年間ベストセラー6位!?「セカ就!」がシンガポールですごく売れてるらしい

2013年12月08日(日)


アジアの首都、シンガポールに来てます!
前回、シンガポールに来た際に、JPLUSというシンガポールの日本人向けフリーペーパーに取材して頂いたのですが、その紙面を受取にいってきました。

写真がiPad miniくらいでかい…。

その後、ご紹介いただいた紀伊國屋リャンコート店の日本語書籍担当者様にご挨拶にいくことに。お店にはいると、どーん!

発売半年以上経つ本なのですが、いまだに店内の一等地に置いて頂いています!
しかも、手書きPOP付き!2段!スティーブジョブスの隣!

担当者様にお話しを伺ったところ、現在集計中なのですが、おそらく
1.全世界の紀伊國屋でこの店舗が「セカ就!」を一番売ってくださっている
2.2013年ベストセラーランキング 文芸部門 第六位になりそう
だそうです。マジか!?

「文芸」という所に関するツッコミはさておき、第六位ってのはアレだ。上にいるのは村上春樹とか東野圭吾とか永遠の0とか半沢直樹とかってことですよ!やべえよ!やべえよ!

紀伊國屋さんの猛プッシュのおかげももちろんあるのですが、それと同様にシンガポール在住の方のご支持もいただいているのだと思います。シンガポールで働く方にお話し伺ったり、自分もシンガポール行ったりして、できる限りリアルに書いたつもりです。
(本文の中に、シンガポールの紀伊國屋(これはリャンコート店ではなく本店ですが)も出てきますし。)
それ故に、海外在住の方から評価して頂くのは非常に嬉しいです。

紀伊國屋クリスマスのSeason’s Readingsの和書部門にも選んで頂いており、まだまだ元気に発売中です!


シンガポール在住の方は、是非コチラから!

また、紀伊國屋リャンコート店に行くと「スティーブジョブス」を押しのけて、セカ就漫画の無料冊子が置いてあるので、是非店舗にも!

そして、日本在住の皆様も、是非引き続きよろしくお願いします。

また、電子書籍のみで出している、これまたシンガポールを舞台にしたセカ就!外伝もあわせてどうぞ!250円!

ちなみに、先日バンコクで行われた和僑世界大会の基調講演、大前研一さんのプレゼン資料にも、セカ就!の文字が!

2014年は、流行語大賞を狙います!


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad