「三丁目の夕日」の世界に、いきなり「21世紀」が来た 刺激的な街、プノンペンへ行ってみよう

2016年03月03日(木)


※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です

プノンペンのイオンモールには、日本の(電器や通信機器の)ノジマも入っており、最新型の3Dテレビなんかが綺麗にディスプレイされています。

ここだけではなく、プノンペン市内にはサムソンやLGの店がたくさんあり、最新の家電が並んでいます。

思い出すのは「街頭テレビ」

しかし、そんな先進国と同じような店がある反面、この写真の様な店もあります。

映画館のように…
映画館のように…

このお店は、いわゆるカフェなのですが、日本ではあまり見かけない形で椅子が並んでますよね。実は、このカフェ、映画館のように、椅子に座ってみんなでテレビを見るカフェなのです。

カンボジアでは、月給1万円以下の人が非常に多く、家にテレビがない人なんかもたくさんいます。そんな人たちはこうやって近所のオープンエアーのカフェにきて、みんなで並んでテレビをみるのです。

これを見て思い出すのは「街頭テレビ」です。

古き良き(幻想の)1950年代を描いた「三丁目の夕日」では、家にテレビが来ることがニュースになっていましたが、ほとんどの人は街頭テレビで力道山をみていました。

椅子がある分「街頭」ではないのですが、2014年のプノンペンにもこの様なお店が普通にあるのです。

昭和と21世紀が混在する

私は、プノンペンのイオンモールの衝撃について「三丁目の夕日の世界に、いきなり21世紀がやってきた」と言っているのですが、こういうこと なんです。街頭テレビを見ている人がいる反面、キラキラのモールで3Dテレビを買って帰る人もいる。それが、2014年のプノンペンなのです。

街には自動車のタクシーはまだ少なく、原チャリに荷台をつけたトゥクトゥクが主な交通手段です。でも、そのトゥクトゥクに乗っている女子高生は、スマホで写真を撮って、Facebookにアップしていたりするのです。

この、昭和と21世紀が混在する街。実に面白い光景がゴロゴロしているので、ぜひ一度来てみてください!


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad