もりぞおさんは、何でもかんでも電子化するのが大好きな人です。
1996年にパソコンを買って、その当時からCDをMP3にしてライブラリをつくってましたし、2000年にテレビ付のPCを買って放送をHDに録画していました。
初代iPadが発売すると同時にスキャナと裁断機を買って、本棚の本数百冊を電子化したのもいい思い出です。

そして、社畜時代は、名刺もスキャンしてました。
小さなスキャナ付の管理ソフトを買って、うぃんうぃんと。
ただ、弱点は、日本語の読み取り精度が低く、名前やメールアドレスを自分で確認して間違いがあったら修正しなくてはならないこと。
ハッキリ言って面倒。なので、名刺が重要だった営業系の仕事から離れてからはすっかりごぶさた。名刺は超適当に管理してました。

が、今こうやってふらふら仕事をしていると、有象無象の大量の名刺をもらうことになってしまい、それも昔の名刺がいきなり必要になることもあってしまい、大変です。

そんななか、昔の知り合いがこんなサービスを始めました。


eight.png


スマートフォンで名刺を撮影すると、それがクラウドに保存されて、PCでもスマフォでもタブレットでもどこでも見れるようになる。
しかも、名刺の名前やメールアドレスなどは、会社の中の人が手動で文字おこしして入力してくれる。
しかも、無料。

恐ろしいサービスです。
どこで金を稼いでいるかさっぱりわからないのですが、恐ろしく便利です。

専用アプリをスマフォに入れて、名刺の写真を撮ると、こんな風に

PC.jpg

PCでもスマフォでも見れるようになります。

ただ、数枚の名刺ならすぐにできるのですが、数十枚単位になると写真を撮るのは結構面倒。
そんな私のため、スキャナー(Scan Snap)で名刺を取り込むソフトも用意されてました。

PC用のソフトなんですが、スマフォアプリの様にシンプル。

App2.jpg

スキャナに繋いだ状態で、スキャンボタンを押すと

写真

こんな感じでじゃんじゃん自動でスキャンしてくれて、

App3.jpg

できたー!

アプリのインストールから初めても、名刺63枚で10分もかかってません。
スキャンだけなら2分くらい。
こりゃ楽だ。

スキャンした名刺の情報は、オフラインでもスマフォで全部見れて、名前、会社名、メアドなどなどいろんな情報で検索出来ます。
人の名前を覚えるのが苦手な私にとって、神がかり的なアプリです。
オフィスの住所も出てくるので、道に迷ったときも安心。

全ての名刺情報を持ち歩ける。これ、マジ、最強。
名刺を輪ゴムで束ねて引き出しに入れて、その後どーしようもなくなっている人に、特におすすめです!


FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-AFUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
(2011/10/22)
富士通

商品詳細を見る