カテゴリー : 書評

KAGEROU 200円で買った本の中には水嶋ヒロの「死」と齋藤 智裕の「生」が詰め込まれていた

2016年09月24日(土)

カテゴリ :書評

水嶋ヒロの小説を200円で買ってきた。 KAGEROU (2010/12/15) 齋藤 智裕 商品詳細を見る もりぞおさんは、「どうしてこんなんなっちゃたんだろう」的な作品を突発的に消費したがる傾向があり、これらを小馬鹿にすることに喜びを感じます。 このblogでも、王者・アマルフィをはじめ、踊る3、交渉人、ツーリストなど、名だたる作品を取り上げてき...

続きを読む

世界がもし100人の村だったら 21世紀も10年が過ぎ、世界は100人の村に近づいている

2016年09月10日(土)

カテゴリ :書評

2001年に流行った、「世界がもし100人の村だったら」という文章。 世界がもし100人の村だったら 総集編 POCKET EDI (マガジンハウス文庫 い 1-1) (2008/10/01) 池田 香代子 商品詳細を見る この文には、この様な一説があります。 村に住む人々の100人のうち 20人は栄養がじゅうぶんではなく ひとりは死にそうな...

続きを読む

1Q84 book3 強い気持ちに押されて、システムに立ち向かっていく卵の話

2016年08月27日(土)

カテゴリ :書評

この文章には、1Q84 Book1,2およびBook3の目次レベルのネタバレを含みます。 今後先入観なしで読みたい人は、ブラウザを閉じて、この分厚い本をめくり始める事をお勧めします。 1Q84 BOOK 3 (2010/04/16) 村上 春樹商品詳細を見る ついでに、iPadで読みたい人は、一冊100円でスキャンするサービスを承ります。 本を100円で...

続きを読む

さらば雑司ヶ谷 絶望大王に光る海は見えるのか? オザケンファン必読の書

2016年08月13日(土)

カテゴリ :書評

さらば雑司ヶ谷 (2009/08/22) 樋口 毅宏商品詳細を見る 雑司ヶ谷。 池袋と高田馬場の間にある小さな街。 ここが、「新宿鮫」や「龍が如く」の新宿級に凶悪になり、その中で凶悪な人たちが凶悪な事をしまくる小説です。 しかし、この小説で度肝を抜かれるのが、なんと小沢健二の話。 ストーリーに特に関係のない昼間の甘味処で、突如始まる「世界一の音楽家はだれか?」論争...

続きを読む

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない バカすぎるアメリカと、最後の希望

2016年07月30日(土)

カテゴリ :書評

ハイチで大変なことが起きています。 カリブ海一の貧乏国であるハイチ。私が行ったドミニカ共和国の隣の国です。 ドミニカも貧乏だったのですが、ハイチは桁違い、しかも見るべきモノが何もないってことでスルーした国です。 その、金も観光資源もない国に訪れた地震。悲しいことです。 しかし、この天災に対して、こんなことを言った馬鹿たれがいます。 「ハイチ地震は神罰、独立のため悪魔と契約した」 ...

続きを読む

ブラックスワン 虚構の自分が、本当の自分を浸食し、殺してしまうという恐怖

2016年06月25日(土)

カテゴリ :書評

悪魔によって白鳥の姿に変えられてしまった少女 この呪いを解くためには、王子に愛を誓ってもらうしかない しかし、悪魔の娘である黒鳥が王子を誘惑し、王子は黒鳥に愛を誓う 全てを失った少女は、湖に身を投げる これが、物語の冒頭で語られる、バレエ「白鳥の湖」のあらすじです。 そして、主人公であるナタリー・ポートマン演じるニナが、このバレエの主役に抜擢されることから始まります。 幼い頃か...

続きを読む

ザ・ファイター 自分の家族が最低だと判明したとき 他の選択肢が出来たとき 決断することの大切さ

2016年06月11日(土)

カテゴリ :書評

この映画は、ボクシングのファイターの話でありながら、内容は「家族」の話。 それも、暖かい「家族」サイコーな話ではなく、「家族」ってなにかを考えさせられる話です。 アメリカの田舎。 失業率バリバリで、産業がなく、犯罪とドラッグだけが蔓延しているという最低の街。 この街の唯一の誇りが、数年前に超有名なチャンピオンを、ダウンさせた(試合は負けた)男。 彼は、既にヤク中でボロボロなのですが、...

続きを読む

アマルフィ 女神の報酬 日本映画の駄目なところをギッチリ詰めてみました。イタリアで

2016年06月04日(土)

カテゴリ :書評

この書評では、基本的に映画なり本なりのいいところを取り出すことを意識しています。 作品の中で心に残ったモノを、自分の経験と照らし合わせてストーリーを作るというのがコンセプトです。 しかし、もりぞおさんが一番得意なのは、人やモノを小馬鹿にすること。 と、いうわけで、新春特別企画として、2009年度最悪作品との呼び声も高い、「アマルフィ」をDVDで観てみました。 アマル...

続きを読む

ボルト スーパーパワー故に空腹を知らなかった犬と、経済力故に空腹を知らなかった日本

2016年05月28日(土)

カテゴリ :書評

ボルト [DVD] (2009/12/16) ディズニー商品詳細を見る バイクよりも速く走り、自動車よりも堅い身体を持つ 眼からビームを発射し、一個中隊を一撃で撃破するスーパーボイスを持つ犬、ボルト。 そんなドラマを撮影するために、ボルトは世界から隔離されたところで育てられています。 彼の家は、映画のセットの中。 彼の行動する先には、全て仕掛けが施されており、彼は自分...

続きを読む

アバター 正義の宇宙人が悪の人類をぶっ殺す話。良くも悪くもそういう話。

2016年05月21日(土)

カテゴリ :書評

タイタニックでおなじみジェームスキャメロンの超大作。 驚愕のCGを3Dで。 そんな人工着色料バリバリの宣伝文句でおなじみアバターです。 ただ、ストーリーも、「ナヴィ」という宇宙人が住んでいる「パンドラ」という星を征服しようとしている人類と、「ナヴィ」側に寝返った人間の戦いという、なにやら深そうな話であり、観に行ってみることにしました。 アバターというのは、パンドラに来ている地球人が...

続きを読む

プレシャス NYの地獄絵図 小錦のような16歳デブ女 虐待と近親相姦と出産の果てに見えたモノ

2016年05月14日(土)

カテゴリ :書評

プレシャス PRECIOUS 宝物 という名前の女性が主人公の映画。 舞台は1979年のニューヨーク。ハーレム地区。 当時治安が悪かったニューヨークの中で、ブロンクス、クイーンズと並んで、スラム化していた地域。 プレシャスの外見を、有名人に例えると、小錦。 ものすごくデブの黒人です。 彼女は母親と二人暮らし。社会保障で生きている。 父親は失踪中。 薄暗い...

続きを読む

マイレージ・マイライフ 原題「Up in the Air(宙ぶらりん)」になってしまった人の人生を考えさせられる映画

2016年05月07日(土)

カテゴリ :書評

アメリカ在住の映画評論家、町山智宏さんがハート・ロッカーをこう評していました。 最低の泥沼になっているイラクという職場。 自分のせいで泥沼になったわけでもない主人公が、その職場でボロボロになる。 しかし、一度家に帰った彼は、「自分が出来ることはコレしかないんだ」と悟り、イラクに戻る。 昔は映画監督になりたかったけど、今は評論家になっているという彼の人生。 でも、どんな状況でも、自分が...

続きを読む

ハート・ロッカー イラクの真ん中で「死」を考えさせられる傑作 「アバター」の対極にある映画

2016年04月30日(土)

カテゴリ :書評

現在も続いているイラク戦争。 バグダッドでは今日もテロによりたくさんの爆弾が仕掛けられ、たくさんのアメリカ兵やイラクの民間人が死んでいます。 そんな中、日々爆弾を処理する、爆発物処理部隊の物語。 戦争映画には、必ず敵がいて、その敵は共産国人であったりベトナム人であったり宇宙人であったりロボットであったりするわけですが、この映画の敵は、爆弾です。 そもそもイラク戦争自体が...

続きを読む

交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10000mの頭脳戦 〜 「MOVIE」以外は全部嘘

2016年04月23日(土)

カテゴリ :書評

最近飲んでいて、映画の話になると、インビクタスの素晴らしいっぷりを延々と話すのもうざいし、26世紀青年のバカっぷりを話しても理解されないしなので、交渉人 THE MOVIEの予告編から妄想した駄目さ加減を喋ることにしています。 とはいえ、何度も喋っていると、実物を観たくなるのが人情・・・。 と、いうわけで、3/1映画感謝デーなんでも1000円の日に行ってみました。 映画全体を観た感想...

続きを読む

第九地区 地球人が宇宙人と一緒に地球人をぶっ殺す映画 アバターと一緒だ!でもこっちのが面白い

2016年04月16日(土)

カテゴリ :書評

ワールドカップにより、南アフリカブームが来ているのか、インビクタスに続いて南アフリカが舞台の映画です。 ネルソン・マンデラの実話であるインビクタスとは大違いで、無茶苦茶な近未来映画なのですが。 ある日、南アフリカの首都。世界で一番治安が悪い都市。暴力だけが支配する暗黒の世界であるヨハネスブルグ上空に、巨大な宇宙船がやってきます。 やってきたものの、空中に浮いているだけで何...

続きを読む

インビクタス イーストウッド(80歳)が描いた南アフリカでの「赦し」と「誇り」

2016年04月10日(日)

カテゴリ :書評

この映画は、1995年に南アフリカで実際に起こったお話です。 南アフリカは、1980年代まで、アパルトヘイトという黒人差別主義を提唱する国でした。 イギリスから移民してきた少数の白人が、元々住んでいた黒人たちを差別し、支配している最低の国。 学校やレストランはもちろん、バスまで白人用と黒人用が別れているイヤな国。 そんな国の中で、黒人解放の指導者であり、27年間投獄されており、19...

続きを読む

小沢健二2016年ライブ決定記念 2010年 「ひふみよ」 ライブレポート

2016年01月21日(木)

カテゴリ :書評

2016年5月6月に、小沢健二が三度ライブをすることを発表しました。 私は小沢原理主義者であり、神とあがめております。 2010年の衝撃的な復活ライブ、2012年オペラシティでの美しいライブに行き、その会場で1万円以上する作品集を購入するなど、完全な檀家です。 そして、4年ぶりのライブ。 5月か6月、日本にもどってくるしかないじゃないですか。確かちょうど6月に東北大学で公演...

続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家 「人」なしで「人生」を描くという、新しい冒険

2016年01月09日(土)

カテゴリ :書評

忘年会が始まるのが8時過ぎ。 労働時間を減らすことに心血を注ぐもりぞおさんにはちょっと遅い時間。 しかし、都合がいいことに、飲み屋のすぐそこに映画館があり、6時からカールじいさんがやっていました。 ファインディングニモが大好きなもりぞおさん。 この作品を作ったPIXARの最新作であるということ以外、カールじいさんについての前提知識はありませんでした・・・が開始十数分でぶっとびま...

続きを読む

今だから聞きたい!20年前にゲスの極み&ベッキーと同じことをやらかした、ミスチル桜井の傑作 〜 深海

2016年01月08日(金)

カテゴリ :書評

2016年1月。 早くも今年の流行語大賞に選ばれそうな「ゲスの極み」 その渦中にある、ゲスの川谷さんとベッキー。 彼らは、このまま芸能界から抹殺されてしまうのでしょうか? でも、彼らと同じことをしでかし、まだ一線で活躍しているアーティストがいます。 Mr Children 桜井和寿 まずは、二人に、彼の最高傑作のひとつ「名もなき詩」からこの歌詞を贈ります。 成り行...

続きを読む

チョコレートファイター 恐ろしくかわいい娘が、恐ろしくすごいアクションを。それは、アバターを越える衝撃

2016年01月02日(土)

カテゴリ :書評

超かわいくて、超強い女の子が、悪い奴らをぶったおす チョコレート・ファイター [DVD] (2009/09/18) "ジージャー" 商品詳細を見る 映画チョコレートファイターのストーリーの要約は以上です。 恐るべし、タイ映画。 この映画の監督の傑作「マッハ」のストーリーも 「村から盗まれた仏像の頭を、悪い奴らから取り返す」 だけだったからなあ・・・...

続きを読む


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad