それでも欧米に就職したい人がやるべきことは、これです【PR】

2016年11月11日(金)


私はいつもいつも「欧米に就職しようとしても、そう簡単にビザは出ないよ」と言っております。
それでも、欧米にあこがれを持っていて、彼の地で働きたい人はあとを絶ちません。

そこで、それでも欧米で働きたい人が今からできる2つのことをお伝えします。

main47

ひとつは、日本の外資系で働く事。
日本にはまだまだ外資系企業がたくさんあって、日本の大学を卒業しただけの人でも普通に就職できます。
新卒を募集しているところもたくさんありますし、転職で入ることも可能です。ただ、即戦力が求められる事が多いので、転職するのであれば、同業界での実務経験が必須です。

で、外資系企業に入ったら、あとは社内で結果を出すだけ。
会社の中で有名になるくらいの実績を出し、本社と繋がりのあるプロジェクトに積極参加し、本社のマネージャに「日本のあいつは何者だ」といわれるくらいの存在感を出せば、どこかのタイミングで、本社出張や、本社勤務を勝ち取れます。

ビザも、普通に外部から就職するよりも、社内で転籍する方が簡単にとれるのです。

「でも、まだ学生だから、これは道が遠すぎます」という人。
そんなあなたには、海外の大学に進学することをお勧めします。

東南アジアで働く場合は、英語で仕事をする場合もお互いネイティブではないので、下手な英語でもなんとかなります。しかし、英語ネイティブの国や英語レベルの非常に高い欧州の国で働く際にはかなり高い英語力が必要になります。

その際には、このような3ステップで学んでいくのが正解です。
1.英語「を」学ぶ
2.英語「で」学ぶ
3.英語「で」働く

1.英語「を」学ぶ は、語学留学などを通じて英語を学ぶことです。その次のステップに、
2.英語「で」学ぶがあります。英語を使った授業やディスカッションで新しい事を学ぶ。これをすることで、自分の専門分野での語彙力が飛躍的に伸びますし、英語での議論なども上手くなります。
このステップを踏んでからであれば、比較的スムーズに 3.英語「で」働く ことができるようになるのです。

また、国によっては現地の大学卒業後、数ヶ月-数年のインターンが可能なビザをもらえます。在学中および卒業後に企業にインターンをして、仕事を得ること、これが学生から欧米就職の最短距離です。

簡単な道ではないですが、同じようなルートでチャレンジをする世界中の若者と切磋琢磨できる面白い道です。
我こそはという若い人、ぜひチャレンジしてみてください。

じゃあ、具体的にどうやって海外の大学に行くの?と思った人は、こちらをクリック!

EF 海外大学進学プログラム
ef180


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad