ホリエモンは年商五千万円!?オンラインサロンってなんだ!?

2014年08月28日(木)


ホリエモンが、月額会費10800円のオンラインサロンを始めて、400人の定員があっというまに埋まったこと&2次募集も開始されたことが話題になっています。

第一期会員の会費だけでも、
10800円×400人×12ヶ月=51840000円

これだけで、年間5000万円以上の売上が立ってしまうビジネス、オンラインサロン。これは一体何なのでしょう?

私は、約2年前から「もりぞお海外研究所」というオンラインサロンを運営しています。ホリエモンほどの売上は立っていませんが、月々1260円(これでも当時は業界最高値でした)ずつお支払いいただいている会員さんが約190人いますので、今私が在住しているセブでは充分食っていけます。(私はこれを「マイベーシックインカム」と呼んでいます)

生活出来るだけの原資があると、思い切ったことにチャレンジもできるので、サムライカレープロジェクトなんていう前代未聞の取組を行う事もできるわけです。

そんなオンラインサロンを、会員の側から見て、一言で要約すると「有料メルマガの拡張版」です。

有料メルマガではメールという媒体を使って情報を会員の方に提供しますが、オンラインサロンではFacebookのグループを使って情報を 提供します。このグループは、課金をしている人しか入れない仕組みになっており、この中で主催者および会員がコンテンツを書き込む形になります。

では、有料メルマガとの違いはなんでしょう。

大きく分けてこの3点です。

1.会員同士がやり取りをできる

メルマガですと、メールですので主催者→会員の一方通行になりがちです。それを補完するためにQAコーナーなどを作っている場合が多いですが、限界があります。

その点、Facebookのグループでは、会員も自由にコメントなどをできますので、コンテンツに対して意見を言ったり、会員同士でやりとりをしたりできるようになっています。

例えば、私がインドネシア就職に関する情報をグループに流すと、インドネシア在住の会員Aさんががそこに過去の経緯を追記してくれます。さらに、インドネシア就職に興味のある会員BさんががAさんにアポをとって現地で落ち合うなどということが日常的に起こっています。

有料会員ですので、極端にネガティブなことや誹謗中傷を書き込む人などのノイズはありません。Facebookなのである程度の身元はわかりますし、書き込みの可否なども設定できますので、「荒れない」コミュニケーションの場を提供できるのです。

画像

ホリエモンサロンは、この機能に特化しており、ホリエモンが音頭をとって、どんどん会員同士が交流し、ビジネスを立ち上げたりしているようです。

2.写真や動画など、様々なコンテンツが提供できる

最近、メールにおいてスパムフィルタが厳しくなっており、写真のリンクなどを入れるとはじかれてしまう場合が多く、有料メルマガでは文字情報中心にならざるを得ません。

しかし、Facebookですと、写真はもちろん、動画なども自由に提供することができます。

私の場合、現地の写真を元にコラムを書いたり、電子書籍の売り上げなどのデータを画像でお見せしたり、セミナーの音声や動画を提供したりしています。

ホリエモンサロンでも、サイバーエージェント藤田社長との対談をライブ&動画配信しているみたいですね。

3.こまめな投稿が可能である

メールですと、毎日の様にくるとうっとおしいので、どうしても長いものを週に1度といったかたちになりがちです。しかし、長いメールを読むのはおっくうです。後で読もうと思って、そのまま忘れて、翌週次の号が届いたときに思い出して「損した…」と思うことが多いです。

それに対して、Facebookへの投稿は、比較的短文を投稿することが多く、タイムラインに乗りますので、毎日ショートコラムを連載する のに向いています。読者からするとタイムラインに載った記事を読むこともできますし、グループをクリックして過去ログをまとめて読むこともできるので非常 に便利です。

私は、ほぼ日刊(ここ1年で350回くらい更新してます)でコラムを提供しています。読者の方が日々目にしてくれているので「損した」感はなく、退会率は非常に低いです。ちなみに、2014年6月の1ヶ月間、一人も退会していません。

このように、有料メルマガよりリッチなコンテンツを高頻度かつ双方向で提供できる故に、主催者と会員の距離が近くなるのがオンラインサロンの特徴です。

それ故に、会員の方は、非常に役に立つ情報を仕入れられるだけではなく、自身の人脈を広げられるわけです。

メルマガはその規約上、主催者は会員の名前を知ることはできませんが、オンラインサロンは強制的にFacebookの名前をみることになりますので、普通に会員の方の名前を覚えてしまいます。その上で、オフ会なども開催しますので、知り合いになれるのです。

私みたいな小物と仲良くなってもアレですが、ホリエモンとお近づきになれるのであれば、月1万円も惜しくないというのは非常に納得できます。

メルマガよりお深く、濃い、おもしろい仕組みですので、興味ある人はぜひお試しください。(私のサロンは2週間無料です)

またクリエイターの方は、ぜひご自身でも運営されることをお勧めします。

もりぞお海外研究所
http://morizo.asia/?page_id=23

シナプスサロン
http://synapse.am/contents/monthly/mota1976

より詳細に知りたい方はこちらもどうぞ
メルマガよりも稼げる?有料オンラインコミュニティ運営を1年半くらいやってみた


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad