カット打法禁止を「ご理解ください」という、日本社会の理不尽

2013年08月22日(木)


イチロー日米4000本すげえ!
って偉業の前日、高校野球ではなんか非常にいやーなことが起こっていました。


【夏の甲子園】千葉にカット打法禁止令!花巻東決勝ならず

花巻高校の千葉選手は、カット(わざとファールにする)打法を駆使し、相手投手を疲れさせ、フォアボールで塁に出るという戦法で驚異の出塁率を叩き出していました。
しかし、準決勝の試合前に審判団が、
「意識的にファウルする“カット打法”は審判がバントと判断する場合もある」
と告げ、この打法を禁じたのです。

まず、カット打法というのはプロ野球でも使われる高度な打法です。
私はヤクルトファンだったので、稲葉選手や現メジャーリーガーの青木選手がカットで粘って好球を待つ姿を何度も見ています。
これは、誰でもできる打法ではなく、高い選球眼とバットコントロールを要する高等技術です。
ストライクを見逃したり、空振りした瞬間にアウトになる状況の中、コツコツと当てる姿は、私に取っては実に面白いプレーでした。特に、敗色濃厚の北京オリンピックで、最後まであきらめずコツコツ当て続けた青木選手の姿は今でも目に焼き付いています。

北京五輪現地レポート 三位決定戦 「五輪野球の敗因のおさらいそして、ひとつの希望」

確かに試合時間は長くなるし、投手は疲れるし、視聴率的にも好影響は及ぼさないので止めさせたくなるのはわかります。しかし、「意識的にファウルする“カット打法”は審判がバントと判断する場合もある」「ご理解ください」という言葉でこれを封じるのは筋違いです。
あのカット打法は、どう見ても「バント」ではありません。

野球にはスリーバントというルールがあります。
ずーっとバントをし続けて、投手が疲れさせ、フォアボールを狙うことを阻止するために後付けで付けられたルールであると考えられます。

この様に、きちんとルール化すれば問題ありません。
今回の問題点は、きちんと事前にルール化せず、既存のルールを適当にねじ曲げ、「ご理解ください」と理屈もなく圧力をかけて封じたことです。

つまり、日本特有の「空気による支配」です。

ルールを守らせることが仕事の審判団による、ルールの課題解釈とそれを納得させる圧力というのは非常に理不尽です。
そして、建前上「汗と青春の高校球児」的要素を売りにして過大いる甲子園で、この様な醜い大人の政治的圧力を見せられるのは非常に不快です。

高野連には、今回の経緯をきちんと説明し、なぜカット打法が違反かを明確にし、必要であれば次回大会からカット打法に関するルールを制定して欲しいと思います。(高校野球においては、ファールを10回打ったらアウトとかでもいいと思います。それが正式なルールであれば)

私は、ルールが全て正しいとは思っていません。現実には守ることが不可能なルールや、無駄なルールがたくさんあります。それを適当にいなしながら進めていくのがビジネスであり人生です。しかし、スポーツというのは、社会を単純化したものだり、ルールの中で知力体力を尽くして競い合うのが魅力なのです。そんな世界で、ルールが圧力で変わってしまうのは言語道断です。

現実社会の理不尽さに「倍返し」するドラマが受けてる裏で、スポーツの世界で理不尽がまかり通っているという現実にはホントにうんざりです。


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad