無料メルマガ、始めました!

2013年10月31日(木)


最近、やってることが増えてきたのと、興味を持ってくれる人が増えてきたので、無料メルマガ始めることにしました。

私の近況や、海外に関する小ネタをほぼ週刊でお伝えします。
興味がある方は登録してみてください!
※ちなみに、登録者のメールアドレスなど個人情報は一切私には知らされません…。

もりぞお海外研究所 無料メルマガ版
メアドだけで登録できる、まぐまぐ!版

メルマガ購読・解除

livedoor ID持っている人はBLOGOS版
http://magazine.livedoor.com/magazine/76

第一回の内容はコチラ!

【も研メルマガ】10/30 もりぞおさんの収入源はどーなってるの?号

■■
■■  もりぞお海外研究所メルマガ版
■■    http://morizo.asia/
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/10/30━━━

もりぞお海外研究所メルマガにご登録いただきましてありがとうございます。

1.もりぞおなう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もりぞおさんはなにやってるの?

今回から、無料版のメルマガを発行します。

謎の生活を送っている海外就職研究家の私。
その生態を探るのがこのコーナーです。
初回なので、今の生活全般についてお伝えします。

私は今、セブに在住しています。
大体、2-3週間くらいセブに滞在して、1-2週間国外に
出るというパターンを繰り返しています。
例えば、10月は10/10から20までカンボジアとシンガポールに
行っていましたし、11月は11/8から25まで日本です。(長いな…)

今回は、海外で何をやっているかというお話しを。

私は、1年に一個ずつ新しい活動を増やしていくことを目標としています。
2012年は海外就職研究家。海外就職について調べて、
様々な方法で広げていくという仕事です。これは、年に2冊ずつ本を書いたり、
有料会員組織「もりぞお海外研究所」を運営したり、
日本に帰ったときにセミナーを行ったりと、私のメインの収入源になっています。
http://morizo.asia/?page_id=23

2013年は電子書籍個人出版研究家。Kindleを中心とした
電子書籍の発行をたくさんしてきました。Kildeからは延べ
20冊発行し延べ売上約14000冊。
http://amzn.to/16GgCDi
あの出版という出版社と組んで楽天koboやiBook Storeからも
発行しています。また、11月には電子書籍関連のセミナーに講師として参加しています。

と、いうわけで2014年も、新たな収入源を作るための新しい
活動をしようと考えています。
今回の出張では、そのうちの2つの案の実施に向けて動いてきました。

ひとつが、シンガポール婚活ツアー

シンガポール在住の男性へ!まさかの新企画シンガポール婚活ツアー、やります。
http://morizo.asia/?p=3466

シンガポール在住の男性と、海外で結婚したい女性の
マッチングパーティー。現地でいろいろ聞き込みをしたところ、
人によって言うことが全然違うので、とりあえず一回やってみよう!
ということで、開催してみました。これ、需要があったらすごく
面白いことが起こりそうです。

もう一つが、サプライカレープノンペン!
https://www.facebook.com/samuraicurry?ref=hl
カンボジアにカレー屋を作ろう!という無茶な企画です。
プノンペン到着翌日に店舗を決め、翌々日にプレオープニング
パーティーをやっちゃうというスピード感!
しかも、本当の狙いはカレーを売ることではない!
この企画については、追々話をしていきます。

12,13年の仕事は自分一人でできることでしたが、14年は他社と
組んでの、実際に身体を動かしての仕事にしようと思います。
とはいえ、場所に縛られて生活するのは嫌なので、
リモートで動かせる仕組みを考えながらのスタート。
その準備を着々としております。

と、いうわけで、こんな謎のアジア仕事をしながら、
その様子をお伝えしていきますので、今後ともご購読頂けたらと思います。

来週は、セブでどんな仕事/暮らしをしているかをお伝えします。

※3.質問コーナーで、私の収入源のお話しもあるので、あわせてどーぞ。

【今週のもりぞおさん】
10/24-30 主に家(セブ)でぐだぐだ原稿を書く

10/25 やっとこ次の本の「はじめに」と「第一章」が書き上がり、
編集者に送る。好評。よかった。

10/26 英語学校・サウスピークで就職セミナーに口を出す

10/29 11月日本出張の航空券をとる
11/08 セブ→成田 フィリピン航空直行便 約2.2万円
11/25 大阪→マニラ ジェットスター 約1.3万円
11/25 マニラ→セブ セブパシフィック 約3千円 合計4.8万円

10/29 英語学校・IDEA Englishで就職セミナー 30分くらいしゃべる
10/30 英語学校・QQ Englishで就職セミナー 30分くらいしゃべる

2.海外・電書なう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もりぞおさんからの研究レポートです

■ホテルの値付けがおかしい、カンボジア
シンガポールはホテルの値段が狂っていて、
まともなホテルには1万円くらい払わないと泊まれません。
しかし、プノンペンでは、ホテルの値段が逆の意味で狂っています。

そこそこのホテルのツインルームの値段が、大体2000円程度。
宿が安い東南アジア各国の中でも特筆すべき安さです。

現地の人と話をすると、「たぶん、カンボジア人経営者は、
減価償却という概念を知らない」と言っていました。

通常、ホテルの値段はサービスにかかる費用(人件費や光熱費、
シーツ代など)に減価償却費を足したコストを元に計算されます。
減価償却費というのは、6億円かけて建てたホテルの建物を
30年かけて元を取る場合は年に(6億/30=)2千万円コストが
かかっていると計算するわけです。

彼が言うには、どう考えても奴らはこの2千万円を計算に
入れてないのでは…というのです。
確かに、十年前のプノンペンの地下なんて二束三文だし、
十年劣化したホテルでも地価が(まだ安いものの当時と比べれば)
高騰しているため、建築時より高く売れるはずです。

周りのホテル代が安いから、それに対抗するために
他のホテルも安くなる。旅行者に優しく、
経営者に厳しい街になっている、そんなプノンペン。

彼はギャグで言ったのかもしれませんが、
本気ではないかと思わせてしまうようなカオスな雰囲気がある、
プノンペンです。

【Mさん インドネシア】
インドネシアの製造業でもdepreciation(減価償却)考えてないやろー、
と突っ込みたくなることが時々あるみたいで。ローカルのオーナー
会社はとにかく最高の機械を買って、安い単価で仕事を取っちゃうとか。
減価償却考えるとその単価で取るのは無理なはずですが、、、
とにかくキャッシュがあるから高い機械を買う!
買っちゃったら設備を寝かしといても仕方ないから
安い仕事でもやる!みたいな感じですかね。

【Kさん インドネシア】
ウチの業界もそうやって金持ちがすげー良いマシン揃えて
すげー安い単価で受注するもんだから市場が崩壊しつつありますw
彼らどうせ手を引くんだろうし、その時に残されてるのは
草木一本生えない荒れ地が残ること必至。

【も フィリピン】
マジか。。途上国には、簿記三級を教えることから始めないといけないのか。。

【Mさん 日本】
これ、たぶん文化人類学的な深い問題が横たわっているんですよ。
原価償却もそうですが、時系列の中で展開される高次な展望的、
プランニング的イメージって、気候変化があり計画的に食べ物を
保存しなければならなかった地域とかじゃないと育たないんです。
生物学的な頭のよしあしじゃなくて、その地域固有の概念形成で、
それがたまたま資本主義時代の現代に合っていたから、北半球の多くが
先進国になれたようなものです。もちろんだから偉いとかじゃないんですが、
こういった面倒な思索をせずに暮らせていた地域のほうが
幸せ度が高かったと考えています
【Kさん インドネシア】
銃・病原菌・鉄的なサムシングですね。勉強になります。

【Mさん 日本】
日本(衰退先進国)vs東南アジア(イケイケ若者国)、
って結局のところこの2つの性質とパワーの均衡で将来が
決まるんだと考えています。
1,プランニング&細部的オペレーションは得意だけど
老人ばかりになる国と、
2.それらは苦手だけど生産年齢人口MAXの躍動する国、
その1Vs2は、トータルで結構いい勝負をするでしょう。
ITは少し1に有利な気がするけど,日本の不毛な
ITゼネコン構造を見ているとやはり、
2が勝つのかなとも思えます。
50年たたないとわからないですね^^

【Mさん インドネシア】
アリとキリギリスの話が心に響くか響かないか。これは大きいと思います。

本題「冬に備えて計画的に食料を貯めておきましょう」

日本人では「確かに!冬になって食べ物がなくなって困る!」
「冬になってからアリさんに食べ物恵んでもらうのは恥ずかしいね!」

インドネシアでは「いや、冬こないし、、、裏庭のバナナ食べればいいし、、、」
「食べ物が無くなったら沢山持ってる人からもらおう!」

個人のバイクのローンでも似たようなもの。友人の会社で働く
スタッフがバイクをローンで買ったというので「金利何%なの?」って
聞いても答えられなかったって。ただ「頭金いくらで、月にいくら払うよ」
と支払額はちゃんと言えるらしい。そんなもんなんですよ。

ITに関してはレイヤーが下のほうは1が強く、
上の方は2が強いかなという気もしてます。
レイヤーが上のソフトウェアの中でも、勘定系とか生産管理システムみたいな
のは1が強い気がしますが、インターフェイスとかウェブ系は、
どちらともいえないかな、というのが業界に身をおいてる者としての実感です。

続きは有料版で!

有料会員組織もりぞお海外研究所ではこんな記事を毎日配信しています。
また、Facebokコミュニティで直接ツッコミが入れられます。

無料版では物足りない!という方、もりぞお海外研究所もよろしくお願いします!
http://morizo.asia/?page_id=23

また、週一回全記事を配信中のもりぞお海外研究所有料メルマガ版もよろしくお願いします
http://www.mag2.com/magspe/interview166/

今回は、こんなガチな質問に(伏せ字入りで)答えてます!

もりぞおさんの、サラリーマン時代の年収を10とすると、
会社を辞めたあとどれくらい稼げるようになりましたか?
推移もあわせて答えれたら教えて下さい

☆3.イベント&連載なう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もりぞおさんが出る有料/無料のイベントリストです
New!
■第三回関西学生グローバルフォーラム in 大阪
https://www.facebook.com/events/674767029208427/?source=1

大阪で、就活生や大学生向けに「世界で働くってどういうこと?」
セミナーやります!
就活生、大学生以外の方も、ウェルカム!
海外で働きたい方にも、日本で働きたい方にも、有益な
情報をお話しします!

■11/16 少人数制のお茶会 in 東京
https://www.shair.co.jp/oa_cmn/show/oa_table/c/c01/163.html

11/9 留学生向けセミナー登壇(ゲスト)
11/18 電子書籍セミナー(ゲスト)
11/24 就活生向けセミナー(in 大阪)
これ以外に、あと1,2回セミナーを開き、も研交流会もやる予定です。
ヤバイ。本書く暇がない。。

JCAST アジア海外就職という選択肢
毎度おなじみJCASTの連載です
http://www.j-cast.com/kaisha/2013/04/23173543.html
引き続き、毎週火曜日更新中です!

これから、帰国中に受けたインタビューが各種サイトに
掲載されていきますので、お楽しみに。

こんな感じで、記事連打するので、よろしくお願いします。
ちなみに、記事の更新情報はも研では書いてないので、
twitterかFacebookをフォローしてくださいね!
http://morizo.asia/?page_id=19

☆6.あとがきなう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あとがきです

メルマガリニューアルで、私のパーソナルも
ちょいちょい出していこうと思っていますので、
引き続きよろしくお願いします!

それでは、Have a good day!

ご興味を持った方は、是非登録してください!

もりぞお海外研究所 無料メルマガ版
メアドだけで登録できる、まぐまぐ!版

メルマガ購読・解除

livedoor ID持っている人はBLOGOS版
http://magazine.livedoor.com/magazine/76


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad