海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

コロナ氷河期に就活をするあなたへの、2つのアドバイス

2020年から、就職氷河期が来るのが決定的になりました。

来春大卒求人、コロナで15%減 企業慎重、採用は68万人

求人数が15%減とか半端ないです。単純計算だと、100人中15人が就職できないことになります。(まあ、求人件数 >実際に就職する人の数なので、そこまで極端ではありませんが)

JALやANAの航空業界が採用ほぼゼロ。旅行業界もほぼゼロ。飲食も激減。これらを志望してた人が他業界に流れるので、多くの業界で競争率がかなり上がります。

画像1

また、コロナの直撃を受けていないメーカーなどでも、こっそり採用人数を50%減らしているなどの情報が私の所にも入ってくるくらいなので、マスコミが伝える15%以上に求人数は減ると考えていいと思います。

さあ、この氷河期に生まれてしまった22卒、23卒の皆さんは不幸なのでしょうか?
1999年卒、戦後最悪の就活氷河期に産まれた私が、氷河期のデメリットメリットをお伝えします。

氷河期就活はハイリスクハイリターン

氷河期世代のデメリットは就活が成功しにくいところです。
私は早稲田大学ですが、それでも同期になかなか内定を採れない人はたくさんいました。(特に文系)

画像2

日本の労働体系は、新卒で正社員になれないと、その後もなかなか正社員になれない。そして、正社員とその他に差別的労働体系の乖離があるという現実があり、就活で上手く行かないと、それを一生引きずるという問題があります。

逆に言うと、就活を通って、正社員として経験値を積んでしまうと、それ以降はブルーオーシャンが拡がります。

画像3

なにせ、同年代の正社員の数が少ないので、抜擢もされやすかったですし、今なら40代の経験豊富な社員が少ないため転職し放題です。

つまり、氷河期世代の就活は、入るまでは地獄、入ってからは天国。
コロナ氷河期世代のみなさんは、これからの就活は、一生を左右するイベントになりますので、最大限の努力をする必要があります。


氷河期就活でやるべき準備その1 ヤバい業界を探せ

氷河期就活でやるべきことは、2つです。
ひとつが、今、採用を活発にやっている業界・企業探し。
もうひとつが、企業に評価される実績作りです。

まず、この時期に募集が少ない企業を志望するのは非常に厳しいです。
航空業界みたいに完全にゼロのところは諦めがつくでしょうが、アパレルや高級小売、製造業など採用が極端に少なくなる業界もたくさんあります。

採用数が少なくても、志望する学生の数は変わらないので、落ちる確率は高くなります。
したがって、今は、自分がやりたいことを妥協してでも、募集人数が多いところを選択した方が、将来の選択肢がふえます。(5年後に志望していた業界に転職することもできるかもしれません)

やりたいことと内定がとれそうな所のバランスを、ちょっと後者よりにすることがポイントです。

そして、今、募集を増やしている、儲かっている業界を探しましょう。
1999年の時点では、IT業界がその筆頭でした。

画像4

私が入社したのは、いまでこそそれなりに有名な日本オラクルという会社。
今となっては東証一部上場企業ですが、以前は、誰も名前も知らない1000人規模の小さめの非上場大企業。
親には、SONYやシャープに行けと言われたもんです。(SONYはその後十数年リストラ続き。シャープは経営破綻)

1000人規模の会社で新卒66人とるとかヤバイ気もしましたが、結果的には、じゃんじゃん実戦に放りだしてもらったおかげで今の自分があります。

こんな感じで、親世代が知らない、でも今伸びている業界をみつけて、そこにチャレンジするのがいいと思います。
今だと、フィンテックとか、電気自動車まわる(リチウムイオン電池業界とか)かな。
いろんな業界の現状を知りたい人は、こちら

氷河期就活でやるべき準備その2 実戦経験を積め

この時期、業績がキツイながらも新卒を採用した会社は、本業がギリギリでなかなか教育に手が回りません。ましてや、コロナでリモートワークになると、新卒教育が難しくなります。

この時期、ガンガン採用する伸び盛りの会社は、本業が忙しい上、社内の新卒比率が高く、教育に手が回りません。ましてや、コロナでリモート(以下同文)

と、いうわけで、氷河期は、新卒でも即戦力人材の評価が非常に高くなります。

画像5


自分でiPhoneアプリを作って売ったことがあるとか、携帯電話販売のバイトで好成績を残したとか、インターンで外国人とビジネスをしたとか、そういう実践的なエピソードがあると「この学生は、うちの会社ですぐに実戦に出しても通用する」と思ってもらえます。

そのような学生は、内定がもらいやすくなるだけでなく、入社後もどんどん実戦で経験を積むことができ、同世代の人と比べて圧倒的なビジネススキルを身につけることができるのです。

つまり、氷河期は、学生時代のスタートダッシュが重要なのです。

学生時代のスタートダッシュが、一生を左右する

この業界研究も、実戦経験も、去年までの就活よりも難しくなっています。

業界研究に関しては、コロナにより、昨年までと状況が一変しており、去年までの情報が全く役に立ちません。(例えば、旅行業界とかオリンピック&インバウンドで絶好調!だったんですよ)

ここに、最新の情報をまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

実戦経験も、企業インターンはコロナでオンライン化または中止になっていますし、留学や海外インターンもできません。
数少ないインターンに、危機感を持った学生が殺到しているため、インターン参加の倍率が高く、なかなか実戦経験が積めないのです。

こういう、オンライン海外インターンもありますので、よかったら見てみて下さい。

私の予想では、オリンピック後の2021年から景気が悪くなると思っていたのですが、コロナの影響で1年前倒しになりました。
そして、その不景気の規模は全世界的かつ未曾有の規模になっています。

画像6

2020-25年くらいは、1990年代終盤の日本のバブル崩壊に伴う就職氷河期を超える非常事態になるかもしれません。

でも、世界が終わるわけでもなければ、希望がなくなるわけでもありません。
全力で取り組めば、きっと超えられる壁なので、今から全力疾走してください!

ここでの全力疾走は20年後に、ものすごい資産になりますよ!(経験者は語る)


テレビ局はなぜ自爆行為だと知りながら、新コロを煽るのか?

私は、ここ20年くらい家にテレビがない生活をしているのですが、しばらく青森のカミさんの実家に居候していたため、それなりにテレビをみていました。

感想は「新コロ、煽ってるなー」です。

画像1

ここで「新コロで死者増えてないからほっといてOK」「いやいや、重篤者増え始めてるからヤバイ」の議論をする気はありません。
ただ、テレビ局的には、必要以上に煽ると自分の首を絞めるのに、なんでだろうなと思ったのでその理由を考えてみました。


新コロを煽ると、テレビ局がひどい目に遭うわけ

テレビ局のワイドショーは、殺人事件から台風から芸能人の不倫まで、センセーショナルに報道したがります。それは、センセーショナルな方が、たくさんの人が興味を持ってくれて、視聴率が上がるからです。

視聴率が上がる→CMの単価が上がる→テレビ局が儲かる なわけですね。

画像2

しかし、新コロにより、この流れが一変します。

テレビ局の放送部門の売上の大半はCMです。
そして、新コロにCMを大量に打っていたパチンコや旅行や航空やレジャー業界は、ご存じの通り大変な状況になっています。

今年度営業利益
オリエンタルランド 319億 → -156億
JAL 210億 → -1,200億
ANA 161億 → -1,590億
HIS 90億 → -15億

高い金払ってTV CM打っている場合じゃありません。ちゅか、売るものありません。
これは、新コロが続くかぎり改善しないでしょう。

つまり、新コロに関して視聴者の関心が強くなるほど、CMを打っている企業の商品に対する視聴者の購買意欲がなくなり、企業が儲からなくなり、CMを打たなくなるわけです。

センセーショナルな番組を作り、視聴率が上がるほど、CMが売れなくなるわけです。

画像3

実際、テレビを見ると「猫を大切にしろ」とか「犬を捨てるな」とか「ネットにドラマをアップするな」とかの公共広告機構のCMがいっぱい流れますよね。あれ、流すCMがないからです。

画像4

ちなみに、2019年度の民放各社の営業利益の変化はこちらです

日テレ → -13.3%
TBS → -35.4%
テレビ朝日 → -22.3%
フジテレビ → -24.1%

2019年4月1日〜2020年3月31日までの数字なので、新コロの直撃を受けたのは2,3月の2ヶ月だけ。それでこの有様です。悲惨です。

と、そんなことはテレビ局はわかっているのでしょうが、なんで、センセーショナルな番組を作るのか?これは「職種」が関わっています。


番組を作る人と、CMを売る人は別人

テレビ局は巨大な組織ですので、たくさんの職種があります。
たとえばコマーシャルを売るための営業の人が集まる「営業部」と、TV番組を作る人が集まる「制作部」は、別部門で別の人たちが所属してます。そして、各部門にとっての「正義」は違います。

画像5

営業部の人にとっては、CMをいっぱい売ることが正義。
 → 世の中が好景気になって、企業がバンバンCM打つことが正義

制作部の人にとっては、高視聴率をとることが正義。
 視聴者が釘付けになるようなセンセーショナルな番組を作る事が正義

なわけです。

芸能人の不倫をどんなに煽っても、世間の景気にはなんの変化もありませんから、営業部の正義と制作部の正義はぶつかりませんでした。

画像6

しかし、新コロに関しては、制作部が視聴率がとれる番組を作るとCMが減るという、相反することが起こってしまいます。
さて、どうすればいいのでしょう?

そこで必要なのがリーダー

こうやって、各部門がよかれと思っていやっていることが、別の部門にとっては悪影響を及ぼすことはたくさんあります。

各自がベストを尽くしている。しかし、組織全体としてはブレーキを踏みながらアクセルを踏んでおり、スピードが出ないだけでなくブレーキにもエンジンにもダメージを与えているという状況は、よくあることです。

そこで、必要になってくるのがリーダーです。

画像7

リーダーの役割は決めることです。

各部門の言い分を聞いて、何を優先するか決めるのです。
まずは聞くこと、そして説明すること、説得すること。

でも、最後まで納得してもらえなかったら、ある部門の人たちの恨みをかってでも、決めなきゃいけないのがリーダーの仕事です。

営業部の反対を押し切って、センセーショナルな新コロ報道で視聴率をとるか
制作部の反対を押し切って、穏健な報道で世間の不況感を減らすか
決めるのがリーダーの仕事です。

どちらに決めても、だれかからは恨まれる。
だから、リーダーは孤独なのです。

このリーダーは、必ずしも社長だけが担うわけではありません。
5人程度の小さな組織でも決断しなくてはならないことはあり、そこに勇気を持って決断しなくてはならないリーダーが必要です。

そして、小さな組織で、説得したり、恨みをかったりしながら決めた経験を踏まえて、より大きな組織のリーダーに挑戦していくことになります。


就活で、副リーダーの経験が受けない理由

このリーダーシップを持つ人は希有であり、会社に非常に高く評価されます。
そのことを知ってか知らずか、自己PRで「私はサークルで副リーダーをしていました」とアピールする就活生は非常に多いです。

が、このアピールは、99%逆効果です。

画像8

まず、大半が「副リーダー」なんてやってないことがバレバレです。
そして、本当に「副リーダー」をやっていても、大して評価はされません。

と、いうのは「リーダー」だろうが「副リーダー」だろうが、その役職に就いていたこと自体は何のアピールにもならないからです。

会社が評価するのは「難しい決断をして、チームを動かした」経験です。

だから、アピールするべき事は「副リーダーとして、このような問題に、このような選択肢があり、このような決断をしました」なのです。

「サークルに他大学の学生が入りたがっている。しかし、他大学の学生を受け入れると学校からの助成金が減る。受け入れるか、受け入れないか」

「インターンで、広告費を使ってプロモーションを行う。メンバーが10種類の広告を用意したが、全てを打つと予算が足りなくなる。どうやって広告を選別するか」

こういう難しい決断をした経験。その判断をするにあたって問題を分析し、チームメンバーを説得し、決断をするにあたってどのように考えたか、その結果がどうなって、結果に対する責任をどうとったか、これがきちんと話せれば、リーダーシップがあることをアピールできるのです。

このように、就活で評価されるのは「役職」ではなく「実際にどんな行動をしたか」です。
だから、リーダーシップをアピールしたければ、できるだけややこしい立場の真ん中に立ち、決断をする経験をすることが大切です。

サークルでも、ゼミでも、インターンでも、できるだけ難しいことに挑戦し、そのリーダーとして決断を行うのです。

非常に辛いことになることもありますが、全てが終わった後、メンバーに感謝されることがおおいのです。

その辛さに耐えられるか、終わった後の感謝に喜びを感じるかが、あなたのリーダーとしての適性の判断材料です。

と、いうわけでテレビの前で
「テレビ局、やってることおかしくね?」とか
「外出自粛とGo toキャンペーン、同時にやるのおかしくね?」と思う人は、ぜひ、自分をややこしい組織の真ん中において、決断をするという体験をしてみてください。


そして、小さな組織の経験を踏まえて、将来、自分が組織の決断を担うことができるリーダーを目指してください。



KDDIが正社員をジョブ型雇用に!ジョブ型雇用ってなんですか?

KDDIがジョブ型雇用を開始するそうです。

本体の正社員が対象で、まず今夏入社する中途採用の社員に適用する。2021年4月には管理職約2400人と新卒社員も対象となる。
賃金制度も見直す。一律20万円台だった新卒の初任給は大学での研究分野やインターンシップ(就業体験)の評価をもとに、最大で2倍以上とするケースも想定する。

なんか、新卒就活にも大きく関係ありそうですね。
今回は、このジョブ型採用について解説します。

KDDIに就職!といっても、仕事はいろいろある

「お仕事はなんですか?」と聞いて「KDDIで働いてます」と返されても、具体的にどんな仕事をしているかはわかりませんよね。

KDDIの回線を個人に売る個人営業かもしれませんし、企業に数億円のシステムを売る法人営業課も知れない。システムを作るIT技術者かもしれませんし、次世代の通信技術を研究する研究職かもしれませんし、会社人事や経理の仕事かもしれません。

個人営業の人と、研究職の人は、同じ会社でも全く違う仕事ですし、おそらく社内で会うことも滅多にないでしょう。

同じ会社より、同じ職種の方が共通点が多い

逆に、違う会社でも、人事の仕事ってだいたい同じところが多いです。
KDDIの人事も、自動車会社の人事も、広告代理店の人事も、やっている仕事は似ています。

つまり、KDDIの人事の人がKDDIの研究職に部署異動するよりも、自動車会社の人事に転職する方が仕事内容は近いんです。

この「研究職」とか「人事」といった、会社内での役割が「職種=ジョブ」です。
そして、「ジョブ型採用」というのは、新卒でも最初から「この職種の仕事をする人募集!」といって募集をかける採用方法になります。

ジョブ型採用の、残酷な現実

KDDIは新卒もジョブ型採用にすると言っていますので、来年からは「IT技術者」とか「研究者」とか「営業」とか「バックオフィス(=人事とか経理)」で募集をかけることになるはずです。

そうすると、選考はどうなるでしょう?

「IT技術者」に応募して「パソコン持っていませんが、会社に入ってから頑張って身につけます」と面接で話す人は、確実に落ちます。
逆に「学生時代、iPhoneアプリを作って、10万ダウンロード達成しました」みたいな人が内定をもらえる可能性は高いでしょう。


さらに、今までは新卒は一律20万円だった初任給を、インターンや大学での研究の成果を踏まえて、最大2倍くらいの格差をつけるといっていますので、学生時代に自作のアプリを作ってたり、大学で通信に関する研究をしていた人は初任給が30万円くらいになる可能性があります。

逆に、何の経験もない学生は、未経験でもできる仕事に初任給15万円で採用ということになるかもしれません。

大学時代の過ごし方が、人生を左右する

今までは、大学時代何をしていようと就活をクリアしてしまえばあまり関係ありませんでした。
しかし、今回、就活でより大学時代にやっていたことが評価されるようになります。

これは、大学の成績だけではなく、大学時代にやっていた事全てです。

・バイトでauのスマホの売り子をして、トップの売上成績を達成しました
とか
・大学で○○の研究を行い、論文を○○学会で発表しました
とか
・インターンで外国人に対するプロモーションを行い、このような成果を出しました
とかの、

大学時代にビジネスで役に立つことを実行し、そこでどんな成果を出したかが、内定だけでなく初任給そして、その後のキャリアに直接影響してくるようになるわけです。


大学時代何もしていなかった人の就活はますます厳しくなる

KDDIのような会社はこれから増えてくるでしょう。
と、いうのも、これからコロナの影響で不況が訪れ、多くの企業が採用人数を絞るからです。

IT技術者の実績を持つ新卒を100人集めるのは大変ですが10人なら可能です。
そして、その10人は既に実績があるので手厚い教育をしなくていいので、すぐに現場に出すことができます。

企業からしてみたら、研修にかかる費用 + 研修中の給料が必要無くなるので、その分初任給を上げることができるのです。

逆に言うと、学生時代に何もしていなかった学生に、研修費用とその間の給料を払ってまで育てる意味ってあるんだっけ?という話にもなるわけです。

と、いうわけで、今後、インターンや大学の授業が非常に重要になってきます。
会社を決める際にも、「テレビで観たことある会社から適当に選んだ」みたいにすると、就活100社落ちします。
picture_pc_b0bcf8dd920a21964ce553641fe6d9a7


バイトや授業、インターンでいろんな職種を試してみて、その職種を募集している会社を探すというのがスタンダードになるでしょう。
picture_pc_00393bdbe6048f746fc652d4dd3ff08a



つまり、大学の1-3年に何もしないで4年の就活が始まった瞬間に詰む人が続出するわけです。

ただ、きちんと職種を研究してそれにあった実績を積み上げてきた学生にとっては、自分の希望の職種につけるし、初任給も高いしでいいことだらけになります。
新卒入社の段階で、圧倒的な格差がつくのが、ポストコロナの就職活動なのです。

大学生のみなさん、しっかり考えて、有意義な大学生活を送ってください。


参考記事
職種についてより詳しく知りたい人は、こちら
ゼロからわかる職種講座

大学1年から始める就職活動のやり方は、こちら
1年生から始める、就活スケジュール

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ