カテゴリー : フィリピン英語留学

【セカ就推薦図書】コンサル一年目が学ぶこと

2014年08月19日(火)

私はコンサル会社にいたことはないですが、私が社会人になってすぐの頃に学んだことがたくさんはいっていました。 そして、私がサムライカレーを通して、若い人に伝えたいことも。 いくつか、ピックアップしてみましょう 社会人は、消費者ではなく、生産者 学生までは常にお金を払っている「お客様」でした。だから、「○○が悪い」「××を直して欲しい」と言っているだけでOKでした。しかし社会人はそ...

続きを読む

フィリピン英語留学は貧乏な国なのでローコスト。子供は子供が働く事を学びます

2014年07月02日(水)

フィリピン留学のすばらしいところは、レッスンがマンツーマンレッスン中心なのに、欧米に比べてローコストなことです。 これはできるる理由は、もちろん、フィリピン人講師の給料が安いからです。 フィリピン人講師の給料は月給1-3万円程度。日本人の1/10レベルです。ちなみに、日本と同じようなものを買おうと思えば、物価は1/2レベルなので、決して豊かとは言えない生活です。 フィリピン・セブの街中を...

続きを読む

子供の教育なら、日本の義務教育+フィリピン留学でいいんじゃね?

2014年06月30日(月)

こんにちは。 子供もいないのに、日本の子供の教育について時々考える森山です。 と、いうのも、海外で働きたい、留学したい若者達が一番困っているのがその英語力のなさだからです。 そんな彼らには「英語が喋れるだけでスペシャルな人材になれる先進国なんて日本くらいなんだから、美味しいと思って勉強しろ!」と発破をかけるのですが、ホントは日本の義務教育で、もちっとまともな英語教育がなされたらいいんです...

続きを読む

セブに行ったらジンベエザメに会いに行け! 凄まじすぎるジンベイザメダイブ&シュノーケル

2012年03月28日(水)

 セブから帰って一週間。色んな作業が全く進んでないのは気のせいでしょうか。。気のせいでなければ、セブボケか花粉症が原因です。 そんな風にまだいいわけとして引きずっているセブですが、セブに行った一番の目的はちきりんさんとこの動物に会うことでした! ジンベエザメダ-! セブ島の南端。空港やビーチリゾートがあるマクタン島から車で3時間。(ラングリッ...

続きを読む

セブで、ちきりんさんたちと共演してきました!〜お膳立てする人と煽る人の共演

2012年03月19日(月)

1週間ほど更新をサボっておりました。もりぞおです。海外就活中も更新してたのに、一体何をしてたのかというと、セブ島で遊んでました。あの、大人気bloggerちきりんさんたちと。今回の6日間のセブ島は8割純粋な遊びで、残り2割が以前私が1週間ほど(カミさんが1ヶ月ほど)お世話になった、セブの日本人経営英語学校・ラングリッチのパーティーへのお呼ばれです。「セブの六本木ヒルズ」と呼ばれているらしい場所に新...

続きを読む

マニラのビジネスチャンス 豊かになる庶民とタイムマシン経営

2011年12月23日(金)

「もりぞおさんの、マニラへの悪口強烈すぎる」と某人から言われたのですが、それは誤解です!私はフィリピンを愛しておりますし、マニラもその気持ちがいいくらいの滅茶苦茶さが楽しくてしょうがないのです。そして、そんな滅茶苦茶な不便さが少しずつ改善されてたり、便利なモノが増えていく楽しさに踊っている人たちを見るのも大好きです。例えば、マニラにある(自称)アジア最大のショッピングモール・モールオブアジアですが...

続きを読む

フィリピン電力の電気料金から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減をさらに考える

2011年12月20日(火)

フィリピンの英語学校に行って驚くのが、授業料などとは別に「電気代」が加算されることです。セブの日本人経営英語学校ラングリッチでは、1週間に約1200円。マニラの韓国人経営英語学校C21では、部屋でかかった実費を同室のメンバーで割り勘。私は1週間の滞在で水道代と併せて800円くらい取られました。ちなみに、バギオの韓国人経営英語学校HELPでは、涼しくてエアコンの要らない土地柄からか電気代の追加料金は...

続きを読む

マニラの地下鉄から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減を考える

2011年12月17日(土)

フィリピンには英語の勉強のためにいったもりぞおさんですが、就活中の身でもあるので、就職先がないかも聞いています。しかし、返ってくる答えは決まって 「フィリピンはないねー。特に日本人の求人は多くないし、給料が安い」 実際、フィリピンの経済成長率は大体5%を中心に推移しており、それなりに好景気のはずですが、フィリピン人やフィリピンで働く日本人と話をしても、あまり景気のいい話は聞きません。 最近伸び...

続きを読む

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その3 フィリピン人と韓国人のビミョーな関係編

2011年12月14日(水)

 フィリピンに行って感じるのが、とにかく韓国人がたくさんいるということ。 数百校の韓国人経営の英語学校がフィリピン国内にあると言われているので、当然と言えば当然なのですが、このことに関してフィリピン人はどう思っているのか?  色んなフィリピン人の講師に聞いてみたのですが、このマニラの学校の男性講師が本件について異常に乗ってきたので、彼との話を中心にフィリピン...

続きを読む

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その2 授業編

2011年12月11日(日)

 大変アットホームかつ安上がりな宿舎を持つこのマニラの学校ですが、授業は一体どういうことになっているのでしょう? 月曜日、最初にテストがあると言うことなので、早速登校。朝8時からいきなりテストです。  最初のページがTOEICのテストみたいなものだったので、こういうのが30分くらい続くのかなーと、軽い気持ちで受け始めたのですが、リスニングが一向に終わりません...

続きを読む

フィリピン留学3校目 マニラ韓国人経営合宿式 その1 設備編

2011年12月08日(木)

 さて、山奥からバスで6時間。フィリピンの首都、マニラに帰って参りました。 日本や韓国からの飛行機は深夜着が多いため、集合は空港に23:30。 飛行機が遅れたのかなんだかしりませんが、なんやかやで空港出発は2時過ぎ。宿舎に到着したのは3時過ぎと、またもハードな到着となりました。  到着した部屋が、コチラ。   フィリピン英語学校...

続きを読む

フィリピンバカコレクション

2011年12月07日(水)

 前回の話で、次から香港就活の話を始めると言ったのですが、何とかなく新年から始めた方が収まりがいい気がしたので、もうちょっとフィリピンのことを書きます。 期待してた人、もうちょっとお待ち下さい。 フィリピンというのは、南国の島国らしく大変ゆるい国で、町を歩いていたら、こんなカフェがありました。 忍者というと、暗い、クールといったイメージがある...

続きを読む

フィリピン留学2校目 山奥韓国人経営スパルタ式 その3 韓国人の英語教育の凄さと問題点について学んだこと編

2011年12月05日(月)

そんなこんなで、山奥にある韓国人経営のスパルタ式学校について、設備と授業を説明してきたわけですが、この学校、とにかく韓国人が多いです。 2011年11月現在、この校舎に100人以上生徒がいるのですが、日本人(私を含め)3名、台湾人1名。残りは全部韓国人です。(ちなみに、1人日本人のスタッフの方がいます) そもそも、フィリピンに英会話学校を作ろうなんて考えたのは韓国人。 フィリピン国内に100校以...

続きを読む

フィリピン留学2校目 山奥韓国人経営スパルタ式 その2 英語レッスン編

2011年12月02日(金)

 前回、山の中の快適な設備について説明しましたが、今回はそこで行われる授業についてです。  地下に降りるとこんな風に独房 教室が連なっています。  一つ一つの教室が、マンツーマン英会話教室。    この学校は、先生ごとに教室が割り当てられており、生徒が時間ごとに各教室を訪ねて回ることになります。 週の初めに、1時間目は...

続きを読む

フィリピン留学2校目 山奥韓国人経営スパルタ式 その1 環境・設備編

2011年11月29日(火)

土曜日、23時。フィリピン、マニラ空港に降り立つと、出迎えの人が待っていました。 彼が持っているネームプレートの私以外の名前は全てハングル。 これから私が行くところは、ドキッ!韓国人だらけの英語学校!です。 2週間に一度入学が出来るのですが、今回新規で来た私の同期となる人たちはざっと40人。なにせ、100人以上が入れる校舎を2つも持っているでかい学校なのです。 なんやかやで空港に午前2時まで待...

続きを読む

フィリピン留学1校目 セブ日本人経営学校 その3 フィリピンとフィリピン人について学んだこと編

2011年11月26日(土)

前回のレッスンに関する文章の中で、フリートークの中で、いろんなバックグラウンドを持ったフィリピン人との話をする機会があるという事を書きました。今回は、この中でいくつか興味深かったことを書いていきます。まず、一番最初に気がつくのは、講師が若い女の子ばっかということです。私が授業を受けた8人は、全て若い女の子。オンラインで教えている人も含めてあちこちの教室を覗いても、9割以上が若い女性です。また、彼女...

続きを読む

フィリピン留学1校目 セブ日本人経営 その2 英語レッスン編

2011年11月23日(水)

さて、前回「ハードルを低く設定すれば、なかなか快適な設備」と評価をしましたが、肝心の授業はどんな感じなのでしょうか?2011年11月現在、ラングリッチイングリッシュカレッジの授業は全てマンツーマンレッスンです。コースとしては1日4時間、6時間、8時間の3タイプがあり、私は標準の6時間のコースを選びました。1日6時間、こんな狭い個室に入って英語漬けです。 1日のスケジュールはこんな感じ。08:30-...

続きを読む

フィリピン留学1校目 セブ日本人経営 その1 環境・設備編

2011年11月20日(日)

今回、私はフィリピンにある3つの英会話スクールに一週間ずつ留学することになりました。その3校はそれぞれに特徴がある学校なので、フィリピン留学を検討している人に是非参考にして欲しいと考えています。と、いうわけで、第1校目は、以前に東京で説明会にも行ってきた、ラングリッチイングリッシュカレッジです。セブ島にある、日本人経営の学校。二十代後半の日本人の若者が立ち上げた学校であり、2011年11月現在、留...

続きを読む

フィリピンに英語留学に行くことにしました それもいろんなタイプの学校3校をハシゴで

2011年10月05日(水)

さて、一昨日のエントリで、海外就職をするにしても、日系企業に勤めるのであれば英語力はそれほど重要視されない。ぶっちゃけある程度の意思の疎通ができれば大丈夫、という話をしました。 もりぞおさんは、アジア海外就職するに当たって、欧米の会社に就職する気はあまりないし、日系企業に入ることに拒否感を持っているわけでもありません。 いちおう、某日系大企業で世界8カ国の工場の人と一緒に仕事をしてたり、世界一周...

続きを読む


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad