iBooks Storeで無料キャンペーンやったら、無料も有料も1位になったでござる

2013年10月23日(水)


Amazonで累計1万冊以上売った「もりぞお世界一周紀行」ですが、Koboではその1/100も売れず悲しい気持ちになっていました。実は、Appleが運営しているiBook Storeも状況は変わらないのですが、さらにApple様の検閲が厳しくなかなか発行できていませんでした。

が、めでたく1.日本編、2.中国編、3.アメリカ編まで発売されたので、本気で営業活動をしよう!ということになりました。

iBooks StoreはApple IDがあれば=iPhoneかiPadかmacを持っていれば誰でも購入できるのですが、その存在を知らない人が多いです。存在を知らないのであれば、知らせればいいじゃないですか!ということで、久々の無料セールをやることにしました。

Amazonでは未発売の、カンボジア編!

iPhoneでもPCでもいいんで、この画像をクリックすると、無料DLできるページに飛びます。無料ダウンロードしたら、iBooksというソフトを立ち上げれば読めます。
この本は、私が世界一周する前の2007年の年末にカンボジアに行ったお話しです。

経済発展前のカンボジア。ポルポトによる大虐殺の跡を追いながら、バカな人形とか、アジア最安のスキューバのライセンスとかをとって遊んでいます。

さて、この無料キャンペーンをやったらどうなったか?

旅行部門で、無料も有料も一位になりました!

ハイパーメディア高城剛や、グローバルマッチョタムコーを打ち破っての1位です!
やはり、無料キャンペーンで知名度をとって、有料に繋げるという作戦は有効なようです。とくに、知名度のない、はじめての市場においては。

ただ、実際の売上冊数は…Amazonと比べるとまだ桁違いで…やはり、本といえばAmazonというその知名度によるアクセス数、ひいては売上の違いはでかいです。

とはいえ、Amazonとは違うお客さんがついており、しかも、iPhone率が異常に高い日本においてはその潜在顧客数は膨大であり、何かのきっかけでブレイクすると凄いことになる可能性があります。

と、いうわけで、今はまだ大したことはありませんが、ランキングの入りやすさと、将来の膨大な売上を評して、これからもiBook Storeでも売っていこうと思うので、Appleユーザーのみなさま、是非よろしくお願いします。

ここから、私がiBook Storeで売ってる作品全部リンクされてますので。
iBook Store もりやまたつをの作品

あと、Dot Placeというサイトにインタビューしてもらったので、コチラも併せてどうぞ!

『セカ就!』森山たつをさん│セルフパブリッシングで注目の、あの作家に聞く

 

 

 

 

 


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad