外国人と楽しく話したければ、外国人がバカンスしてる所で学ぼう!

2017年01月31日(火)


寒いぞ、ジャパン!
南国暮らしが長い私に取って、日本の冬は地獄です。
とはいえ、世の中の先進国のほとんどは冬のある国。
この厳しさが人を育て、文明と経済を発展させたのかも知れません。

そんなわけで、先進国の人々は、お金を稼ぐと「バカンス」ということを始めます。


日本は大変変わった国なので1週間の休みをバカンスと呼びますが、欧米では「Only a month」とかいって、一ヶ月単位でバカンスをする人が多いです。

私も、某自動車会社でスペイン人と仕事をしているとき
「次回ミーティングは?」
「俺、一ヶ月ハワイに行ってくるわ。スペインの冬は寒いから、ビーチに行かなきゃ生きていけないんだ」
なんてことがありました。
ちなみにこいつは、その半年前に「スペインの夏は暑いから、ビーチに行かなきゃいきていけないんだ」と言っていました。

そんなわけで、常夏の島、ハワイは欧米人が集まる場所。
純粋にバカンスに行く人もいるのですが、英語が苦手なスペイン人とかが、留学兼バカンスに行ったりもします。

海外で生活をしたり、仕事をしたりすると、意外と必要となるのが、普段の雑談。
教科書に載っているような文言だけでなく、遊びに行く、どーでもいいことをくっちゃべる、冗談を言うということが、一緒に仕事をする上で非常に大切になってきます。(相手がラテン系であればなおさら)

こういう英語を学ぶには、リゾートに気軽に来ている外国人と一緒に学ぶのが一番。

寒い日本を離れて、黒や焦げ茶のコートやスーツだらけの東京を離れて、ハワイ留学 で学んでみるのはどうでしょう?

日本でTOEICの教科書で学ぶのと違う世界が拡がっていますよ!


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad