セカ就推薦映画 きっとうまくいく

2014年04月23日(水)


インド映画なのですが、カースト制や受験戦争という社会問題に正面から問題を投げかけるストーリーがすげえしっかりしていて、伏線もバリバリで素晴らしいです。

きっと、うまくいく [DVD]

とはいえ、ちゃんと無駄な歌と踊りも入っていて楽しい気持ちになります。

生まれた1秒後から「エンジニアになれ」と親に決められて、過酷な受験勉強、学内競争に追い込まれるインド人たち。
彼らは、そのプレッシャーに押しつぶされ、毎年たくさんの自殺者をも生んでいます。
(そういえば、インドの大学を出た日本人の学生も、思った以上に詰め込み教育だったと言ってたなあ。。)

それに対して「好きなことをやっていいんだよ」ということを主張し、学長に、友人に説いていく主人公。馬鹿げたコメディーの中に、生きていくことの楽しさが詰め込まれた、素敵な作品です。

日本で働いたって、海外で働いたっていい。
サラリーマンだって、起業家だっていい。
自分が好きなことをやるべきなんです。ホント、そう思えるいい映画なので、ぜひ。

3時間弱とちょっとながいですが、おすすめです!

ちなみに、英語のタイトルは3idiots(3バカ)。でも「きっとうまくいく」という邦題はよかったとおもう。
全然関係ないけど、英題Idiocracyに「26世紀青年」という酷いタイトルを付けてしまったこの映画も(きっとうまくいくとはまるで別の意味で)おすすめです


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad