このページでは、 アジアを中心とした海外就職に関する記事を
  最新のものから順番にご紹介します
  よくある質問は、海外就職FAQをご覧ください。
  また、海外就職に関する記事のインデックスもご利用下さい。

カテゴリー : 海外就職

「逆転」で希望のフランス勤務を勝ち取った 女性が張っていた「網」

2016年03月31日(木)

先日、あるグローバル企業のフィリピン法人社長の方とお話をしました。 その時、伺った中に、全てのビジネスパーソンに見習って欲しい話がありました。 その会社に新卒で入ったある女性は、入社の面接から「フランスに行きたい!」と主張していたそうです。しかし、2年間は日本勤務。優秀な成績 を残したのにフランスには行けなかった。そこで、全体会議で手を挙げ「なぜ私はフランスに行けないのですか?」と聞い...

続きを読む

それでもボランティアには意味がある 「自己満足」「売名」論を越えて

2016年03月24日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 海外、特にフィリピンやカンボジアにいると、ボランティアのために訪れる人によく会います。同時に、ボランティアを経験した人から「ボランティアなんて、どぶ川にペットボトルでミネラルウォーターを注ぐようなものだ」というような意見も聞きます。 そして、ネット上では、ボランティアをしようとしている人に、売名行為だとか自己満足...

続きを読む

「暑すぎる東京」と「海外への転職」の共通点 メリットとデメリットを見極めよう

2016年03月17日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 私がこの原稿を書いているのは、2014年8月3日。成田からカンボジア・プノンペンに行く飛行機の中です。7月27日に、在住するフィリピ ン・セブから東京に来たわけですが、この約1週間の滞在で感じた事は「東京、暑すぎる」ということです。実際、成田空港の温度計は36.6度をさしていま した。 ニュースなどにも出ることで...

続きを読む

本田圭佑選手「チャレンジして失敗する」論に共感 海外に出よう、そして失敗しよう!

2016年03月10日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です サッカー日本代表、本田圭佑選手が、ワールドカップを振り返り、自分たちが成長するために必要な事として、「チャレンジして失敗する」(2014年7月24日、自身のオフィシャルサイト)ということを挙げています。 「チャレンジして失敗する」 これを繰り返すことで、人は大きく成長していきます。 海外に出ろという私の意見の...

続きを読む

「三丁目の夕日」の世界に、いきなり「21世紀」が来た 刺激的な街、プノンペンへ行ってみよう

2016年03月03日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です プノンペンのイオンモールには、日本の(電器や通信機器の)ノジマも入っており、最新型の3Dテレビなんかが綺麗にディスプレイされています。 ここだけではなく、プノンペン市内にはサムソンやLGの店がたくさんあり、最新の家電が並んでいます。 思い出すのは「街頭テレビ」 しかし、そんな先進国と同じような店がある反面、こ...

続きを読む

「クラウドソーシング」が招く「格安」の大波 仕事で生き残る「2つの方法」とは

2016年02月25日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 私は海外に在住しながら、日本人や外国人相手に仕事をしています。 本の執筆など、大手出版社の依頼で仕事をすることもありますし、サムライカレープロジェクトのように自分で人を雇用して仕事をすることもあります。 後者の自分で人を雇って仕事をする際、非常に便利な仕組みがクラウドソーシングです。サムライカレープロジェク...

続きを読む

旅をして、閉塞感を打ち破ろう カンボジア「サムライカレープロジェクト」で再確認できたコト

2016年02月18日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 海外起業体験プログラム、サムライカレープロジェクトが、観光庁 第2回「今しかできない旅がある」若者旅行を応援する取組表彰の審査員特別賞を受賞しました。 これは、日本の若者に様々な旅をする機会を提供する取組に対する表彰です。日本の若い人が「旅」をするのは非常に大切なことだと私も思っています。なぜなら「旅」をすること...

続きを読む

タイの「日本人就職」最新事情 内定取った人に現地で話を聞いた

2016年02月11日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 2014年5月のクーデター以来行なわれていた、タイの夜間外出禁止令ですが、徐々に対象時間が短くなり、6月13日には完全に解除されました。 ちょうどブラジルワールドカップ開幕と同日の解除だったため、国民への飴か?ともいわれておりますが、クーデターの市民の生活への影響は小さくなっているといえます。 (ちなみに、...

続きを読む

「海外移住も選択肢に」のススメ ぐっと広がる人生の幅

2016年02月04日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です プロブロガー・イケダハヤトさんの高知移住が一部ネットユーザーの中で話題になっています。今回は、約1年前に東京からフィリピンセブ島に移住した私の現在の状況をお伝えします。 私の場合は、今やっている仕事が、 (1)書籍や記事、有料会員組織向けコンテンツの執筆 (2)サムライカレープロジェクト(研修プログラム)の運...

続きを読む

「日本製最高、アジア他国製は低品質」が打ち砕かれる日

2016年01月28日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 約1年前の2013年5月、中国で行なわれている広州交易会で訪れた、電化製品のブースをみて、私は本連載でこんなコラムを書きました。 「日本テレビメーカーの『暗い未来』 甘い願望を打ち砕く『広州交易会』の現実」 大型テレビが2万円台で並んでおり、4Kテレビもある。そんな現状をお伝えしたコラムです。 中国メーカー、「サ...

続きを読む

起業家の目がキラリ! 「そういう人材を抜擢すべきだ」と言われる人の行動パターン

2016年01月21日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 先日、複数の国で起業している友人と飲んでいた時に、彼が各国の事業を任せられる人、任せられない人とはどういう人かという話になりました。 結論としては、なにか問題が起こったときに「問題がある」と報告するだけの人には任せられない。「問題をこうやって解決したい」という人には任せられるとのことでした。 代案なく、文句だけ...

続きを読む

「昭和」な街角で女子高生がスマホ、SNSを駆使… 東南アジアで起きている「階段飛ばし」の発展

2016年01月14日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 普段東南アジアにいて、日本にきて一番快適だと感じるのがインターネットの通信速度です。 成田空港のフリーwifiですらすごくはやいので、喜んでiPhoneのアプリのアップデートを行ってしまうくらいで、家の光回線に繋いだら、一気にOSのアップデートやらiTunes Matchで同期した音楽や映画のダウンロードをはじめ...

続きを読む

重宝されます! 「インドで働きたい日本人」に大注目

2016年01月07日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 「今、海外就職するとして、一番就職しやすいのはどこですか?」 と言う質問をよくもらいます。 正確な回答は「人による」なのですが、そこをなんとか!と言われた場合は、2014年5月の今は「インド」と答えます。 インドに進出する日本企業は年間100社超 インド経済の勢いは… そもそも「就職しやすい」を「...

続きを読む

20万円あれば人生復活可能 「いつでもやり直せる」自信の源泉

2015年12月31日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 2013年5月に私は、中国で行なわれている世界最大の見本市「広州交易会」についての記事を書きました。 「中国・広州交易会には『日本の会社で雇われる』以外の生き方が転がっている」 この記事で、一緒に行った起業家の方の 「自分は、今やっている事業が全部潰れても、広州交易会に来て売る物を探せば、いつでもやりなお...

続きを読む

ベラルーシ人の面接官が食いついた! 学生が話した「海外体験」とは

2015年12月24日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 先日嬉しい知らせをもらいました。 「サムライカレープロジェクト」参加者が、早速内定をもらったのです。 彼は、理系の学科で学んでおり、4年で卒業する選択肢もあったのですが、就職前にいろいろ体験したいということで1年間休学し、国内で(有給の)インターンをしたり、フィリピン英語留学をしたり、サムライカレープロジェ...

続きを読む

44歳で初体験 カンボジアではじけた好奇心

2015年12月17日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 私が主催している海外起業体験プログラム「サムライカレープロジェクト」では、老若男女だれの参加も受け付けています。 しかし、ある日届いた参加申込書を見て「さすがにこれは断るべきか…」と思いました。 彼は、44歳でまだ一度も海外に行ったことがなかったのです。 東京とプノンペンとの「落差に耐えられるのか…」 ...

続きを読む

プノンペンで「全員がハッピーに」なる方法 「『かわいそう』もうやめよう」再論

2015年12月10日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 先週投稿した、 「『かわいそうなカンボジア人』は、もうやめよう 『地雷と学校作り』からの卒業」 に関して、多くの方から共感をいただきましたが、一部の方には理解しにくい内容だったようなので、もう少し掘り下げてみます。 2014年現在のカンボジア・プノンペンは「かわいそう」という状況を卒業しているので、新たな協力...

続きを読む

「かわいそうなカンボジア人」は、もうやめよう 「地雷と学校作り」からの卒業

2015年12月03日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 引き続き、カンボジアで起業体験プログラム「サムライカレープロジェクト」を運営しています。 数週間単位でプノンペンでカレー屋を営業しながら生活していると、気付くことがあります。カンボジア人が楽しそうに暮らしているということです。 「無償提供」は産業を育てない サムライカレーでバイト中! カンボジアといえば...

続きを読む

「TOEIC250点」から猛勉強で「海外就職」 英語「1900時間勉強」がもたらした変化

2015年11月26日(木)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 以前の記事で紹介したTOEIC250点でフィリピンの英語学校に留学して、1900時間勉強して、700点まであげた若者が、このたび、欧州企業のシンガポール支社に就職することが決まりました。 まさかの、TOEIC250点からの海外就職。これには私も驚きました。 確かにTOEIC700点というのは、これといってめ...

続きを読む

「韓国・中国人経営の「日本食屋」の方が流行ることも 現地向けアレンジ力の大切さ」の検索結果

2015年11月21日(土)

※本記事は、JCAST会社ウォッチ 海外就職という選択肢 からの転載です 私が住んでいるフィリピンのセブシティに、最近日本人経営のとんかつ屋ができました。 このお店は、日本に普通にあるような美味しいとんかつ屋で、ふっくらした日本米やシャキシャキのキャベツなども食べ放題で、価格も日本と変わらないレベル(800-1500円くらい)。周辺の日本人はもちろん、フィリピン人にも人気で、よく行列ができ...

続きを読む


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad