と、いうわけで、前回の記事で日本のガラケーorスマホを3円で使う方法をお伝えしました。
ただし、この3円ケータイは、ほぼ通話専用になってしまいます。
そこで、今回はそれに加えて、データ通信専用のスマホを格安で使う方法をお伝えします。



格安航空会社(LCC)の乱立で航空運賃が安くなったように、格安携帯業者(MVNO)が乱立してきて、上手く使うと携帯を安く使えるようになってます。ソフトバンクとかAUのスマホには使えませんが、SIMフリースマホを持ってる人にはこれを使うという選択肢が出てきます。

まず、どれくらい乱立しているかというと、こんな感じ

全部見ていると嫌になってきてしまいます。

ざっと目を通してみたところ、大方この3つに分けられます。
1.月額1000円以下で、低速のネットが使える
2.月額2000円程度で、1GBの高速のネットが使える。(それを超えた場合は低速or使用不可)
3.月額3000円程度で、2GBの高速のネットが使える。(それを超えた場合は低速or使用不可)

ほとんどのSIMは通話は不可能で、データ通信専用になります。
ひとつの契約で複数枚のSIMをもらえて、共用できるものもあり。(iPhoneとiPadにいれるとか、家族のiPhoneに入れるとか)

で、私の要件は、
a.月に1GBくらいを使う。
b.長く海外にいるときは使わない。国内旅行の時とかはたくさん使うかも。
c.電話は3円ガラケーを使うのでいらない
d.たくさん使ったときも遅くても繋がり続けて欲しい

そうすると、候補は2つで
X.IIJmioウェルカムパック
Y.b-mobile4G



X(IIJ)の利点は、1974円でa,dの要件を満たすこと。ただし、問答無用で1974円は払うのでbの要件は満たさない。
Y(b-mobile)の利点は、月ごとに簡単に1-3のモードを切り替えることができること。普段は2にして1980円。使わない月は1にして980円に抑える、いっぱい使う月は3にして2980円でたっぷり使うってことができるわけです。

こうやってみると、X(IIJ)よりY(b-mobile)の方がいいのですが、あとはつながりやすさですね。
どちらも使ったことにある人に話を聞いたところ、昼の新宿とか、人が多いところではつながりにくい場合もあるそうです。まあ、その辺は安いから目をつぶろうということになるかと思います。(私の場合、通話は3円携帯でやるからそんなに問題ないんですが)

繰り返しますが、この、格安携帯業者(MVNO)を使うにはSIMフリーの携帯が必要になるので、そこをお忘れなく。
私の場合は、バンコクで6万円くらいでiPhone4Sを買ってきましたが、安いギャラクシーとかだと8000円くらいからありますので、旅行に行ったときにでも。あと、iPadとかなら使えるのかな?(各自確認して下さい)

私は、鞄を持たずにポケットに携帯だけ突っ込んで移動することが多いのでiPhoneがいいのですが、3円ガラケー+格安SIMを使ってのiPad miniの組合わせとかもいいかもしれませんね。

ちなみに、複数台使うのであれば、X(IIJ)の業者が2940円でSIM3枚提供ってのをやっててお得です。iPhoneとiPad miniとカミさんのiPhoneに入れて、1GBの通信をみんなで分け合うとかそんな感じ。

あと、nano SIMを出してるのはXだけなので、iPhone5(SIMフリー)の人は、X一択です。(まあ、カッターとかでカットしちゃえば使えちゃうんですが…)

 









※ちなみに、SIMカード代が3150円かかります。地味に高い。他国だと1000円以下なんですけどねえ…。
※この情報は2013年3月現在のものです。

この情報は、もりぞお海外研究所の会員の方に精度を上げていただきました。


研究所では、こういうお得情報も日々研究をしてます。
あまり表に出せない情報もあるので、気になる人は是非会員登録を!