「本のようななにか」は出品されたことです。



こうやって、日本中のPCに入っている「実は貴重な資料」が表に出る場として、
その貴重な資料をネット上のいちゃもんをつけるためだけに存在している人が来ない場所に公開出来る場として、HonYeah!は設立されました。

ひとつ目は、これ。



EC向けのブツ撮り写真どうすればいいの??  55 円

カメラマンもしくはカメラの専門家の方が、「モノ」を撮るための照明の当て方を解説したパワーポイント資料(ファイル形式はPDF)

オークションに出品する際や、Facebookに写真を載せて自慢する際に、影がかかって残念になることって多いじゃないですか?それを解消するために「こうやって光をあてれば、こうなる」ってのを簡潔に、証拠写真付きで解説してくれてます。

もう一つは、これ。



税理士がこっそり教える「会社設立ビジネスのウソ」

税理士の人が「個人事業主が会社設立するってどーよ」ってことを、業界の裏話を交えて紹介しています。税理士的には会社を作らせた方が(税理士が)儲かるようなのですが、そのからくりを解説。本音ではどうなったら会社設立すべきかということを教えてくれます。
さらに、「会社員が個人事業主申請し、個人事業を大赤字にして節税」というスキームに関する税理士としての見解も、非常にためになります。

どちらも、ピンポイントでこれを知りたい!って人には非常に役に立つ内容です。

そして、このどちらもAmazonのkindle storeで売るにはちと厳しいモノでもあります。
写真のモノに関しては、元資料が横長のPower Pointなので、Amazon様が求める形式にするにはゼロから作り直す必要があります。
税理士のモノに関しては、文書だけのPDFなので出品するのは楽ですが、ページ数が少なすぎて、うっとうしいレビューがつきそうです。

そんな人たちが、簡単にアップロードして、売ることができるというのが、HonYeah!のいいところだと思っています。

会社に勤めてる人の大半はパワーポイントとかPDFで資料を作ったことがあるでしょう。実は、その資料って、ある人にとってはものすごく役に立つものであり、お金を払ってでも欲しいモノであるんです。

そして、そんな素敵な資料が、日本中のPCのハードディスクに埋まっていると思うのです。それを少しでも解放したらと思うのです。

もちろん、会社の業務中に作ったモノを売ったら怒られますが、社内勉強会用とか新人教育用に休日に作った資料とか、手元にあったら、それをアップしてみたらどうでしょう?
もしかしたら、誰かの役に立つかもしれません。

うかつにblogとかにアップすると変に炎上する可能性もありますが、有料で販売する分には、いちゃもんつかけるためだけの人は寄ってこないので安心です。(私が、有料会員組織を作っているのもそれが理由です。多くの人の有料メルマガも同じ理由でしょう)
いちゃもんをつけるだけにソーシャルネットワークを使う人が増えて来た昨今、本当にためになる情報は、そういう人をブロックした向こう、つまり少額課金の向こうに集まるんじゃないかと思っています。

HonYeah!は「だれでも使える少額課金ファイヤーウォール」という役割を担えるんじゃないか何てことも勝手に考えております。

そして、多くの人に喜ばれるモノであることがわかれば、さらにそこから手を加えて電子書籍形式にして、もっと多くの顧客が待つ世界、Amazonに出品すればいいんです。

Amazonの出品は慣れれば簡単なのですが、そのやり方をマスターするには、結構時間がかかります。しかし、HonYeah!は、手元にあるファイルをそのまま出品できる上に、登録が恐ろしく簡単です。(大石さんは5分でできたといってました)
一応表紙くらいは作った方がいいのですが、これを使うと簡単に作れます。

わざわざAmazon様の手法を調べて覚えてファイルを用意するようなセミプロではなく、なんとなくやってみようかなーって思える普通の人が、自分の知識を売れるようにするためのプラットフォーム。
そんなコンセプトで、HonYeah!はやっていこうと思っています。

出品手数料はかからないし、手間もかからない。リスクゼロなので、是非気軽に、フリーマーケット気分でご参加ください。

そんなんで、おまえらは儲かるのかよ!?という話は、今週土曜日のこのセミナーでさせていただきます。このサイトを作った経緯もかなりぶっとんでるので。

Amazon kindle storeでの出版だけでなく、Hon Yeah!の出版の仕方も、セミナーの中で生でお見せしますので、是非来てください!