海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

残念ながら、大学でも真面目に勉強しても就職できるとは限りません

皆さんに大変残念なお知らせがあります。
残念ながら、大学でも真面目に勉強しても就職できるとは限りません


これはなぜかというと、大学の多くの教授が「学生の本分は学問」って言ってるからです。
大学は、就職が目標じゃなくて、学問が目標なんですね。
でも、学問したいから大学いく人ってどれくらいいるんでしょう?

学生の皆さん、就職したくないですか?

ちなみに、教授がこれを堂々と言えるのは、大学教授ってのは「学問」が「仕事」になっている、無茶苦茶レアな人なんですよ。
だから、お前らは就活とかバイトとかうだうだいってねーで「学問」しろ!と言えるんですね。「学問」してたら就職できた人だから。


勉強してたら就職ができる学部

もちろん、大学の学問が就職に直結する学部もあります。
理工学部の電気工学科や建築学科はもちろん、数学科なんかも、保険会社で確率計算とかする仕事でものすごく役に立ちます。

医学部や歯学部みたいに、学部でとることができる免許が仕事に直結する学部もあります。法学部のほとんどは司法試験受けませんが…。

大学に行っている人は、まず、自分の学部の学問が就職に繋がっているか?自分が学んでいる学問がどこかの会社で業務として使われているかを確認してみましょう。


勉強してても就職できない学部にいる人はなにをすべきか?

文学部とか社会科学部とかで学ぶ学問って、編集者とかワイドショーのコメンテーターくらいしかおもいつきませんよね。(実際にはもうちょっとあるんでしょうが)

「これ学んでいても、就職に結びつかない」
って気付いた人は、就職に結びつくことを、大学の学問とは別にやりましょう。

おすすめなのは、バイトです。

日本の大学生がラッキーなのは、日本企業は新卒に大した能力をもとめていないことです。
プログラミングができなくても、IT企業にエンジニアとして入社出来る国は稀です。
だから、大学生のうちにプログラミングを身につけておけば、就職なんて簡単です。

同様に、プログラマー以外の仕事に就きたい人も、自分が就きたい仕事のスキルをちょこっと身につけておけば、就職は圧倒的に有利になります。

だた、ここにひとつ問題があります。
そもそも、ほとんどの大学生は、自分がどんな仕事をしたいのかわからないってことです。


自分がどんな仕事をしたいかわからない人のために

大学生の時点で、自分の人生の使命はこれだ!これを達成するために自分は生まれてきた!なんてことがわかる人はちょっと頭がおかしいです(いい意味で)

ほとんどの学生は自分の将来なんてわからないし、やりたいことなんてありません。
だから、就職先は「自分が得意なことが活かせる会社」を選ぶのがよいです。

でも、得意なことなんてわからない。って人がほとんどでしょう。

自分が得意なことがわからない理由は、経験が足りないからです。
やってみなくちゃ、自分が得意な仕事なんてわからないんです。

だから、学生時代に、いろんな仕事を試してください。

ものを売る仕事も、接客をする仕事も、ものを作る仕事も、事務処理をする仕事も、コンピューターを扱う仕事も。
いろんな仕事をしてみたら、得意な仕事は見つかります。すくなくとも「これが一番ましだった」というものは見つかるでしょう。

その得意な、ましな仕事が活かせるのはどんな職種か?その職種の仕事ができるのはどんな業界か?というふうに考えていってください。

学生の一番お得なところは、すぐに辞められることです。
正社員で会社辞めると生活できなくなりますが、学生はなんとかなります。(実家に住んでたり仕送りがあればなおさら)

だから、いろんなバイトをやってみて、合わなければ辞めて、次を探しましょう。
1日-5日くらいで終わる、短期のバイトなんかをたくさんやることを特におすすめします!

同様に、インターンシップとかもいいです。バイトよりも正社員的な仕事をさせてもらえて、より会社で働く自分が想像しやすいです。

改めてお伝えしますが、多くの大学の教授が言っている事に従って学問してても就職はできません。(キャリアセンターとかが優秀で世話を焼いてくれる大学に行っている人はラッキーなので、ありがたくお世話になりましょう!)

就職をしたい学生は、自分で就職の準備をしたほうがいいですよ!

西野サロンのメンバーがみた、西野氏の吉本興業退社

こんにちは。
西野サロン在籍6ヶ月、0プペの森山です。
西野亮廣氏が吉本興業退社しましたね。

私は関係者でもなんでもないので、表に出ている情報しか知りませんが、それでも辞めた理由はよくわかるし、それは我々がビジネスをやるときにも応用出来るので、その辺をちょっと解説しようと思います。

西野氏が吉本興業を退社した理由

西野氏が吉本興業を退社した理由はこのblogに端的に書いてあります。

要約すると

・タレントとしての仕事が少なくなり、絵本とか映画とかの仕事が増えてきた
・吉本興業が得意なのはタレントのマネジメント
・だから、西野個人のマネジメントは自分がやることにした
・これからも吉本興業とは協力しますよ
・LINEさらしたのは、正直、スマンかった

サッカーに例えると、最近公式戦に出ることが少なくなったベテラン選手が

・サッカー選手としての試合出場が少なくなり、自分がやってる小学生向けサッカー教室が活動の中心になってきた
・サッカーチームが得意なのは、サッカー選手のマネジメント
・だから、サッカーチームとの契約は終了する
・エキシビジョンマッチとかファン感謝イベントとかは、また一緒にやりましょう

といった感じです。

この内容は、サロン内でもいつも言っていたことなので、やっぱり辞めたんだという感じです。正直、唐突感もありません。


ビジネスを自分だけで回すことができる人が増えてきた

お笑い芸人だけでなく、あらゆるビジネスにいえることですが、ビジネスはこの3つの要素が必須です。

1.集客
2.集金
3.実行

吉本興業の劇場でいえば

1.集客 = 宣伝して劇場にお客さんを集める
2.集金 = お客さんから入場料をもらう / テレビ局から放映権料をもらう
3.実行 = 舞台でパフォーマンスを行う

1,2を吉本興業がやって、3を芸人がやるわけですね。
芸人は、1,2をやってもらうかわりに、マネジメント料を吉本興業に支払っているわけです。
(そして、独占契約をしている人が、吉本興業以外に1,2をやってもらうと、闇営業ということになり、契約違反になる)

昔は、個人がこれを全てやるのは非常にむずかしかったので、ほとんどのタレントが事務所と契約をしていました。しかし、今は、この全てを自分でできる人が増えています。

西野氏の場合は

西野氏の場合は圧倒的で、

1.集客 = twitterのfollower数33.8万人、オンラインサロン有料会員7万人以上
2.集金 = サロン収入年間7億円以上
3.実行 = 映画、絵本、ビジネス書、blog、音声配信、Youtube、ライブ etc

となり、吉本興業がいなくても、ビジネスを回すことができるわけです。
ただ、映画を作るときの製作委員会に吉本興業がいた方が資金面やブッキングの面でやりやすいので、そういうところではパートナーシップを結ぶということになるのだと思います。


自分だけで回すことのメリット

映画などの大きな仕事をやるときには、大きな会社の資金力や影響力が役に立ちます。
しかし、大きな会社にはデメリットもあります。
例えば、意志決定の遅さです。

例えば、私(学生向け海外研修プログラム運営)の場合、大学生向けの通常プログラムは自社の単独運営です。
これは、やることが決まったら、即日Webページ作って集客を始めることができます。

ただ、高校生向けのプログラムは、高校生をマネジメントした経験がなかったり、高校の先生などと繋がりがないため、大手旅行会社と提携してビジネスをしています。(= 1.集客と3.実行の一部を委託しています)

この場合、日程や行程を決めてから、大手旅行会社内で承認手続きなどが必要になり、同時に秘密保持契約なども必要になります。
さらに、参加者の居住地によって申込先の支店が変わったり、それにより申込書の(FAXの!)送り先が変わったりと、やらなくてはならないことがいろいろでてきます。

これは、デメリットでもありますが、「しっかりやっている」という信頼にも繋がるのでメリットにもなります。(世の中にはFAXで申込書提出を好む人もいる)
どちらがいい、悪いということではないのですが、スピーディに物事を進めたい場合は、自社でやった方がやりやすいわけです。


サラリーマンも、関係を見直してみたら?

個人や小さい会社でビジネスをしている人は、自分のビジネスを見直してみて、大手と組む方がいい業務と、自分たちだけでやった方がいい業務を分類する必要があります。

西野氏の場合、自分たちでやった方がいいものが、自分のビジネスの大半を占めてきたので、大手企業との契約を解除したということになるわけです。

今、会社員をしている人も、同じことが言えます。

1.集客
2.集金
3.実行

会社に所属しているということは、1.集客,2.集金を会社に外注しているという意識が大切です。

逆に言えば、1,2が自分でできるようになれば会社に所属する必要もないのです。

副業可能な会社であれば、業務と同時並行で、1,2も自分でやってみる。
例えば営業なら、自分で面白そうな商品を見つけてみて、ネットショップで売ってみる。
それをやれば、ネットショップが好調なときは自分でビジネスをして、そうでないときはまた会社と契約して1,2を外部委託するみたいなことができるんです。

1.集客は、SNS等で有名になれば個人でもできるようになります。
それなら、自分が得意な分野、twitterでもblogでもInstagramでもYoutubeでもClubhouseでもでフォロワーを集めることにチャレンジをしてみるといいです。

集客さえできれば、2.集金をする方法は、noteなりYoutubeなりBASEなりCampfireをつかえばいくらでもできます。

1,2を
完全に委託するのが会社員。
必要に応じて委託するのがフリーランス。
原則自分でやるのが自営業。

この程度の違いでしかないのです。

なので、西野氏の契約終了も、そんなに大騒ぎすることでもないですし、自分にもそういう選択肢があるのかな?と考えるきっかけにするとよいのではと思います。

西野サロン、主とメンバーの共犯関係

昨日投稿した、「内側から見た、西野サロンが炎上する理由」というBLOGOSの記事がアクセスランキング1位になっています

画像1

予想通りです。

今回は、私がこれを書いた「動機」と、それが西野氏の狙い通りの行動ではないかという予想についてお話します。

これを読むと、信者が増える理由も、アンチ増える理由もわかると思います。


人が読みたがってるものを書く

一応私は、(メインの仕事ではないですが)本とかも書いてて、文章を書くのは好きです。
今は、大学生向けの研修プログラムをやっているので、大学生に興味を持ってもらえる記事を書けば、宣伝になるかなーと思って書いています。

今回、西野サロンの話を書いたのは、映画のヒットとともに、西野サロンについての世間の関心が高まっているのと、それに対する賞賛も批判もちょっとずれてるなーと感じた事から、他の人とは違った切り口で記事が書けると思ったからです。

賞賛するところを探して書く「信者的記事」でも、批判することを探して書く「叩き記事」でもない記事を読みたい人が多いんじゃないかなとおもったわけです。

人が読みたいものを書くと、喜ばれるので、そのうち自分にもいいことがあるし、短期的にはPVも増えるのでいいことだらけです。


西野氏目線ではどうだろう?

この記事を西野氏が読んでるかどうかは知りませんが、この記事も含めて、自分の記事が書かれているのをみて思うことは、おそらくこれでしょう。

予想通りです。

彼は前から映画えんとつ町のプペルが、鬼滅の刃やポケモン、ドラえもんと比べて圧倒的に負けているのが「認知度」であると言っていました。
ライバルの映画は日本人の99%が名前を知っているが、プペルの名前を知っている人はほとんどいません。

そして、オンラインサロンは1万人も集めれば日本最大手になれますが、映画は100万人集めてはじめてヒットです。桁が違います。だから、認知度をもっと高めなくてはなりません。

で、西野氏は、認知度を高めるときにしばしば、SNS上で議論をさせる ≒ 炎上させるという手法を使います。

例えば昔やったもので、「500円払ったら目をそらしながら謝礼」「1000円払ったら目を合わせて謝礼」「10万円払ったら西野が1日休む」なんてものを売ってます。


これを読んで、まあ普通の人は「ネタでやってるんだろうなあ」って思って笑うわけですが、叩くところを探している人からみたら絶好の叩けるネタ。
全力で「信者ビジネスだー!」という書き込みをtwitterや5ちゃんねるに書き込むことによって、クラウドファンディングサイトへのアクセスが上がり、西野サロンの認知度が上がるわけです。

今回の私の記事も同様に、西野サロンが話題になることで、ちょこっとだけプペルの認知度が上がり、観客動員が増えることになります。
と、いうわけで、そこに乗っからせてもらう代わりにせめてものお礼にトップの絵を映画プペルにさせていただきました。(まだ0プペですが)


こういうののヒントがサロンの記事

実はこのような「相手の宣伝になるように乗っかるといいよ!」ってことのヒントが、オンラインサロンの記事にかいてあるわけです。

直接書いてあるわけじゃないけど
「音楽をやってる人は、売れてる曲のカバーをYoutubeに発表しまくるのがいいよ。そこから、誰かが見つけてくれるかもしれないから」
みたいな感じで。

そして、自分も「えんとつ町のプペルの主題歌のカバー曲作って!」と募集をしています。

メンバーにやり方を教えて、そのメンバーの行動で自分の宣伝をしてもらうとか、ホント上手いんですよ。(そして、ちゃんと西野氏が歌い手の宣伝をすることで、win-winにもっていっている)

こういう行動が見えたときに、おおーって思うんですよね。
映画の伏線が回収されたような気持ちよさです。


すでにお見通し

この記事の内容は、実は、一昨日、前の記事のオチに使おうと思っていた内容です。
がしかし、ちょうど一昨日のオンラインサロンの記事に、これに類することが書かれてたのですよ。(有料の記事なので、詳しい内容はお伝えできませんが)

個人的には、どひゃー!と思って面白かったのですが(そして自分の記事を書き換える羽目になった)、これを快く思わない人もいます。

コンサルティングとかでも、自分たちの行動を全てを言い当ててもらうと喜ぶ人もいますし、逆に反発したくなる人もいます。

西野氏の記事を読んでいる人のうち、前者が信者で、後者がアンチです。
アンチのヘイトを煽ることで、認知を高めるというのがひとつの手法になっているわけですが、ヘイトを高めすぎると、何かをやらかしたときに一気に叩かれる可能性があります。

西野氏は叩かれなれているのであまり問題なさそうですが、普通の人が真似をすると怖いのはこういうところです。

こうやって、自分に対して肯定的な人の心理も、否定的な人の心理もしっかり掴んで、自分に有利になるようにコントロールしているところが、彼が「教祖」と言われる所以です。
そして、コントロールされることに、生理的快楽を持つ人と、生理的嫌悪感を持つ人がいるのです。

このような、信心とヘイトの間の危ない梯子をひょいひょいとのぼり、えんとつの上から煙を吹き飛ばそうとする西野氏。
これからも距離を保ちながら、学んでいきたいと思っています。

※西野サロン記事、そのうち、もう1プペくらい書きます。

この前の記事
内側から見た、西野サロンが炎上する理由

留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ