safe_image


私は、カンボジアのカレー屋で「自分たちがいいと思うものではなく、お客さんがいいと思うものを売ろう」ということを教えています。
「日本人の90%が好きなカレーライスも、カンボジア人の90%は嫌いだから、カンボジア人が好きな何かを探して売ろう!」と。

これは、外国で商売をする場合だけではなく、日本で商売をする場合も同じです。
そして、自分が誰かにプレゼントをする時も同じです。

人にプレゼントをするときには、相手が喜ぶモノを贈る。
なにを喜ぶかをリサーチしなきゃいけないのですが、これがなかなか難しい。
特に、男性が女性にプレゼントを贈るとき、相手の趣味が全くわからず、しょうもないものを贈ってしまうことが多いです。

私は、先日、カンボジアで買っている猫を交通事故で亡くしました。
それから1ヶ月後、知人がこんなプレゼントを贈ってくれました。

56749190_10216137062918163_5669609499351056384_o


うちの猫、コチマのクッションです。

猫が亡くなったあと、連日Facebookにポエムを投稿し、猫の写真をアップしていたら、いたたまれなくなって、プレゼントしてくれたのです。

このプレゼントの秀逸なところは「必ず相手が喜ぶこと」です。

ペットを飼っていて、FBやInstagramにアップしている人は、99.9%そのペットを愛しています。だから、このペットが載っているグッズは99.9%喜ぶのです。

世界中のアパレルブランドは、対象顧客がどんなデザイン・キャラクターを好むか必死に考えて製品をリリースしています。
しかし、どんな素敵なデザインよりも、自分のペットの方が嬉しいもんです。

なので、プレゼントを贈るときにこういう「相手が好きなものを、オーダーメイドで作って渡す」というのは非常に有効なのではと思うのです。

実際、このサイトにもこんな風に、

SS 668


女性へのプレゼント特集ページが組まれてます。

ちなみに、このコチマのクッションをもらったカミさんは、2回嬉し泣きしてました。(情緒は大丈夫なのでしょうか)

「相手が求めているものを提供する」の究極の形として、実に面白いなと思うわけです。