海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

なぜコロナ禍で、圧倒的な内定格差ができるのか?

日経新聞が大学の学長にアンケートを取った結果、7割が「内定がとれない学生が増えるだろう」と答えたそうです。

これは、純粋に不況により総内定者数が減るだけではなく、10個以上内定をとる学生と、ひとつも内定を取れない学生という、圧倒的な内定格差が生まれるからです。

なぜ、格差が生まれるのか?1999年の就活氷河期を振り返って分析してみます。

氷河期世代の現実

画像1

私は1999年に就活をして、20個以上内定をとりました。
早稲田大学理工学部という恵まれたポジションであったということはありますが、同じ大学でも内定を採れてない人はたくさんいました。

この年、企業は内定者数を思いっきり減らしており、厳選採用をしていました。
そんなときに、内定をとるのに必要な準備が3つあります。

1.業界・企業選び

画像2

不況の時は、採用が少ない会社はとことん採用人数が減ります。
2020年の今でしたら、航空・旅行業界は壊滅的でしょう。
しかし、一部の企業は「他が採用しないから、大量採用する」といって、積極採用します。

つまり、採用が少ない業界をあきらめ、採用が多い業界を選ぶという、業界選びが非常に重要になります。
これをやらない人は、就活100社落ちになりましたし、上手くやった人は内定をとりまくれます。

1999年だと、マスコミ・金融は厳しく、IT革命真っ最中のIT・コンサルはじゃんじゃん内定取れました。
ちなみに、2020年の業界事情は、ここで分析してます。


2.面接実戦練習

画像3

氷河期では、書類選考で落ちる可能性が高いので、なかなか面接にたどり着けない傾向があります。
そして、面接は場数勝負で、何度も面接を受けることで、だんだん上手くなっていきます。

つまり、採用人数が多く、たくさん面接をする業界を選んだ学生は、何度も面接をこなし、どんどん上手くなります。
逆に、採用人数が少ない業界を選んだ学生は、面接の経験が少なく、上達しません。

これが、圧倒的な差になってくるのです。

ちなみに、私は1999年に、就活の開始が早いというだけの理由で、テレビ局のアナウンサー試験とか受けて練習してました。当時は、フジテレビとか1万人くらい全員面接してたんですよ。


3.志望動機

画像4

志望している業界に落ちまくると、大量にエントリーシートを書かなくてはならなくなります。
さらに、自分に自信がなくなり、自己PRが書きにくくなります。
そうすると、エントリーシートの内容を考えるのがめんどくさくなり、コピペを乱用するようになります。こうなったら、就活100社落ちまっしぐらです。

忘れてはいけないことは、エントリーシートでも、面接でも伝えることは
「私は、御社で、こんな風にお役に立てます」
ということです。

これを言うためには、「御社」がどんな会社で、「自分」がどんな人かがわかっていないといけません。大学1-2年で自分がどんな人でどんなことができるかを理解し、3年で世の中にどんな会社があるのかをリサーチすることが理想です。

大学受験だって、難関校を受ける人は、小学校から準備を始めてますよね。
就活だって同じで、大学3年に就活始めたって遅いんです。

2020年の就活は、コロナの影響で3月に大きくルールが変更になりました。そのため、2月までに就活を進めてた人は圧倒的に有利になりました。

2021年以降の就活も、面接のオンライン化など、ルールもどんどん変わっていき、今までの常識が通用しなくなります。
だから、はやく動いて、新しいルールを学んだり、たくさんの会社を調べたりすることが大切です。

逆に言えば、ほとんどの学生は、ここに書いたような事前準備をしていないので、ちゃんと準備すれば、格差の上の方にいけるんです。

恐れずに、しっかり準備して、就活にのぞんでください!

大学は【コロナ退学】を避けるために【強い繋がり】を作るべきだ #たのしい大学

朝日新聞に、この様な記事が出ていました。

記事の内容をよく読むと、

「631大学の中の人に、影響がありそうな事項を聞いたところ、30%が「退学・休学の増加」と答えた」

という話で、まだ、予想の範囲に過ぎません。
(ちなみに一番影響がありそうと答えた学校が多かったのは「学生募集」
大学の最大の関心事が何かがよくわかりますね)

とはいえ、私が多くの大学生に話をしていても、その予想は現実のものとなりそうです。
これを避けるために、そして、学生の未来のために、大学は何をすればよいのか、考えてみました。

大学生が退学したがる理由を考えるにあたって、大学生が大学に求めるモノを4つあげてみます。

1.授業・学問、2.施設・設備、3.コミュニティ、4.学位 です。

画像1

まずは、1.授業・学問から検証してみましょう。

2020年後期、オンライン授業はあたりまえになった

コロナ禍により、大学に通学しての授業が減り、オンラインでの授業が増えています。

画像2


これに関しては、賛否が分かれています。

オンラインの授業の質が低い、すべての授業で出席代わりにレポートが出されるので大変すぎるなどが、否。
オンライン授業意外とと悪くない、通学しなくてもいいから楽という意見が、賛。

私の感覚だと、5,6月は否の方が多かったのですが、後期に入り、先生も学生もオンライン授業になれてきて、賛の学生が増えてきました。
実際、オンラインでも登校でもOKの授業には、7-9割の学生がオンラインで授業を受けます。

オンライン授業は当たり前になり、不満もそれほど多くなくなりました。
もちろん、講義が不満で中退する人もでると思いますが、これがメインにはなりそうもないです。

問題は、大学の関係者が「大学の本分は勉学である!勉学に問題がないなら改善の必要はなし!」と、現状を改善しようとしなくなることです。

では、何を改善すればいいのでしょう?


改善すべきはコミュニティ

2.施設・設備は、大学が閉鎖されて使えないことがほとんどですが、これに関しては仕方がないとしかいいようがありません。美大や工学系の学部なら、実習できないなら中退を考えることもあるでしょうが、文系の大学生が図書館が使えないから中退を考える事はないでしょう。

4.学位に関しては、今、重要なものです。
コロナ禍で経済が悪化し、就職が難しくなる中、大学を中退するのはデメリットが大きいです。1-3すべてが不満だけれど、大卒になるために頑張っている人も多いでしょう。

残るのが、コミュニティです。
友人や教授などとの人間関係を作りたいという希望。

とある大学でアンケートを取ったときにも、大学に81%と一番多くの学生が期待してたのがコミュニティです。

画像3


そして、現在、75%と、一番失望しているのもコミュニティでした。

画像4


つまり、経済的な問題を抜きにすると、このコミュニティ作りが、大学がやるべき最大のポイントなのです。


ある大学の取り組み

私が関係しているとある大学では、このコミュニティ作りの実習を計画しています。
それは、1年かけて、学園祭でビジネスを体験するというグループワークです。

1年生と2年生がチームを作り、ビジネス企画を作り、資金調達を行い、マーケティングリサーチ、協力企業探し、宣伝、製品製造、動画作成、看板作成、学園祭の販売、株主総会までやるという長期のプログラム

画像5

週に1回オンラインで授業を行いビジネスの基礎を習いながら実習を行う。学生同士は、毎日LINE等で密にコミュニケーションをとり、要所要所で実際に会って作業をするなかで、小さいコミュニティを作ります。

別チームとのコラボも可能なので、チーム同士で交流も計れますし、学園祭では一体感を味わうことができます。

これは、ひとつの例ですが、大学が今やるべきことは、強制的に学生を小さいチームにわけてなにか目標設定をする。
そして、そのチームに、教員が助言を出しながら、目標に向かって行動をさせることだと思うのです。

一緒に目標に向かって努力した仲間とのコミュニティ。
これは、部活でも、クラスのイベントでも、得られるものですが、オンラインのクラスではなかなか得ることができません。

登校すれば隣の人と話をしたりしてゆるい繋がりをつくることができるのですが、オンラインではそれができないため、強制力をもって強い繋がりをつくり、そこからゆるい繋がりを創っていく必要があるのです。

強い繋がりがあれば、オンラインでも孤独になりません。
ぜひ、多くの大学で、強い繋がりを作る仕組みを導入して欲しいなと思っています。

それが、コロナ禍でも #たのしい大学 の第一歩です。

コロナ氷河期世代のあなたが内定を取る方法【30.2%の就活生が無い内定だが、36.6%の企業も無い内定だ】

2020年からコロナ就活氷河期が来ることが確実になり、22卒、23卒という、今の大学1,2年生は戦々恐々していると思います。

21卒の10月1日内定率も、1年前と比べて7%下がっています


大卒の就職内定率69・8%、採用抑制・中止の動き拡大…5年ぶり70%下回る(読売新聞オンライン)

これは厳しい・・・。
しかし、実は企業も同じように悩んでいます。

採用できない企業が増えている

マイナビの調査によると、新卒を採用したいと思っている企業の1/3が一人も採用できていないのです。

画像2

これは、就活がオンライン化したことが原因です。

あらゆるものがそうなのですが、オンライン化すると、人気が一極集中します。

宣伝やSNSで爆発的な人気になった鬼滅の刃や進撃の巨人は、途方もない売れ方をするのですが、みんなに知られていない漫画は全く売れない。

紙の本の場合、鬼滅の刃を買いに本屋に行った人は「せっかく本屋に来たから、ついでにこれも買っていこう」と、本屋で見つけた漫画を買っていきます。

これに対し、Amazon電子書籍で鬼滅の刃を買った人は、買った次の瞬間にはスマホかタブレットで読み始めているので、ついで買いがないのです。

就活でも、リアル就活であれば、トヨタの説明を聞きに合同説明会に行ったけど、ソニーブースが混んでいるから近くにあったGSユアサとか曙ブレーキとかの説明を聞こうという、ついで聞きが発生します。

しかし、オンラインの場合は、トヨタの説明を聞いて終わってしまうので、知名度のない会社が、学生との接点を持つことができないわけです。

コロナ氷河期の学生が内定を取るためには

就活生の応募が一部の人気企業に集まるなか、普通に自分の知っている企業を受け続けていると、就活100社落ちします。


コロナ氷河期を大学受験で例えると、ただでさえ定員が減っている有名大学に、受験生が殺到して、より一層高倍率になっている感じ。

東大や早稲田慶応の定員が2割くらい減って(学部によっては受付停止)、受験者数が2倍くらいに増え、偏差値が5くらい上がっている状態です。

でも、これって、その分、他の大学の受験者数が減っている状態でもあるのです。有名大学しか受けない人が増えれば、それ以外の大学を受ける人は減りますからね。

だから、有名大学でなくても、自分が学びたいことを学べる大学を選べば、通常より楽に入れるのです。


これは、コロナ就活でも同様です。
まだ、合同説明会以外で「偶然の出会い」を産むシステムができていない今、自分で業界を調べて、みんなが知らない優良企業を見つければ、例年よりも簡単に内定がとれるのです。

少なくとも、冒頭の記事にあった、36.6%の一人も採用できていない企業は、採用基準は通常より甘くなりますよね。

氷河期世代の戦い方

氷河期世代は、全体の募集人数は下がるので、平均値をとって見ると他の世代よりも辛いことになります。
就活でつまづいたが故に、その後もなかなかリカバリできていない人がいることも皆さんご存じでしょう。

ただ、大きな変化の中にいるので、その変化に対応できた人は、他の世代よりも上手く行くのです。76世代といって、氷河期世代にmixiやグリーの社長、2ちゃんねるのひろゆきなど、有名起業家がたくさんいます。

それ以外も、同世代のライバルが少ないので、社内で頭角を現しやすいのがこの世代。

就活の時や起業の時に、変化についていけたかが、通常よりも大きく影響したのがこの世代なのです。

この記事を読んでいる人は、コロナ氷河期世代になるかもしれない人が多いと思います。
大切なことは、今何が起こっているかを知り、今努力をすることです。

その第一歩として、まず皆さんがすべきことは、業界について調べること。そして、面接にとおるためのエピソード作りをしておくことです。

今すぐ動きましょう!

※この記事、オリジナルは7月に書いて、11月にそれをアップデートしました。
7月時点では内定率10%減だったので、3ヶ月で少しマシになったわけです。

なぜマシになったかというと、おそらく、有名企業落ちまくった人が、あまり有名でない企業を調べ、受け始めたからだと思われます。

この時期まで就活するのは肉体的にも精神的にも大変なので、現在3年生以下の方は、はじめから有名企業だけでなく、マイナー企業も受けていくことをおすすめします。

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ