海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

途上国で売れるモノを探せ! 「アンコールクッキー」と「音量最大化ボタン」の共通点【JCAST再掲】

この記事は、JCAST会社ウォッチからの再掲です


新興国の低所得者層の家庭には、一家に一台テレビがありません。壁のない店に集まって、みんなでテレビを見ています。このテレビには先進国に住んでいる私たちが思いもよらない機能がついていて、ユーザーに喜ばれています。

さて、ここでクエスチョン。その「テレビの新機能」とは、一体どのようなものでしょうか? 答えは「音量最大化ボタン」ですが、その理由は後ほど説明しましょう。

カンボジアの日本人観光客には「個別包装」が人気


店の奥の小さなテレビに人が群がる様子は「日本の昭和」を思い起こさせる
店の奥の小さなテレビに人が群がる様子は「日本の昭和」を思い起こさせる

途上国で事業を行っている人たちが、その国を単なる「工場」とみなしているケースは、日本の一部の大手メーカーを除けばごく少数です。多くの企業は、現地にいる外国人や現地人向けのビジネスを考え、実践しています。

私がカンボジアのアンコールワットで訪れたお店「アンコールクッキー」は、『地球の歩き方』にも載っている日本人観光客相手のお店でした。中に入ってみると、そのキレイさに驚きます。まあ、東京のお店から見たら平均点レベルかもしれませんが、カンボジアでは抜群に整っています。

ここのメイン商品は、アンコールワットの形をしたクッキーです。お値段は10枚6ドル(約500円)。日本のお土産物相場だと普通ですが、アンコールワット内のレストランでもチャーハン1杯1~2ドルのカンボジア価格から考えると法外です。

日本から来た観光客は、次々とこのクッキーを買っていきます。私の前に並んでいた人は100ドル以上買っていました。なぜなら、カンボジアには日本人の感覚で「おみやげ」になる商品がほとんどないからです。

日本人はお休みをもらって海外にいったら、職場の同僚にお土産を配らなければなりません。望ましいのは日持ちして、個別包装されていて、ちょっとした、それでいてちゃんとしたお菓子です。

しかし、カンボジアには個別包装されたお菓子がほとんどないのです。こんな商品を思いつくのは日本人くらいでしょう。日本人である故に、日本人が欲しがるものを誰よりもわかるからこそ作れる商品。これも、ひとつの方法です。

先進国では思いもよらない製品が重宝される


もちろん、商売は現地人相手にも行います。人口が多く経済成長中の途上国では、現地人向けの大ヒット商品を作れば、非常に大きなマーケットを手にすることができます。

例えば、インドの家電量販店に行くと、韓国メーカー製の冷蔵庫に鍵穴がついていることに気付きます。インドではお手伝いさんを雇うことが多いのですが、彼女たちは非常に貧しく、雇い主の食料を盗むことがしばしばあります。これを防ぐために、冷蔵庫にも鍵が必要なのです。

この発想は先進国の人間、特にお手伝いさんを雇う文化があまりない日本人には思いつきにくいものです。おそらく韓国人にとっても同じでしょうが、現地の文化を研究してニーズを拾い上げ、画期的な製品を送り出すことで大きなシェアをとることができたわけです。

さて、冒頭の共用テレビについている「音量最大化ボタン」は、どんなときに使われるのか。屋外同然の場所でテレビを見ていると、路上をトラックが走ったり子どもが大騒ぎしたりするので、ドラマやスポーツのクライマックスで音声が聞こえなくなってしまいます。

そんな時、店の主人がリモコンのこのボタンを押すのです。押している間だけ音量がマックスになり、トラックの轟音にも負けません。こんな機能、先進国の集合住宅で使われたら大迷惑ですよね。

「アンコールクッキー」と「音量最大化ボタン」に共通しているのは、それを買う人の立場に立って、必要とされている商品を作り上げたこと。お客さんを想定し、彼らが何を求めているかを徹底的に調査・考察し、それを形にする。製品開発の基本ですが、それを愚直に行った結果、多くの人を喜ばせることができているのです。

途上国で売れるモノを探せ! 「アンコールクッキー」と「音量最大化ボタン」の共通点【JCAST再掲】

この記事は、JCAST会社ウォッチからの再掲です


新興国の低所得者層の家庭には、一家に一台テレビがありません。壁のない店に集まって、みんなでテレビを見ています。このテレビには先進国に住んでいる私たちが思いもよらない機能がついていて、ユーザーに喜ばれています。

さて、ここでクエスチョン。その「テレビの新機能」とは、一体どのようなものでしょうか? 答えは「音量最大化ボタン」ですが、その理由は後ほど説明しましょう。

カンボジアの日本人観光客には「個別包装」が人気


店の奥の小さなテレビに人が群がる様子は「日本の昭和」を思い起こさせる
店の奥の小さなテレビに人が群がる様子は「日本の昭和」を思い起こさせる

途上国で事業を行っている人たちが、その国を単なる「工場」とみなしているケースは、日本の一部の大手メーカーを除けばごく少数です。多くの企業は、現地にいる外国人や現地人向けのビジネスを考え、実践しています。

私がカンボジアのアンコールワットで訪れたお店「アンコールクッキー」は、『地球の歩き方』にも載っている日本人観光客相手のお店でした。中に入ってみると、そのキレイさに驚きます。まあ、東京のお店から見たら平均点レベルかもしれませんが、カンボジアでは抜群に整っています。

ここのメイン商品は、アンコールワットの形をしたクッキーです。お値段は10枚6ドル(約500円)。日本のお土産物相場だと普通ですが、アンコールワット内のレストランでもチャーハン1杯1~2ドルのカンボジア価格から考えると法外です。

日本から来た観光客は、次々とこのクッキーを買っていきます。私の前に並んでいた人は100ドル以上買っていました。なぜなら、カンボジアには日本人の感覚で「おみやげ」になる商品がほとんどないからです。

日本人はお休みをもらって海外にいったら、職場の同僚にお土産を配らなければなりません。望ましいのは日持ちして、個別包装されていて、ちょっとした、それでいてちゃんとしたお菓子です。

しかし、カンボジアには個別包装されたお菓子がほとんどないのです。こんな商品を思いつくのは日本人くらいでしょう。日本人である故に、日本人が欲しがるものを誰よりもわかるからこそ作れる商品。これも、ひとつの方法です。

先進国では思いもよらない製品が重宝される


もちろん、商売は現地人相手にも行います。人口が多く経済成長中の途上国では、現地人向けの大ヒット商品を作れば、非常に大きなマーケットを手にすることができます。

例えば、インドの家電量販店に行くと、韓国メーカー製の冷蔵庫に鍵穴がついていることに気付きます。インドではお手伝いさんを雇うことが多いのですが、彼女たちは非常に貧しく、雇い主の食料を盗むことがしばしばあります。これを防ぐために、冷蔵庫にも鍵が必要なのです。

この発想は先進国の人間、特にお手伝いさんを雇う文化があまりない日本人には思いつきにくいものです。おそらく韓国人にとっても同じでしょうが、現地の文化を研究してニーズを拾い上げ、画期的な製品を送り出すことで大きなシェアをとることができたわけです。

さて、冒頭の共用テレビについている「音量最大化ボタン」は、どんなときに使われるのか。屋外同然の場所でテレビを見ていると、路上をトラックが走ったり子どもが大騒ぎしたりするので、ドラマやスポーツのクライマックスで音声が聞こえなくなってしまいます。

そんな時、店の主人がリモコンのこのボタンを押すのです。押している間だけ音量がマックスになり、トラックの轟音にも負けません。こんな機能、先進国の集合住宅で使われたら大迷惑ですよね。

「アンコールクッキー」と「音量最大化ボタン」に共通しているのは、それを買う人の立場に立って、必要とされている商品を作り上げたこと。お客さんを想定し、彼らが何を求めているかを徹底的に調査・考察し、それを形にする。製品開発の基本ですが、それを愚直に行った結果、多くの人を喜ばせることができているのです。

一万冊売って分かった!電子書籍を売る方法!~作るのは簡単だ!問題は「どう売るか」だ!

ども。電子書籍個人出版研究家の森山です。
2012年12月に「ビジネスクラスのバックパッカーもりぞお世界一周紀行 キューバ編」をリリースしてから半年。全14巻を様々なバージョンで発行してきました。

「1巻99円と3冊250円が混ざっててわかりにくい」
「上中下とか後出しするんじゃねー」
「どれを買えばいいのかわからない」

などといわれながらも、いろいろ出してきたのは、電子書籍の市場がどうなっているか実証実験したかったからです。(読者の皆さんごめんなさい!)

そして、その実証実験の結果を一冊の電子書籍にまとめました!



お値段、7/5まで99円!その後、250円に値上げする可能性あり!

電子書籍を「売る」ための 小細工 創意工夫を、徹底的にまとめた本です!
まえがきを公開しますので、この文章を見て気になった人は是非購入してください!

私は2012年12月~2013年6月までに、「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」というシリーズで20種類の本を発行しました。この本は、その経験と実績から考察した、「電子書籍を売る方法」について書かれています。

タイトルに「一万冊売ってわかった」と書いてありますが、2013年6月19日現在、有料販売数が約8700冊、無料販売数が約1300冊の、合計1万冊です。
無料販売を「売った」と言っていいのか微妙ですが、「一万冊」という数字が使いたかったんです!ゴメンナサイ!
この本が1000冊くらい売れれば、名実共に1万冊になるので許してください!

2012年10月にAmazonがKindle Direct Publishingという、電子書籍を個人出版しAmazonで発売できる仕組みを日本で解禁したことで、何度目かの「電子書籍元年」が始まりました。
その前から、電子書籍端末Kindleの発売も行っており、今まで、出版社が出しても数十冊しか売れなかった電子書籍が、数千冊、数万冊売れるようになりました。
まだまだ紙の書籍とは桁違いに小さい市場ですが、少なくとも上手くやれば採算に乗る市場にはなったわけです。そして、この市場には、出版社に見初められたごく限られた著者だけではなく、文章を売りたい全ての人に開放されています。

電子書籍をつくるのは簡単です!
livedoor blogを使えば、この「電子書籍の売り方」くらいの電子書籍はblogをつくるのと同じくらい簡単につくれます。(本書でもおまけでちょこっとだけ作り方を載せました)
難しいのは、「どうやって売るか?」です。ぶっちゃけ、ただ出しただけで、ほっといても売れるのは数冊がいいとこです。いかに宣伝するか、その宣伝の効果を最大化するためにどこのサイトで販売し、いくらで売るか、それが問題です。

本書では、主に私が実際にいくつかの電子書籍販売サイトで自作の電子書籍を販売して、感じた傾向から見つけ出した「売る方法」を説明してます。あくまで仮説ですが、その仮説を検証するために本を発行し、その販売実績の数値を分析した結果による裏付けも取っています。
こ の数値は、発行できる数量に制限があるため厳密な実験結果とは言えませんし、前提条件などに不備があることも認識しています。それでも、日本での電子書籍 の販売に関して数値に基づいた分析をしている本はまだないので、電子書籍を発行している人、今後発行したい人、現状を知りたい人にとっては参考になると思 います。

まだ黎明期であり、大手の参入も少ない今、電子書籍は無名の人にも有名の人にもチャンスがたくさん転がっています。そして、かなりの高確率でこれから市場が広がっていく分野でもあります。

blogの様に自分の意見や見識を広く広めるツールとしても使えますし、寄附やクラウドファウンディングの様に少額課金のためのツールにもなる電子書籍。
上手く使えば、様々な活動に役立てることができるので、興味のある人は是非研究して、できたら一冊発行してみてください。発行してみてはじめてわかる世界が、そこにはあります!

実際、私はこの試行錯誤により本の販売数は増加しています。
最 初はAmazonのランキング、旅部門で深夜特急全六巻の後塵を拝する第七位が定位置で、総合ランキング100に入るか入らないかでした。しかし、直近四 冊は旅部門トップは当たり前、深夜特急なんて初手から相手じゃない。総合ランキング20位以内(最高11位)というレベルに達しています。

少しの工夫と継続した努力で、一気に上に行ける魅力的な市場、電子書籍個人出版市場へ、ようこそ!





留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
livedoor プロフィール
ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ