Amazon様30%還元セールで電子書籍はどれくらい売れたのか?総合ランキング70位前後の場合

2013年07月20日(土)


さて、昨日からAmazon様の30%還元セールがえらいことになっています。
昨日の朝書いた記事は、たぶん3万アクセス以上あって、サーバが墜ちて、ミラーサイトつくりました。

アマゾン様がいきなり電子書籍全品30%ポイント還元をはじめた!日本よ、これが「帝国化した企業」だ!

これだけ大反響なんだから、電子書籍の売り上げもすげえもんだろう!と思っている人もいると思うので、私が関与する電子書籍に関してご報告致します。

まずは、セカ就!

水曜日に発売したばかりのこの本、セール発売前は50-80位くらいでしたが、昨日は一気に25位まで行きました!スゴイ!

過去5冊の個人出版は、今だけ99円セール!で軒並み20位以内に入ったのですが、やはり、今だけ1000円セールではそこまでは行かないか…と思ってたのですが、カミカゼが吹きました。

と、いうのも、この30%還元セールが起こると同時に、値段が高めの本が軒並みランキングを上げているのです。

例えば、セール前の18(木)20時のランキングでは、
トップ20のうち
200円以下 12
200-500円 3
500円以上 4

(一部前後のデータから推測 1件データ不明)
という構成だったのですが、

セール後の19(土)15時のランキングでは
199円以下 7
200-499円 3
500円以上 10

となっており、明らかに500円以上のモノ中心にシフトしてます。
そりゃ、100円の本買っても30円しか安くならないけど、1000円の本なら300円も安くなるんで当然っちゃー当然ですが、同時に「本って値段を安くすればもっと売れる」「みんな読みたい本があるけどきっかけがなくて買ってない場合が多い」と推測もできます。

そんなわけで、1000円(から300円還元で実質700円)のセカ就!も、無事にランキングを駆け上ることができたわけです。お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございます。

さて、じゃあ、ランキングではなくこのセールで実際の売上の冊数はどれくらい上がったのか?という話に移りましょう。

出版社による発行のセカ就!の販売冊数は私にはないのですが、個人出版した「電子書籍を売る方法」のデータはあります。

この本のランキング推移はこんな感じ。

キャンペーンが始まった後、徐々に順位を上げて、70-80位をうろうろしてた感じです。
さて、このくらいの順位で1日何冊くらい売れてたでしょう?

答えは、大体24時間で100冊強です。

意外と少ないのね・・・。
ただし、普段なら、1日で100冊売れればランキングは25位くらいまで行くので、全体の売上はものすごく底上げされています。
ちなみに、普段70-80位くらいの本はおそらく、1日に10-20冊くらいの売上のはずなので、ざっくり5-10倍くらいの売上になっているのではないでしょうか?
(ランキングと売上部数の関係は、「電子書籍を売る方法」にもちっと詳しく書いてあります)

そうすると、上位陣は1日1000冊とか売れている可能性も高く「無視できない存在」になってきたかなと思います。
っていうか、今ネット上で人気の「不格好経営(南場 智子)」や「未来の働き方を考えよう(ちきりん)」とか「LEAN IN(シェリル・サンドバーグ)」とか、電子化してればバカ売れしたはずなのに!勿体ない!

ちゅか「セカ就!」を紙電子同時発売していて本当に良かった・・・。

そんなわけで、ここでAmazon様が力を見せつけて、これからより多くの本が紙電子同時発売になることを祈っております。そのためにも、みんなで買おう!

【広告 ゲスい売上の話はトークイベントで聞こう!】
7/27(土) in 新宿! 1000円!

【広告 もりぞおさんのおすすめ本】
企業が「帝国化」する 松井博

もう、このAmazon様の猛威を「帝国」といわずしてなんというか。
元Apple帝国幹部の著者による、帝国の素晴らしさと恐ろしさの解説書。マジスゴイ。マジコワイ。

セカ就! 森山たつを

自分の本だけど、マジで面白いから。海外とか興味ない人も是非読んでほしい。
宇宙飛行士になりたいと思ってなくても「宇宙兄弟」よんでやる気でるでしょ!そういう話です!

宇宙兄弟

で、その宇宙兄弟。エリートだって、日本社会にあわないおっさんだって、色々悩みを抱えてる。
それは、宇宙飛行士を目指すようなすごい人だって同じ。そんな彼らの遠い世界の等身大のあがきに僕らは勇気づけられるのだ。

伝え方が9割 佐々木圭一

これも、ベストセラーなんだけど、まさに「ありそうでなかった」本。
プロ向けの技術を素人のために素人向けに説明してくれた本です。人に向けて文章を書く、話す必要がある全ての人の役に立ちます。

武器としての書く技術 イケダハヤト

「伝え方が9割」とは逆に、えげつないまでの、ウェブ上で読んでもらうことに特化した文章術。
Amazon様のセールもそうだけど「えげつないまでの」「特化」はキーワードかもしれない。

グラゼニ

こちらは、えげつない金の話。華やかなプロ野球の世界も、実はサラリーマンと同じような昇進、リストラ、セカンドキャリア、家族をどう養うか問題
などなど、いろいろ大変なんです。

拝金 堀江貴文

実は「セカ就!」を書くのに最も参考にした本が、コレ。ネットバブルの高揚感は、今の東南アジア経済に通じるものがある。
その高揚感を、ものすごいテンポの速さで物語を展開することで表現しているのがスゴイ。

講演録 若者よ、アジアのウミガメとなれ 加藤順彦

そして、アジアの高揚感をリアルに話しているのがこの本。とにかくテンションが上がる。どこに行くかはわからない。
でも朝が来たから、外に出て走るんだよ!

もりぞお世界一周紀行 中 南米、カリブ編

最後に、自著も宣伝。上中下で一番売れてないけど、一番面白いの、これですから!とにかくデタラメなんです、南米!最高!

しかし、Amazon様から正式な発表がないので、いつ終わるかもわからない…。つまり、「いつ買うの?今でしょ!」です。


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad