海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

オーストラリア就活事情 または、私がアジアを目指さなくてはならない理由

さて、明日はインドネシアにバカンス就活の前準備に出発する日です。
とりあえず、日本最後の記事として、アジアじゃないとこの就活を検討した結果をお伝えします。

まず、アメリカ。
オイラ、あんまりアメリカ好きじゃないしー
ということはさておき、正直、仕事がありません。
失業率ハンパないです。
シリコンバレーでエンジニアとして働けるだけのスキルがあれば別ですが、もりぞおさん技術力限りなくゼロに近いです。

そして、ヨーロッパ。
ヨーロッパ各国の労働環境(特に休暇に対する考え方)はものすごく魅力的ですが、現状では、どー考えてもムリです。職がなくてデモをやってる国民と、財政破綻寸前の国に移住するのはちょっと無謀です。
なんで、ヨーロッパ各国については、調査すらしてません。

で、私が去年行って、むちゃくちゃ働きたいと思ったオーストラリア。
こちらに関しても、かなり仕事がないようです。

オーストラリアの転職活動は、まずビザをとって、そこから企業まわりをするのが一般的だそうです。
その、ビザの取得が大変です。

ビザはポイント制で、学歴や職歴、年齢、英語力(IELTS(=大英帝国版TOEFLみたいなもん)の点数)などによって点数が加算されます。
大学の専門と職歴が、オーストラリア国家が求めているモノと合致してたりするとボーナスポイントがもらえます。

もりぞおさんの場合、IT関係の学科を出ている上に、IT企業の職歴があるため、ボーナスポイントがもらえるのですが、(年齢が30歳超えているということもあり)かなりギリのラインで、IELTSでかなりのハイスコアを叩き出さなくてはなりません。(しかも、ハードルが年々上がってる)

実際オーストラリアは日本の21倍の土地に1/6の人口が住む国。
鉱物資源がざくざく出てきて外貨は稼げるし、自国内の農業と畜産業で食っていけるわけで、過酷な国際競争に追いついていかなくてもいい国なんです。(コアラがユーカリ食って寝てれば生きていけるように)
ムリに多くの移民を受け入れて、経済成長させなくてはいけないというわけでもないので、移民の数を絞るという政策には納得感があります。(しかも、移民国家だけに、誰にでもチャンスを与え、実力次第で受け入れるというのはフェアだ)

で、それだけの難関をくぐり抜けても、実際に職があるかというと、かなり厳しい状況にあるようです。

今日お話しをさせてもらった、某海外の就職サイトを運営されていた方によると、オーストラリア企業の就職セミナーをやると、オーストラリアに留学していた人たちが半泣きで山ほど参加してくるとか。

じゃあ、そういう人たちは今頃なにをしているのか。
答えはアジアにありました。

その方の話によると、シンガポールの日系企業は、オーストラリアやニュージーランド、カナダ帰りの留学生をターゲットに、人材のリクルーティングを行っているそうです。

英語が喋れて、海外生活経験があり、(就労経験がないので)安い給料で雇える。
しかも、シンガポールからは、東京よりもシドニーの方が近い。

そんなわけで、シドニーにリクルーティング担当者を派遣したりもするようです。

日本の海外転職のエージェントの人が、最近、シンガポールの日系企業が求める英語のレベルが跳ね上がっていると言っている理由もよくわかりました。

そもそも、かなり日本人の数が飽和状態で、超優秀なシンガポール人(日本語が喋れる人も増加中)が安い給料で雇える。シンガポール国家も国民の「移民入れすぎ」の声に押されて入国ビザの発給要件が年々厳しくなってる。

それに加えて、上記の様に、金と時間をたっぷりかけて英語を学んだ若くて安い日本人が入ってくるのですから、そりゃ、厳しくなるわけです。

私としては、そんな連中とガチ勝負をするというイベントのためにシンガポールも行きますが、やっぱり、(留学経験のない)普通の日本人としては、それほどビジネスエリートが多くもなく、先進国留学組が敬遠する、東南アジアの途上国の方が選択肢としてリーズナブルなんじゃないかなあなんて思う訳です。

とはいえ、私はオーストラリアのエージェントを通してちょっと調べたりしただけで、実はシドニーにすら行ったことがないオーストラリア初心者の私の発言なんで、詳しい人いたら突っ込み入れてください。

ちゅか、私、オーストラリア大好きなんで、就職先あったら紹介してください!



そんな感じで、1週間毎日投稿したのですが、明日から海外なんで、さすがに限界です。
現地からも投稿しますが、不定期になりますので、ヒトツヨロシク。
なんやかやで、2,3日にいっぺんは投稿しそうですけどね。


オーストラリア就活事情 または、私がアジアを目指さなくてはならない理由

さて、明日はインドネシアにバカンス就活の前準備に出発する日です。
とりあえず、日本最後の記事として、アジアじゃないとこの就活を検討した結果をお伝えします。

まず、アメリカ。
オイラ、あんまりアメリカ好きじゃないしー
ということはさておき、正直、仕事がありません。
失業率ハンパないです。
シリコンバレーでエンジニアとして働けるだけのスキルがあれば別ですが、もりぞおさん技術力限りなくゼロに近いです。

そして、ヨーロッパ。
ヨーロッパ各国の労働環境(特に休暇に対する考え方)はものすごく魅力的ですが、現状では、どー考えてもムリです。職がなくてデモをやってる国民と、財政破綻寸前の国に移住するのはちょっと無謀です。
なんで、ヨーロッパ各国については、調査すらしてません。

で、私が去年行って、むちゃくちゃ働きたいと思ったオーストラリア。
こちらに関しても、かなり仕事がないようです。

オーストラリアの転職活動は、まずビザをとって、そこから企業まわりをするのが一般的だそうです。
その、ビザの取得が大変です。

ビザはポイント制で、学歴や職歴、年齢、英語力(IELTS(=大英帝国版TOEFLみたいなもん)の点数)などによって点数が加算されます。
大学の専門と職歴が、オーストラリア国家が求めているモノと合致してたりするとボーナスポイントがもらえます。

もりぞおさんの場合、IT関係の学科を出ている上に、IT企業の職歴があるため、ボーナスポイントがもらえるのですが、(年齢が30歳超えているということもあり)かなりギリのラインで、IELTSでかなりのハイスコアを叩き出さなくてはなりません。(しかも、ハードルが年々上がってる)

実際オーストラリアは日本の21倍の土地に1/6の人口が住む国。
鉱物資源がざくざく出てきて外貨は稼げるし、自国内の農業と畜産業で食っていけるわけで、過酷な国際競争に追いついていかなくてもいい国なんです。(コアラがユーカリ食って寝てれば生きていけるように)
ムリに多くの移民を受け入れて、経済成長させなくてはいけないというわけでもないので、移民の数を絞るという政策には納得感があります。(しかも、移民国家だけに、誰にでもチャンスを与え、実力次第で受け入れるというのはフェアだ)

で、それだけの難関をくぐり抜けても、実際に職があるかというと、かなり厳しい状況にあるようです。

今日お話しをさせてもらった、某海外の就職サイトを運営されていた方によると、オーストラリア企業の就職セミナーをやると、オーストラリアに留学していた人たちが半泣きで山ほど参加してくるとか。

じゃあ、そういう人たちは今頃なにをしているのか。
答えはアジアにありました。

その方の話によると、シンガポールの日系企業は、オーストラリアやニュージーランド、カナダ帰りの留学生をターゲットに、人材のリクルーティングを行っているそうです。

英語が喋れて、海外生活経験があり、(就労経験がないので)安い給料で雇える。
しかも、シンガポールからは、東京よりもシドニーの方が近い。

そんなわけで、シドニーにリクルーティング担当者を派遣したりもするようです。

日本の海外転職のエージェントの人が、最近、シンガポールの日系企業が求める英語のレベルが跳ね上がっていると言っている理由もよくわかりました。

そもそも、かなり日本人の数が飽和状態で、超優秀なシンガポール人(日本語が喋れる人も増加中)が安い給料で雇える。シンガポール国家も国民の「移民入れすぎ」の声に押されて入国ビザの発給要件が年々厳しくなってる。

それに加えて、上記の様に、金と時間をたっぷりかけて英語を学んだ若くて安い日本人が入ってくるのですから、そりゃ、厳しくなるわけです。

私としては、そんな連中とガチ勝負をするというイベントのためにシンガポールも行きますが、やっぱり、(留学経験のない)普通の日本人としては、それほどビジネスエリートが多くもなく、先進国留学組が敬遠する、東南アジアの途上国の方が選択肢としてリーズナブルなんじゃないかなあなんて思う訳です。

とはいえ、私はオーストラリアのエージェントを通してちょっと調べたりしただけで、実はシドニーにすら行ったことがないオーストラリア初心者の私の発言なんで、詳しい人いたら突っ込み入れてください。

ちゅか、私、オーストラリア大好きなんで、就職先あったら紹介してください!



そんな感じで、1週間毎日投稿したのですが、明日から海外なんで、さすがに限界です。
現地からも投稿しますが、不定期になりますので、ヒトツヨロシク。
なんやかやで、2,3日にいっぺんは投稿しそうですけどね。


二カ国目はタイです。資源なしの工業国。政治は悲惨だが経済力はあるって、あの国とそっくりじゃね?

さて、インドネシアに続いて調査するのは、タイです。多くの人にとって、タイとかインドネシアとかベトナムとかカンボジアとかは、「東南アジア」という箱にごちゃごちゃに入っていて、その違いはよくわかっていないでしょう。(南米人が日本と中国と韓国と台湾と香港の区別がついていないように)
しかし、タイは東南アジアの中ではかなり先進的な国だったりします。

それゆえに、アジアのどこに行くにしてもタイ経由が便利でした。また、今のようにネットでどんな航空券でもあっという間に買うことが出来なかった時代、一度タイの首都バンコクまで行って、バンコクからインドやラオスへの航空券を買うのがリーズナブルだったりもしました。

日本の大企業に在籍してたとき、工場がタイにあったこともあり、何度も出張に行ってるため、もりぞおさんのパスポートにはタイの入出国のスタンプがやたら押してあります。(紫の三角のスタンプなので、よく目立つ)

なぜ、タイが東南アジアの中で発展することが出来たのか?
その原因の一つが、タイがうまいこと色々な国の植民地になることがなく、独立を保ってきたことです。
それゆえに、東西冷戦の頃、周りにあるベトナムやラオスや(ポルポト時代の)カンボジアなど、周りにあった共産主義国に対抗するために、アメリカやイギリスが資本を大量に落としたわけです。

ひとりあたりのGNPは東南アジアの中では高い方で1000ドル近辺のベトナムやカンボジアやラオスと比べると4倍近い約4000ドルになっています。(ちなみに、インドネシアは2300ドル。あと、マレーシアが約7000ドルとタイをぶっちぎっていてちょっとびびっている)

ちなみに、人口は6600万人(インドネシアの約1/4)。
天然資源はさっぱりで、電気が足りなくて(アジア最貧国のひとつである)ラオスから電気を輸入している状態。
従って、主な産業は工業と農業。

また、政治的混乱は日常茶飯事で、2,3年に一度クーデターとか暴動が起こっている感じ。
そもそも、政治家がめちゃくちゃで、2006年頃クーデターを起こされたタクシン首相の経歴とか大変なことになってます。

要約すると、商売で大もうけして首相になって、経済発展させると同時に治安を改善するために麻薬犯とかも千人単位でぶっ殺す。そして、所得隠しとかもやりまくり、それを報道した報道機関を国外追放。

まだまだいろいろあるので、もうちょっと掘り下げたい人は、もりぞおさんが昔書いた記事をどーぞ。

【報道特別企画】タイの変態大統領

ただ、大統領が変態でも、その上に王様(プミポン国王。名前がかわいい)がいて、国民は王様には忠誠を誓っているので、さほど大事にはならなかったりもするわけです。

さて、ここまで書いてきて気づいたことがあります。

東西冷戦中、西側諸国の防波堤として、アメリカ様の寵愛を受けて経済発展。
資源がさっぱりなので、工業で一生懸命モノを作るのがお仕事。
政治家はどうしようもない状態だけど、その上に名誉職的な国家元首がいて国はまとまってる。

日本にそっくり!


そんな、似たもの同士だからなのかはわかりませんが、タイには膨大な量の日本企業が進出しています。
そして、タイ人はその日本人に対して、膨大な量の産業を作り上げています。

有名すぎる日本人専用の夜の街。あらゆるタイプの日本料理屋。日本語の本屋やDVD屋。
日本のしゃぶしゃぶなんて、タイ風にアレンジされてタイスキ(タイ風すきやき)なんて名前になってチェーン展開されてるし(こういうとこも日本にそっくりだ)

これだけ産業的に日本との結びつきが強いんだから、さぞかし日本の大手エージェントも進出してて情報入手しやすいんだろうなと思っていたわけですが、現在大手エージェントは軒並み撤退中。
どうやら、アジア通貨危機とかこの前の暴動の前後に進出→撤退したみたいです。

そんなわけで、一番渡航回数も多く、日本企業が多いことも知っており、出張で働いたこともあるのに、転職活動するとなるとなーんも分からない国、タイ。

とりあえず、2,3日行ってみて、様子をリサーチしてきます。

生活環境としては、蒸し暑いこと以外は、食事よし、治安まあまあ、物価安しと、高いレベルで安定している国。
求人状況しだいじゃ、私にとっても、多くの海外転職希望者になっても、本命の国になるんじゃないかと期待してたりします。

 






この記事の情報は2011年現在のもの。
2014年の最新情報は、電子書籍にまとめています!

タイで仕事を探す方法から、タイに行ったときのおすすめスポット、タイ経済の現状、タイで働く人へのインタビューまで、タイづくしの118ページ!
ぜひご一読ください!

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ