カテゴリー : フィリピン経済あれこれ編

マニラのビジネスチャンス 豊かになる庶民とタイムマシン経営

2011年12月23日(金)

「もりぞおさんの、マニラへの悪口強烈すぎる」と某人から言われたのですが、それは誤解です!私はフィリピンを愛しておりますし、マニラもその気持ちがいいくらいの滅茶苦茶さが楽しくてしょうがないのです。そして、そんな滅茶苦茶な不便さが少しずつ改善されてたり、便利なモノが増えていく楽しさに踊っている人たちを見るのも大好きです。例えば、マニラにある(自称)アジア最大のショッピングモール・モールオブアジアですが...

続きを読む

フィリピン電力の電気料金から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減をさらに考える

2011年12月20日(火)

フィリピンの英語学校に行って驚くのが、授業料などとは別に「電気代」が加算されることです。セブの日本人経営英語学校ラングリッチでは、1週間に約1200円。マニラの韓国人経営英語学校C21では、部屋でかかった実費を同室のメンバーで割り勘。私は1週間の滞在で水道代と併せて800円くらい取られました。ちなみに、バギオの韓国人経営英語学校HELPでは、涼しくてエアコンの要らない土地柄からか電気代の追加料金は...

続きを読む

マニラの地下鉄から、フィリピンの公共インフラの駄目さ加減を考える

2011年12月17日(土)

フィリピンには英語の勉強のためにいったもりぞおさんですが、就活中の身でもあるので、就職先がないかも聞いています。しかし、返ってくる答えは決まって 「フィリピンはないねー。特に日本人の求人は多くないし、給料が安い」 実際、フィリピンの経済成長率は大体5%を中心に推移しており、それなりに好景気のはずですが、フィリピン人やフィリピンで働く日本人と話をしても、あまり景気のいい話は聞きません。 最近伸び...

続きを読む

フィリピンバカコレクション

2011年12月07日(水)

 前回の話で、次から香港就活の話を始めると言ったのですが、何とかなく新年から始めた方が収まりがいい気がしたので、もうちょっとフィリピンのことを書きます。 期待してた人、もうちょっとお待ち下さい。 フィリピンというのは、南国の島国らしく大変ゆるい国で、町を歩いていたら、こんなカフェがありました。 忍者というと、暗い、クールといったイメージがある...

続きを読む


著者近景

ssG5pYR6pItG751Mq1462861578_1462861658

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。

ad