海外就職と電子書籍発行の最新情報をお伝えします


もりぞお海外研究所では、
・日本人が選択可能なキャリアのひとつの選択肢 「海外就職」
・情報発信と副業の新たな選択肢 「電子書籍個人出版」
について、私が自ら実験台になって調べたノウハウをご提供します。

「お客さんが求めるモノを贈るの法則」から考える、究極のプレゼント

safe_image


私は、カンボジアのカレー屋で「自分たちがいいと思うものではなく、お客さんがいいと思うものを売ろう」ということを教えています。
「日本人の90%が好きなカレーライスも、カンボジア人の90%は嫌いだから、カンボジア人が好きな何かを探して売ろう!」と。

これは、外国で商売をする場合だけではなく、日本で商売をする場合も同じです。
そして、自分が誰かにプレゼントをする時も同じです。

人にプレゼントをするときには、相手が喜ぶモノを贈る。
なにを喜ぶかをリサーチしなきゃいけないのですが、これがなかなか難しい。
特に、男性が女性にプレゼントを贈るとき、相手の趣味が全くわからず、しょうもないものを贈ってしまうことが多いです。

私は、先日、カンボジアで買っている猫を交通事故で亡くしました。
それから1ヶ月後、知人がこんなプレゼントを贈ってくれました。

56749190_10216137062918163_5669609499351056384_o


うちの猫、コチマのクッションです。

猫が亡くなったあと、連日Facebookにポエムを投稿し、猫の写真をアップしていたら、いたたまれなくなって、プレゼントしてくれたのです。

このプレゼントの秀逸なところは「必ず相手が喜ぶこと」です。

ペットを飼っていて、FBやInstagramにアップしている人は、99.9%そのペットを愛しています。だから、このペットが載っているグッズは99.9%喜ぶのです。

世界中のアパレルブランドは、対象顧客がどんなデザイン・キャラクターを好むか必死に考えて製品をリリースしています。
しかし、どんな素敵なデザインよりも、自分のペットの方が嬉しいもんです。

なので、プレゼントを贈るときにこういう「相手が好きなものを、オーダーメイドで作って渡す」というのは非常に有効なのではと思うのです。

実際、このサイトにもこんな風に、

SS 668


女性へのプレゼント特集ページが組まれてます。

ちなみに、このコチマのクッションをもらったカミさんは、2回嬉し泣きしてました。(情緒は大丈夫なのでしょうか)

「相手が求めているものを提供する」の究極の形として、実に面白いなと思うわけです。

イチローの引退試合は【茶番】だったのか?

お笑い芸人のダンカンさんが、イチローの引退試合を「とんだ茶番」とblogに書いたことが話題になっています。

公式戦の開幕2連戦で行われた引退試合。これは果たして【茶番】だったのか?
私は99%は【茶番】だが、残りの1%に本質がある。と考えています。


9


99%の【茶番】

まず、【茶番】である理由。
それは、公式戦の開幕戦であることが原因です。

通常、引退試合はオープン戦や、順位が確定した後の消化試合で行われます。勝っても負けてもいい試合です。

しかし、今回は、マリナーズが日本で開幕戦を行うが故に、引退試合が開幕2連戦で組まれました。

プロ野球の開幕戦は、当然負けられない試合であり、最高の戦力を投入して勝ちに行くべきです。イチローは、その「最高の戦力」であり得たのでしょうか?
残念ながら、去年からオープン戦の成績を見る限り、それはNoです。

2011年に連続200本安打が途切れてから、イチローの打率は上下を繰り返しながら徐々に下降しています。

特に、マイアミでの成績は、本人も言っていたとおり、いつクビになってもおかしくないものです。

images (2)

2017年の.255という成績は、44歳のアベレージヒッターがメジャーに残れる数字ではありません。普通の選手でしたら、この時点で契約をする球団がなく、引退を選ぶことになるはずです。

しかし、そこで、古巣のマリナーズが手を挙げます。
この時点で、2019年東京での開幕戦引退試合まで決まっていたのでしょう。

2018年の4月の成績も.205と酷いもので、普通の選手だったら確実に戦力外通告です。

しかし、2019年の引退試合のために、「スペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)」という謎の役職に就き、試合に出れない現役選手という、意味不明な立場になりました。

ここまでを見ると、戦力外の選手を囲い、東京での公式戦の客寄せのために残し、彼を出場させることで客を呼んだといわざるを得ません。

しかし、私の私見ですが、イチローに限っては、それだけではないと考えています。

1%の可能性を信じる

普通、1年後、地元での引退試合をやることだけが決まっていたら、真面目にトレーニングなんてしません。

怪我をしない程度に、適度に調整はするものの、本気で体調をパーフェクトに持っていく、さらに自分のレベルを上げていくための過酷なトレーニングなんてできません。

しかし、イチローは、会見で「東京での試合まで契約になっていた」それ以降の出場に関しては「キャンプ終盤でも結果を残せず、それを覆せなかった」と言っています。

つまり、彼は、本気でオープン戦で打ちまくり、東京以降の試合でもメジャーリーガーとしてレギュラーを奪い取り、シーズンを闘おうとしていたのです。

年齢、昨年の成績、球団の意向、その全てが引退を指し示しており、99%引退するしか道はないのに、彼は、残りの1%の逆転、それも、自分で結果を出すことによって、全てを覆して逆転をすることに賭け、1年間トレーニングを積んでいたのです。

そのトレーニングの成果は、彼のグッドシェイプな身体が示しています。

しかし、その結果は、130km/hのストレートに差し込まれてしまうという、イチローとは思えないバッティングでした。

ichiro3

ストライクゾーンに来たら、4割以上の確率でヒットにする、

ichiroc


まさに「どこにも投げるとこがない」バッター、イチロー。彼が、なんでもない130km/hのストレートを打てない姿は、見ていられないものでした。

そんなことは、本人もわかっていたのでしょう。

でも、最後の最後まで諦めず、1%の可能性を信じて、1年間努力する姿は、2軍で干されたルーキー時代も、デッドボールで苦しめられた日本時代も、チームメイトに恵まれず孤立したメジャー時代も、それでも自分を信じて、野球を続けてきたイチローの現役生活そのものです。

マリナーズ首脳陣も、その様なイチローの姿を長年見てきたが故に、このような引退興行を組むことができたのでしょう。

これで、東京にやってきたイチローが、思いっきり太っていたら、本当の【茶番】になってしまい、メジャーリーグの公式戦の価値を下げてしまいます。

しかし、イチローは、体力的には戦力外でも、戦力になろうという気概があり、最大限の努力を続けてきました。その生き様が、この2連戦をギリギリ【茶番】ではなくしたのだと思います。


ささやかな誇りを生んだ日々

イチローは、会見で
「去年の5月からシーズン最後の日まで、あの日々はひょっとしたら誰にもできないことかもしれない、というささやかな誇りを生んだ日々。どの記録も自分の中では、ほんの少しだけ誇りを持てたことかなと思います。」
と言っていました。

普通の選手であれば【茶番】になってしまう東京での引退興行を、イチローならギリギリ【茶番】にしない。

それだけの信頼を、球団から受けていることが、「誰にもできないこと」と思います。

そして、それを裏切らないだけの準備をし続け、気持ちを切らず、最後の試合をプレーしたことが、彼にとっての「誇り」なのです。

前の記事では、イチローが逆境の中を、諦めずに闘い続けたことをお伝えしました。

しかし、最後の一年は、それよりもさらに難しい「甘やかされている中で、自分を律して、努力を続ける」ということをやり遂げた一年なのです。

2019012100010_1


そんな、強靱な精神力で歩き続けるスーパースターの姿に、私は一生あこがれ続けるのだと思います。

イチローは、決して恵まれた野球人生ではなかったと思う

私が一番好きな野球選手というより、一番好きな有名人であるイチロー。


5c92f388240000b000c71bb2

しかし、彼の野球人生は、困難の連続だったと思います。
まずは、衝撃デビューの1994年の前。


最低の上司から始まったプロ野球人生

o0460051110262602626


高校を卒業して入団した時、オリックスの監督は土井正三。
彼はイチローの振り子打法に対し、「その打ち方を変えなければ一軍では使わない」と命令し、そう命じられたイチローは「なら、使ってもらわなくてけっこうです」と自ら二軍行きを宣言。

土井監督が退任するまで、1軍でのチャンスはほとんど与えられませんでした。
(ちなみに、1992年から1993年にかけて、2軍で3割6分以上打っており、46試合連続安打という前人未踏の記録を作っています)

1994年に土井に代わって監督に就いた仰木監督に見いだされ、名前をイチローにし、200安打を打ったのはご存じの通り。

イチローのプロ野球人生は、このように、最低の上司の下から始まったのです。


凶悪な投手と闘ったパ・リーグ時代
そして、いまだかつてない大進撃を続けるイチローに襲いかかったのが、デッドボールです。


show_img


抑えることが不可能だということで、パリーグのピッチャーは、死球覚悟の執拗な内角攻めを繰り返し、1995年にはデッドボールのプロ野球記録を樹立します。(この年、デッドボールでの不調がなければホームラン王もとっていた可能性が高い)

スーパースターとなったイチローは、モラルのない敵を相手に、それでもヒットを放ち続けていたのです。

そして、ついに2001年、メジャーデビュー。

つかの間の、幸福な1年

images (1)

世界最高峰の舞台でも、1年目から首位打者・盗塁王・新人王・MVP、そして、マリナーズは、メジャーリーグのシーズン最多タイの勝ち星を重ねてアメリカンリーグ西地区を優勝します。

この年は、イチローのプロ野球人生の中で、最高の年だったのではないかと思われます。


淀んだチームの中で、輝き続ける

しかし、そのチームの輝きは数年で消えていきます。
その後のマリナーズは、低迷を続け、チームメイトはやる気なし。

その中で、粛々とヒットを打ち続けるイチローは、チームの中で浮いた存在になってしまいます。


ichiro

打てども、打てども、勝てず。
この時に、強い球団にトレードされていたら、また違った野球人生だったかもしれません。


このように、上司に恵まれず、対戦相手に恵まれず、チームに恵まれずと、彼の野球人生には、常に逆風が吹いていました。

でも、これって、誰の人生もそうですよね。
常に全てが順風満帆とは限らない。

常にどこかで逆風は吹いている。
それでも、自分の力で、努力で、その逆風の中を歩んで行かなくてならないのです。


そんな大地、蹴って歩いては、声を探すの

椎名林檎が、イチローのことをイメージして書いた「スーパースター」という曲。

「答えは無限大さ、自分で造って行く」
枯れゆく葉が相変わらず、地面を護っている
そんな大地、蹴って歩いては、声を探すの

私はあなたの孤独に立つ意思を思い出す度に
泪を讃えて震えているよ 拙い今日の私でも

私がイチローから学んだことは、逆境を周りのせいにしないこと。

つまり、自分の実力で、その逆境を跳ね返すために、ひたすら自分で結果を出し、まわりを納得させることです。

イチローが、自分のことを「天才だ」と言われることを嫌うのはこういう逆境の中を必死にもがいて歩き続けているからだと思います。

天から祝福され続けた野球人生ではない。
必死にもがいて、血まみれになって、歩み続けた野球人生なんだと。

引退寸前のイチローが戻ってきたマリナーズは、決して強くないけれども、イチローをリスペクトする選手が集まる、暖かいチームでした。

力が衰えたイチローを、優しく迎え入れてくれたチーム。

そんな中で、世界中のファンから讃えられ、感謝され、惜しまれながら引退していくイチローの姿を見て、孤独に歩んできた彼の野球人生が、間違っていなかったということが証明され、私まで幸せな気持ちになっています。

2019012100010_1


そして、自分も、いつか、こういう日が迎えられるよう、今自分ができることを、精一杯行いながら、大地を蹴って歩いて行こうと思うのです。
留学を手取り足取りサポートします!
もりぞお海外研究所

海外で生活している人たちに
直接話を聞いてみたい!
電子書籍に関する
最新の生情報を知りたい! そんな人たちのための、
有料会員組織です。
blogやtwitterで出せない生々しい情報を、じゃんじゃん公開しています。
サムライカレープロジェクトの現状も連日更新中!
会員200名突破!
(一般会員+メルマガ会員)
→詳細&入会情報はコチラ!

秋葉原でセミナーやるなら、アキバ会議室!

Wifi、プロジェクター、各種充電器など、便利なあれこれがそろってて、1時間3500円!

ad
無料メルマガ始めました
海外ラウンジ使い放題!
amazon
「世界」の仕事を探そう!
2017年も、タイだ!
サムライカレー公式ページ
著者近景

Author:もりぞお / 森山たつを

海外就職研究家 兼
電子書籍個人出版研究家


人がやらないマニアックな領域を、日々自身が実験台になって研究しています。
詳しいプロフィールは"About もりぞお"をご覧ください。
取材、記事執筆、人生相談、なんでもうけたまわります。
プロフィール

もりぞお

ad
セカ就!外伝!

セカ就!新章書き下ろし!

完全書き下ろし250円!

セカ就!

前代未聞の海外就職ノベル!

100人以上からの感想!いただきました!

無料メルマガ始めました
メルマガ購読・解除
 
  • ライブドアブログ